« 2019 JPT Round4 第5戦 JBCF 宇都宮ロードレース | トップページ | NTN presents Tour of Japan 2019 第1ステージ »

2019/05/15

2019 JPT Roun4 第6戦 JBCF 宇都宮クリテリウム

Jpt6_top01
Jpy6_top02
[上:チームメートの完璧なアシストを受けた小野寺選手が新ポーズで連覇を達成!]
[下:この日も不運に見舞われた岡選手だったが、プロリーダージャージはキープした]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
 
 
 
 
 
5月12日(日)に、2019年のJプロツアー第6戦となる「JBCF宇都宮クリテリウム」が開催されました。
 
 
 
 
 
◆大会WEBサイトは[こちら
◆Live!!!ブログレポートは[こちら
 
 
 
 
 
このレースに、宇都宮ブリッツェンから以下の6名がエントリー。
 
増田成幸
鈴木譲
阿部嵩之
鈴木龍
小野寺玲
岡篤志
 
 
 
 
 
2019年のJプロツアー第6戦となる「JBCF宇都宮クリテリウム」が栃木県宇都宮市の清原工業団地内に設定された1周3.0kmの公道特設周回コースを20周回する60.0kmで開催され、大集団でのゴールスプリント勝負を制した宇都宮ブリッツェンの小野寺玲選手が昨年に続き2連覇となる優勝!チームに今シーズンJプロツアー2勝目をもたらしました!
 
 
 
 
前日の宇都宮ロードレースに続いて第5ラウンド2戦目としての開催となった宇都宮クリテリウム。前日に悔しい敗戦を喫した宇都宮ブリッツェンにとって、貴重なホームレース2連戦で連敗は避けなければいけないところです。
 
しかし、優勝候補の筆頭と目されるBSサイクリングは、今回の2連戦に10名の選手が帯同。トラック競技での実績も十分で脚もフレッシュな選手を今レースにエントリーさせる必勝体制を敷いてきました。
 
対して、宇都宮ブリッツェンは増田・鈴木譲・阿部・鈴木龍・小野寺・岡の6選手を選出。レース前半は増田、鈴木譲の両ベテラン選手が逃げに乗るなどアクションを起こしてレースをかき回して少しでもBSサイクリング勢が脚を使う状況を作す。
 
ゴールスプリントになった際はBSサイクリングとの実力差をわきまえた上で、昨年に小野寺選手が優勝した時と同様に最終周回に入ってから増田→鈴木譲→岡→阿部→鈴木龍とつないで小野寺選手に勝利を託すことを確認してレースに臨みました。
 
 
レースはスタート直後から、各チームによる激しいアタック合戦が繰り広げられる展開に。数名の選手が飛び出しては吸収されるという状態を繰り返し、出入りが激しいまま進んでいきます。
 
それでも、4周回目になると12名と比較的大所帯の逃げ集団が形成され、宇都宮ブリッツェンはその中に阿部選手(宇都宮ブリッツェン)が入ります。
 
阿部(宇都宮ブリッツェン)
入部、木村、横山、中井(シマノレーシング)
橋本(BSサイクリング)
下島、中村(那須ブラーゼン)
ルバ(キナンサイクリング)
畑中(UKYO)
岸(LEOMO Bellmare)
白川(ヴィクトワール広島)
 
12名と大所帯の逃げ集団は人数が多いこともあって思惑が噛み合わない部分もありましたが、メイン集団に20秒程度のタイム差をつけて逃げ続ける状態となります。
 
一方のメイン集団は、逃げのメンバー構成的に不利と判断したキナンサイクリングが先頭に立ってコントロールを開始。若干動き始めるのが早い感じもあったものの、早めに逃げを吸収してレースを振り出しに戻してからさらなる動きを作ろうとメイン集団のペースを上げていきます。
 
レースも折り返しとなる10周回目を過ぎると、逃げ集団とキナンサイクリングがコントロールするメイン集団とのタイム差は少しずつ縮まっていく展開に。12周回目を終えて13周回目に入る頃になると、その差は10秒程度になります。
 
すると、吸収されることを嫌った入部選手(シマノレーシング)と畑中選手(UKYO)がペースを上げて逃げを継続。残る選手を吸収したメイン集団からは小石選手(UKYO)が単独で飛び出して先行する2名の選手に合流したものの、程なくしてメイン集団が吸収してレースは振り出しに戻ります。
 
ひとつの集団になって振り出しに戻ったレースは再び激しいアタックの応酬となりますが、残り周回数を考慮してゴールスプリントに勝負を切り替えるチームが多いこともあり、決定的な逃げが形成されるには至らず。
 
