« 第35回シマノ鈴鹿ロードレースクラシック | トップページ | 2018 JPT第16戦 JBCF チームタイムトライアルチャンピオンシップ »

2018/08/29

TRACK FESTIVAL '18

Tf_top01
Tf_top02
[上:マトリックスパワータグとの決勝レースに臨む宇都宮ブリッツェンの選手たち]
[下:最後に全員で記念撮影。今後、継続的なイベントになることが期待される]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY




8月24日(金)に、「TRACK FESTIVAL '18」が開催されました。




◆大会公式Twitterは[こちら
◆Live!!!ブログレポートは[こちら




このレースに、宇都宮ブリッツェンから以下の7名がエントリー。

増田成幸
鈴木譲
阿部嵩之
鈴木龍
馬渡伸弥
小野寺玲
岡篤志





自転車競技の発展と振興を目的に創設が予定されている、UCIコンチネンタルチームによるトラックレース対抗戦「バンクリーグ」のプレイベントとして「トラックフェスティバル’18」が栃木県宇都宮市の宇都宮競輪場で開催され、宇都宮ブリッツェンが優勝しました!

バンクリーグは、キナンサイクリングチームの加藤GMの発案のもと、UCIコンチネンタルチームが自転車競技の発展と振興を目的に創設を目指すトラックレースの対抗戦。リーグの本格的な実施時期はまだ未定ではありますが、今回、プレイベントとして「トラックフェスティバル’18」を宇都宮競輪場で開催する運びとなりました。

レースは、今回のリーグ創設に向けて考えられた新種目となる「ファイブポイントゲーム」。1チーム5名のメンバーによる2チームでの対戦形式で、1周回のローリングの後にレースがスタート。その後は周回を先頭で通過した選手のチームに1ポイントが加算されていき、5ポイント先取したチームが勝利となるレースです。

トラックフェスティバル’18には、バンクリーグへの参加を表明している宇都宮ブリッツェン、那須ブラーゼン、チームブリヂストンサイクリング 、愛三工業レーシングチーム、キナンサイクリングチーム、マトリックスパワータグの6チームが出場。東部リーグと西部リーグで3チームずつに分かれての総当たり戦を勝ち抜いた2チームが決勝を行うレギュレーションでの開催となりました。

東部リーグに属する宇都宮ブリッツェンは、初戦でチームブリヂストンサイクリングに勝利すると、続く那須ブラーゼン戦でも勝利を飾り、2連勝で決勝へ進出。決勝は、西部リーグを2連勝で勝ち上がったマトリックスパワータグとの対戦になりました。

1周回のローリングを終えてスタートした決勝レースは、ともに予選を2連勝で勝ち上がってきたチーム同士の対戦ということもあり拮抗した展開になるかと思われましたが、前のレースとの間隔が長かった宇都宮ブリッツェンが圧倒する展開に。5対0のストレート勝ちで、宇都宮ブリッツェンが見事に優勝を飾りました。

清水監督コメント

「チームの地元で第1回目となるレースの開催で、今までにない新しいレースを無事に終えることができて、成功と言える内容だったのではないかと思っています。たくさんの方に支援していただいてまずは第1回が開催でき、なんとか形にできたことをうれしく思いますし、感謝の気持ちでいっぱいです。レースの方は非常に厳しくタイトな競技でしたが、我々としてはくじ運が良かったことも味方したと感じています。本来であれば我々以上にトラック競技が得意で強いチームもありますし、次回以降はそれらのチームが実力を発揮してくるとも思いますので、今後さらに面白い戦いが繰り広げられるはずだと感じていますし、さらに観ていて楽しい、観てもらいやすいレースにしていきたいと思います。今日はありがとうございました!」

Text:Nobumichi KOMORI HATTRICK COMPANY


◆リザルト

[TRACK FESTIVAL’18 - 5POINTS RACE - ]

予選 東部リーグ

宇都宮ブリッツェン ○ - × チームブリヂストンサイクリング

チームブリヂストンサイクリング ○ - × 那須ブラーゼン

宇都宮ブリッツェン ○ - × 那須ブラーゼン

予選 西部リーグ

キナンサイクリングチーム × - ○ マトリックスパワータグ

愛三工業レーシングチーム × - ○ キナンサイクリングチーム

マトリックスパワータグ ○ - × 愛三工業レーシングチーム

決勝

宇都宮ブリッツェン ○ - × マトリックスパワータグ

優勝

 

宇都宮ブリッツェン





Tf_01
[会場入りした選手たちが準備を済ませて試走を開始する]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Tf_02
[レース前に発案者であるキナンサイクリングチームの加藤GMから説明が行われる]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Tf_03
[開会式に6チームの全選手と監督が登場する]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Tf_04
[バンク内に用意されたVIP席からは選手が目と鼻の距離]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Tf_05
[選手を代表して増田選手が選手宣誓を行う]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Tf_06
[初戦に向けてローラーでアップを開始する選手たち]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Tf_07
[ブリヂストンサイクリングとの初戦がスタートする]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Tf_08
[小野寺選手と岡選手が2名で抜け出しポイントを加算していき勝利]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Tf_09
[2戦目は那須ブラーゼンとの対戦。選手たちがスタートを待つ]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Tf_10
[阿部選手が攻撃を仕掛けて抜け出しポイントを加算していく]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Tf_11
[増田選手が単独で抜け出し、独走でポイントを加算していく]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Tf_12
[マトリックスパワータグとの決勝レースのスタートを待つ選手たち]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Tf_13
[タイミング良く抜け出した小野寺選手がポイントを奪取する]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Tf_14
[単独で抜け出して独走し、勝利を呼び込んだ岡選手がガッツポーズを見せる]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Tf_15
[勝利した宇都宮ブリッツェンの選手たちが喜びながらフィニッシュ]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Tf_16
[優勝した宇都宮ブリッツェンの選手たちがVIP席の観戦客とハイタッチを交わす]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Tf_17
[スパークリングウォーターファイトで優勝の喜びを分かち合う選手たち]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY

|

« 第35回シマノ鈴鹿ロードレースクラシック | トップページ | 2018 JPT第16戦 JBCF チームタイムトライアルチャンピオンシップ »