« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017/10/25

JPANCUP CYCLE ROAD RACE

Jc_top01
Jc_top02
[上:チーム創設史上初となる3位で雨澤選手がフィニッシュする]
[下:豪雨のレースを制したカノラがクリテリウムに続いてロードレースでも優勝を飾った]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY




10月22日(日)に、アジア最大規模のワンデーレース「ジャパンカップ祭クルロードレース(UCI-1.HC)」が開催されました。



◆大会WEBサイトは[こちら
◆Live!!!ブログレポートは[こちら



このレースに、宇都宮ブリッツェンから以下の5名のエントリー。

増田成幸
鈴木譲
雨澤毅明
小野寺玲
岡篤志





アジア最大規模のワンデーレース「JAPANCUP(UCI-1.HC)」がアップダウンの厳しい宇都宮市森林公園とその周辺の公道サーキットコースで開催され、5人に絞られた先頭集団のゴールスプリント勝負を制したNIPPO・ヴィーニファンティーニのマルコ・カノラが優勝を飾りました。カノラは前日のジャパンカップクリテリウムも制しており、クリテリウムが開催されるようになって以降で初めて、2日間ともに勝利を飾った選手となりました。

宇都宮ブリッツェンは、ツール・ド・北海道での鎖骨骨折から復帰レースとなる増田選手が山岳賞を狙っていくというオプションはあったものの、基本的には雨澤選手でのゴール勝負にチームの全神経を注いでいくプランを選択。小野寺選手、増田選手、岡選手が次々に献身的なアシストを見せてレースを降りていく中、チームメートのアシストを受けた雨澤選手が終盤の勝負どころを逃さずに5名の先頭集団に入る走りを見せ、最後のゴールスプリントでも積極的な姿勢を見せて優勝には惜しくも届かなかったものの3位でフィニッシュ。「ジャパンカップ優勝」という宇都宮ブリッツェンが掲げる将来的に達成したい目標にグッと迫る、チーム創設以来初めてとなる3位表彰台を獲得しました!

宇都宮ブリッツェンにとって、1年の中で最も大切なレースのひとつと言える「ジャパンカップ」。

しかし、今年は台風21号が日本列島に接近する影響で朝から本降りの雨が降る天候。その影響を考慮して、通常14周回のレースから10周回に周回数が減らされ、山岳賞も3・6・9・12周回から2・4・6・8周回に変更されてレースが開催されることになりました。

宇都宮ブリッツェンは、地元開催のこのビッグレースに増田、鈴木譲、雨澤、小野寺、岡の5選手が出場。厳しい上りとレース展開に対応できる5人でエース雨澤選手の表彰台獲得を最大目標に、残り2周回に入る段階から小野寺選手か岡選手が先頭に出てペースを作り、古賀志林道で雨澤選手がアタックを仕掛けて先頭集団の人数を絞り、最終周回の古賀志林道でも再びアタックを仕掛けて人数を絞って表彰台を狙うというプランでレースに臨みました。

雨が強く降りつける天候にもかかわらず多くの観戦客がスタート地点に詰めかける華々しい雰囲気の中で幕を開けたレースは、周回数が減らされて距離が短くなったことも影響したのか、直後から山岳賞狙いの国内コンチネンタルチーム勢だけでなくUCIワールドチームも積極的にアタックを仕掛ける展開となります。

そんな中、一度は15名程度の選手が先行する場面も見られたものの、最終的に3名の逃げ集団が形成される展開となります。

初山(BSアンカー)

ルバ(キナンサイクリング)

トールク(ロットNL・ユンボ)

メイン集団

宇都宮ブリッツェンは、1周回目の段階で小野寺選手(宇都宮ブリッツェン)がパンクのために遅れている状況。さらに、エース雨澤選手(宇都宮ブリッツェン)も中切れにあってしまって遅れてしまう状況に。幸か不幸か、パンクでの遅れから集団復帰を目指す小野寺選手(宇都宮ブリッツェン)が雨澤選手(宇都宮ブリッツェン)の集団復帰をアシストする形になり、雨澤選手(宇都宮ブリッツェン)は無事に集団復帰し事なきを得ます。

その頃、集団先頭では先行する3名の選手に対し、メイン集団からは追走に出ようとする選手が次々とアタックを仕掛けて飛び出していく展開に。最終的に9名の追走集団が形成される展開になります。

初山(BSアンカー)

ルバ(キナンサイクリング)

トールク(ロットNL・ユンボ)

佐野、トリビオ(マトリックスパワータグ)

平塚(Team UKYO)

西薗(BSアンカー)

吉岡(那須ブラーゼン)

別府(トレック・セガフレード)

ヴィス(BMCレーシング)

フォルモロ(キャノンデール・ドラパック)

マランゴーニ(NIPPO・ヴィーニファンティーニ)

メイン集団

有力選手も含むこの追走集団に、宇都宮ブリッツェンは誰も選手を送り込むことができず。チームは展開や天候などあらゆる面を考慮した時に、このまま追走を行かせてしまうと傷口が広がる可能性があると判断し、雨澤選手(宇都宮ブリッツェン)をいい形で追走集団に送り込もうと増田選手(宇都宮ブリッツェン)と岡選手(宇都宮ブリッツェン)が中心となって集団のコントロールを開始します。

増田選手(宇都宮ブリッツェン)と岡選手(宇都宮ブリッツェン)のコントロールの甲斐もあり、5周回目に入る段階で雨澤選手(宇都宮ブリッツェン)と鈴木譲選手(宇都宮ブリッツェン)が無事に追走集団に数名の選手と合流します。

初山(BSアンカー)

ルバ(キナンサイクリング)

トールク(ロットNL・ユンボ)

↓ 1分16秒

鈴木譲、雨澤(宇都宮ブリッツェン)

佐野、トリビオ、フェルナンデス(マトリックスパワータグ)

平塚(Team UKYO)

西薗(BSアンカー)

吉岡(那須ブラーゼン)

別府、デコルト、ストゥイヴェン(トレック・セガフレード)

ヴィス(BMCレーシング)

フォルモロ(キャノンデール・ドラパック)

ロバト(ロットNL・ユンボ)

マランゴーニ、サンタロミータ(NIPPO・ヴィーニファンティーニ)

メイン集団

16名に膨れ上がった追走集団に対し、メイン集団はフォルモロ選手(キャノンデール・ドラパック)1人しか送り込んでいないキャノンデール・ドラパックが警戒感を高めてコントロールを開始。程なくして追走16名を吸収してレースは6周回目へと入ります。

6周回目の終盤になると、追走集団を吸収したメイン集団から新たな追走集団が飛び出す展開となり、レースは7周回目へと入っていきます。

初山(BSアンカー)

ルバ(キナンサイクリング)

トールク(ロットNL・ユンボ)

フェルナンデス(マトリックスパワータグ)

サンタロミータ、カノラ(NIPPO・ヴィーニファンティーニ)

ボーマン(ロットNL・ユンボ)

メイン集団

レースも終盤に入った段階で形成された有力選手を含む追走集団に対し、警戒したメイン集団も少しずつペースアップを開始。キャノンデール・ドラパック勢が集団コントロールする形でタイム差を縮めていく状況でレースは8周回目へと入ります。

8周回目に入ると、メイン集団から昨年のジャパンカップ優勝者ヴィッレッラ選手(キャノンデール・ドラパック)が満を持してアタック。この動きで活性化したメイン集団は一気にペースが上がり、その数は20名程度にまで減ることとなります。

9周回目に入ると、ブラッシュアップされたメイン集団から飛び出した数名の選手が古賀志林道を過ぎた段階でついに逃げ続けた3名の選手をキャッチ。その中には雨澤選手(宇都宮ブリッツェン)がしっかりと入っており、最終局面を前にレースが大きく動き始めます。

雨澤(宇都宮ブリッツェン)

初山(BSアンカー)

ルバ(キナンサイクリング)

プラデス(Team UKYO)

トールク(ロットNL・ユンボ)

カノラ(NIPPO・ヴィーニファンティーニ)

メイン集団

ここで、6名の先頭集団を追うメイン集団は若干のペースダウン。6名の先頭とメイン集団とのタイム差は34秒となって、レースはついに最終周回へと入っていきます。

最終周回に入ると、6名の先頭では古賀志林道でカノラ選手(NIPPO・ヴィーニファンティーニ)とプラデス(Team UKYO)が積極的に攻撃を仕掛けていく展開に。ここで、雨澤選手(宇都宮ブリッツェン)はギアがインナーに入らなくなってしまっていたためにアウターで古賀志林道を上らざるを得ず、少し後退して古賀志林道の頂上を通過していきます。

万事休すかと思われた雨澤選手(宇都宮ブリッツェン)でしたがその後の下りでしっかりと先頭に合流し、ドロップした初山選手(BSアンカー)を除く5名の先頭集団となってゴールを目指す展開となります。

先頭の5名は県道の平坦区間や田野町交差点過ぎのアップダウン区間でもバラけることなく、勝負は5名でのゴールスプリントとなることが濃厚となります。

雨澤選手(宇都宮ブリッツェン)もゴールスプリントに向けて落ち着いてレースを展開。レース前に清水裕輔監督に言われた「最終コーナーを先頭で入れば勝てるチャンスがある」という言葉を思い出しながら、スプリントを開始するタイミングを見計らいます。

そして迎えた最終コーナー。雨澤選手(宇都宮ブリッツェン)がここぞ!と思ってスプリントを開始しようとするのとほぼタイミングを同じくして、カノラ選手(NIPPO・ヴィーニファンティーニ)とプラデス選手(Team UKYO)が狙い澄ましたようにスプリントを開始。

抜群の伸びを見せたカノラ選手(NIPPO・ヴィーニファンティーニ)が残る選手を寄せ付けずに、前日のクリテリウムに続く優勝を飾りました。

最終局面で先頭集団にしっかりと入ってレースを展開した雨澤選手(宇都宮ブリッツェン)は、清水監督のアドバイス通りのスプリントが功を奏し、先にスプリントを開始された2選手には及ばなかったものの、3位でフィニッシュ。チーム創設9年目の宇都宮ブリッツェンに、ジャパンカップで初めてとなる表彰台をもたらしました!

