« 2018JPT第8戦 JBCF 宇都宮ロードレース | トップページ | NTN presents 2018 Tour of Japan 第2ステージ »

2018/05/20

NTN presents 2018 Tour of Japan 第1ステージ

Toj1_top01
Toj1_top02
[上:2年連続で日本人最上位となる好タイムを記録した岡選手]
[下:ただ1人3分12秒台をマークしたビビーがステージ優勝を飾った]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY




5月20日(日)〜27日(日)の8日間にわたり、UCI-2.1のステージレース「ツアー・オブ・ジャパン」が開催されています。




◆大会WEBサイトは[こちら
◆Live!!!ブログレポートは[こちら




このレースに、宇都宮ブリッツェンから以下の6名がエントリー。

増田成幸
鈴木譲
鈴木龍
雨澤毅明
小野寺玲
岡篤志



5月20日(日)に、第1ステージが行われました。





UCI-2.1のステージレース「ツアー・オブ・ジャパン」の第1ステージが、大阪府堺市の大仙公園周辺に設定された2.6kmの個人タイムトライアルで開催され、ただ1人3分12秒台のタイムをマークしたJLTコンドールのイアン・ビビーがステージ優勝を飾り、今大会最初のリーダージャージ着用選手となりました。

宇都宮ブリッツェンはチーム内第4出走となった岡選手が3分13秒80の好タイムをマークし、日本人選手では最上位となる5位でフィニッシュ。また、個人総合で上位を狙う増田選手雨澤選手をはじめとする残る選手も全員が大きなトラブルもなくフィニッシュし、明日から本格的にスタートするレースに臨むことになります。

清水監督コメント

「今週に入ってからコンディションを崩してしまっていたメンバーたちの走りというのは、これからステージで1週間かけて上げていかなければいけないなと感じています。また、今年は層の厚いレースになりそうだな、と。現時点での上位陣のタイム差も僅差ですし、各チームが選手を上位に送り込んでいますので、1週間厳しいレースになるだろうなと思っています。ただ、宇都宮ブリッツェンも上位に選手を送り込めていますので、チャンスをつかめるレベルにあることも確認できました。明日から、狙えるものを狙っていきたいと思います」

Text:Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY





Logo
シクロワイアードの記事は[こちら




◆[リザルト

[NTN presents 2018 Tour of Japan - UCI-2.1 - 第1ステージ 堺 - 2.6km - ]

