2017/10/20

ジャパンカップチームプレゼンテーション

今週末クリテリウムがブリッツェンジャージを着て走る最後のレースです。

Photo 沢山の声援ありがとうございました。

加入から5年。

あっという間でした。

この歳まで選手をできた事で、全盛期では考えられなかった身体変化やうまくいかない事をどう乗り越えるか等、沢山の経験をさらに得る事ができたと思っています。

選手は選手の事だけに集中する事が一番です。

今の私は選手だけの事を考えながらできないので、そう思いました。

明日はレースの事だけ考えて、もしかしたら・・・。

頑張ります!

Img_3062

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017/10/19

鍼灸接骨院トレス

今日は身体のメンテをする時間が取れたので、久々にトレスへ行ってきました

肩は鉄板のようになり、腰はギックリ寸前。

自転車選手は立ってるのが苦手なのですが、立ち仕事が多くなり、最近では立ってるのが慣れてきた感じですが・・・。

身体にはしっかりダメージがきてました。

針治療もして頂き、スッキリ~!

ありがとうございました。

午後はシマノシューズのミーティング。

みんなで事細かくバックアップミーティング。

良い商品は海外を含め選手の意見が取り入れられるので、日本人選手の意見も参考にしていただけます。

自分も今までの経験を沢山の皆さんに提供できれば良いなと計画中です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017/10/18

ありがとうございます

昨日の公開ラジオ放送では皆さん寒い中、見に来て下さいました。


沢山の差し入れありがとうございました。

Img_3059_2 増田との共演。2006年から弟子と言われ続けて、ムカつく時もあったと思いますが、これで年貢の納め時です(苦笑。


来期は打倒増田で復活めざしますよ(笑。



自分が倒せなかった時の為に、子供達を強化。



今日はステラスクールの日。



毎週2回スクールをやっていると、ちょっとした進歩は目立たなくなり、進歩が気づきにくくなりますが、そのちょっとを出来る限り気づきアドバイスできれば良いなと日々考えてます。


今日は大収穫な事があり、忘れないうちにメモ。


子供の事は生半可な気持ちで進める事はできません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017/10/17

今日も生放送だよ(笑

昨日のCRT栃木放送に続き、今日はレディオベリー。

今日は増田と2人で生ラジオ。

ここでは、どんな話になるのかな?

こちらも現地入りしないと、どんな内容の話になるかわからないんですよね(笑。

昨日に続き是非聞いて頂ければ幸いです。

10/17(火)18時からのRADIO BERRY『BEAT SPORTS!』に鈴木真理選手、増田成幸選手が出演します。
ジャパンカップに挑む二人の声を是非お聴きください。

なおこちらの放送は外からの観覧が可能です。RADIO BERRYオープンスタジオ「B-HILLS」へもどうぞお越しください。

レディオベリー=76.4MHz
足利中継局=78.3MHz
葛生中継局 =84.4MHz
今市中継局=79.1MHz
塩原中継局=78.5MHz

レディオベリー→http://www.berry.co.jp/blitzen/
B・E・A・T→http://www.berry.co.jp/beat/
radiko→http://radiko.jp/
ドコデモFM→http://www.docodemo.fm/


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/10/16

生放送だよ

今日はCRTラジオ。


始まりの ブリッツェン 3,2、1 アレ~のテンポが変じゃね~と思いながらも、使われ続けてる私の声・・・。


今週末はジャパンカップクリテリウムでブリッツェン最後となるレースの話になるのかな?


来年の話もあるのかな?


現地入りするまで、どんな話で進めて行くか知らないんです(笑。


是非聞いて頂ければと思います。

10/16(月)18:30~のCRT栃木放送『イナズマRadio!』に鈴木真理選手が出演します。
21日(土)のジャパンカップクリテリウムがブリッツェン選手としての最終レースとなる真理選手の声を是非お聴きください。

※番組改編により10月から放送時間が変更となりました。毎週月曜日18:30からの生中継となります。
引き続きどうぞよろしくお願いします。


県央エリア:1530kHz
県北エリア:864kHz
県南エリア:1062kHz


番組HP/ポッドキャスト→http://www.crt-radio.co.jp/program/10
radiko→http://radiko.jp/
ドコデモFM→http://www.docodemo.fm/pc/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/15

ご心配おかけしてます

今日は雨だったので室内練習。

体育館が空いてなかったので、ブリッツェン事務所内でトレーニング。

みんな色々興味深々。

事務室が荷物置き場となりましたが、そこには過去のトロフィーが飾られてたりで、また興味深々。

入り口には歴代の選手の集合写真が飾られている。

GMだ~。

柿沼さんも居る~。

真理さんも居る~。

真理さん若い~。

オイオイ!