また、雨澤選手はアジア最優秀選手賞、23歳以下でトップの選手に贈られる新人賞も同時に獲得しています。

清水監督コメント

「今日のレースは雨澤選手の実力ももちろんですが、チームでしっかりとつなげた結果だったと思います。当初考えていたプランとはまったく違う形にはなってしまったんですが、すぐにチーム全員で切り替えて雨澤選手が一番らしさを出せる形に引き戻してくれました。チームでレース全体の流れを変えて、後手を踏んでいた展開をいい状態に持っていってくれました。当初、残り2周回で攻撃をすると言っていた通りに残り2周回で攻撃をして、その後はいいメンバーに先頭が絞られました。UCIワールドチームの選手が1人しかいない先頭だったので、逆にそれが幸いしたのかしっかり協調がとれて残りの2周回をしっかりと逃げ切ってくれました。最後の場面も事前に話していた通りの勝てるプランで進んでいて、ゴールスプリントもこのパターンで入ろうと決めていたんですが、やはりプロコンチネンタルチームとはいえUCIワールドツアーのレースでも活躍するカノラ選手が実力と経験が一枚上手で届かなかったかなという印象です。ただ、宇都宮ブリッツェン創設9年目で、立ち上げ当初に柿沼社長が“ジャパンカップで優勝する”と宣言した時に笑われてしまったということだったんですが、9年かけてここまで来ました。我々にとっても可能性を感じられるレースでしたし、皆さんにとっても次の未来につながる、未来が見えるレースができたのではないかと思います。この大雨でお客さんも少ないのかなと思っていましたが、それにもかかわらず大勢の方が応援に来てくださり声援を送ってくださったことが選手たちの力になってチームが機能したと思います。本当にありがとうございました」

Text:Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY




Logo
シクロワイアードの記事は[こちら






◆[リザルト

[JAPANCUP CYCLE ROAD RACE - UCI-1.HC - 103.0km - ]

1位 マルコ・カノラ (NIPPO・ヴィーニファンティーニ) 2h45m37s 37.3km/h

2位 ベンジャミン・プラデス・レヴェルテル (Team UKYO) st

3位 雨澤毅明 (宇都宮ブリッツェン) st

4位 アントワン・トールク (チーム・ロットNL・ユンボ) st

5位 トマ・ルバ (キナンサイクリングチーム) st

6位 ヤスペル・ストゥイヴェン (トレック・セガフレード) +34s

7位 ベンジャミン・ヒル (アタッキ・チーム・グスト) +34s

8位 エンリーコ・バッタリン (チーム・ロットNL・ユンボ) +34s

9位 ダニロ・ヴィス (BMCレーシングチーム) +34s

10位 畑中勇介 (Team UKYO) +34s

32位 鈴木譲 (宇都宮ブリッツェン) +3m58s

DNF 小野寺玲 (宇都宮ブリッツェン)

DNF 岡篤志 (宇都宮ブリッツェン)

DNF 増田成幸 (宇都宮ブリッツェン)

出走=69名/完走=47名



Jc_01
[出走サインを終えた5選手がステージ上でインタビューに応える]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jc_02
[スタートを控えチームテントで選手たちが準備を進める]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jc_03
[前年優勝者のヴィッレッラの後方を陣取る増田、鈴木譲、小野寺の3選手]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jc_04
[この1年での成長をチームにとっての大一番で見せたい雨澤選手が集中した表情を見せる]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jc_05
[雨の影響で14周回から10周回に減周されたレースの幕が開けた]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jc_06
[悪天候にもかかわらず古賀志林道のブリッツェンコーナーにはレッドゾーンができあがる]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jc_07
[前日の落車の影響もある中、いきなりのパンクで遅れてしまった小野寺選手が集団復帰を目指す]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jc_08
[増田選手と岡選手がけん引するメイン集団が古賀志林道の九十九折を進む]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jc_09
[復帰戦となる増田選手が雨澤選手のために強烈に集団をけん引する]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jc_10
[小野寺選手のアシストで集団復帰した雨澤選手がチームメートに守られながら追走集団を目指す]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jc_11
[雨澤選手自らが集団を引く形で有力選手がそろう追走集団とのタイム差を縮める]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jc_12
[完全とは言えない体調ながら雨澤選手のために働いた増田選手が集団から遅れる]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jc_13
[体調不良を引きずる岡選手も最低限の役割を果たして集団から遅れる]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jc_14
[前日に続きこの日もバッドデイになってしまった小野寺選手も粘りの走りを続ける]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jc_15
[雨澤選手とともに追走集団に合流した鈴木譲選手のアシストに期待がかかる]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jc_16
[チームメートのアシストで軌道修正できた雨澤選手が後半戦に向かう]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jc_17
[集団後方で来るべき勝負の瞬間まで脚を休ませる雨澤選手]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jc_18
[鈴木譲選手がキープする集団前方に雨澤選手がポジションを上げ始める]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jc_19
[クリテリウム、ロードレースにかかわらず、鈴木譲選手の存在がチームにとって大きな力になる]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jc_20_2
[前年優勝者のヴィッレッラのアタックで集団が活性化。最終局面に向けてレースが動き始める]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jc_21
[動き始めたレースで雨澤選手は仕掛けどころを探りながらレースを進める]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jc_22
[きっちり仕事を果たした鈴木譲選手は雨澤選手に勝利を託して第2追走集団を走る]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jc_23
[雨澤選手を含む3名が逃げ3名に合流した状態で、レースはついに最終周回を迎える]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jc_24
[ギヤがインナーに落ちない苦しい状態で我慢の走りを続ける雨澤選手が最後の古賀志へ向かう]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jc_25
[前日に続いてこの日もフル回転した鈴木譲選手も最終周回に入る]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jc_26
[チーム創設史上初となる3位でゴールした雨澤選手を、テレビ収録を忘れて廣瀬GMが抱きしめる]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jc_27
[9年かけてたどり着いたジャパンカップの表彰台。その頂点を目指す新たな戦いがここから始まる]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY

|

JAPANCUP CRITERIUM

Jcc_top01
Jcc_top02
[上:格上のチームに臆することなく集団内でポジションをキープする選手たち]
[下:落車の影響を受けずにロングスプリントを決めたカノラが優勝を飾った]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY




10月21日(土)に、UCI-クリテリウムの「ジャパンカップクリテリウム」が開催されました。



◆大会WEBサイトは[こちら
◆Live!!!ブログレポートは[こちら



このレースに、宇都宮ブリッツェンから以下の5名がエントリー。

鈴木真理
鈴木譲
阿部嵩之
小野寺玲
岡篤志





アジア最大規模のワンデーレース「JAPANCUP」のプレレースとなる「JAPANCUP CRITERIUMS」が宇都宮市中心部に設定された1周2.25kmの周回コースで開催され、最終局面の落車をかい潜ってロングスプリントで抜け出したNIPPO・ヴィーニファンティーニのマルコ・カノラが優勝を飾りました。

宇都宮ブリッツェンは、前週のJプロツアー第20戦「おおいたいこいの道クリテリウム」でワンツーフィニッシュをするに至ったゴールスプリントに向けた連携を発揮して、鈴木譲→岡→阿部→小野寺とつなぐゴールスプリントでの勝利に照準を絞ってレースを展開。最終周回に入るとワールドツアーチーム勢の牙城を崩す抜群の連携を見せてポジションを上げ、最終コーナーをクリアした段階で阿部選手と小野寺選手が良い番手につける理想的な状況を作り出します。しかし、その後に斜行した選手と接触して落車した選手に小野寺選手が巻き込まれてしまいスプリントできず。けん引役の阿部選手がそのまま走り切って8位でレースを終えました。

また、このレースが宇都宮ブリッツェンで最後のレースとなる鈴木真理キャプテンは、チームプランとは別に3回設定されているスプリント賞を狙っていき、見事に3回目のスプリント賞を獲得して表彰台に上がりました。

今年で8回目の開催を迎えるジャパンカップクリテリウム。

今年も、昨年のジャパンカップ25周年記念レースの際に設定された、1周2.25kmの周回コースで争われることとなりました。

レースがスタートすると早速、クリテリウムスペシャルライダーズのメンバーとして久しぶりの来日を果たしたハース選手(クリテリウムスペシャルライダーズ)がファーストアタックを決めて集団から先行します。

しかし、このアタックは集団が吸収。その後も激しいアタックの応酬が繰り返されて選手が代わる代わる飛び出していきますが、別府選手(トレック・セガフレード)の3連覇を狙うトレック・セガフレード勢が早速集団コントロールを開始してアタックをことごとく潰していきます。

そんな中、1回目のスプリント賞は鈴木選手(BSアンカー)が獲得します。

その後も、石上選手(JAPANナショナル)や畑中選手(Team UKYO)など、数名ずつアタックを仕掛けて飛び出していく展開が続きますが、これらの動きはトレック・セガフレード勢がきっちりとコントロールする集団が吸収します。

しかし9周回目に入ると、ヴィス選手(BMCレーシング)が抜け出し、集団から5秒程度のリードを奪って単独で逃げる展開となります。

しかし、この逃げも次の10周回目には集団が吸収。カウンターで飛び出した山本選手(キナンサイクリング)のアタックも潰されてしまいます。

その後も散発的にアタックはあるものの、トレック・セガフレード勢がきっちり集団をコントロールして決定的な逃げが決まらない展開が続き、周回数だけが減っていく状況が続きます。

そして迎えた、最後の最後のスプリント賞。タイミングを見極めて集団前方に上がった鈴木真理選手(宇都宮ブリッツェン)がチームメートが集団コントロールする別府選手(トレック・セガフレード)にスプリント賞を獲りに行く旨をひと声かけると、別府選手(トレック・セガフレード)もそれを容認し、鈴木真理選手(宇都宮ブリッツェン)がスプリントを開始します。

鈴木真理選手(宇都宮ブリッツェン)のスプリントに中村選手(クリテリウムスペシャルライダーズ)が反応してスプリントを開始しますが、まったく衰えていない鈴木真理選手(宇都宮ブリッツェン)のスプリントが上回り最後の周回賞を獲得。表彰台の権利を獲得して、レースはついに終盤戦を迎えることになります。