大集団でのゴールスプリント勝負が濃厚な状況となり、シマノレーシングやキナンサイクリング、そして宇都宮ブリッツェンが徐々に隊列を整え始めて最終局面に備えるようになります。
 
するとここで、宇都宮ブリッツェンは岡選手(宇都宮ブリッツェン)が痛恨のパンク。既にニュートラル適応周回数も過ぎており、レースに復帰することができず、1名少ない状態で最後のゴールスプリントに向けた動きを作り出さなければいけないことになります。
 
有力チーム勢が隊列を整えながら進んでいたレースも、最終周回に入る段階でここまでなりを潜めていたBSサイクリング勢が完璧な隊列を組んで一気に集団の先頭に躍り出て支配を開始します。
 
最終周回に入っても強力なBSサイクリングトレインは他チームに付け入る隙を与えませんでしたが、コース唯一の180度コーナーを過ぎる頃になると入部選手(シマノレーシング)がBSサイクリングのトレインに割って入って状況を打破しようとする展開になります。
 
宇都宮ブリッツェンも増田選手(宇都宮ブリッツェン)と鈴木譲選手(宇都宮ブリッツェン)の後を受けた阿部選手(宇都宮ブリッツェン)がバックストレートで一気にペースを上げ、鈴木龍選手(宇都宮ブリッツェン)と小野寺選手(宇都宮ブリッツェン)を引き連れて遂にBSサイクリングから集団先頭を奪取。
 
阿部選手(宇都宮ブリッツェン)から引き継いだ鈴木龍選手(宇都宮ブリッツェン)も抜群の加速を見せてライバルチームに並ばせないまま最終コーナーをクリアして小野寺選手(宇都宮ブリッツェン)を発射することに成功します。
 
チームメートの万全なアシストを受け、満を持して発射された小野寺選手(宇都宮ブリッツェン)の前には、大きくひらけたフィニッシュまでのホームストレート。後方からはスプリント力に優れるBSサイクリングの選手たちが追いすがりますが最後まで寄せ付けずに最後はオノデライダーポーズでフィニッシュ。
 
大会2連覇となる優勝を飾り、チームに今シーズンJプロツアー2勝目をもたらしました!
 
 
清水監督コメント
「いつも以上にうれしい優勝でした。戦前からブリヂストンサイクリングが強力だということは分かっていたので、ゴールスプリントになればうまく立ち回って小野寺選手を最終局面に送り込むということを考えていました。岡選手がニュートラルが適用されないタイミングでパンクしてしまって、1名欠く中でのゴールスプリントに向けた駆け引きになったのですが、残る全員が臨機応変に対応してくれましたし、ファンの皆さんの声援にも後押しされて優勝することができたと感じています。やはり、地元レースでの優勝というのはロードレーサーにとって格別なことですし、皆さんの前で優勝する姿を見せることができて本当に良かったと思っています。これからシーズンも中盤戦に入る中で、弾みのつくいいレースができました。この後も重要なレースが続きますので、変わらず熱い声援をいただけますよう、よろしくお願いします!今日はありがとうございました!」
 
小野寺選手コメント
「今シーズン初勝利をホームレースで挙げられて本当にうれしいです。レースは序盤から増田さん、譲さん、アベタカさんが動いてくれて、自分は皆んなにすべて任せて最後のゴール前だけに集中して走ることができました。ラスト1周に入ってからはブリヂストンサイクリングが強力なトレインを組んで鉄壁の構えを見せる中、増田さんが僕らを引っ張ってくれたのですが被せられてしまって。180度コーナーを過ぎてからアベタカさんが僕と龍さんを引き連れて一気に先頭付近に出て、最終コーナーのひとつ前のコーナーでブリヂストンサイクリングのインを突いて先頭に出てからは龍さんがいい加速で最終コーナーに飛び込んで、そこからは僕がスプリントという感じで、昨年と同じようにいい形でゴール前までいけました。地元開催のレースで地元チームの僕らが勝利を見せられて安心していますし、とてもうれしいです。今日も熱い応援、ありがとうございました!これからもレースが続きますので、引き続き応援よろしくお願いします!」
 
Text:Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
 
 
 
 
 
Logo
シクロワイアードの記事は[こちら
 
 
 
 
 
