« 帰宅です | トップページ | 群馬大会② »

2014/04/27

群馬大会①

作戦はエースを決めず、逃げを作り、ブリッツェン有利な展開を作って行く事でした。

その中で、スプリントになったら私と譲が対応する作戦。

スタートから速いペースで進み、逃げが決まりにくい。

その中でも阿部選手が積極的に逃げを作る為に動きまくります。

8周目か?数人の選手が先行すると、後ろでは牽制が入り、あっという間に差が開いてしまいました。

早い段階での少人数の逃げだったので、後の事を考えると見送ってしまいました。

ここまで良かったのですが、その後、マトリックスのアイラン選手が行った時、しっかり追走しなかったのが失敗でした。

その後は引くチームが居なくなり、集団のペースが一気にダウン。

2分開いたあたりで、監督から阿部選手が厳しそうと伝えられる。

スタートから動いていた阿部選手だったので、流石に後半疲れが・・・。

こうなるとチームで追わなくてはいけません。

しかしタダで引くのは他チームに有利に働くので、登りで一気にペースを上げて少人数の追走集団を作ろうと動きました。

堀選手と大久保選手と私で登りの下からペースアップ。

15人ぐらいの集団を作る事に成功。

がしかし、その後ペースが上がらず後ろ集団に捕まる。

どうやら他チームは前の逃げ切りを願っている模様。

この時点で他チームの協力は得られないと悟りました。

次の作戦へ。

|

« 帰宅です | トップページ | 群馬大会② »

コメント

遠目に見ていても正しくそんな感じでした

他のチームには利害が一致しているとこあったのでは?
良い例が、終盤にチームの違うスペインの選手が数名飛び出しました。利害の一致からの協働的な動きだったのかなとも

臨機に手を組むがあったのか無かったのか分かりませんが、集団が黙ってしまっては面白みに欠けますね

投稿: ウッチー | 2014/04/27 06:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 群馬大会①:

« 帰宅です | トップページ | 群馬大会② »