残り2周回となる14周回目に入ると、集団内でもゴールスプリントに向け、コントロールするトレック・セガフレードの後方を陣取ろうと、ワールドツアーチームを中心に激しい位置取り争いが勃発。

宇都宮ブリッツェンも鈴木譲、阿部、岡の3選手がエースである小野寺選手(宇都宮ブリッツェン)のために格上のチームがひしめく集団内での位置取り争いに果敢に加わっていき、レースはいよいよ最終周回を迎えることとなります。

最終周回に入ると、まずは岡選手(宇都宮ブリッツェン)がペースの上がる集団内でポジションを上げる動きを見せて鈴木譲選手(宇都宮ブリッツェン)へ。

鈴木譲選手(宇都宮ブリッツェン)も激しい位置取り争いに屈することなく最終コーナーをクリアして、残る2選手に勝負を託すことになります。

勝負を託された阿部選手(宇都宮ブリッツェン)と小野寺選手(宇都宮ブリッツェン)は、チームメートたちの好アシストもあり、7、8番前後の番手で最後のストレートに入り、阿部選手(宇都宮ブリッツェン)が小野寺選手(宇都宮ブリッツェン)をリードアウト。後は小野寺選手を発射するのみという状況になります。

しかし、ここで右から左へとラインを変えようと斜行する選手の後輪に前輪がハスった岡本選手(JAPANナショナル)が落車。すぐその後方にいた阿部選手(宇都宮ブリッツェン)は辛うじて避けますが小野寺選手(宇都宮ブリッツェン)は避け切れずにそのまま落車してしまいます。

レースはそのまま、落車の影響を免れた選手たちのゴール勝負に。ここで、タイミング良くロングスプリントを仕掛けたカノラ選手(NIPPO・ヴィーニファンティーニ)が先行し、そのままフィニッシュ。見事に優勝を飾りました。

エーススプリンターを落車で失ってしまった宇都宮ブリッツェンは、リードアウト役だった阿部選手がそのままゴールスプリント勝負に挑みましたが及ばず、8位でフィニッシュ。何とも形容しがたい後味の悪さでレースを終えました。

清水監督コメント

「今日のレースは、すべて落車で台無しになってしまったなぁという印象です。正直、岡選手のコンディションが悪かったので最後の番手を変えたりもしましたが、岡選手もしっかりやってくれて、その後の鈴木譲選手もしっかりと阿部選手につないでくれ、阿部選手もしっかりとリードアウトを果たそうとしたのですが…。う~ん、まぁ本当に落車が悔やまれますね。決して番手も悪くなかったし、残念です。でも、これがレースなので、認めて次にまたチャレンジするしかないな、と。ただ、今年これだけ可能性のあるポジションをとれて、しっかりとしたレースができましたので、来年また優勝を目指していきたいと思います。そして、最後に真理キャプテンが予定通りにしっかりとスプリント賞を獲得してくれました。元々は真理選手と一緒に練習していた後輩の別府選手が華を持たせてくれたというのは良かったですし、実際に真理選手もスプリントで実力を示して、今でも走れるということを見せてくれました。本来は走れるけれど、病気のことがあってレースを走れないという状況なので、病気が治るのを待っていたいですし、治ったらまた一緒にやりたいなと思います。今日は雨にもかかわらず例年以上にアツい応援をいただき、ありがとうございました!明日も頑張りますので、引き続き応援よろしくお願いします!」

Text:Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY




Logo
シクロワイアードの記事は[こちら





◆[リザルト

[JAPANCUP CRITERIUMUS - 宇都宮市大通り - 33.75km - ]

1位 マルコ・カノラ (NIPPO・ヴィーニファンティーニ) 43m57s 46.1km/h

2位 フアン・ホセ・ロバト・デル・ヴァジェ (チーム・ロットNL・ユンボ) +01s

3位 ブラム・ヴェルテン (BMCレーシングチーム) +01s

4位 雨乞竜己 (キナンサイクリングチーム) +01s

5位 ベンジャミン・ヒル (アタッキ・チーム・グスト) +01s

6位 ジョン・アベラストゥリ・イザガ (Team UKYO) +01s

7位 下島将輝 (那須ブラーゼン) +01s

8位 阿部嵩之 (宇都宮ブリッツェン) +01s

9位 小坂光 (クリテリウムスペシャルライダーズ) +01s

10位 アレックス・ハウズ (キャノンデール・ドラパック・PCT) +04s

51位 岡篤志 (宇都宮ブリッツェン) +26s

63位 鈴木譲 (宇都宮ブリッツェン) +55s

70位 鈴木真理 (宇都宮ブリッツェン) +2m53s

DNF 小野寺玲 (宇都宮ブリッツェン)

出走=74名/完走=70名



Jcc_01
[レース前日のプレゼンテーションではホームチームならではの大声援が飛んだ]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jcc_02
[生憎の雨の中コースインし、パレード走行する宇都宮ブリッツェンの選手たち]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jcc_03
[チームカーの清水監督と田村メカも沿道からの声援に応える]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jcc_04
[パレード走行を終えた選手たちがスタートラインに集結し、スタートの瞬間を待つ]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jcc_05
[スタートと同時に飛び出していく選手たちに小野寺選手も続く]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jcc_06
[プロトンに流れる雰囲気を感じ取りながらレースを展開する鈴木譲選手]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jcc_07
[ウェットな路面を考慮して、選手たちが慎重に180度コーナーをクリアしていく]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jcc_08
[大分でのレースから体調を崩している岡選手も集団内の好位置をキープする]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jcc_09
[鈴木真理選手は絶対に落車できない状況とレースの流れを考え、集団後方で落ち着いた走りを見せる]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jcc_10
[トレック・セガフレードのコントロールを崩すチャンスを窺う他チームが横に大きく広がる]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jcc_11
[勝負を託される小野寺選手を守るように、鈴木譲選手が集団内で位置取りする]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jcc_12
[BMCレーシングのヴィスが単独で飛び出して5秒程度のリードを奪う]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jcc_13
[単独で逃げたヴィスだったが、およそ1周回で集団に吸収される]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jcc_14
[鈴木譲選手に続き阿部選手がエースの小野寺選手を守りながら走る]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jcc_15
[この日最後となる3度目のスプリント賞を鈴木真理選手が見事に獲得する!]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jcc_16
[レースも終盤に入り、小野寺選手の集中力も少しずつ高まっていく]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jcc_17
[鈴木譲選手を先頭にブリッツェントレインが最終周回に入る]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jcc_18
[小野寺選手を落車で失い、けん引役の阿部選手が8位でフィニッシュする]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jcc_19
[体調不良ながらもきっちり最終コーナーでのアシストをこなした岡選手がフィニッシュ]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jcc_20
[想定外の結末を迎えてしまったことに顔をしかめながら鈴木譲選手がフィニッシュする]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jcc_21
[プラン通りにスプリント賞を獲得した鈴木真理選手がチームカーに戻る]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jcc_22
[落車でスプリントすらできずにレースを終えた小野寺選手が悔しさをにじませる]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jcc_23
[宇都宮ブリッツェンでのラストレースできっちり結果を残した鈴木真理選手が表彰を受ける]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY

|

2017/10/18

JPT第21戦 JBCF おおいたサイクルロードレース

Jpt21_top01
Jpt21_top02
[上:鈴木譲、阿部、岡の3選手が逃げ集団に入ってレースを展開する]
[下:終盤に温存していた力を爆発させたマトリックスパワータグが1位から4位を独占]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY





10月15日(日)に、2017年のJプロツアー第21戦となる「JBCFおおいたサイクルロードレース」が開催されました。





◆大会WEBサイトは[こちら
◆Live!!!ブログレポートは[こちら





このレースに、宇都宮ブリッツェンから以下の7名がエントリー。

鈴木譲
阿部嵩之
飯野智行
馬渡伸弥
雨澤毅明
小野寺玲
岡篤志





2017年のJプロツアー第21戦となる「JBCFおおいたサイクルロードレース」が、大分県大分市の大銀ドームを中心とする大分スポーツ公園とその周辺の公道を使った1周10.0kmの特設周回コースで開催され、残り2周回となる11周回目に抜け出したマトリックスパワータグの4名がそのまま逃げ切り。土井雪広、佐野淳哉、アイラン・フェルナンデス、ホセビセンテ・トリビオが一列にならんでフィニッシュして1位から4位を独占する快挙を達成しました!なお、優勝は土井雪広が飾っています。

宇都宮ブリッツェンは欧州遠征から帰国したU23組の実力と将来の可能性を考慮し、全選手が逃げに乗る勢いで自分たちから積極的に攻撃を仕掛け続けましたが、攻撃を仕掛け過ぎたことが災いして自分たちで自らの脚を削ってしまう結果に。終盤に先頭集団に残った岡選手が遅れながらも何とか踏ん張って7位でフィニッシュしたのが最上位でレースを終えました。

Jプロツアー大分2連戦の2戦目となる「JBCFおおいたサイクルロードレース」。今年で4回目の開催となる同レースは、来年から国際自転車競技連合(UCI)公認の国際レースとなることが決まっており、今年はそのプレ大会的な意味合いもあるレースとなります。

そのため、今年からコースも大幅にリニューアル。昨年までの1周4.0kmの特設周回コースからUCIレースの規定に則って1周10.0kmの国際規格の周回コースへと生まれ変わりました。

このコースは大銀ドームをスタート・フィニッシュ地点に、県道610号線から日向街道を経て住宅街のを進み、大分スポーツ公園内を通過した後、パークプレイスの住宅街を巡って再び県道610号線からスタート・フィニッシュ地点に戻るレイアウト。アップダウンが連続し、テクニカルな箇所も多いため、ペダルを踏み続けていなければ集団前方をキープできない過酷なコースと言えます。