1位 イアン・ビビー (JLTコンドール) 3m12s00  48.7km/h

2位 マルコ・カノラ (NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニ) +01s05

3位 オリバー・ウッド (JLTコンドール) +01s24

4位 ミッヘル・ライム (イスラエル・サイクリング・アカデミー) +01s73

5位 岡篤志 (宇都宮ブリッツェン) +01s80

6位 キャメロン・パイパー (チーム・イルミネート) +02s14

7位 グレガ・ボレ (バーレーン・メリダ) +02s55

8位 アンソニー・ジャコッポ (ベネロング・スイスウェルネスCT) +02s59

9位 タイラー・ウィリアムズ (イスラエル・サイクリング・アカデミー) +02s78

10位 レイモンド・クレダー (チーム右京) +02s99

18位 鈴木譲 (宇都宮ブリッツェン) +04s60

28位 小野寺玲 (宇都宮ブリッツェン) +06s56

30位 増田成幸 (宇都宮ブリッツェン) +07s14

39位 鈴木龍 (宇都宮ブリッツェン) +09s19

73位 雨澤毅明 (宇都宮ブリッツェン) +15s45

出走=94名/完走=94名

個人総合時間 第1ステージ終了時

1位 イアン・ビビー (JLTコンドール) 3m12s  48.7km/h

2位 マルコ・カノラ (NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニ) +01s

3位 オリバー・ウッド (JLTコンドール) +01s

4位 ミッヘル・ライム (イスラエル・サイクリング・アカデミー) +01s

5位 岡篤志 (宇都宮ブリッツェン) +01s

6位 キャメロン・パイパー (チーム・イルミネート) +02s

7位 グレガ・ボレ (バーレーン・メリダ) +02s

8位 アンソニー・ジャコッポ (ベネロング・スイスウェルネスCT) +02s

9位 タイラー・ウィリアムズ (イスラエル・サイクリング・アカデミー) +02

10位 レイモンド・クレダー (チーム右京) +02s

18位 鈴木譲 (宇都宮ブリッツェン) +04s

28位 小野寺玲 (宇都宮ブリッツェン) +06s

30位 増田成幸 (宇都宮ブリッツェン) +07s

39位 鈴木龍 (宇都宮ブリッツェン) +09s

73位 雨澤毅明 (宇都宮ブリッツェン) +15s

個人総合ポイント賞 第1ステージ終了時

1位 イアン・ビビー (JLTコンドール) 10P

2位 マルコ・カノラ (NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニ) 9P

3位 オリバー・ウッド (JLTコンドール) 8P

4位 ミッヘル・ライム (イスラエル・サイクリング・アカデミー) 7P

5位 岡篤志 (宇都宮ブリッツェン) 6P

6位 キャメロン・パイパー (チーム・イルミネート) 5P

チーム総合時間 第1ステージ終了時

1位 JLTコンドール 9m40s

2位 ベネロング・スイスウェルネスCT +04s

3位 イスラエル・サイクリング・アカデミー +06s

4位 チーム右京 +07s

5位 宇都宮ブリッツェン +07s

6位 チーム・イルミネート +09s





Toj1_01
[レース前々日、朝から移動してきた選手たちが大阪府堺市に到着する]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Toj1_02
[到着して早々、選手たちはローラーで移動で凝り固まった身体をほぐす]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Toj1_03
[レース前日、選手たちが調整も兼ねてトレーニングに出かける]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Toj1_04
[夕方から行われた前日記者会見に注目選手として雨澤選手が出席する]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Toj1_05
[個人総合優勝を狙って全力でトライしたいと抱負を語る雨澤選手]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Toj1_06
[記者会見後は茶の湯体験も行われた]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Toj1_07
[第1ステージ当日、会場となる大仙公園には朝から多くの観戦客が訪れる]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Toj1_08
[田村メカによって整備されたメリダのバイクが青空に映える]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Toj1_09
[午前中のプレレース、堺国際クリテリウムに向けて選手たちがアップを行う]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Toj1_10
[流れで逃げに乗った小野寺選手が協調して逃げ続ける]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Toj1_11
[鈴木龍選手と鈴木譲選手は集団内で戦況をうかがう]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Toj1_12
[個人総合上位を狙う雨澤選手はトラブル回避で集団後方を走る]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Toj1_13
[同じく個人総合上位を狙う増田選手も集団後方でセーフティな走り]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Toj1_14
[岡選手は午後の第1ステージに向けてTTポジションでコースを確認]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Toj1_15
[チームプレゼンテーションでステージに上がる宇都宮ブリッツェンの選手たち]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Toj1_16
[チーム第1出走の鈴木龍選手がスタートする]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Toj1_17
[鈴木龍選手は3分21秒19で39位]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Toj1_18
[チーム第2出走の小野寺選手がスタートを前に集中した表情を見せる]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Toj1_19
[小野寺選手はトップと6秒56差のステージ27位]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Toj1_20
[個人総合、ステージ争いのどちらでも大車輪の活躍が期待される鈴木譲選手]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Toj1_21
[トップと4秒60差のステージ18位でフィニッシュした鈴木譲選手]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Toj1_22
[2016年にステージ3位に入った増田選手が期待の声援の中スタートする]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Toj1_23
[直前に体調を崩していた増田選手はステージ30位。ステージを重ねるごとに調子と順位を上げていく]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Toj1_24
[招集テントでスタートの順番を待つ岡選手]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Toj1_25
[スタート直後からエアロフォームで加速していく岡選手]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Toj1_26
[日本人選手でただ1人トップ10に入る走りを見せた岡選手は5位でフィニッシュ]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Toj1_27
[チーム最終出走の雨澤選手がスタートの瞬間を待つ]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Toj1_28
[個人総合を狙う雨澤選手は勝負どころのステージまで安全第一の走りが続く]
©️Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY

|

« 2018JPT第8戦 JBCF 宇都宮ロードレース | トップページ | NTN presents 2018 Tour of Japan 第2ステージ »