« 沖縄と言えば | トップページ | 沖縄レポート »

2013/11/10

ツールド沖縄

今シーズン最後のレースが終わってしまいました。

今日も沢山の応援ありがとうございました。

結果は第二集団でゴールでした。

追走集団をしっかりマークしきれなかった事が一番の敗因だと思います。

せっかくのチャンスを逃してしまいました。

すいませんでした。


そして普久原選手にまた助けられました。

先頭集団でしっかり優勝争いして、6位。

スタートからガンガン行っていたので、心配でした。

結局スタートから最後までレースを動かし、優勝争いする力は流石です。


今回で今シーズンのレースは終りです。

一年間、沢山の応援本当にありがとうございました。

6月からレース復帰しましたが、凄く遠い記憶に感じます。

足の回復の事を考えながらトレーニング、治療したりの日々。

ブリッツェンで走ったこの一年、応援の力が支えになり、ここまで回復する事ができました。

感謝だけでは伝える事はできませんが、ブリッツェンで走れて本当に良かったと感じる一年でした。

スタッフの方々にも、即戦力として不十分な私を支えて下さり、感謝感謝感謝です。

本当にありがとうございました。





|

« 沖縄と言えば | トップページ | 沖縄レポート »

コメント

プリティーボウラーさん、今年一年回復に時間がかかり長く感じましたが、チームのサポートのお陰でマイペースで回復させる事ができました。地域密着型チームはやりがいのある場所だと感じてます。

Catch Ballさん、皆さんの支えがあり、ここまで回復する事ができました。まだまだ進歩して行ってる感覚があるので、これからもワクワクできる走りができるように頑張って行きたいと思います。

micさん、勝事ができない事は選手として非常にストレスの事ですが、応援してくれてる皆さんも辛かったと思います。来季は見ていて気持ちが良くなれるように頑張って行きたいと思います。

naveさん、どこまでできるか?40歳を超えても強いと思わる選手を目指して頑張っていきたいです。その為にも日々の身体の変化を注意深く把握して、経験として残していきたいと思います。

投稿: 鈴木真理 | 2013/11/12 21:19

一年間お疲れ様でした.
ある意味不完全燃焼の部分もあるかもしれませんが,一年前を考えてみれば,ずいぶん状況が変わっているんではないでしょうか??

ファンには色んなスタンスがあっていいと思います.
私は単純に同じ年でプロの世界でトップに近いパフォーマンスを見せてくれるあなたに単純に頑張って欲しいと思って応援しています♪

少し充電して,レースに十分餓えた状態でまた来年もお願いしますね~

投稿: nave | 2013/11/11 18:05

1年お疲れさま。かなり厳しい年だったのではないかと、
想像しています。そんな事を感じるからこそ、厳しい事も
書きました。実は、書く方も辛いものです。

ファンが記載する、がんばって!次がんばって的な内容は、
プロチームには要らないと思っています。
なぜ?がんばっているからこそPROでその地位に
いられる。イコール毎日頑張っているからこそ、「がん
ばって」、とは言いたくないのです。

勝てる事を常時考える事。そして、検証有りのトレーニング。
試合で実行し、検証と実績が、イコールかを体感し又検討する。
負ければ、勝てない内容の検証を随時行う。勝つ為には、
妥協はできないはず。来年は、シャッフルして、選手達も代る。
現状の選手では、日本一を奪還出来ない。勝てるチーム作りを
来年1年頑張ってください。
来年は、選手兼コーチでしょうか?
 
オフシーズンになりますが、勝つ為のシミュレーション
を怠らず、安全に心掛け来シーズンを熱く燃えていただきたい。

投稿: mic | 2013/11/10 21:04

お疲れ様でした。
鈴木真理という偉大な選手、ケガからの復活を目指す選手、この一人の選手の加入が我々BLITZENファンの頭の中でいろんな思いを巡らせたと思います。
一年終わってJプロツアーは個人ランキング3位。
さすがです。
来シーズンは今年と同じく伊吹山ヒルクライムでスタートかな?
スタート地点の関ヶ原は我が地元です。
BLITZENの選手皆さんが馴染みのウエアで乗り込んでくれる事を楽しみにしています。
しばしのオフシーズン、体力作りをしながら、春からの来シーズンに備えてください。

投稿: Catch Ball | 2013/11/10 20:24

今シーズン、お疲れさまでした!
ロードレースに詳しくない私にも地域密着型のブリッツェンの魅力がこの1年ヒシヒシと伝わってきました
プロアスリートという特殊能力を持ったあこがれであり遠い存在と思われた人たちが身近な存在と感じられた時、人を熱く応援に駆り立てさせるものだとつくづく感じました
ブリッツェンのようなチームが私の街にもそして全国あちこちにあったらいいなと素直に思いました
ちょっと早いですが、来シーズンも更なる熱い走りをお願いします

投稿: プリティボウラー | 2013/11/10 19:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ツールド沖縄:

« 沖縄と言えば | トップページ | 沖縄レポート »