前日の第20戦「JBCFおおいたいこいの道クリテリウム」で小野寺選手と岡選手がワンツーフィニッシュを達成して今シーズンJプロツアー3勝目を挙げた宇都宮ブリッツェンはこのレースに向けて、序盤から積極果敢な走りで逃げ集団を作り、後ろからも次々と選手がブリッジをかけていって全員が先頭集団に入る走りを選択。最後は鈴木譲、雨澤、岡の3選手の中でコンディションと脚の残り具合の良い選手で勝利を狙うプランでレースに臨みました。

スタートセレモニーを終え大銀ドーム前をスタートしたレースは、安全確認のためのニュートラル走行区間を終えてリアルスタートが切られると、激しいアタック合戦が繰り広げられる展開となります。

するとその中から、阿部選手(宇都宮ブリッツェン)がアタックを仕掛けて集団から単独で飛び出す展開に。さらにその後方からは、小野寺選手(宇都宮ブリッツェン)、入部選手(シマノレーシング)、白川選手(ヴィクトワール広島)の3選手が追走の動きを見せ、程なくして先行していた阿部選手(宇都宮ブリッツェン)に合流。先頭は4名となります。

阿部、小野寺(宇都宮ブリッツェン)

入部(シマノレーシング)

白川(ヴィクトワール広島)

メイン集団

4名の逃げ集団はそのまま1周回目を終え、2周回目へ。2周回目に入ると、まず白川選手(ヴィクトワール広島)が集団に戻り、その後、残る3名もペースアップしたメイン集団に吸収されます。

ひとつになった集団からは、阿部選手(宇都宮ブリッツェン)が再びアタック仕掛けて抜け出しを図りますが、これは集団が吸収。その後も激しいアタック合戦が続いたことで集団がタテに伸び、後方の選手から少しずつ遅れていく展開となります。

3周回目に入っても激しいアタック合戦が続くものの、決定的な逃げが形成されるには至らず。レースはひとつの集団のまま4周回目へと入っていきます。

4周回目に入ると、ここまでも積極的な動きを見せる阿部選手(宇都宮ブリッツェン)が、主催者推薦枠でスポット参戦する石上選手(JAPANナショナル)と2名で先行。そこに数名の選手が後方から合流して、7名の逃げ集団が形成される展開となります。

佐野、フェルナンデス(マトリックスパワータグ)

鈴木譲、阿部、岡(宇都宮ブリッツェン)

入部(シマノレーシング)

石上(JAPANナショナル)

メイン集団

7名の逃げ集団とメイン集団とのタイム差は4周回目を終えて5周回目に入る段階になると35秒に拡大。メイン集団が少し落ち着きを見せたこともあって、6周回目になるとその差はさらに広がって58秒程度にまで広がる展開となります。

佐野、フェルナンデス(マトリックスパワータグ)

鈴木譲、阿部、岡(宇都宮ブリッツェン)

入部(シマノレーシング)

石上(JAPANナショナル)

↓ 58秒

メイン集団

6周回目を終えて7周回目に入ったレースは、7名の逃げ集団とメイン集団というまま展開していきますが、逃げ集団ではマトリックスパワータグの2選手が積極的にローテーションに加わらず、残る5選手でローテーションを回す展開に。

一方のメイン集団からは、雨澤選手(宇都宮ブリッツェン)を含む6名の追走が出て先行する7名の追走に入ります。

佐野、フェルナンデス(マトリックスパワータグ)

鈴木譲、阿部、岡(宇都宮ブリッツェン)

入部(シマノレーシング)

石上(JAPANナショナル)

トリビオ(マトリックスパワータグ)

雨澤(宇都宮ブリッツェン)

木村、西村(シマノレーシング)

大前(東京ヴェントス)

ペレス(エルドラード東北)

メイン集団

その後、追走に出ていた6名は集団に吸収されますが、それとほぼ時を同じくして、逃げ集団では阿部選手(宇都宮ブリッツェン)が痛恨のパンク。さらにニュートラルバイクから提供されたホイールに付いていたスプロケットがジュニアギアというあり得ない状況だったことも重なり、阿部選手は完全にドロップしてまい、先頭は6名となります。

レースも残り5周回となる8周回目に入ると、雨澤選手(宇都宮ブリッツェン)や小野寺選手(宇都宮ブリッツェン)の動きもあってメイン集団がさらに活性化。8周回目終盤には山本選手(JAPANナショナル)のアタックに田窪選手(マトリックスパワータグ)が反応、さらに横山選手(シマノレーシング)とジュニアギアのままで走り続ける阿部選手(宇都宮ブリッツェン)が合流して4名の追走集団が形成され、レースは9周回目に入ります。

佐野、フェルナンデス(マトリックスパワータグ)

鈴木譲、岡(宇都宮ブリッツェン)

入部(シマノレーシング)

石上(JAPANナショナル)

田窪(マトリックスパワータグ)

阿部(宇都宮ブリッツェン)

横山(シマノレーシング)

山本(JAPANナショナル)

メイン集団

9周回目に入ると、メイン集団からはトリビオ選手(マトリックスパワータグ)が単独で前方を走る追走4名にブリッジをかけようとする展開に。さらにその後方からは土井選手(マトリックスパワータグ)が続く展開となります。

一方、6名の逃げ集団ではマトリックスパワータグの2名がローテーションに加わらないこともあり、岡選手(宇都宮ブリッツェン)を温存するために宇都宮ブリッツェンも鈴木譲選手(宇都宮ブリッツェン)のみがローテーションに加わることに。6名のうち鈴木譲選手(宇都宮ブリッツェン)、入部選手(シマノレーシング)、石上選手(JAPANナショナル)の3名のみがローテーションを回す展開になります。

そうこうするうちに、トリビオ選手(マトリックスパワータグ)が合流して5名になった追走集団が、10周回目の日向街道で逃げ集団をキャッチ。さらに土井選手(マトリックスパワータグ)も合流し、先頭は12名となります。

佐野、土井、トリビオ、フェルナンデス、田窪(マトリックスパワータグ)

鈴木譲、阿部、岡(宇都宮ブリッツェン)

入部、横山(シマノレーシング)

山本、石上(JAPANナショナル)

12名になった先頭集団は、トリビオ選手(マトリックスパワータグ)が積極的に攻撃を仕掛ける展開。宇都宮ブリッツェンも鈴木譲選手(宇都宮ブリッツェン)が対応しますが、ここでスローパンクを喫していたこともあり対応しきれずに集団が分断され、先頭は7名となります。

佐野、土井、トリビオ、フェルナンデス(マトリックスパワータグ)

岡(宇都宮ブリッツェン)

山本、石上(JAPANナショナル)

4名を残すマトリックスパワータグが圧倒的に優勢となる中、10周回目最後の上り区間で佐野選手(マトリックスパワータグ)が強烈なアタックを決め、単独で先行してレースは11周回目へと入っていきます。

11周回目に入っても、佐野選手(マトリックスパワータグ)が単独で先行する展開は変わらず。するとその後方からトリビオ選手(マトリックスパワータグ)が佐野選手(マトリックスパワータグ)に合流。さらに土井選手(マトリックスパワータグ)とフェルナンデス選手(マトリックスパワータグ)も合流して、先頭はマトリックスパワータグの4選手という状況となります。

佐野、土井、トリビオ、フェルナンデス(マトリックスパワータグ)

山本、石上(JAPANナショナル)

岡(宇都宮ブリッツェン)

マトリックスパワータグ勢のみとなった4名の先頭集団は快調にローテーションを回してリードを広げていく展開となり、そのまま最終周回へ。最終周回に入っても、マトリックスパワータグ4名の盤石の走りは変わることなく、そのままゴールにやって来た4選手は横一列に並んでフィニッシュ。終盤を有利に立ち回ったマトリックスパワータグが1位から4位までを独占する圧巻のレースを見せ、来年にUCIレース化されるレースに華を添えました。

宇都宮ブリッツェンは、序盤から全選手が積極的に攻撃を仕掛け、一時は鈴木譲選手、阿部選手、岡選手の3名が入る逃げ集団を作るなどレースを動かし続けましたが、阿部選手と鈴木譲選手がトラブル見舞われ、最後は岡選手のみが先頭集団に残る状況に。単騎となった岡選手も数をそろえるマトリックスパワータグ勢に対して一歩も引かない走りを見せましたがやはり及ばず、最後は7位でフィニッシュ。惜しくも3連勝は飾れませんでした。

清水監督コメント

「今日のレースは、やり過ぎました。というのも、昨日のレースとその前のレースも含めて、日本のレース全体に対しての危機感を感じている部分があったので、全員が前に、逃げに乗るような動きを続けていこうとレースに臨みました。レースの流れを止めることなく、さらに後ろからどんどん追撃を作っていこうという形を作っていきました。その結果、結局自分たちの脚が削れていってしまって、他のチームが楽をしてついていって、残った選手が前に行ったパターンでした。結果から見ればファン・サポーターの皆さんも運営会社も悔しい想いというか、勝ってほしいというところはあったと思うのですが、U23の選手たちが戻ってきて、彼らは今のエリートカテゴリーの選手たちの中に組み込んでもトップクラスに位置してしまっている以上、こういったレースを作っていかなければいけないのかなと思うところもあったので、そういう走りをしてもらいました。本当、今日の結果はこういう走りをさせた自分の責任だと思うので、もっとチームを強くして、こういう走りで来年は勝てるようにやっていきたいと思います。今回の大分での2日間で、ジャパンカップに向けてすごくいい形といい練習、今日のレースなんかは本当に練習レースみたいなものになったので、来週のジャパンカップも頑張りたいと思います」

Text:Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY



Logo_2
シクロワイアードの記事は[こちら





◆[リザルト

[第4回JBCFおおいたサイクルロードレース - JPT第21戦 - 120.0km - ]

