« ツール・ド・北海道2017 第1ステージ | トップページ | ツール・ド・北海道 2017 第3ステージ »

2017/09/09

ツール・ド・北海道 2017 第2ステージ

Tdh2nd_top01
Tdh2nd_top02
[上:およそ130kmを逃げ続け、自身とチームをアピールした馬渡選手がフィニッシュ]
[下:2日連続で僅差の勝負となったゴールスプリントを岡本隼が制し、個人総合時間でも首位に立った]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY



9月8日(金)〜10日(日)の3日間にわたり、UCI-2.2のステージレース「ツール・ド・北海道」が開催されています。


◆大会WEBサイトは[こちら
◆Live!!!ブログレポートは[こちら


このレースに、宇都宮ブリッツェンから以下の5名がエントリー。

増田成幸
鈴木譲
阿部嵩之
飯野智行
馬渡伸弥


9月9日(土)に、第2ステージが行われました。





UCI-2.2のステージレース「ツール・ド・北海道」の第2ステージが、北斗市運動公園前をスタートし、北斗市・木古内町・知内町・福島町・松前町・上ノ国町を経て、木古内町のJR木古内駅前にフィニッシュする185km(含パレード2.5km)のロードレースで開催され、50名ほどの大集団ゴールスプリントを制した愛三工業レーシングチームの岡本隼がステージ優勝を飾りました。この結果、岡本選手は個人総合時間でもトップに立ち、マラカイトグリーンジャージも獲得しました。

宇都宮ブリッツェンは45km地点付近にできた4名の逃げ集団に馬渡選手が入り、残り距離も残り15kmほどというところまで逃げ続けましたが惜しくも集団に吸収されてしまいます。その後の集団ゴールスプリントでは個人総合時間で7位につける鈴木譲選手がトップとタイム差なしの19位でフィニッシュ。個人総合時間を6位とひとつ上げて明日の最終ステージを迎えることとなりました。

BSアンカーの鈴木選手が僅差のゴールスプリント勝負を制し、今大会最初のリーダージャージ着用者となったツール・ド・北海道第1ステージ。とはいえ、個人総合時間争いは17位の選手までがトップと10秒差という混戦模様。今大会最長距離の185kmで争われる第2ステージも、その10秒差を巡って熾烈な争いが繰り広げられることが予想されます。

前日の第1ステージで落車リタイアとなったエース増田選手を欠く宇都宮ブリッツェンは、個人総合時間7位につける鈴木譲選手の順位をキープすることを頭に入れつつも、積極的なレースで逃げに乗って逃げ切り勝利を狙うプランを選択。前日の第1ステージでも逃げに乗り山岳賞争いで3位につける阿部選手が逃げに入れば山岳ポイントを狙い、飯野選手か馬渡選手が入った場合は最後まで逃げ切れるように最大限の走りをする。最終的に集団スプリントになった際は鈴木譲選手が勝負に絡むということを確認してレースに臨みました。

北斗市運動公園前をパレードスタートしたレースは、2.5kmのパレード区間を終えてリアルスタートが切られると激しいアタック合戦が繰り広げられる展開となります。

海岸線をハイスピードで南下していく集団からは数名の選手が何度か飛び出していくものの決定的な逃げが形成されるには至らず、集団はハイスピードを維持しながら40kmほどを消化していきます。

レースが動いたのは、40kmを過ぎようかという段階。10名ほどの選手がアタックを仕掛けて集団から先行する形となると、そこから冨尾選手(鹿屋体育大学)と馬渡選手(宇都宮ブリッツェン)の2名がさらに先行。そこに小森選手(愛三工業レーシング)、さらに吉田選手(インタープロ)がブリッジをかけて4名の逃げ集団が形成されます。

馬渡(宇都宮ブリッツェン)

小森(愛三工業レーシング)

吉田(インタープロ)

冨尾(鹿屋体育大学)

↓ 30秒

メイン集団

一方のメイン集団は、ツアーリーダーの鈴木選手(BSアンカー)を擁するブリヂストンアンカーがコントロールを開始。レースは4名の逃げ集団とブリヂストンアンカーがコントロールするメイン集団という形のまま進んでいくこととなります。

その後、逃げ集団とメイン集団は3分ほどのタイム差を保ちながら後半戦へ。半島西側の海岸線から内陸のアップダウン区間へと入っていきます。

内陸のアップダウン区間に入ると、メイン集団をコントロールするBSアンカーが本格的に追走を開始。4名の逃げ集団とのタイム差を少しずつ縮めていく展開となります。

その頃になると、逃げ集団からは吉田選手(インタープロ)がドロップ。逃げ集団は3名となり、勢いを増すメイン集団からどこまで逃げ続けられるかという状態になります。

3名となった逃げ集団はメイン集団にタイム差を縮められながらも懸命に逃げ続け、この日ふたつ目の山岳ポイントをクリア。するとその下りで馬渡選手(宇都宮ブリッツェン)と冨尾選手(鹿屋体育大学)が遅れ、先頭は小森選手(愛三工業レーシング)が単独で逃げ続ける展開となります。

