« 2018年1月 | トップページ

2018年2月

2018/02/14

2018柏原シクロクロス

Kashiwara_top01
Kashiwara_top02
[上:レース終盤に竹之内選手に追いつき、競り合いながらコーナーをクリアしていく小坂選手]
[下:自身の今シーズン最終戦で、小坂選手はきっちり勝利を飾ってシーズンを締めくくった]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY




2月12日(月・祝)に、「柏原シクロクロス」が初開催されました。




◆大会WEBサイトは[こちら
◆Live!!!ブログレポートは[こちら




このレースに、宇都宮ブリッツェンシクロクロスチームの小坂光選手が招待選手としてエントリー。





関西シクロクロスシリーズのポイント対象外レースとして「2018柏原シクロクロス大会」が大阪府柏原市の大和川の河川敷に設定された周回コースで開催され、今シーズンの最終戦としてレースに臨んだ宇都宮ブリッツェンシクロクロスチームの小坂光が竹之内悠とのマッチスプリントを制して優勝を飾りました!

ジャパンシクロクロス(JCX)シリーズの最終戦となる第12戦「シクロクロス東京」を終え、自身2年ぶり2度目となるJCXシリーズチャンピオンを手にした小坂選手(宇都宮ブリッツェンCX)は宇都宮へは戻らず一路、大阪へ。同級生のライバルである竹之内選手が所属するToyo Frameの招待を受け、柏原シクロクロスへ出場する事になりました。

大阪府柏原市の柏原市役所前を流れる大和川の河川敷に設定されたコースは基本的にオールフラットながら、5連ステップやサンドセクション、マッドセクションとコース状況がコロコロと変わる過酷なレイアウト。吹き付ける強風も手伝って、テクニックとパワーを併せ持った強者にのみ勝利の女神が微笑むコースと言えます。

レースがスタートすると、関西シクロクロスシリーズチャンピオンに輝いた川村選手(スクミズマシンワークス)がホールショットを奪い、その後方に竹之内選手(Toyo Frame)と小坂選手(宇都宮ブリッツェンCX)が続く展開で幕を開けます。

しばらくすると、実力では一枚上手の竹之内選手(Toyo Frame)と小坂選手(宇都宮ブリッツェンCX)が川村選手(スクミズマシンワークス)をかわして2名の先頭パックを形成する展開となります。

その後、レースは竹之内選手(Toyo Frame)と小坂選手(宇都宮ブリッツェンCX)が先頭を奪い合いながら後続を引き離していく状況となり、中盤に差しかかろうかという段階でタイム差は1分以上に開いて勝負は2名に絞られる展開となります。

レースも中盤に差しかかると、5連ステップを担いでクリアする小坂選手(宇都宮ブリッツェンCX)に対して、バニーホップでクリアする竹之内選手(Toyo Frame)が若干のリードを奪い、さらにその後のサンドセクションでもさらにリードを広げる展開となります。

竹之内(Toyo Frame)

↓ 10秒

小坂(宇都宮ブリッツェンCX)

その後、先頭を走る竹之内選手(Toyo Frame)と小坂選手(宇都宮ブリッツェンCX)のタイム差は最大で15秒程度にまで拡大。小坂選手(宇都宮ブリッツェンCX)にとっては非常に厳しい状況となります。

しかし、レースも終盤に差しかかると、それまで快走を見せていた竹之内選手(Toyo Frame)にも疲れの色が見え始め、ほぼ一定のラップタイムを刻んでいた走りに陰りが見られるようになります。

一方、厳しい状況に追い込まれながらも諦めることなく追走を続けていた小坂選手(宇都宮ブリッツェンCX)は着実に竹之内選手(Toyo Frame)とのタイム差を詰めていく展開となります。

レースも10周回を過ぎ、残り周回数も少なくなっていくに連れて、先頭の竹之内選手(Toyo Frame)と2番手の小坂選手(宇都宮ブリッツェンCX)とのタイム差も徐々に少なっていき、残り2周回の段階になると小坂選手(宇都宮ブリッツェンCX)がついに竹之内選手(Toyo Frame)をキャッチ。先頭は再び2名のパックとなります。