1位 土井雪広 (マトリックスパワータグ) 3h14m11s 37.07km/h

2位 佐野淳哉 (マトリックスパワータグ) st

3位 アイラン・フェルナンデス (マトリックスパワータグ) st

4位 ホセビセンテ・トリビオ (マトリックスパワータグ) st

5位 石上優大 (JAPANナショナルチーム) +1m08s

6位 山本大喜 (JAPANナショナルチーム) +1m13s

7位 岡篤志 (宇都宮ブリッツェン) +1m14s

8位 木村圭佑 (シマノレーシングチーム) +2m56s

9位 中田拓也 (インタープロ サイクリングアカデミー) +2m58s

10位 横塚浩平 (LEOMO Bellmare Racing team) +3m02s

23位 雨澤毅明 (宇都宮ブリッツェン) +9m09s

24位 鈴木譲 (宇都宮ブリッツェン) +9m09s

DNF 阿部嵩之 (宇都宮ブリッツェン)

DNF 小野寺玲 (宇都宮ブリッツェン)

DNF 馬渡伸弥 (宇都宮ブリッツェン)

DNF 飯野智行 (宇都宮ブリッツェン)

出走=83名/完走=24名

◆2017Jプロツアー 個人ランキング

1位 ホセビセンテ・トリビオ (マトリックスパワータグ) 2,368P

2位 吉岡直哉 (那須ブラーゼン) 1,343P

3位 土井雪広 (マトリックスパワータグ) 1,190P

4位 入部正太朗 (シマノレーシングチーム) 1,153P

5位 吉田隼人 (マトリックスパワータグ) 1,115P

6位 雨澤毅明 (宇都宮ブリッツェン) 1,107P

◆2017Jプロツアー チームランキング

1位 マトリックスパワータグ 6,668P

2位 宇都宮ブリッツェン 4,403P

3位 シマノレーシングチーム 3,426P

4位 那須ブラーゼン 2,280P

5位 LEOMO Ballmare Racing team 2,081P

6位 愛三工業レーシングチーム 1,483P

ルビーレッドジャージ ホセビセンテ・トリビオ (マトリックスパワータグ)
ピュアホワイトジャージ 雨澤毅明 (宇都宮ブリッツェン)







Jpt21_01
[予報通りの雨が降る中、スタートに向けて選手たちが準備を進める]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt21_02
[スタート前には、急逝されたオフィシャルフォトグラファー高木秀彰氏に黙祷が捧げられた]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt21_03
[ニュートラル走行区間から集団先頭でリアルスタートを待つ阿部選手]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt21_04
[リアルスタートと同時に阿部選手が積極的にアタックを仕掛けていく]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt21_05
[単独で先行していた阿部選手に3名が合流。4名の逃げ集団となる]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt21_06
[阿部選手と小野寺選手を含む4名の逃げ集団だったが、程なくして吸収された]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt21_07
[パークプレイス内の住宅街をハイスピードで疾走する選手たち]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt21_08
[阿部、鈴木譲、岡の3選手が7名の逃げ集団に入る]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt21_09
[逃げを確実なものにするために上り区間でペースを上げて引き離しにかかる]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt21_10
[メイン集団内の飯野選手も先行する逃げ集団にブリッジするチャンスをうかがう]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt21_11
[メイン集団とのタイム差を広げた逃げ集団が逃げ続ける展開が続く]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt21_12
[メイン集団から抜け出していこうと雨澤選手が果敢に攻撃を仕掛け続ける]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt21_13
[強気に攻撃を続ける雨澤選手が、上り区間でさらなる攻撃を仕掛ける]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt21_14
[マトリックスの2選手除く5人でローテするが、この後に阿部選手がパンクで遅れる]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt21_15
[山本選手のアタックにパンクのためにメイン集団に戻った阿部選手が反応する]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt21_16
[6名となった逃げ集団はなおも逃げ続けるが、追走集団とのタイム差は縮まっていく]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt21_17
[岡選手を温存させるために鈴木譲選手が引く時間が少しずつ長くなる]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt21_18
[懸命に逃げ続ける6名の逃げ集団の後方に追走集団が迫る]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt21_19
[マトリックスの波状攻撃に岡選手が何とか踏ん張って反応していく]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt21_20
[単騎で粘った岡選手だったが、最後は遅れてしまい7位でフィニッシュ]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt21_21
[積極策が実を結ばずに厳しい結果となった雨澤選手と鈴木譲選手がフィニッシュ]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt21_22
[雨澤選手はピュアホワイトジャージをキープして最終戦を迎える]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY

|

JPT第20戦 JBCF おおいたいこいの道クリテリウム

Jpt20_top01
Jpt20_top02
[上:チームメートの完璧なアシストを受けた小野寺と岡がワンツーフィニッシュを達成]
[下:おおいたいこいの道クリテリウムとの相性の良さを証明する3連覇を飾った]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY




10月14日(土)に、2017年のJプロツアー第20戦となる「JBCFおおいたいこいの道クリテリウム」が開催されました。




◆大会WEBサイトは[こちら
◆Live!!!ブログレポートは[こちら




このレースに、宇都宮ブリッツェンから以下の7名がエントリー。

鈴木譲
阿部嵩之
飯野智行
馬渡伸弥
雨澤毅明
小野寺玲
岡篤志





2017年のJプロツアー第20戦となる「JBCFおおいたいこいの道クリテリウム」が、大分県大分市のいこいの道周辺に設定された1周1.1kmの公道特設周回コースで開催され、レース終盤から攻撃を仕掛け始めた宇都宮ブリッツェンが、それまで主導権を握っていたマトリックスパワータグから最終周回で主導権を奪取。鈴木譲、阿部嵩之とベテラン陣がきっちりつないだ流れを若手選手の小野寺玲と岡篤志がきっちりと引き継いでワンツーフィニッシュ。小野寺が今シーズンJプロツアー2勝目となる優勝を飾りました!

残すところ3戦となった2017年のJプロツアー。ここまでチーム、個人ランキングともにマトリックスパワータグが圧倒的な強さを見せつけて首位をキープしていますが、前戦の第19戦輪島ロードレースでU23日本代表の欧州遠征から帰国した雨澤選手が力を証明する優勝を飾り、宇都宮ブリッツェンが最後に巻き返しの姿勢を見せ始めました。

そんな中で迎える第20戦「おおいたいこいの道クリテリウム」は2015年、2016年とチームが連覇を飾っている相性の良いレース。この、得意とも言えるレースできっちり勝利を収めることが求められる状況と言えます。

宇都宮ブリッツェンは、現状のマトリックスパワータグとのチーム力の差をしっかり考慮し、2015年のレースを完全コントロールしての勝利、昨年の逃げ切りでの勝利とはまた違ったプランで勝利を狙うことを選択。レース終盤までは飯野・馬渡・雨澤の3選手のうち誰かを逃げに乗せて脚を温存。終盤から集団コントロールを開始し、最終周回に入るストレートで鈴木譲選手と雨澤選手のどちらかが集団先頭を奪って阿部選手につなぎ、岡選手をサポート役に小野寺選手のスプリントで勝利を狙うプランでレースに臨みました。

スタートセレモニーと1周回のニュートラルランを経てスタートが切られたレースは、直後から激しいアタック合戦が繰り広げられる展開に。特に、チームランキング最下位から脱出したいシエルヴォ奈良MIYATA-MERIDAレーシング勢が積極的な動きを見せて集団先頭で奮闘する状況が続きます。

その後、しばらくはアタックの応酬が続く展開となりますが、レースも3分の1となる10周回目を迎える頃になるとチームランキング首位のマトリックスパワータグ勢が集団前方を固めてコントロールを開始。レースはひとつの集団のまま落ち着きを見せます。

マトリックスパワータグがコントロールを開始した集団からは、雨澤選手(宇都宮ブリッツェン)や入部選手(シマノレーシング)らがアタックを仕掛けて逃げを作ろうという動きを見せますが、これらの動きはマトリックスパワータグ勢がことごとく潰してコントロールを継続する展開が続きます。

マトリックスパワータグが集団をコントロールしてレースを完全に支配する展開のまま進むレースは、17周回目に集団後方で落車が発生して一旦ニュートラルとなった後も大きく変わることはなく、レースは終盤戦へと入っていきます。

25周回目に入る段階になると、マトリックスパワータグがコントロールする集団からペレス選手(エルドラード東北)がアタックを仕掛けて単独で飛び出し、集団から5秒程度のリードを奪う展開となります。

しかし、このペレス選手(エルドラード東北)の飛び出しも26周回目に入ると集団が吸収し、残り4周回となる27周回目へと入っていきます。

27周回目に入ると、これまで鉄壁のコントロール体制を敷いていたマトリックスパワータグ勢に対し、宇都宮ブリッツェンも攻撃を開始。鈴木譲選手(宇都宮ブリッツェン)と雨澤選手(宇都宮ブリッツェン)が中心となってマトリックスパワータグの隊列に割って入っていき、主導権を奪い合いながら周回を重ねていく展開となります。

最終周回を迎える段階になると、鈴木譲選手(宇都宮ブリッツェン)がマトリックスパワータグ勢から集団先頭を奪ってペースを上げながら180度コーナーへ。

180度コーナーを先頭で立ち上がってさらにペースを上げる鈴木譲選手(宇都宮ブリッツェン)に対し、トリビオ選手(マトリックスパワータグ)と佐野選手(マトリックスパワータグ)が後に続きますが、エーススプリンターの吉田選手(マトリックスパワータグ)はその少し後方で集団に埋もれてしまいポジションを上げることができず。

その瞬間、横から阿部選手(宇都宮ブリッツェン)が抜群の動きを見せて小野寺選手(宇都宮ブリッツェン)と岡選手(宇都宮ブリッツェン)を引き連れて一気に集団先頭へと踊り出ます。

阿部選手(宇都宮ブリッツェン)のリードアウトで集団先頭へと踊り出た小野寺選手(宇都宮ブリッツェン)と岡選手(宇都宮ブリッツェン)は、最終コーナーできっちりインを締めながらスプリントを開始。そのまま後続を引き離した状態でフィニッシュラインに飛び込み、見事にワンツーフィニッシュを達成。優勝した小野寺選手(宇都宮ブリッツェン)は第12戦大田原クリテリウムに続いて今シーズンJプロツアー2勝目を挙げました!

