« 2020 JPT第5戦 第4回JBCF宇都宮ロードレース | トップページ | 2020 JPT第7戦 群馬CSC交流戦8月大会Day-2 »

2020/08/26

2020 JPT第6戦 群馬CSC交流戦8月大会Day-1

Jpt6_top01_20200825113101
Jpt6_top02
[上:レース中盤に差し掛かり急に雷雨が激しくなる中を走る西村選手]
[下:一旦中断し天候回復を待つも、中止の決定が下された]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
 
 
 
 
 
8月22日(土)に、2020年のJプロツアー第6戦となる「群馬CSC交流戦Day-1」が開催されました。
 
 
 
 
 
◆大会WEBサイトは[こちら
◆Live!!!ブログレポートは[こちら
 
 
 
 
 
このレースに、宇都宮ブリッツェンから以下の8名がエントリー。
 
増田成幸
鈴木譲
大久保陣
小坂光
鈴木龍
堀孝明
西村大輝
小野寺玲
 
 
 
 
 
2020年のJプロツアーの第6戦となる「群馬CSCロードレース8月大会/交流戦Day-1」が群馬県みなかみ町の群馬サイクルスポーツセンター6kmサーキットコースで開催され、レースも間もなく折り返しとなる8周回完了時点で雷鳴が近付いてきたためにレースは一旦中断することに。その後、雷雲が遠ざかる見込みが立たないこともあって中止が決定しました。
 
宇都宮ブリッツェンは、コンディションを維持している鈴木譲・西村・小野寺の3選手を中心にレースを展開して勝利を狙うプランでレースに臨みましたが、小野寺選手が序盤にパンクを喫してしまい遅れてしまう事態に。それでも、残る選手たちが常に集団前方でレースを展開してサバイバルな展開に持ち込みつつありましたが、その段階でレースが中断、そして中止という判断が下されることに。気持ちを切り替えて翌日のDay-2に臨むことになります。
 
 
清水監督コメント
「今日は途中で中断、そして中止ということになってしまいましたが、選手たちの安全を最優先に考えての判断だと思いますので致し方ないかなと感じています。チームとしては、レースも半分を終えて集団全体がキツくなってきたタイミングで、増田選手と西村選手を含む有力選手勢が少し抜け出したタイミングだったので残念ではありますが、それは他のチームも同じだと思うので仕方ないですね。選手たちには明日に向けて切り替えようという話はしましたし、今日は不完全燃焼になってしまった小野寺選手や、西村選手などコンディションを維持している選手もいますので、しっかりと勝利を目指して戦いたいと思います」
 
Text:Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
 
 
 
 
 
◆シクロワイアードの記事は[こちら
 
 
 
 
 
◆[リザルト
[群馬ロードレース8月大会/交流戦Day-1 - JPT第6戦 - 102.0km - ]
※落雷の危険があるため、8周回完了時で中断→中止
 
◆2020Jプロツアー 個人ランキング
1位 小野寺玲 (宇都宮ブリッツェン) 1,242P
2位 増田成幸 (宇都宮ブリッツェン) 1,195P
3位 大前翔 (愛三工業レーシングチーム) 1,180P
4位 山本元喜 (キナンサイクリングチーム) 997P
5位 石原悠希 (Hincapie LEOMO Bellmare Racing Team) 953P
6位 トマ・ルバ (キナンサイクリングチーム) 942P
 
◆2020Jプロツアー チームランキング
1位 宇都宮ブリッツェン 4,186P
2位 愛三工業レーシングチーム 2,865P
3位 キナンサイクリングチーム 2,851P
4位 Team UKYO 2,307P
5位 マトリックスパワータグ 2,211P
6位 弱虫ペダルサイクリングチーム 1,986P
 
プロリーダージャージ 小野寺玲 (宇都宮ブリッツェン)
ネクストリーダージャージ 織田聖 (弱虫ペダルサイクリングチーム)
 
 
 
 
 
Jpt6_01_20200825113101
[レース前日、宿泊ホテルの食堂を使ってミーティングが行われる]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt6_02_20200825113101
[レース当日、スタート時間に合わせて会場入りした選手たちが準備を進める]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt6_03_20200825113101
[ハイエースに貼り出された応援フラッグが選手たちを後押しする]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt6_04_20200825113101
[選手たちがローラーでウォーミングアップを行う]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt6_05_20200825113101
[プロリーダージャージの小野寺選手を先頭に選手たちが整列する]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt6_06_20200825113101
[遠くで雷鳴が聞こえる中、レースがスタートする]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt6_07_20200825113101
[序盤のアタック合戦に大久保選手が積極的にチェックに入る]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt6_08_20200825113101
[レース短縮の可能性もあることから西村選手も序盤から積極的な動きを見せる]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt6_09_20200825113101
[献身的な姿勢が光る増田選手も有力選手のアタックにすかさずチェックに入る]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt6_10_20200825113101
[序盤のチェックを任される小坂選手も献身的な走りを見せる]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt6_11_20200825113101
[中堅選手としてチームの戦略に厚みをもたらす堀選手も集団前方でアタック&チェックを繰り返す]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt6_12_20200825113101
[心臓破りの坂でかかったアタックに鈴木龍選手が反応する]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt6_13_20200825113101
[パンクを喫した小野寺選手が遅れた選手をまとめて集団復帰を目指す]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt6_14_20200825113101
[展開に乗り遅れずすぐに対応できるようチームでまとまって走る]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt6_15_20200825113101
[雷鳴が近くなり雨も激しく降り出した8周回目終了時にレースは一旦中断]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt6_16_20200825113101
[再開に向けてローラーを回して身体を眠らせないようにする選手たち]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt6_17_20200825113101
[曽我部メカも再開に向けてドリンクを準備するが、天候が回復せずレースは中止となった]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY

|

« 2020 JPT第5戦 第4回JBCF宇都宮ロードレース | トップページ | 2020 JPT第7戦 群馬CSC交流戦8月大会Day-2 »