« 2018JPT第3戦 JBCF 修善寺ロードレースDay-1 | トップページ | ツール・ド・とちぎ 第1ステージ »

2018/03/21

2018JPT第4戦 JBCF 修善寺ロードレースDay-2

Jpt4_top01
Jpt4_top02
[上:自身が理想とするレース展開で独走勝利を飾った岡選手が今季2勝目を挙げた!]
[下:この日の結果で、岡選手はルビーレッドジャージの奪還にも成功した]
©Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY




3月18日(日)に、2018年のJプロツアー第4戦となる「JBCF修善寺ロードレースDay-2」が開催されました。




◆大会WEBサイトは[こちら
◆Live!!!ブログレポートは[こちら




このレースに、宇都宮ブリッツェンから以下の8名がエントリー。

増田成幸
鈴木譲
飯野智行
鈴木龍
馬渡伸弥
雨澤毅明
小野寺玲
岡篤志





2018年のJプロツアー第4戦となる「JBCF修善寺ロードレースDay-2」が、上りと下りしかない難易度の高い日本CSC8kmサーキットコースで開催され、逃げ切った逃げ集団から最終周回にアタックを仕掛けた宇都宮ブリッツェンの岡篤志選手が後続を振り切って独走優勝。開幕戦に続いて今シーズン2勝目をマークしました!

この結果、岡選手は個人ランキングでトップに立ちルビーレッドジャージを獲得しています。

前日の第3戦に引き続き、日本CSC8kmサーキットコースを舞台に開催された第4戦。前日よりも周回数が5周増え、120kmの長丁場で争われます。

前日の第3戦では自分たちの実力の高さを過信して景気良く行き過ぎてしまう場面もあり、最終局面でプラン通りの動きができなかった宇都宮ブリッツェン。第4戦でも鈴木譲選手と岡選手を最終局面の勝負要員として戦うプランには変更ないものの、選手間のコミュニケーションや動きの質の部分を高めて勝利を挙げることを目標にレースに臨みました。

レースがスタートすると早速、各チームによるアタック合戦が繰り広げられる展開に。小山選手(シマノレーシング)、中川選手(ヴィクトワール広島)、青木選手(アクアタマ)3名が飛び出して集団からリードを奪う展開となります。

2周回目に入ると、3名の逃げ集団の中から中川選手(ヴィクトワール広島)がドロップし逃げは2名に。メイン集団とのタイム差は1分程度にまで広がります。

すると、メイン集団からは鈴木龍選手(宇都宮ブリッツェン)と岡選手(宇都宮ブリッツェン)を含む数名の選手が追走のために飛び出す展開。この追走は3周回目に入る段階で2名の逃げに合流して逃げは16名に。その後、さらに増田選手(宇都宮ブリッツェン)を含む2名の選手がジョインして逃げ集団は18名となります。

増田、鈴木龍、岡(宇都宮ブリッツェン)

秋田、横山、小山(シマノレーシング)

岸、樋口、吉田(那須ブラーゼン)

フェルナンデス、安原(マトリックス)

大久保、原田(BSサイクリング)

ボシス(東京ヴェントス)

白川(ヴィクトワール広島)

前田(弱虫ペダル)

青木(アクアタマ)

豊田(イナーメ信濃山形)

メイン集団

有力チーム勢の選手が複数入ったこともあり、メイン集団はこの逃げを容認。すると一気にタイム差が広がり、レースも3分の1となる5周回目になるとその差は6分前後にまで広がることになります。

メイン集団は有力チーム勢が逃げに選手を送り込んだことで、コントロールをするチームがおらずにまったくペースが上がらない状態。このままいくと、昨年6月の第6戦「那須ロードレース」のようにメイン集団全員がタイムアウトでレース終了という可能性も出てくる事態となります。

ここで、メイン集団の大量リタイアだけは避けようと、良いメンバーを逃げに送り込んでいるため引く必要のない宇都宮ブリッツェン勢が集団先頭に立ってペースメイクを開始。タイムアウトにならず、かつ逃げ集団に影響が出ない絶妙なペースメイクでメイン集団の救済に乗り出します。