清水監督コメント

「今日のレースは予定通り皆んなが仕事を遂行してくれた結果が、最後の結果につながりました。我々のクリテリウムでの今の実力を考慮すると、マトリックスパワータグにコントロール勝負を挑めば逆にコントロールされてしまうということは分かっていましたので、しっかりと自分たちの力を分析した上で後半勝負というプランを選択しました。もちろん、今まで通りに最初からコントロールしてというレースをやりたい気持ちはありましたが、今の純粋なチーム力を考えて一歩引いて見極めた上での戦い方したので勝利を挙げられたのだと思います。後半での勝負に向けて前半から今できることを皆んながしっかりとやった積み重ねが、最後にきちんと形に表れて良かったと思います。明日は雨予報ではありますが、ロードレースでのマトリックスパワータグとの力はほぼ互角だと思いますし、モチベーションも高く保てていますので、このままレースに臨みたいと思います。ありがとうございました!」

小野寺選手コメント

「今日のレースは前半から予想以上にハイスピードな展開が続く中でマトリックスパワータグが主導権を握りにきて、チーム力もスピードもある選手がそろっているので、すぐに集団前方を固める展開になりました。宇都宮ブリッツェンも何チームかが競り合う中できっちりとマトリックスパワータグの後方をキープしてレースを展開する状況になりました。終盤に向かうにつれて少しずつ集団の人数も減ってきて、マトリックスパワータグのコントロールも安定していましたが、プラン通りに残り5周回を切ってから宇都宮ブリッツェンが動き始めてマトリックスパワータグトレインと競り合いだして。どんどん周回を消耗していく中、残り2周回で譲さんと雨澤さんがアベタカさんの前でどんどん割って入っていって、ラスト1周になってからはアベタカさんがいつも通り安定の、素晴らしいリードアウトで僕を引き連れて最終コーナーをクリア。僕もそこからは監督がガッツポーズをしているのも見えたので、臆することなく気持ち良くスプリントしてゴールに飛び込むだけでした。本当、昨夜のミーティングで話し合った通り、狙い通りのレースでした。長いこと不在にしていてチームにも貢献できていない時間が長かったので、あっちにいる間にU23組3人で“戻ったら、きっちり仕事しないとな”と話していました。その中で早速、前のレースで雨澤さんが優勝して、次は自分だと思ってそれが形にできたのでホッとしていますし、うれしいです。ファン・サポーターの皆さん!オノデライダーが日本に帰ってきたから、もうだいじだ~(笑)明日も誰かしらが必ず勝ちますし、残りレースも全部勝ちを狙って走りますので、応援よろしくお願いします!」

Text:Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY




Logo
シクロワイアードの記事は[こちら





◆[リザルト

[第4回JBCFおおいたいこいの道クリテリウム - JPT第20戦 - 33.0km - ]

1位 小野寺玲 (宇都宮ブリッツェン) 43m17s 47.26km/h

2位 岡篤志 (宇都宮ブリッツェン) st

3位 アイラン・フェルナンデス (マトリックスパワータグ) st

4位 秋田拓磨 (シマノレーシングチーム) st

5位 黒枝咲哉 (JAPANナショナルチーム) +01s

6位 田窪賢次 (マトリックスパワータグ) +01s

7位 土井雪広 (マトリックスパワータグ) +01s

8位 下島将輝 (那須ブラーゼン) +02s

9位 藤岡克磨 (VICTOIRE広島) +02s

10位 石上優大 (JAPANナショナルチーム) +03s

16位 阿部嵩之 (宇都宮ブリッツェン) +06s

22位 雨澤毅明 (宇都宮ブリッツェン) +27s

23位 鈴木譲 (宇都宮ブリッツェン) +27s

30位 飯野智行 (宇都宮ブリッツェン) +37s

35位 馬渡伸弥 (宇都宮ブリッツェン) +55s

出走=73名/完走=45名

◆2017Jプロツアー 個人ランキング

1位 ホセビセンテ・トリビオ (マトリックスパワータグ) 2,228P

2位 吉岡直哉 (那須ブラーゼン) 1,238P

3位 入部正太朗 (シマノレーシングチーム) 1,118P

4位 雨澤毅明 (宇都宮ブリッツェン) 1,087P

5位 吉田隼人 (マトリックスパワータグ) 1,080P

6位 田窪賢次 (マトリックスパワータグ) 997P

◆2017Jプロツアー チームランキング

1位 マトリックスパワータグ 6,013P

2位 宇都宮ブリッツェン 4,253P

3位 シマノレーシングチーム 3,236P

4位 那須ブラーゼン 2,243P

5位 LEOMO Bellmare Racing team 2,081P

6位 愛三工業レーシングチーム 1,483P

ルビーレッドジャージ ホセビセンテ・トリビオ (マトリックスパワータグ)

ピュアホワイトジャージ 雨澤毅明 (宇都宮ブリッツェン)





Jpt20_01
[レース前夜のミーティングでは最終局面の動きが念入りに確認された]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt20_02
[久しぶりのレース復帰となる小野寺選手に勝利の期待がかかる]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt20_03
[全員が危なげなく予選通過し、チームプレゼンテーションに臨む]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt20_04
[予選を受けてのミーティングで、前夜のプランに若干の変更が加えられた]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt20_05
[決勝レースに向けて念入りにウォーミングアップを行う選手たち]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt20_06
[整列した選手たちがスタートの瞬間を待つ]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt20_07
[スタート直後からハイペースな展開となり、集団がタテに伸びる]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt20_08
[コース唯一の180度コーナーの処理で集団先頭をキープできるかに差が出る]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt20_09
[阿部選手を切り込み隊長に選手全員が集団先頭をキープする]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt20_10
[阿部選手が積極的にアタックを仕掛けて集団に揺さぶりをかける]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt20_11
[初めて走るコースにも物怖じせず積極的な走りを見せる馬渡選手]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt20_12
[マトリックスパワータグのコントロールを崩そうと阿部選手と雨澤選手が動く]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt20_13
[鈴木譲選手と岡選手もマトリックスのすぐ後方をしっかりキープする]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt20_14
[飯野選手が位置取り争いなど見えない場所でのチームの仕事に奔走する]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt20_15
[海外遠征で逞しさを増した雨澤選手が休むことなく動き続ける]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt20_16
[集団後方で起きた落車のためにレースは一旦ニュートラル走行になる]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt20_17
[再開したレースもマトリックスがコントロール。その後方でまとまって走る選手たち]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt20_18
[鈴木譲選手がマトリックスのコントロールを崩し、集団先頭で最終周回に入る]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt20_19
[阿部選手が小野寺選手と岡選手を引き連れて一気に集団先頭に上がる]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt20_20
[チームとして完璧な動きを、小野寺選手と岡選手がワンツーで締めくくった]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt20_21
[職人技とも言える完璧なリードアウトを見せた阿部選手が若手の勝利を喜ぶ]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt20_22
[終盤の攻撃でマトリックスのコントロールを崩した鈴木譲選手と雨澤選手も笑顔を見せる]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt20_23
[表に出ない部分でチームの勝利に貢献した飯野選手が遅れてフィニッシュする]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt20_24
[飯野選手同様、見えない部分でチームのために働いた馬渡選手も笑顔でフィニッシュ]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt20_25
[ワンツーフィニッシュを達成した小野寺選手と岡選手がインタビューに応える]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt20_26
[表彰後には、大田原クリテリウム以来となるポーズを披露した小野寺選手]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt20_27
[雨澤選手はピュアホワイトジャージをしっかりとキープ]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY

|

2017/10/11

JCX第1戦 茨城シクロクロス取手ステージ

Jcx1_top01
Jcx1_top02
[上:力強い走りを見せる小坂選手が独走態勢を築く]
[下:今季国内初戦で勝利を収め、小坂選手は幸先の良いスタートを切った]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY




10月9日(月・祝)に、2017-18年のジャパンシクロクロスシリーズ第1戦「茨城シクロクロス取手ステージ」が開催されました。



◆大会WEBサイトは[こちら
◆Live!!!ブログレポートは[こちら



このレースに、宇都宮ブリッツェンシクロクロスチームの小坂光選手がエントリー。





2017-18シーズンのジャパンシクロクロス(JCX)シリーズの開幕戦となる第1戦「茨城シクロクロス取手シリーズ」が、茨城県取手市の小貝川リバーサイドパークに設定された1周2.5kmのハイスピードコースで開催され、終盤の8周回目に単独で抜け出した宇都宮ブリッツェンシクロクロスチームの小坂光がその後の3周回を独走して優勝。これから始まるシーズンに弾みをつける勝利を飾りました!

ついに本格シーズンが到来した国内シクロクロスシーズン。その最高峰のシリーズ戦となるJCXシリーズも、いよいよ開幕となります。

開幕戦となる第1戦は、今年からUCI公認レースとなった茨城シクロクロス取手シリーズ。茨城県取手市の小貝川リバーサイドパークに設定された1周2.5kmのコースは、基本的にフラットなレイアウトにくわえてストレートが長く取られていることもあり、ロードレースさながらのハイスピードレースとなることが予想されます。

今レースが国内シクロクロスの初戦となる宇都宮ブリッツェンシクロクロス(CX)チームの小坂選手は、シクロクロスシーズンに至るまでの期間を、これまでのロードレースとは異なりマウンテンバイクに本格参戦して、特にパワー面での強化に取り組んできたこともあり、ロードレースさながらのハイスピードコースで強化したパワーの効果が表れにくいレースには少しばかり不安を感じる部分があります。

また、レース当日は快晴に恵まれて気温も上昇。暑さ対策などすべて面でのマネージメント力も問われるレースとなりました。

スタートの合図とともに全選手が勢い良く飛び出したレースは、小坂選手(宇都宮ブリッツェンCX)がポールショットを決めて先頭で第1コーナーをクリアしていく展開で幕が開けます。

その後、1周回目が完了する頃になると、先頭は3名のパックに。その後方に追走3名のパックが形成される展開となります。

小坂(宇都宮ブリッツェンCX)

前田、織田(弱虫ペダル)

中里(Speedvagen)

斎藤(RIDELIFE GIANT)

重田(CUORE)

2周回目が完了する頃になると、先頭と追走のパックが合流し、先頭は6名に。3周回目に入るとさらに後方から丸山(BOMA/ROND)や中村(SNEL)らも合流して、先頭は一時9名のパックとなります。