今もそんなに変わらないだろ!

子供の一人が来年も真理コーチ、続けてくれますよねと・・・。

保護者のみなさんも一番気になってる所で心配お掛けしてしまい、すいません。

子供の一言に腹をくくって勝負にでるしかないなと!


Img_3058 5月から始まった交換日記。成長を見る為に大切な事が沢山詰まっている。


自分なりに書いてるけど、実際、子供達が成長できる文面で返せてるかが心配なところです。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/10/14

悲報

信じられません。

レースを中心にカメラマンを務めておられた、高木秀彰さん。

47963 丁度カメラマンとして活躍されて約10年だと思います。その時、高木さんに撮って頂いた写真。

印象は自転車に対して熱い方の一言です。

当時のミヤタは若い選手の集まりだったので、若手を沢山取り上げて応援してくれてたのを思い出します。

レースに参加してる選手の名前を全て覚えてるのではと、根っからの自転車ファンの一人だったと思ってます。

心よりご冥福をお祈り致します。


Cw_shirahama10

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/10/13

今年2回目

来期に向けての話で、フェイスブックでメッセージを頂き、昨夜は会談。

宇都宮の隠れ家的場所で夕食をご馳走して頂いちゃいました。

ご馳走様でした。

中々突破口が見つからない中、いろいろ考えてみる。

Img_3057 自転車ライフをサポートするアドバイザーとして、各地を周り、自転車の乗り方、楽しみ方をサポート。どうかな?


スポンサーを募り、若手選手の育成。

色々考えると頭が活発になり寝れない。

普段、頭を使わない証か(泣。



Img_3054 そして蜂に刺されて、かゆくて寝れない(笑。腫れ過ぎでしょ~~。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017/10/12

中学生時代、周りの友達にオリンピックに出たいと大口をたたいてた私。

その時は何も考えないで言っていたけど・・・。

数年後、オリンピックへ行くことができた。

第二の人生で一番やりたいと事。

世界で戦える選手の後出。

一応、大人になり色々考えて言っているけど・・・。

さて。

数年後はどうなってるだろうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/10/11

栃木SC

今日は栃木SCのコーチの方にサッカースクールでは、どんな練習をしてるか?色々な話を聞かせて頂きに行ってきました。


Img_3053 色々興味深い話を頂き、今後の活動に生かして行きたいと思います。

先ずは自転車は機材を使い負荷をかけるスポーツなので、成長期は無理は絶対ダメです!

負荷をかけるとしても、数分ペースを上げる練習等で、長い距離を頑張ったりしないで、長い距離を走る場合は、負荷を極力落として、回転で走るようにしましょう。

この事は何度も言い続けてますが、全国の成長期の子供達は無理するなら、二息歩行で負荷をかけましょう!

そして今日はステラスクールの日。

毎週2回もスクールをやっていると、親御さんも送り迎えが忙しいとは思いますが、その分、子供達は体力向上とスキルアップしてます。

親御さん達のサポートも子供達の成長には欠かせない条件です。

このスクールが全国に広まれば、10年後は確実に有望な選手が全国から出てくると思います。

競技レベルは確実に上がり、生き残る選手は世界へ羽ばたくでしょう。

自転車をやらせたいけど、親子関係だと子供が一緒にサイクリングしてくれなかったり、自転車が嫌いになってしまったりしますが、子供達が集まる集団なら、辛くても質全的に頑張り、楽しみながら自転車に接する事ができるのかなと思います。

世界へ羽ばたく選手。

実は小学生の自転車乗りを増やせば、中学生、高校生と競技指向の子供が増え、勝手に強い子が出てくるよなと。

先ずは地元から自転車を知ってもらう為に、弱虫ペダルの漫画を学校に置いてもらう事をしてみようかな。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

«勝負の時