その頃になると、小森選手(愛三工業レーシング)とメイン集団のタイム差は1分を切る程にまで短縮。メイン集団が小森選手(愛三工業レーシング)を吸収するタイミングをはかりながら敢えて泳がせるような状態となります。

単独となりながらも懸命に逃げ続けた小森選手(愛三工業レーシング)でしたが、残り3kmという段階でついにメイン集団が吸収。レースは振り出しに戻り、勝負は集団でのゴールスプリントが濃厚な展開となります。

残り距離がわずかとなる中、集団内ではゴールスプリントに向けた激しい位置取り合戦が勃発。格上のプロコンチネンタルチームであるNIPPO-ヴィーニファンティーニを中心に、ブリヂストンアンカー、マトリックスパワータグ、キナンサイクリングなどのコンチネンタルチーム勢、鹿屋体育大学などがトレインを組んで激しい位置取り争いを繰り広げながらゴールスプリントへとなだれ込んでいきます。

僅差の争いとなった各チームの意地と意地がぶつかり合う大集団ゴールスプリント勝負を制したのは、前日の第1ステージで惜しくも3位に終わっていた岡本選手(愛三工業レーシング)。U23ロードアジアチャンピオンの実力を証明する会心の勝利で、見事に個人総合時間でもトップに立ちました。

宇都宮ブリッツェンは、140kmほどを逃げ続けた馬渡選手が吸収されてゴールスプリント勝負が濃厚な状況となると、阿部選手と飯野選手が連携して鈴木譲選手を集団前方まで引き上げ、ゴールスプリントでは鈴木譲選手がトップとタイム差なしの19位でフィニッシュ。個人総合時間を前日の7位から6位へと順位をひとつ上げ、明日の最終ステージを迎えることになりました。

清水監督コメント

「今日のステージは、最後まで逃げ切ることは難しい状況ではありましたが、それでも敢えて逃げ切ってのステージ優勝ができる可能性がある逃げを作ろう、集団スプリントになった場合は鈴木譲選手で勝負ということでレースに臨み、馬渡選手が非常に良いトライをしてくれました。個人総合時間を狙える選手が17名という状況的に、その有力選手を含む逃げは絶対に容認されない中で、中堅のいいメンバーがそろった逃げとなりました。今日の逃げメンバーも簡単に捕まえられるだろうと思われていた中で、残り18kmぐらいまで粘って逃げ続けてくれたので、非常に良い走りだったと思います。今日も叶わなかったように逃げ切るのは本当に難しいことですが、だからと言ってトライし続けていかないとこの先につながるものがなくなってしまいますし、昨年に増田選手が優勝したのもそういったトライからです。今のうちに若い選手が挑戦していくというのは良いことだと思いますので、結果的にはダメでしたが良い挑戦だったと思います。明日はもうやること・できることも限られてくると思いますので、最後は鈴木譲選手と飯野選手に頑張ってもらって、諦めずに何かやれるようにチャレンジし続けたいと思います」

Text:Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY




◆[リザルト

[Tour de Hokkaido 2017 - UCI-2.2 - 2nd Stage - 185km - ]