すると、ハイスピードコースで人数の多いパックのままでレースが進んでいくことを嫌った小坂選手(宇都宮ブリッツェンCX)が、パックを崩そうと何度かジャブとなる攻撃を繰り返したことでパックが崩れ、先頭パックは5名にまで人数が絞られて4周回目へと入っていきます。

4周回目に入っても小坂選手(宇都宮ブリッツェンCX)が効果的な攻撃を仕掛け続けたことで5名のパックも崩壊。先頭は小坂選手(宇都宮ブリッツェンCX)と前田選手(弱虫ペダル)という2名のパックになって5周回目へと入ります。

小坂(宇都宮ブリッツェンCX)

前田(弱虫ペダル)

中里(Speedvagen)

5周回目に入ると、少し後方を走っていた中里選手(Speedvagen)が先頭2名のパックに合流して一時は3名となりますが、中里選手(Speedvagen)はテクニカルセクションで離されストレートで追い付く苦しい走りを余儀なくされる状況となります。

その後、レースは小坂選手(宇都宮ブリッツェンCX)と前田選手(弱虫ペダル)の先頭2名のパックに、中里選手(Speedvagen)が何とか食らいついていく状況が続きましたが、8周回目に入る頃になると中里選手(Speedvagen)が遅れ始め、勝負は先頭の2名に絞られる展開へとなっていきます。

8周回目に入ると、前田選手(弱虫ペダル)が魅せるジャンプの高さが最初より低くなり、テクニカルセクションでもミスが出るようになった状態を小坂選手(宇都宮ブリッツェンCX)は察知。ここを勝負どころととらえてアタックし、一気に前田選手(弱虫ペダル)を突き放して単独で先行する状況を作り出します。

結局、単独で先行して独走を開始した小坂選手(宇都宮ブリッツェンCX)は気を緩めることなくその後の3周を走り切り、独走状態をキープしたままフィニッシュ。今シーズン国内シクロクロスの初戦できっちりと勝利を収めて、この後に続くシーズンに弾みをつける結果を手にしました。

小坂選手コメント

「シーズン初戦で勝つということは、これからのシーズンを占う上でもとても重要だと思っていたので、内容よりは勝利にこだわって走ろうと思ってスタートしました。コース的に集団がバラけにくいので、序盤は様子を見て自分のタイミングで独走に持ち込む展開を考えながら走っていました。あまり積極的な選手もいなかったので自分から何度か揺さぶりをかけて人数を絞っていき、最後はしっかり前の選手の動きを見極めて一発でアタックを決めることができました。理想的な展開で勝利することができたので、とても良いレースができたと思います。ただ、シーズンはまだこれからなので、満足することなく頑張っていきたいと思います。今日は沢山の応援、ありがとうございました!」

Text:Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY




Logo_2
シクロワイアードの記事は[こちら






◆[リザルト

[茨城シクロクロス取手シリーズ - JCX第1戦 - UCI-C2 - Elite Men - ]

1位 小坂光 (宇都宮ブリッツェンシクロクロスチーム) 1h01m58s 26.63km/h

2位 前田公平 (弱虫ペダルサイクリングチーム) +28s

3位 中里仁 (Speedvagen Family Racing) +29s

4位 中村龍太郎 (SNEL CYCLOCROSS TEAM) +1m10s

5位 重田兼吾 (TeamCUORE) +1m12s

6位 國井敏夫 (MilePost BMC Racing) +1m12s

7位 斎藤朋寛 (RIDELIFE GIANT) +1m27s

8位 織田聖 (弱虫ペダルサイクリングチーム) +2m03s

9位 宮津旭 (PAXPROJECT) +2m16s

10位 門田基志 (TEAM GIANT) +2m20s

出走=86名/完走=30名





Jcx1_01
[会場入りして早々に、メカニック陣が小坂選手のバイクを用意して試走に備える]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jcx1_02
[変わったレイアウト、路面状態を確認しながら試走をする小坂選手]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jcx1_03
[試走した感触でタイヤの空気圧を上げることをメカニック陣に伝える小坂選手]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jcx1_04
[試走を終えた小坂選手はゼッケンをつけるなどスタートに向けて準備を始める]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jcx1_05
[快晴のために気温も上がり、アップする小坂選手も汗だくに]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jcx1_06
[スタッフ陣と固い握手を交わす、クロスチームスタート前の儀式を終えスタートへ向かう]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jcx1_07
[1番目にコールアップされ、声援に応えながら小坂選手がコースイン]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jcx1_08
[小坂選手はきっちりポーツショットを決めてレースをスタートさせる]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jcx1_09
[長い舗装路で敢えてライバルを先行させて様子を伺う余裕を見せる小坂選手]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jcx1_10
[テクニカル区間でではしっかり先頭に立ちレースを支配する]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jcx1_11
[攻撃をかけ続けてライバルに揺さぶりをかける小坂選手]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jcx1_12
[小坂選手の攻撃によって先頭パックは5名に絞られる]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jcx1_13
[先頭パックの人数をさらに絞ろうと小坂選手の攻撃が続く]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jcx1_14
[小坂選手の攻撃で先頭パックは3名となる]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jcx1_15
[レースも終盤に差し掛かり前田選手と一騎打ちの状態に]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jcx1_16
[前田選手の疲れを見逃さずに小坂選手が勝負に出る]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jcx1_17
[一発のアタックで前田選手を引き離した小坂選手が独走態勢に入る]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jcx1_18
[独走状態になっても集中した表情で周回を重ねていく小坂選手]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jcx1_19
[ノートラブル、ノーミスなら勝利は間違いない状態で最終周回へ入る]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jcx1_20
[今季国内初戦できっちり勝利を収めた小坂選手がガッツポーズを見せる]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY

|

JPT第19戦 JBCF 輪島ロードレース

Jpt19_top01
Jpt19_top02
[上:今季2勝目を挙げた雨澤選手が笑顔とピースサインでファンの声援に応える]
[下:この日勝利した雨澤選手は第13戦ぶりにピュアホワイトジャージに袖を通した]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY



10月8日(日)に、2017年のJプロツアー第19戦となる「JBCF輪島ロードレース」が開催されました。



◆大会WEBサイトは[こちら
◆Live!!!ブログレポートは[こちら



このレースに、宇都宮ブリッツェンから以下の6名がエントリー。

鈴木譲
阿部嵩之
飯野智行
馬渡伸弥
雨澤毅明
岡篤志





2017年のJプロツアー第19戦となる「JBCF輪島ロードレース」が、石川県輪島市の美しくも厳しい公道サーキットコースで開催され、レース中盤にできた5名の先頭集団がそのまま逃げ切り。その中から、最終周回に入った最初の上りで抜け出した宇都宮ブリッツェンの雨澤毅明がそのまま独走で残りを走り切り、今シーズンJプロツアー2勝目となる優勝を飾りました!

2017年のJプロツアーも、今レースを含めて残すところあと4戦。そんな中で行われる「JBCF輪島ロードレース」は、能登半島地震の復興レースとして2008年に初開催され今年で節目の10回目の開催。今回が最後の開催となり、その歴史に一旦、幕を降ろすことになります。

U23日本代表で2カ月に及ぶ欧州遠征を走り抜いてきた雨澤選手と岡選手の2名がチームに戻り(小野寺選手は日本ナショナルチームで香港のレースに出場するため不在)、フルメンバーの8名とはいかないまでも久しぶりに6名での出走となった宇都宮ブリッツェンは、これまでの数的不利で苦しんだ数レースの鬱憤を晴らしたいところです。

そのため、総合力に優れ厳しい展開にも対応できる雨澤選手をエースに、後半まで人数を残して勝ちにこだわってレースを展開するプランを選択。雨澤選手はルビーレッドジャージを着るマトリックスパワータグのトリビオ選手を序盤から中盤にかけてマーク。残る選手は逃げて先待ちするか、集団で雨澤選手をサポートしながらレースを進めていくことを確認してレースに臨みました。

輪島市門前の街中をパレード走行した後にリアルスタートが切られたレースは、最初の上りでの小山選手(シマノレーシング)のアタックをきっかけに散発的にアタックはかかったものの、集団が落ち着いて吸収。その後は集団のまま進んでいく展開となります。

すると、1周回目を終えようかという段階で岡選手(宇都宮ブリッツェン)がアタック。その動きに安原選手(シエルヴォ奈良)が反応して2名が集団から先行する形となります。

しかし、この2名の先行はひとつ目の下りを終えた川沿いの平坦路で集団が吸収。そのカウンターで阿部選手(宇都宮ブリッツェン)がアタックを仕掛けて飛び出しますが、この動きもふたつ目の上りで吸収されます。

その後、集団がふたつ目の下り区間に入ると、雨澤選手(宇都宮ブリッツェン)と佐野選手(マトリックスパワータグ)の2名が集団から飛び出して3周回目へと入っていきます。

3周回目に入った段階で、メイン集団の人数は15名ほどにまで絞られる展開に。今年もサバイバルレースの様相を呈していきます。

3周回目に入ると、先行していた雨澤選手(宇都宮ブリッツェン)と佐野選手(マトリックスパワータグ)は集団が吸収しますが、ふたつ目の上りに入ると集団が割れる展開となります。

4周回目に入ると最初の上りで雨澤選手(宇都宮ブリッツェン)が若干先行し、その後方に5名の追走、さらにその後方に鈴木譲選手(宇都宮ブリッツェン)を含む5名程度の追走が続く展開となります。

その後、雨澤選手(宇都宮ブリッツェン)は追走に吸収され、5周回目に入る頃には5名の先頭集団が形成される展開に。後方の追走集団は崩壊し、数名の選手ずつがまとまって、先行する5名を追いかける展開となります。

土井、トリビオ(マトリックスパワータグ)

雨澤(宇都宮ブリッツェン)

米谷(リオモベルマーレ)

ペレス(エルドラード東北)

湊(シマノレーシング)

吉岡(那須ブラーゼン)

田窪(マトリックスパワータグ)