パックとなった先頭の2名は、互いに得意とするセクションで先頭に出て引き離しを試みますがどちらも譲らず、勝負は最終周回へ。

最終周回に入っても、2名の間に決定的な差が生まれることはなく、勝負はゴールスプリントへと持ち込まれる事になります。サイドバイサイドの展開の中から最後は小坂選手(宇都宮ブリッツェンCX)が先行してフィニッシュ。見事に優勝を飾りました。

小坂選手コメント

「今日のレースは昨日の疲れもあり、かなりハードなレースでした。ステップをバニーホップで確実にクリアする自信がなかったので、竹之内選手に毎周回そこで離されては追い付くという繰り返しになってしまい中盤大きく離されてしまいましたが、最後までペースは落とさずに踏み続けて何とか追いつくことができ、最後はスプリントで勝つことができました。チャンピオンジャージで初めての優勝だったので、とてもうれしかったです。関西ではありましたが、レース中はたくさんの方に応援していただいたこともうれしかったです。今回のレースをもってシーズンは終了となります。サポート、応援ありがとうございました!来シーズンに向けてまた進化を遂げて、全日本選手権を連覇して世界に挑戦したいと思います」

Text:Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY





◆リザルト

[2018柏原シクロクロス大会 - C1 60m - ]

1位小坂光 (宇都宮ブリッツェンシクロクロスチーム) 1h00m11s

2位 竹之内悠 (Toyo Frame) st

3位 川村誠 (スクミズマシンワークス) +2m58s

4位 岡拓也 +4m03s

5位 渡辺佑樹 (team SONIC) +4m08s

6位 中西啓太 (Panasonic) -1Lap

7位 豊田勝徳 (WAKO’S RACING TEAM) -1Lap

8位 久保伸次 (京都岩井商会レーシング) -1Lap

9位 熊本大五郎 (八ヶ岳CYCLOCROSS CLUB) -1Lap

10位 腰山雅大 (All-City Cycles/662CCC) -1Lap
出走=28名/完走=5名


Kashiwara_01
[レース当日は晴天に恵まれたものの、冷たい風が吹き付けるコンディション]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Kashiwara_02
[小坂選手もしっかりと防寒して試走に臨み、初めて走るコースを確認する]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Kashiwara_03
[レース前の合間にはEバイクとシクロクロスバイクが対決するデモンストレーションも行われた]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Kashiwara_04
[選手たちがスタートラインに整列し、スタートの瞬間を待つ]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Kashiwara_05_2
[スタートが切られ選手たちが勢いよくコースインする]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Kashiwara_06
[レースは序盤から小坂選手と竹之内選手のマッチレースとなった]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Kashiwara_07
[先頭を争う2名が軽快にシケインをクリアしていく]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Kashiwara_08
[5連ステップの処理で小坂選手は竹之内選手にリードを奪われる]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Kashiwara_09
[最大で15秒竹之内選手とのタイム差が開くも、諦めることなく追走を続ける小坂選手]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Kashiwara_10
[平坦なレイアウトのコースながら吹き付ける強風が選手たちを苦しめる]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Kashiwara_11
[連戦に加えて強風に苦しみながらも集中した表情を崩さずに追走を続ける]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Kashiwara_12
[コースは柏原市役所の前を流れる大和川の河川敷という好立地に設定された]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Kashiwara_13
[シーズン最終戦を勝利で締めくくるべく追走の脚を緩めない]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Kashiwara_14
[決死の追走が実り竹之内選手を射程に捕らえた]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Kashiwara_15
[再び2名のパックとなった先頭では抜きつ抜かれつの争いが続く]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Kashiwara_16
[最後まで競り合った状況が続き、勝負はゴールスプリントに持ち込まれた]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Kashiwara_17
[竹之内選手とのマッチスプリントを制した小坂選手がシーズン最終戦を勝利で締めくくった]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY

|

JCX第12戦 Cyclocross Tokyo 2018

Jcx12_top01
Jcx12_top02
[上:先行する竹之内選手を追走し深いサンドセクションを進む小坂選手]
[下:圧巻の走りを見せた竹之内悠が最後のシクロクロス東京の勝者となった]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY




