« 2018 JPT第15戦 JBCF やいた片岡ロードレース | トップページ | 第35回シマノ鈴鹿ロードレースクラシック »

2018/08/22

第35回シマノ鈴鹿ロードレース TTT

Ttt_top01
Ttt_top02
[上:ローテーションを繰り返しながら快調な走りを見せる宇都宮ブリッツェンの選手たち]
[下:コースレコードをマークして優勝した選手たちが表彰台の中央に立った!]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY




8月18日(土)・19日(日)に、第35回シマノ鈴鹿ロードレースが開催されました。

8月18日(土)にチームタイムトライアル(JCF登録)が行われました。




◆大会WEBサイトは[こちら
◆Live!!!ブログレポートは[こちら




このレースに、宇都宮ブリッツェンから以下の4名がエントリー。

増田成幸
鈴木譲
阿部嵩之
小野寺玲





参加延べ人数が1万人を超える夏の恒例巨大イベント「シマノ鈴鹿ロードレース」が三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキットで開催され、タイムトライアル競技のメインレースとして開催されたJCF登録チームによるチームタイムトライアルで、宇都宮ブリッツェンが最速タイムを叩き出して優勝を飾りました!

コンポーネントやホイール、シューズ、ヘルメットなどのスポンサー・サプライヤーとして宇都宮ブリッツェンの活動を支えているシマノが主催する、毎年恒例の夏の一大イベント「シマノ鈴鹿ロードレース」。宇都宮ブリッツェンも毎年このイベントに参加し、ウィラースクールやレースを盛り上げることで、日頃のサポートに対する恩返しをしています。

今年はジャパンナショナルのチェコ遠征から帰国したばかりの雨澤選手と、地元栃木県で行われるサイクルイベントにゲストライダーとして参加する飯野選手を除く7名の選手でビッグイベントを盛り上げるお手伝いをすることに。この日行われるチームタイムトライアルには増田、鈴木譲、阿部、小野寺の4選手が出場しました。

宇都宮ブリッツェンは1周目こそ動きが硬く、1周回完了時点で4番手のタイムと出遅れますが、2周回目に入ると本来の走りをしっかりと披露。最速ラップを叩き出すと、続く3周回目も最速ラップを記録して最終周回へと入ります。

最終周回になると、今年の全日本選手権個人TTチャンピオンである窪木選手を擁するチームブリヂストンサイクリングが一気にラップタイムを6分55秒に縮めてきますが、宇都宮ブリッツェンはさらにそのタイムを上回る6分49秒をマークしてフィニッシュ。4周回トータルで27分45秒というコースレコードで見事に優勝を飾りました。

清水監督コメント

「今日のレースは再来週に行われる渡良瀬遊水地でのチームタイムトライアルに向け、当日は6人出走になりますが中心となる4名の選手の合わせと言いますか、確認もこめてしっかりと全力を尽くしてもらいました。実力通りの結果を残してくれたと思いますし、久しぶりとなるチームタイムトライアルでも4名の呼吸も合っていましたし、渡良瀬に向けて非常に良い感触をつかむことができたと思います。ただ、2位には15秒差でチームブリヂストンサイクリングが入ってきましたし、渡良瀬のコースはさらに彼らの得意分野だと思いますので、我々もレースに向けてしっかりと調整して勝利を目指したいと思います」

Text:Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY





◆[リザルト

[第35回シマノ鈴鹿ロードレース - チームTT(JCF登録) - 23.2km - ]

1位 宇都宮ブリッツェン 27m45s63  50.14km/h

2位 チームブリヂストンサイクリング +14s92

3位 マトリックスパワータグ +33s05

4位 Team UKYO +46s24

5位 シマノレーシングチーム +1m29s65

6位 愛三工業レーシングチーム +2m28s29

7位 イナーメ男子部 2m53s95

8位 侵略!!! feat.SKH +3m59s72

9位 大垣ピストンズ 梅 +4m36s31

10位 VC VELOCE +4m41s28
出走=36チーム/完走=36チーム



Ttt_01
[早朝に宇都宮を出発した選手たちが鈴鹿サーキットに到着する]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Ttt_02
[到着早々、田村メカが選手のTTバイクの準備を始める]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Ttt_03
[チームTTに出走する4選手がローラーでアップを開始する]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Ttt_04
[スタートを切った選手たちがホームストレートで早速、前にスタートしたチームをパスする]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Ttt_05
[1周回目を4番手のタイムで終えた選手たちが2周回目に入る]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Ttt_06
[2周回目でラップタイムをあげた選手たちが3周回目に入ってもペースを上げ続ける]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Ttt_07
[一糸乱れぬ宇都宮ブリッツェントレインが晩夏の鈴鹿サーキットを進む]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Ttt_08
[一般参加チームの間をかき分けながらフィニッシュする選手たち]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Ttt_09
[クールダウンをしながら会心のレースを振り返る選手たち]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Ttt_10
[翌日のロードのみの出場となる馬渡選手は子ども向けのウィーラースクールで講師を務める]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Ttt_11
[同じく岡選手もウィーラースクールで子どもたちの走りをサポートする]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Ttt_12
[鈴木龍選手もリラックスしてウィーラースクールの講師を務める]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Ttt_13_2
[コースレコードをマークして優勝した選手たちが表彰台で満面の笑みを見せる]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY

|

« 2018 JPT第15戦 JBCF やいた片岡ロードレース | トップページ | 第35回シマノ鈴鹿ロードレースクラシック »