その後、レースは18名の逃げ集団と宇都宮ブリッツェンがコントロールするメイン集団という展開のまま、タイム差を6分前後に保ったまま進んでいきます。

7周回目に入ると、メイン集団から3名の選手が逃げ集団にブリッジをかけようと追走に飛び出し、さらにその後方では2名の選手が追走に出る展開となります。

逃げ集団18

木村(シマノレーシング)

藤岡(ヴィクトワール広島)

高木(東京ヴェントス)

(ヴィクトワール広島)

岩崎(弱虫ペダル)

メイン集団

しばらくすると、3名の追走が逃げ集団に合流し、逃げ集団は21名の大所帯になって周回を重ねていきます。

9周回目に入ると、大所帯の逃げ集団では人数を絞りにかかるアタックが見られるようになり、その揺さぶりで人数が絞られて逃げ集団は11名となります。

その頃になると、メイン集団でも前日の第3戦で勝利を飾ったトリビオ選手(マトリックスパワータグ)が単独でアタックを仕掛けて逃げ集団に合流しようと試みますが、これは決まらず。逆に10周回目を迎えるホームストレートでパンクに見舞われ、チームメートの土井選手(マトリックスパワータグ)から車輪を譲り受けて何とかレースに復帰する事態となります。

一方、11名に絞られた逃げ集団もさらに活性化。集団が割れては合流する状況を繰り返しながら周回を重ねていく展開となります。

増田、鈴木龍、岡(宇都宮ブリッツェン)

木村、秋田、横山、小山(シマノレーシング)

フェルナンデス、安原(マトリックスパワータグ)

ボシス(東京ヴェントス)

白川(ヴィクトワール広島)

逃げ集団からこぼれた選手

メイン集団

残り4周回となる12周回目に入ると、逃げ集団内では増田選手(宇都宮ブリッツェン)がアタックを仕掛け、その動きに木村選手(シマノレーシング)がチェックに入って2名が先行する展開に。12周回目終盤に2名の先行は吸収されますが、今度はそのカウンターで岡選手(宇都宮ブリッツェン)と秋田選手(シマノレーシング)が飛び出すなど、最終局面に向けてますます活性化していくことになります。

その頃になると、メイン集団ではルビーレッドジャージの窪木選手(BSアンカー)を擁するチームブリヂストンサイクリング勢が先頭に立ってペースアップを開始しますが、逃げ集団を捕らえられるかどうかはかなり微妙なタイム差という状況となります。

13周回目に入ると、逃げ集団では4名の選手が抜け出して先行する展開に。そのまま後続に45秒のタイム差をつけ、勝ち逃げになりそうな予感を漂わせる先行となります。

増田、岡(宇都宮ブリッツェン)

横山(シマノレーシング)

フェルナンデス(マトリックスパワータグ)

45

逃げ集団の残り

メイン集団

13周回目にできた4名の先頭集団は、14周回目に入っても衰えることなく勝ち逃げとなることが決定的になり、レースは遂に最終周回を迎えます。

最終周回に入ると、岡選手(宇都宮ブリッツェン)のスプリントで勝利を狙う算段の宇都宮ブリッツェンは増田選手(宇都宮ブリッツェン)がアタックを仕掛けて残る2選手の脚を削ることを考えますが、その考えを読んだフェルナンデス選手(マトリックスパワータグ)が先にアタックを仕掛けて先行する展開に。

しかし、この動きに落ち着いて対応した宇都宮ブリッツェン勢はカウンターで岡選手(宇都宮ブリッツェン)が飛び出して15秒程度のリードを奪い独走態勢に入ります。

結局、岡選手は独走のままリードを広げ、そのままフィニッシュ。開幕戦に続いて今シーズン2勝目を飾るとともに、個人ランキングでも首位に立ってルビーレッドジャージの奪還にも成功しました!