2月11日に、2017-2018年のジャパンシクロクロス(JCX)シリーズ最終戦となる第12戦「シクロクロス東京」が開催されました。




◆大会WEBサイトは[こちら
◆Live!!!ブログレポートは[こちら




このレースに、宇都宮ブリッツェンシクロクロスチームの小坂光選手が招待選手としてエントリー。





2017-2018シーズンのジャパンシクロクロスシリーズの最終戦となる第12戦「シクロクロス東京2018」が、東京都港区台場のお台場海浜公園で開催され、中盤過ぎから独走態勢を構築したToyo Frameの竹之内悠が優勝を飾りました。

宇都宮ブリッツェンシクロクロスチームの小坂光選手は、レース中盤まで竹之内選手と先頭パックを形成したものの少しずつ引き離され、2位でフィニッシュ。それでも、全12戦で争われるジャパンシクロクロスシリーズのシリーズランキングではトップを守り切り、2年ぶり2回目のシリーズチャンピオンに輝きました!

昨年の10月から始まったジャパンシクロクロス(JCX)シリーズも、ついに最終戦を迎えました。

舞台となったのは、今年で7回目の開催となるシクロクロス東京。多くの観光客が訪れるお台場海浜公園に設定されたコースは最終戦に相応しい会場と言えます。

しかし、そんなシクロクロス東京も2020年の東京五輪のために湾岸エリアが整備されることを受け、今年が最後の大会に。誰が最後の大会の勝者になるのかに注目が集まります。

1週間前にハードコースの世界選手権に出場して帰国した宇都宮ブリッツェンシクロクロスチームの小坂選手は、JCXシリーズチャンピオンをほぼ確定している状態ではありますが、多くの観戦客が訪れる注目度の高いレースでもあり、宇都宮から比較的近く多くのファン・サポーターも数多く応援に駆けつけるということもあり、必勝を期してレースに臨みました。

レースがスタートすると、勢いよくスタートダッシュを決めたのは竹之内選手(Toyo Frame)と前田選手(弱虫ペダル)の2名。小坂選手(宇都宮ブリッツェンCX)は若干出遅れてしまい、3番手でサンドセクションへと入っていきます。

サンドセクションを一旦過ぎて林区間を抜け、再び長いサンドセクションに入ると、小坂選手(宇都宮ブリッツェンCX)は前田選手(弱虫ペダル)をかわして2番手に浮上、その勢いのまま先頭を走る竹之内選手(Toyo Frame)を追走する展開で2周回目へと入っていきます。

2周回目に入ると、小坂選手(宇都宮ブリッツェンCX)は先頭を走る竹之内選手(Toyo Frame)をキャッチ。先頭は2名のパックとなります。

3周回目に入ると、先頭では小坂選手(宇都宮ブリッツェンCX)が若干先行する展開になりますが、4周回目には竹之内選手(Toyo Frame)が追い付き、逆に小坂選手(宇都宮ブリッツェンCX)から若干先行する展開に。ここ数年の日本シクロクロス界をけん引してきた2名が激しいバトルを繰り広げる展開が続くことになります。

しかし、5周回目に入ると長い砂浜のサンドセクションで小坂選手(宇都宮ブリッツェンCX)がラインを外してもたついてしまったのを見逃さずに竹之内選手(Toyo Frame)が引き離して先行する展開となります。

竹之内選手(Toyo Frame)から15秒ほど遅れてしまった小坂選手(宇都宮ブリッツェンCX)は何とかその差を埋めようと追走し続けますが、シクロクロス東京のコースを得意とし、なおかつコンディションの良さをうかがわせる力強いペダリングを見せる竹之内選手(Toyo Frame)との差はさらに開いていき、7周回目に入る段階でその差は30秒にまで開いてしまいます。

結局、尻上がりにラップタイムを縮める力強い走りを見せた竹之内選手(Toyo Frame)が、危なげない走りで先頭を守り切って独走優勝。最後となるシクロクロス東京の勝者となりました。

竹之内選手(Toyo Frame)に大差をつけられてしまい、残念ながら2位でフィニッシュとなった小坂選手(宇都宮ブリッツェンCX)ですが、全12戦で争われるJCXシリーズランキングではきっちりトップを守り、自身2年ぶり2度目となるシリーズチャンピオンに輝きました!