鈴木譲(宇都宮ブリッツェン)含む集団

阿部、飯野(宇都宮ブリッツェン)含む集団

この頃になると、先頭の5名の逃げ切りが濃厚な状況に。唯一2名の選手が入っているマトリックスパワータグが俄然有利な状況となります。

6周回目に入ると、ひとつ目の上りでペレス(エルドラード東北)が遅れ始め、先頭は4名に。さらに米谷選手(リオモベルマーレ)も遅れ始めて、先頭はマトリックスパワータグ2名、宇都宮ブリッツェン1名という状況となります。

土井、トリビオ(マトリックスパワータグ)

雨澤(宇都宮ブリッツェン)

↓ 5秒

ペレス(エルドラード東北)

しかし、ひとつ目の上りの頂上に設定された山岳ポイント近くになると、後方からペレス選手(エルドラード東北)が何とか先頭に復帰。先頭は4名となったまま、レースは最終周回を迎えることになります。

最終周回に入り、ひとつ目の上りでマトリックスパワータグ勢のアタックを警戒して雨澤選手(宇都宮ブリッツェン)がペースを上げ始めると、まずはペレス選手(エルドラード東北)がドロップ。続いて土井選手(マトリックスパワータグ)が遅れ始め、さらにトリビオ選手(マトリックスパワータグ)も遅れ始めて雨澤選手(宇都宮ブリッツェン)が単独で先行する展開となります。

雨澤(宇都宮ブリッツェン)

↓ 約30秒

トリビオ(マトリックスパワータグ)

↓ 約40秒

土井(マトリックスパワータグ)

ひとつ目の下りを終えて平坦区間に出ると、単独で先行する雨澤選手(宇都宮ブリッツェン)と追走のトリビオ選手(マトリックスパワータグ)とのタイム差は45秒程度にまで拡大。雨澤選手(宇都宮ブリッツェン)の逃げ切り勝利の可能性がグッと高まってきます。

しかし、後方ではトリビオ選手(マトリックスパワータグ)に土井選手(マトリックスパワータグ)が追いつき、2名で雨澤選手(宇都宮ブリッツェン)を追走。さらにその後方から、ふたつ目の上りで抜け出した佐野選手がチームメート2名に合流し、マトリックスパワータグの3名が単独で先行する雨澤選手(宇都宮ブリッツェン)を追走する展開になります。

経験豊富な選手が3名そろったマトリックスパワータグ勢が追い上げるかに思われたレースでしたが、その後もペースを落とすことなく走りきった雨澤選手(宇都宮ブリッツェン)はそのまま逃げ切り、優勝。7月の第9戦に続き、今シーズンJプロツアー2勝目をマークしました!

清水監督コメント

「今日のレースは本当、雨澤選手の力で勝ったレースだったと思います。最後は1対2という不利な状況になったにも関わらず、そこから抜け出して勝利を収めるというのは本人の実力だと思います。序盤からチーム全員が良く動いていくれて、展開としても雨澤選手中心のパターンになってきたところで出来ることをやってくれて、本当に良くやってくれたと思います。前半に雨澤選手自身が動き過ぎてしまっていた場面があって、本人もそれは気にしていたようだったんですが中盤から修正して、マトリックスパワータグの実力のあるベテラン選手2名との勝負になってからも落ち着いたレース運びをしてくれて、実力とテクニックがガッチリ噛み合った勝利を飾ってくれたと思います。最後の上り勝負になればチャンスはあると思っていたので、残り2周回のアップダウン区間で他チームの攻撃がなかったのが幸いと言いますか、彼らも疲れていたのか正々堂々と上りで勝負と思っていたのかはわかりませんが、上り勝負に持ち込めたことが勝因だと思います。自分も雨澤選手が欧州遠征から帰ってきた時に“待ってたよ”と伝えたのですが、勝利で成長して帰国したことを証明してくれたと思います。皆さんも、“おかえり、おめでとう!”と言ってあげてください。ありがとうございました!」

雨澤選手コメント

「当初の作戦では、最後の最後に皆んなを残すために僕は前半抑えるはずだったんですが、我慢できなくて(笑)攻撃を仕掛けました。緩いレース展開が嫌だったので、レースが緩むぐらいだったら自分のペースで上っていこう、攻撃的な走りをずっとしていこうという感じでレースをしていました。序盤は自分でもアタックを仕掛けたりしていましたが、その後はずっと自分のペースを守って上っていたのですが、残り3周になったところで思った以上に脚がなくなってきていると感じて、“ヤバい、やり過ぎたかな?”と思いました。でも、僕だけじゃなくて付いて来る選手も脚を使っていたみたいなので、最後の1周もトリビオ選手のアタックを警戒してペースアップしたら後ろが千切れたので、それならこのまま行こうという感じで決まった感じでした。今シーズン最大の目標としていたツール・ド・ラヴニール、そして世界選手権が終わった後は、正直、モチベーションを保つのは苦しい時もありましたが、10月にはジャパンカップという大きなレースがあるので、そこに向けてコンディションを上げていこうと気持ちを切り替えています。そのためにも、このレースでは楽に走るというよりは、ジャパンカップに向けてキツくキツくしていこうと考えて走りました。ファン・サポーターの皆さんには、ここまでもどかしい気持ちにさせてしまっていると思います。でも、U23組の僕らが帰ってきたからには残りレースを全部勝つので、引き続き応援、よろしくお願いします!」

Text:Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY




Logo
シクロワイアードの記事は[こちら








◆[リザルト

[第10回JBCF輪島ロードレース - JPT第19回 - 88.6km - ]

1位 雨澤毅明 (宇都宮ブリッツェン) 2h37m02s 33.84km/h

2位 土井雪広 (マトリックスパワータグ) +1m21s

3位 佐野淳哉 (マトリックスパワータグ) +1m22s

4位 ホセビセンテ・トリビオ (マトリックスパワータグ) +1m23s

5位 西村大輝 (シマノレーシングチーム) +1m32s

6位 飯野智行 (宇都宮ブリッツェン) +1m35s

7位 米谷隆志 (LEOMO Bellmare Racing team) +1m35s

8位 ハビエル・サラダ・ペレス (エルドラード東北) +2m45s

9位 田窪賢次 (マトリックスパワータグ) +4m31s

10位 吉岡直哉 (那須ブラーゼン) +5m01s

15位 馬渡伸弥 (宇都宮ブリッツェン) +9m04s

30位 鈴木譲 (宇都宮ブリッツェン) +11m39s

DNF 阿部嵩之 (宇都宮ブリッツェン)

DNF 岡篤志 (宇都宮ブリッツェン)

出走=86名/完走=33名

◆2017Jプロツアー 個人ランキング

1位 ホセビセンテ・トリビオ (マトリックスパワータグ) 2,219P

2位 吉岡直哉 (那須ブラーゼン) 1,299P

3位 入部正太朗 (シマノレーシングチーム) 1,109P

4位 雨澤毅明 (宇都宮ブリッツェン) 1,078P

5位 吉田隼人 (マトリックスパワータグ) 1,053P

6位 田窪賢次 (マトリックスパワータグ) 947P

◆2017Jプロツアー チームランキング

1位 マトリックスパワータグ 5,853P

2位 宇都宮ブリッツェン 4,060P

3位 シマノレーシングチーム 3,118P

4位 那須ブラーゼン 2,189P

5位 LEOMO Bellmare Racing team 2,081P

6位 愛三工業レーシングチーム 1,483P

ルビーレッドジャージ ホセビセンテ・トリビオ (マトリックスパワータグ)

ピュアホワイトジャージ 雨澤毅明 (宇都宮ブリッツェン)







Jpt19_01
[2選手増えて6名になったレース前夜のミーティングでは自然と笑顔があふれた]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt19_02
[自分中心のレースでいくというプランに、雨澤選手が引き締まった表情を見せる]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt19_03
[会場入りした選手たちがスタート時間に合わせてアップを始める]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt19_04
[U23日本代表の欧州遠征から復帰初戦となる岡選手は、成長を見せたいところ]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt19_05
[スタートラインに整列した雨澤選手が落ち着いた表情でスタートの瞬間を待つ]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt19_06
[U23不在期間に国内でレベルアップしたことを見せたい馬渡選手が集中した表情を見せる]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt19_07
[鈴木譲選手は、チームの司令塔としてU23組みをうまく勝負に送り込むプランを練る]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt19_08
[レース序盤から岡選手が積極的に動いて先待ちの逃げを作ろうとする]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt19_09
[雨澤選手が力で作った先頭集団が日本海を望むふたつ目の上り区間にさしかかる]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt19_10
[レース中盤に集団から遅れてしまった馬渡選手が前の集団を目指す]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt19_11
[レース前から体調が思わしくなかった岡選手は残念がらレースを降りた]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt19_12
[補給のタイミングを狙ったトリビオのアタックにも冷静に対応する雨澤選手]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt19_13
[雨澤選手をサポートしたい鈴木譲選手が第2集団で先頭を追う]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt19_14
[飯野選手を前方の集団に送り出そうと阿部選手が献身的なアシストを見せる]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt19_15
[マトリックスが2名と不利な状況でも、雨澤選手は攻めの姿勢を崩さない]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt19_16
[阿部選手のアシストで追走集団に合流した飯野選手がさらに前の集団を目指す]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt19_17
[レースも終盤に差し掛かり、先頭集団内でも勝利に向けた思惑が交錯し始める]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt19_18
[前方の追走を吸収した集団内で最終局面の動きに備える飯野選手]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt19_19
[集団から遅れてしまった鈴木譲選手は単独で最終回へと向かう]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt19_20
[マトリックスパワータグの有力選手2名との力勝負を制した雨澤選手がフィニッシュ]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt19_21
[真っ向勝負を制した雨澤選手を清水監督が祝福する]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt19_22
[終盤は追走集団で展開した飯野選手は6位でフィニッシュ]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt19_23
[後方集団で粘りの走りを見せた馬渡選手は15位でフィニッシュ]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt19_24
[雨澤選手の勝利を知り笑顔を見せる鈴木譲選手]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Jpt19_25
[終始攻めの走りを続けた雨澤選手が、その実力を証明する優勝を飾った]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY

|

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »