« Kanseki presents 2019 宇都宮シクロクロスDay1 | トップページ | 2019-2020 JCXシリーズ第8戦 東海シクロクロス愛知牧場 »

2019/12/18

Kanseki presents 2019 宇都宮シクロクロスDay2

19ucxd2_top01_20191217150801
19ucxd2_top02
[上:4番手パックでレースを展開する小坂選手]
[下:織田聖とのマッチスプリントを制したエミル・ヘケレが宇都宮2連勝を達成]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
 
 
 
 
 
12月15日(日)に、2019-2020年のジャパンシクロクロス(JCX)シリーズ第6戦となる「宇都宮シクロクロスDay2」が開催されました。
 
 
 
 
 
◆大会WEBサイトは[こちら
◆Live!!!ブログレポートは[こちら
 
 
 
 
 
このレースに、宇都宮ブリッツェンシクロクロスチームの小坂光選手、宇都宮ブリッツェンの小野寺玲選手がエントリー。
 
 
 
 
 
自転車のまち・宇都宮の冬の代名詞として定着した「宇都宮シクロクロス」のDay2が前日に引き続き栃木県宇都宮市の道の駅うつのみや・ろまんちっく村で開催され、弱虫ペダルサイクリングチームの織田聖とのマッチスプリントを制したZEKOF TEAMのエミル・ヘケレが優勝。2日連続で勝利をモノにしました。
 
宇都宮ブリッツェンシクロクロスチームの小坂光選手は、序盤の弱虫ペダルサイクリングチーム勢の攻撃についていくことができず、終始4番手パックでレースを進めることに。最後は、ともにパックを形成していたベン・ウォーカーデンを冷静に振り切って4位でフィニッシュしました。
 
 
 
 
 
大きな盛り上がりを見せた前日のDay1に続き、大勢の観客が会場に詰めかける中で開催された宇都宮シクロクロスDay2。
 
前日のDay1では2016年以来にホームレースの表彰台に上がった宇都宮ブリッツェンシクロクロスチームの小坂選手。この日もホームチームの選手として最低限でも表彰台、そして、さらなる上の順位を狙ってレースに臨みました。
 
 
 
 
 
レースはスタートから小坂選手(宇都宮ブリッツェンCX)がダッシュを決める形でスタートしますが、その直後に小坂選手(宇都宮ブリッツェンCX)はペダルを外してしまいペースダウン。5番手ほどにポジションを下げた状態でコースインする事態になります。
 
それでも、小坂選手(宇都宮ブリッツェンCX)は冷静さを欠くことなく対応し、程なくして先頭パックに復帰してレースを展開することになります。
 
しかし、先頭パックの前方では前田選手と織田選手の弱虫ペダル勢が猛烈にプッシュして後方を引き離しにかかる状態。この動きにヘケレ選手(ZEKOF)は何とか食らいついていったものの、小坂選手(宇都宮ブリッツェンCX)は食らいつくことができずに離され、前日同様にウォーカーデン選手(FLANDERS)と4番手パックを形成する展開になります。
 
3名となった先頭パックに対し、実力で劣るウォーカーデン選手(FLANDERS)と小坂選手(宇都宮ブリッツェンCX)の2名が形成する4番手パックはじわじわと引き離されていく状況。小坂選手(宇都宮ブリッツェンCX)にとっては、冷静に4位を獲得することが現実的な状況になります。
 
その後、4番手パックでレースを進める小坂選手(宇都宮ブリッツェンCX)は、ツキ位置状態のウォーカーデン選手(FLANDERS)を敢えて前方に出して脚を休めるなど冷静な対応を見せ、残り2周回になる頃にはしっかりとウォーカーデン選手(FLANDERS)を振り切って単独4番手に。残念ながら2日連続での表彰台には届かなかったものの、そのままその位置をキープして4位でフィニッシュしてレースを終えました。
 
 
小坂選手コメント
「今日は昨日よりもアグレッシブなレースを心がけてスタートしました。ペダルキャッチも上手くいき、スタートダッシュを決めたかったのですが、もがいている最中にペダルが外れてしまい失速。5、6番手から前を追う展開になりました。その後、ペースアップに対応することができず、またしてもウォーカーデン選手と2名の状態になってしまいました。先頭から大きく離されてしまったこともあり4位争いとなりましたが、昨日の疲れもあってなかなかキレのあるアタックができず、ラスト2周まで2名の状態が続きました。しかし、意地でもこの勝負には勝ちたかったので、コース中盤の舗装路付近でアタックしてようやく単独となり、そのまま4位でフィニッシュしました。結果は悔しかったですが、ホームの大歓声の中フィニッシュした瞬間はとてもうれしかったです。たくさんの応援ありがとうございました!」
 
Text:Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
 
 
 
 
 
◆シクロワイアードの記事は[こちら
 
 
 
 
 
◆リザルト
[Kanseki presents 2019 宇都宮シクロクロスDay2 - UCI-C2 - JCX第6戦 - ME 60m - ]
1位 エミル・ヘケレ (ZEKOF TEAM) 58m41s
2位 織田聖 (弱虫ペダルサイクリングチーム) +01s
3位 前田公平 (弱虫ペダルサイクリングチーム)
4位 小坂光 (宇都宮ブリッツェンシクロクロスチーム)
5位 ベン・ウォーカーデン
6位 グリフィン・ナイト
7位 兼子博昭 (スワコレーシングチーム)
8位 ニコラス・スミス
9位 斎藤朋寛 (RIDELIFE GIANT)
10位 積田蓮 (SNEL CYCLOCROSS TEAM)
出走=75名/完走=18名
 
 
 
 
 
19ucxd2_01
[前日の疲労も残る中、小坂選手が会場入り]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
19ucxd2_02
[スタート時間に合わせてウォーミングアップを開始する小坂選手]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
19ucxd2_03
[汗をかいてしっかりと身体に刺激を入れる]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
19ucxd2_04
[コールアップをされた小坂選手がスタートラインに整列する]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
19ucxd2_05
[スタートダッシュを決めた小坂選手だったが直後にペダルが外れてしまうアクシデント]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
19ucxd2_06
[後方からしっかりとポジションを上げた小坂選手がさらに前を狙う]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
19ucxd2_07
[ウォーカーデン選手と4番手パックを形成する展開に]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
19ucxd2_08
[霜が降りてぬかるんだキャンバーをバイクを押してクリアしていく]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
19ucxd2_09
[午後になり乗車ラインができた上側をクリアしていく]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
19ucxd2_10
[前方とのタイム差を考え4番手争いにフォーカスしていく小坂選手]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
19ucxd2_11
[決定的なさが生まれそうな区間ではしっかりと前に出てリスクを回避する]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
19ucxd2_12
[ウォーカーデン選手の脚の残り具合を表情から探り勝負どころを見極める]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
19ucxd2_13
[この日も集中した表情を崩さずにレースを進める小坂選手]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
19ucxd2_14
[敢えてウォーカーデン選手を先行させて勝負どころに備える]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
19ucxd2_15
[ウォーカーデン選手を少しずつ引き離して単独4番手に浮上する]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
19ucxd2_16
[奮闘する小坂選手にホームの温かい声援が飛ぶ]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
19ucxd2_17
[しっかりと単独4番手をキープした小坂選手が最終コーナーへ向かう]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
19ucxd2_18
[表彰台には届かなかったが、ホームレースで魅せる走りは見せた]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY

|

« Kanseki presents 2019 宇都宮シクロクロスDay1 | トップページ | 2019-2020 JCXシリーズ第8戦 東海シクロクロス愛知牧場 »