1位 岡本隼 (愛三工業レーシングチーム) 4h24m48s 41.3km/h

2位 黒枝咲哉 (鹿屋体育大学) st

3位 ピエールパオロ・デネグリ (NIPPO-ヴィーニファンティーニ) st

4位 吉田隼人 (マトリックスパワータグ) st

5位 鈴木龍 (ブリヂストンアンカーサイクリングチーム) st

6位 畑中勇介 (Team UKYO) st

7位 雨乞竜己 (キナンサイクリングチーム) st

8位 住吉宏太 (愛三工業レーシングチーム) st

9位 水谷翔 (シマノレーシングチーム) st

10位 ダーシー・エラーム-ノートン (セントジョージコンチネンタルCT) st

19位 鈴木譲 (宇都宮ブリッツェン) st

64位 飯野智行 (宇都宮ブリッツェン) +09s

81位 馬渡伸弥 (宇都宮ブリッツェン) +3m04s

91位 阿部嵩之 (宇都宮ブリッツェン) +7m40s

出走=91名/完走=91名

◆個人総合時間 第2ステージ終了時

1位 岡本隼 (愛三工業レーシングチーム) 8h00m37s 42.3km/h

2位 ピエールパオロ・デネグリ (NIPPO-ヴィーニファンティーニ) +04s

3位 鈴木龍 (ブリヂストンアンカーサイクリングチーム) +04s

4位 草場啓吾 (日本大学) +11s

5位 ジャコーモ・ベルラート (NIPPO-ヴィーニファンティーニ) +14s

6位 鈴木譲 (宇都宮ブリッツェン) +14s

7位 マルコス・ガルシア (キナンサイクリングチーム) +14s

8位 サルヴァドール・グアルディオラ (Team UKYO) +14s

9位 ニコラ・バジオーリ (NIPPO-ヴィーニファンティーニ) +14s

10位 トマ・ルバ (キナンサイクリングチーム) +14s

36位 飯野智行 (宇都宮ブリッツェン) +57s

40位 馬渡伸弥 (宇都宮ブリッツェン) +3m50s

46位 阿部嵩之 (宇都宮ブリッツェン) +8m11s

◆個人総合ポイント賞 第2ステージ終了時

1位 岡本隼 (愛三工業レーシングチーム) 41P

2位 鈴木龍 (ブリヂストンアンカーサイクリングチーム) 37P

3位 ピエールパオロ・デネグリ (NIPPO-ヴィーニファンティーニ) 36P

4位 黒枝咲哉 (鹿屋体育大学) 20P

5位 ジャコーモ・ベルラート (NIPPO-ヴィーニファンティーニ) 14P

6位 吉田隼人 (マトリックスパワータグ) 14P

◆個人総合山岳賞 第2ステージ終了時

1位 草場啓吾 (日本大学) 10P

2位 冨尾大地 (鹿屋体育大学) 10P

3位 小森亮平 (愛三工業レーシングチーム) 6P

4位 阿部嵩之 (宇都宮ブリッツェン) +3P

5位 岸崇仁 (那須ブラーゼン) 2P

6位 サルヴァドール・グアルディオラ (Team UKYO) 1P

◆チーム総合時間 第2ステージ終了時

1位 NIPPO-ヴィーニファンティーニ 24h02m33s

2位 キナンサイクリングチーム +34s

3位 Team UKYO +34s

4位 シマノレーシングチーム +1m08s

5位 愛三工業レーシングチーム +1m08s

6位 セントジョージ コンチネンタル サイクリングチーム +1m51s

8位 宇都宮ブリッツェン +4m04s





Tdh2nd_01
[Team UKYOの選手とともにホテルから出てきた宇都宮ブリッツェンの選手たち]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Tdh2nd_02
[スタート地点の北斗市運動公園に到着した選手たちがそれぞれのペースで準備を進める]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Tdh2nd_03
[個人総合時間で7位につける鈴木譲選手が出走サインを行う]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Tdh2nd_04
[馬渡選手が細谷マッサーにスタートオイルを塗ってもらいその瞬間に備える]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Tdh2nd_05
[スタート直後から続くアタック合戦に飯野選手が冷静に対応する]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Tdh2nd_06
[スタート直後から膝に違和感を感じていた阿部選手が顔をしかめながら集団内で走る]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Tdh2nd_07
[なかなか決定的な逃げが決まらず集団はハイペースなままで進む]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Tdh2nd_08
[アタック合戦が続く集団内で馬渡選手がチャンスをうかがう]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Tdh2nd_09
[個人総合時間争いに集中する鈴木譲選手は集団内で温存しながら走る]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Tdh2nd_10
[アタック合戦からタイミング良く飛び出した馬渡選手が逃げを確定させようとペダルを踏む]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Tdh2nd_11
[膝の違和感が消えない阿部選手が、集団最後尾まで下がって手を挙げドクターカーを要求する]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Tdh2nd_12
[鈴木譲選手はトップとタイム差なしでフィニッシュし、最終ステージでの順位アップを期す]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Tdh2nd_13
[鈴木譲選手をアシストし64位でゴールした飯野選手は、明日の函館山頂上フィニッシュでの活躍を誓う]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Tdh2nd_14
[膝の違和感に苦しんだ阿部選手もしっかりと仕事を果たしつつ最終ステージにつないだ]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Tdh2nd_15
[プラン通り逃げに乗り、逃げ切りを狙った馬渡選手と清水監督がレースを振り返る]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Tdh2nd_16
[ともに逃げた大学の後輩の冨尾選手と互いの健闘を讃え合う馬渡選手]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY

|

« ツール・ド・北海道2017 第1ステージ | トップページ | ツール・ド・北海道 2017 第3ステージ »