小坂選手コメント

「今回は世界選手権の遠征直後のレースということもあり万全の状態ではありませんでしたが、全日本チャンピオンとして、JCX最終戦を優勝してシーズンを締めくくりたいと思っていました。コース自体は昨年よりも砂浜の区間が長くなって、そこをうまく攻略できるかどうかが勝負のポイントになると考えていました。レース序盤は竹之内選手と競り合いながら走っていましたが、自分のミスから先行を許してしまい、その後は焦りからかミスを連発してしまって2位でフィニッシュという結果になりました。レースは勝てませんでしたが、チャンピオンジャージを着てたくさんの応援の中を走ることができてとても嬉しかったですし、レースを楽しめました。宇都宮からも沢山の方が観に来てくださったのでとても力になりました。応援、ありがとうございました!明日のシーズン最終レースも頑張ります!」

Text:Nonbumichi.Komori/HATTRICK COMPANY





Logo
シクロワイアードの記事は[こちら





◆リザルト

[Cyclocross Tokyo 2018 - JCX第12戦 - 男子エリート - ]

1位 竹之内悠 (Toyo Frame) 58m13s

2位 小坂光 (宇都宮ブリッツェンシクロクロスチーム) +1m38s

3位 前田公平 (弱虫ペダルサイクリングチーム) +2m10s

4位 山本幸平 +2m52s

5位 丸山厚 (BOMA/ROND BICYCLE) +5m31s

6位 織田聖 (弱虫ペダルサイクリングチーム) +5m47s

7位 門田基志 (TEAM GIANT) +6m48s

8位 宮津旭 (PAX PROJECT) +7m11s

9位 小坂正則 (スワコレーシングチーム) -1Lap

10位 江越海玖也 (弱虫ペダルサイクリングチーム) -1Lap
出走=32名/完走=8名




Jcx12_01
[男女の招待選手がステージ上で紹介を受ける]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jcx12_02
[招待選手としてインタビューを受ける小坂選手]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jcx12_03
[長くなったサンドセクションを確認しながら小坂選手が試走を続ける]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jcx12_04
[スタート時間に合わせてローラーでアップを開始する小坂選手]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jcx12_05
[この日の東京は気温も上がったため、アップをする小坂選手からは汗が滴る]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jcx12_06
[招待選手の小坂選手がコールアップされ最前列に整列する]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jcx12_07
[竹之内選手、前田選手に続く3番手で小坂選手はサンドセクションへと入る]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jcx12_08
[第1回大会に近い長いサンドセクションを3番手で進む小坂選手]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jcx12_09
[深いサンドセクションを抜群のボディバランスとバイクコントロールでクリアしていく]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jcx12_10
[前田選手をかわして2番手に上がった小坂選手が先頭の竹之内選手に迫る]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jcx12_11
[先頭パックとなった2名が競り合いながら周回を重ねていく]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jcx12_12
[近年の国内シクロクロス界をけん引する2名のデッドヒートを大観衆も見守る]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jcx12_13
[ミスで竹之内選手に引き離された小坂選手が何とか追いつこうと追走を続ける]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jcx12_14
[深い砂からのシケインというレイアウトがじわじわと体力を削っていく]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jcx12_15
[決死の追走を見せるも、竹之内選手とのタイム差が少しずつ広がっていく]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jcx12_16
[木の根が張り出した林セクションも細心の注意を払いながらクリアしていく]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jcx12_17
[周回遅れの選手をかわすのに苦労しながらも諦めずに先頭を追う]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jcx12_18
[ナショナルチャンピオンに向けて会場からたくさんの声援が飛ぶ]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jcx12_19
[サンドセクションの処理でタイム差が広がっていく展開が続く]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jcx12_20
[挽回するには難しいタイム差となってしまった小坂選手が最終周回に入る]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jcx12_21
[2位でフィニッシュした小坂選手が観客のハイタッチに応える]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jcx12_22
[小坂選手は2年ぶり2度目となるJCXシリーズチャンピオンに輝いた]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jcx12_23
[東京五輪に向けて一帯が整備されるため、シクロクロス東京は今回で一旦終了となる]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY

|

« 2018年1月 | トップページ