« ツール・ド・熊野 プロローグ | トップページ | ツール・ド・熊野 第2ステージ »

2018/06/01

ツール・ド・熊野 第1ステージ

Tdk1_top01
Tdk1_top02
[上:各賞ジャージ着用者が先頭に立ってニュートラル走行となったレースを終える]
[下:阿部選手がリーダージャージをキープした状態で勝負の第2ステージを迎える]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY




5月31日(木)〜6月3日(日)の4日間にわたり、UCI-2.2のステージレース「ツール・ド・熊野」が開催されています。




◆大会WEBサイトは[こちら
◆Live!!!ブログレポートは[こちら




このレースに、宇都宮ブリッツェンから以下の6名がエントリー。

鈴木譲
阿部嵩之
飯野智行
鈴木龍
雨澤毅明
岡篤志





UCI-2.2のステージレース「ツール・ド・熊野」の第1ステージが和歌山県新宮市赤木川沿いのスピード系公道サーキットコース(1周16.3km)で開催されましたが、39km地点のトンネル内において集団後方で落車が発生し、トンネル内の中央フェンスが倒壊して修復不能に。この結果、審判、主催者及びチームマネージャーのミーティングにより、ステージがキャンセルされました。

この結果、山岳賞を除くすべての成績は前日のプロローグ後の結果のまま、明日の第2ステージを迎えることになります。

清水監督コメント

「今日のステージはレースニュートラルでキャンセルとなってしまいました。とても残念ではありますが、リスクを回避する主催者とコミッセールの正しい判断だったのではないかと思います。チームとしては今日もポイントを重ねて勝利も重ねたいところではあったのですが、こういう事態になってしまったので、仕方がないと割り切って明日のレースに臨みたいと思います。選手もレースがニュートラルになるまでしっかりと動いてくれていたので、明日もいい形で進められるのではないかと思います」

Text:Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY





Logo
シクロワイアードの記事は[こちら





◆[リザルト

[20th Tour de KUMANO - UCI-2.2 - 第1ステージ 赤木川清流 - ]

※審判、主催者、及びチームマネージャーのミーティングによりキャンセル

個人総合時間 第1ステージ終了時

1位 阿部嵩之 (宇都宮ブリッツェン) 00m50s

2位 カーデン・グローヴス (セントジョージコンチネンタルCT) +01s

3位 黒枝士揮 (愛三工業レーシングチーム) +01s

4位 秋田拓磨 (シマノレーシングチーム) +01s

5位 岡篤志 (宇都宮ブリッツェン) +02s

6位 大久保陣 (チームブリヂストンサイクリング) +02s

7位 鈴木龍 (宇都宮ブリッツェン) +02s

8位 岡本隼 (愛三工業レーシングチーム) +02s

9位 横山航太 (シマノレーシングチーム) +02s

10位 原田裕成 (チームブリヂストンサイクリング) +03s

15位 鈴木譲 (宇都宮ブリッツェン) +03s

78位 雨澤毅明 (宇都宮ブリッツェン) +07s

95位 飯野智行 (宇都宮ブリッツェン) +08s

個人総合ポイント賞 プロローグ終了時

1位 阿部嵩之 (宇都宮ブリッツェン) 10P

2位 カーデン・グローヴス (セントジョージコンチネンタルCT) 9P

3位 黒枝士揮 (愛三工業レーシングチーム) 8P

4位 秋田拓磨 (シマノレーシングチーム) 7P

5位 岡篤志 (宇都宮ブリッツェン) 6P

6位 大久保陣 (チームブリヂストンサイクリング) 5P

個人総合山岳賞 第1ステージ終了時

1位 畑中勇介 (チーム右京) 2P

2位 フェン・チュンカイ (チャイニーズタイペイナショナルチーム) 1P

チーム総合時間 プロローグ終了時

1位 宇都宮ブリッツェン 02m34s

2位 シマノレーシング +02s

3位 愛三工業レーシングチーム +03s

4位 チームブリヂストンサイクリング +04s

5位 チーム右京 +07s
6位 VICTOIRE広島 +07s



Tdk1_01
[リーダージャージを着た阿部選手が宿からチェックアウトしてくる]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Tdk1_02
[パレードスタート地点となる新宮市役所前に到着]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Tdk1_03
[田村メカが準備したMERIDAのバイクが選手たちを待ち構える]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Tdk1_04_2
[日焼けによる消耗を少しでも抑えるため雨澤選手が日焼け止めを施す]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Tdk1_05
[チームの司令塔とプロトン内の司令塔がレースを前に話し合う]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Tdk1_06
[リーダージャージの阿部選手が各賞ジャージの選手と記念撮影に応じる]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Tdk1_07
[熊野川沿いを走る選手たちがスタート・フィニッシュ地点に向かう]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Tdk1_08
[リアルスタートを前に清水監督が補給やドリンクの確認などを行う]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Tdk1_09
[久しぶりのUCIレースとなる飯野選手が集中した表情を見せる]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Tdk1_10
[勝利を託された鈴木龍選手も引き締まった表情]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Tdk1_11
[クイーンステージを明日に控える雨澤選手はアシストに徹する1日になる]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Tdk1_12
[昨日とは打って変わった晴天の中、リアルスタートが切られる]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Tdk1_13
[メイン集団内で序盤のアタック合戦の状況を見極める岡選手]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Tdk1_14
[リーダージャージの阿部選手も積極的にアタックを選別していく]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Tdk1_15
[危険な逃げかどうかを判別しながらレースを進める鈴木譲選手]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Tdk1_16
[このステージのエースを務める鈴木龍選手が落ち着いた走りを見せる]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Tdk1_17
[雨澤選手も集団中ほどをキープして落ち着いた走り]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Tdk1_18
[選別した逃げを行かせて集団を落ち着かせようとした矢先にアクシデントが]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Tdk1_19
[落車で倒壊したフェンスの復旧のためにレースが一時中断される]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Tdk1_20
[リーダーチームとしてニュートラル走行を仕切る宇都宮ブリッツェンの選手たち]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY

|

« ツール・ド・熊野 プロローグ | トップページ | ツール・ド・熊野 第2ステージ »