◆[リザルト
[第6回JBCF宇都宮クリテリウム - JPT第6戦 - 60.0km - ]
1位 小野寺玲 (宇都宮ブリッツェン) 1h18m53s  45.63km/h
2位 黒枝士揮 (チームブリヂストンサイクリング) st
3位 窪木一茂 (チームブリヂストンサイクリング) st
4位 沢田桂太郎 (チームブリヂストンサイクリング) st
5位 鈴木龍 (宇都宮ブリッツェン) st
6位 大久保陣 (KINAN Cycling Team) +01s
7位 紺野元汰 (イナーメ信濃山形) +01s
8位 橋本英也 (チームブリヂストンサイクリング) +01s
9位 黒枝咲哉 (シマノレーシング) +02s
10位 山本大喜 (KINAN Cycling Team) +02s
16位 鈴木譲 (宇都宮ブリッツェン) +04s
30位 阿部嵩之 (宇都宮ブリッツェン) +12s
35位 増田成幸 (宇都宮ブリッツェン) +19s
DNF 岡篤志 (宇都宮ブリッツェン)
出走=90名/完走=68名
 
◆2019Jプロツアー 個人ランキング
1位 岡篤志 (宇都宮ブリッツェン) 1,623P
2位 オールイスアルベルト・アウラール (マトリックスパワータグ) 1,531P
3位 横山航太 (シマノレーシング) 1,335P
4位 今村駿介 (チームブリヂストンサイクリング) 1,305P
5位 小野寺玲 (宇都宮ブリッツェン) 1,141P
6位 入部正太朗 (シマノレーシング) 1,095P
 
◆2019Jプロツアー チームランキング
1位 チームブリヂストンサイクリング 5,038P
2位 マトリックスパワータグ 4,547P
3位 宇都宮ブリッツェン 4,188P
4位 シマノレーシング 4,141P
5位 Team UKYO 1,967P
6位 弱虫ペダルサイクリングチーム 1,566P
 
プロリーダージャージ 岡篤志 (宇都宮ブリッツェン)
ネクストリーダージャージ 今村駿介 (チームブリヂストンサイクリング)
 
 
 
 
 
Jpt6_01
[チームプレゼンテーションでは一際大きい声援が飛ぶ。その声援を力に変えて勝利を目指す]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt6_02
[前日のリベンジを果たすべく、レースプランのミーティングが行われる]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt6_03
[最後の動きについて身振り手振りを交えながら話す鈴木龍選手。この時の話が…]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt6_04
[スタートに向けて選手たちがローラーでアップを開始する]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt6_05
[レースを前にレッドゾーンも準備万端]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt6_06
[この日も快晴に恵まれた中、レースがスタートする]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt6_07
[アタックが繰り返される集団が180度コーナーでさらに伸びる]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt6_08
[危険な選手の動きに岡選手と鈴木譲選手がチェックに入る]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt6_09
[レースをかき回すべく、鈴木譲選手が積極的に動き続ける]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt6_10
[集団に流れる雰囲気、レースの流れを読んで阿部選手もアタック合戦に加わる]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt6_11
[勝利を託される小野寺選手も危険回避のために集団前方をキープする]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt6_12
[阿部選手を含む12名の逃げ集団が形成され、レースは一旦落ち着きを見せる]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt6_13
[鈴木龍選手と増田選手が小野寺選手を守りながら走る]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt6_14
[逃げ集団内でうまく立ち振る舞いながら周回を重ねる阿部選手]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt6_15
[メイン集団の選手たちはチームでまとまってこれから起こるであろう展開に備える]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt6_16
[今年はオフトレから順調にきていることを走りで示す阿部選手が逃げ続ける]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt6_17
[逃げ吸収も目前になり、ゴールスプリントに向けて態勢を整えるメイン集団の選手たち]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt6_18
[ニュートラル適用外のタイミングでパンクしてしまった岡選手は無念のDNFに]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt6_19
[シマノレーシング、BSサイクリングと競り合いながら最終周回へ入る]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt6_20
[最終コーナーを先頭でクリアした赤いジャージがフィニッシュを目指す!]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt6_21
[この日は出走しなかったものの、トレーニング後に会場に駆けつけた小坂選手が祝福]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt6_22
[殊勲の小野寺選手が清水監督と熱い抱擁をかわす]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt6_23
[強力なBSサイクリングの牙城を崩して表彰台の真ん中に立つ小野寺選手]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt6_24
[レース後の握手会で、選手たちは熱烈な応援に対して感謝の気持ちを伝えた]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY

|

« 2019 JPT Round4 第5戦 JBCF 宇都宮ロードレース | トップページ | NTN presents Tour of Japan 2019 第1ステージ »