清水監督コメント

「今日のレースは昨日のレースで出た反省点を活かして動き、それがしっかりハマって最後は個人とチームの力で勝利を収めることができました。修善寺はファン・サポーターの方が数多く来てくださるコースですし、初戦が沖縄だったこともあって、実質この2連戦が今シーズンの我々を直接見ていただける最初のレースだと思っていました。そんな中、昨日は不甲斐ないレースをしてしまったので、今日その借りを返せて良かったです。本当、皆さんの前で勝利をお見せすることができて良かったですね。レース自体は調子の良い鈴木譲選手と岡選手を中心に、積極的に動いてライバルチームよりも数的有利の状況を作り出しました。反面、後ろの集団が止まってしまうということも避けたかったのでコントロールをしましたが、他のチームがやらなかったから我々がやっただけです。終盤も前は前で展開して、ツール・ド・台湾組の鈴木龍選手がすごく頑張ってくれ、コンディションが十分ではない増田選手もしっかりやってくれて、1位、3位、5位と入ってくれました。後ろのコントロールした集団からも鈴木譲選手が抜け出してきてくれて、本当に理想的な、完全に仕切ったレースをしてくれたと思います。今週末はツール・ド・とちぎがあります。台湾組もしっかり休んで回復さえすれば、総合優勝も狙えると思っています。モチベーション高くこのままいきたいと思いますので、地元で声援を贈っていただければと思います!」

岡選手コメント

「昨日が結構ハードなレースで皆んな疲れているだろうなと思っていましたし、自分もすごく疲れを感じていた中で、今日のレースは距離も1.5倍になった分、全員が慎重になっているなという印象がありました。ので、宇都宮ブリッツェンとしても最初から脚をガンガン使わないようにというプランだったのですが、他のチームも同様の考えだと逃げが意外とそのまま行ってしまうかなとも思っていたので、前待ちもひとつのプランかなと思っていました。結果的に、逃げが完全に勝ち逃げという形になって、メンバーとしてもブリッツェンが一番有利だったと思うので、そこが最初の決め手になったかなと思います。自分としてはかなり調子も良かったので、最終局面でアタックをしたいなという気持ちもあったのですが、増田選手と2人いたので増田選手がアタックをして自分はスプリントに備えるというプランにしていました。でも、最後はフェルナンデス選手の方が先に仕掛けてきて、他チームの選手2人がキツいタイミングがちょうど出来たので、そこで自分がアタックしてそのまま逃げ切れた形になりました。スプリントに対して絶対的に自信を持っている訳ではないですし、逃げて勝ちたいという想いが自分の中にある中で、今日は自分の思った通りの勝ち方ができて本当にうれしかったです。今シーズンは序盤から幸先良く勝てているので、ここからも勢いが止まらないように頑張らないといけないと思います。これからはUCIレースもありますし、そこでしっかり結果を出せるかどうかが重要なので、今後とも頑張ります。この2日間、たくさんのブリッツェンフラッグと声援を受けて、走っていて本当に気持ちが良かったですし、力になったので本当にありがとうございました!栃木のレースも多いので、ぜひ応援よろしくお願いします!」

Text:Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY





Logo_2
シクロワイアードの記事は[こちら

◆[リザルト

[第1JBCF修善寺ロードレースDay-2 - JPT4 - P1 120.0km -

1 岡篤志 (宇都宮ブリッツェン) 3h41m43s 32.47km/h

2 アイラン・フェルナンデス (マトリックスパワータグ) 38s

3 増田成幸 (宇都宮ブリッツェン) 38s

4 横山航太 (シマノレーシング) 49s

5 鈴木龍 (宇都宮ブリッツェン) 3m43s

6 秋田拓磨 (シマノレーシング) 3m46s

7 安原大貴 (マトリックスパワータグ) 3m50s

8 鈴木譲 (宇都宮ブリッツェン) 3m50s

9 トム・ボシス (東京ヴェントス) 4m09s

10 小山貴大 (シマノレーシング) 4m12s

12 小野寺玲 (宇都宮ブリッツェン) 4m26s

20 馬渡伸弥 (宇都宮ブリッツェン) 5m47s

28 雨澤毅明 (宇都宮ブリッツェン) 5m54s

DNF 飯野智行 (宇都宮ブリッツェン)

出走=108/完走=31

2018Jプロツアー 個人ランキング

1 岡篤志 (宇都宮ブリッツェン) 672P

2 窪木一茂 (チームブリヂストンサイクリング) 492P

3 黒枝咲哉 (シマノレーシング) 410P

4 小野寺玲 (宇都宮ブリッツェン) 388P

5 横山航太 (シマノレーシング) 354P

5 鈴木譲 (宇都宮ブリッツェン) 354P

2018Jプロツアー チームランキング

1 宇都宮ブリッツェン 1,752P

2 シマノレーシング 1,092P

3 チームブリヂストンサイクリング 680P

4 マトリックスパワータグ 648P

5 東京ヴェントス 348P

6 VICTOIRE広島 326P

ルビーレッドジャージ 岡篤志 (宇都宮ブリッツェン)
ピュアホワイトジャージ 小山貴大 (シマノレーシング)







Jpt4_01
[前日とは打って変わり、日本CSCは晴天に恵まれ気温も上昇]
©Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt4_02
[台湾で腹痛に見舞われた小野寺選手がこの日はメンバー入りしレースに復帰]
©Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt4_03
[ルビーレッドジャージを着用する窪木選手を先頭に選手が整列する]
©Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt4_04
[前日のDay-1から1.5倍距離が延長された120kmで争われるレースがスタート]
©Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt4_05
[タイミングを見計らってアタックを仕掛けた鈴木龍選手が逃げに乗る]
©Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt4_06
[鈴木龍選手の動きに反応した岡選手も逃げに乗り、先待ちの態勢を作る]
©Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt4_07
[メイン集団から数名の選手を引き連れて飛び出した増田選手が逃げに合流する]
©Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt4_08
[有力チームがほぼ逃げに選手を乗せたことでメイン集団は一気にペースダウン]
©Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt4_09
[体調の回復が心配された小野寺選手だったが元気な姿を見せる]
©Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt4_10
[コントロールするチームが現れないメイン集団にタイムアウトの危険が迫る]
©Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt4_11
[かつての走りと筋肉が戻り始めている飯野選手がメイン集団で次の展開に備える]
©Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt4_12
[メイン集団のペースダウンをよそに快調な逃げ集団内で走る岡選手]
©Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt4_13
[勝負へ向けての脚を残しつつも、逃げ集団でしっかりローテーションに加わる鈴木龍選手]
©Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt4_14
[タイムアウト目前のメイン集団で宇都宮ブリッツェンが集団コントロールを開始する]
©Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt4_15
[逃げ集団に影響を与えずタイムアウトにならないタイムを維持してコントロールを続ける]
©Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt4_16
[21人に膨らんだ
逃げ集団ではこの後、セレクションにかけるアタックがかかる]
©Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt4_17
[展開、ライバル選手の消耗具合を冷静に判断しながらレースを進める増田選手]
©Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt4_18
[メイン集団は雨澤選手が先頭固定でコントロールする状態が続く]
©Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt4_19
[セレクションがかかった逃げ集団は11人となるが、宇都宮ブリッツェンは3人がしっかり残る]
©Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt4_20
[雨澤選手がコントロールするメイン集団も人数が減ってスリム化される]
©Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt4_21
[11人の逃げ集団から4人が先行。増田選手と岡選手が数的有利の状況を作り出す]
©Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt4_22
[割れた逃げ集団の後方に残った鈴木龍選手は、前方への危険な攻撃をチェックしながらの走り]
©Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt4_23
[メイン集団から単独で飛び出した鈴木譲選手が前方の逃げ集団へ追走を始める]
©Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt4_24
[メイン集団から追走に出ようとする動きに、馬渡選手がしっかりチェックに入る]
©Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt4_25
[ホームストレートに姿を現した岡選手が勝利を確信しガッツポーズを見せる]
©Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt4_26
[理想とする走りでの勝利を噛みしめるようにフィニッシュへと向かう岡選手]
©Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt4_27
[チームが機能し、個人の力もしっかり発揮された勝利に清水監督も笑顔を見せる]
©Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt4_28
[ベテランらしい冷静な判断で逃げ集団をまとめた増田選手も岡選手の勝利に笑顔を見せる]
©Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt4_29
[割れた後方逃げ集団の先頭をきっちり取った鈴木龍選手が5位でフィニッシュ]
©Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt4_30
[メイン集団から単独で逃げ集団に追いついた鈴木譲選手は8位でゴール]
©Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt4_31
[小野寺選手がメイン集団の頭をとり、宇都宮ブリッツェンはすべての集団で頭をとる完璧なレースを見せた]
©Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt4_32
[2人が表彰台を獲得したことで、チームランキングポイントを大きく加算することにも成功した]
©Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Jpt4_33
[チーム力を発揮しての勝利に、サポーターの応援旗もどこか誇らしげにはためいているように見えた]
©Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY

|

« 2018JPT第3戦 JBCF 修善寺ロードレースDay-1 | トップページ | ツール・ド・とちぎ 第1ステージ »