« JPT第14戦 JBCF タイムトライアルチャンピオンシップ | トップページ | ツール・ド・北海道 2017 第2ステージ »

2017/09/08

ツール・ド・北海道2017 第1ステージ

Tdh1st_top01
Tdh1st_top02
[上:逃げ切りを狙って若い選手が多い逃げ集団を主導する阿部選手]
[下:僅差のスプリント勝負を制した鈴木龍が自身初のUCIレース優勝を飾った]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY


9月8日(金)〜10日(日)の3日間にわたり、UCI-2.2のステージレース「ツール・ド・北海道」が開催されています。


◆大会WEBサイトは[こちら
◆Live!!!ブログレポートは[こちら

このレースに、宇都宮ブリッツェンから以下の5名がエントリー。

増田成幸
鈴木譲
阿部嵩之
飯野智行
馬渡伸弥

9月8日(金)に、第1ステージが行われました。





UCI-2.2のステージレース「ツール・ド・北海道」の第1ステージが、北海道函館市の函館競輪場をスタートし北斗市・木古内町・知内町・上ノ国町・江差町・厚沢部町を経て北斗市運動公園にフィニッシュする162km(含パレード5.6km)で行われ、16名に絞られたゴールスプリント勝負をブリヂストンアンカーサイクリングチームの鈴木龍が制してステージ優勝。今大会最初のリーダージャージ着用者となりました。

宇都宮ブリッツェンは、レース序盤にできた6名の逃げ集団に阿部選手が入り、最後は3名になりながら残り10km近くまで逃げ続けましたが残念ながら集団が吸収。その後は鈴木譲選手が吸収された阿部選手と連携してゴールスプリント勝負に挑み、トップとタイム差なしの6位でフィニッシュ。個人総合時間でもトップから10秒遅れの7位につけて明日以降のステージに臨むことになります。

また、今レースが復帰2戦目となった増田選手は、この日ふたつ目の山岳ポイントの下りで落車を喫してしまい負傷。惜しくもリタイアとなりました。

今年で31回目の開催を迎えるツール・ド・北海道。今回は函館市を中心とした道南地域での開催となります。この歴史あるレースで、昨年、増田選手が個人総合時間で優勝を飾った宇都宮ブリッツェンは、ディフェンディングチャンピオンチームとして今レースを迎えることとなります。

しかし、増田選手はバセドウ病の治療中で復帰2戦目と本調子まではいかない状況。そのためチームとしては、増田選手の個人総合時間上位を念頭にしつつも、ステージ優勝や各賞ジャージ獲得を目標にレースに臨みました。

今大会のオープニングとなる第1ステージは、函館競輪場をスタートし、函館市・北斗市・木古内町の海岸線を南下し、木古内町から上ノ国町の内陸区間を経て半島の西岸、江差町を北上。厚沢部町からアップダウンが続く国道227号線を東進し、ふたつの山岳ポイントをクリアして北斗市運動公園にフィニッシュする162km(含パレード5.6km)。後半にふたつの山岳ポイントが控えていることもあり、展開次第では先頭の人数がいきなり絞られることも予想されます。

宇都宮ブリッツェンは、NIPPO・ブリヂストンアンカー・Team UKYO・キナンサイクリングなどの個人総合時間有力選手が入る逃げには増田選手と飯野選手が同調して逃げに乗る。総合系が絡まない逃げであれば阿部選手と馬渡選手で各賞ジャージを狙う。集団ゴールスプリントの際には鈴木譲選手と阿部選手が連携してステージ優勝を狙うなど、あらゆる展開を想定してレースに臨みました。

函館競輪場をスタートして市街地をパレードした後、海岸線の国道228号線に出てリアルスタートとなると早速、激しいアタック合戦が繰り返される展開となります。7km過ぎには4名の選手が集団から15秒ほど先行する場面もありましたが吸収され、ひとつの集団のままレースは進んでいきます。

その後、13kmを過ぎる頃になると今度は6名の選手が集団から15秒ほど先行。宇都宮ブリッツェンはその中に阿部選手(宇都宮ブリッツェン)が入ります。

阿部(宇都宮ブリッツェン)

岸(那須ブラーゼン)

中田(インタープロサイクリング)

冨尾(鹿屋体育大学)

草場(日本大学)

今村(中央大学)

↓ 15秒

メイン集団

コンチネンタルチームのアシスト選手3名と大学生3名のこの逃げを、集団は脅威はないと判断して容認。タイム差は40秒程度にまで広がっていきます。

その後、メイン集団からは逃げ集団にブリッジをかけようとする選手たちがアタックを仕掛け合う展開が続きましたが決定打は出ず、レースは海岸線から内陸のアップダウン区間へと入っていきます。

内陸のアップダウン区間に入ると、6名の逃げ集団とメイン集団とのタイム差はさらに拡大。この日唯一のホットスポットを草場選手(日本大学)が先頭通過する頃には、タイム差は6分近くにまで広がる展開となります。

内陸区間を終えて江差町の海岸線に出ると、逃げ集団とメイン集団とのタイム差は最大で7分50秒にまで拡大。再び内陸のアップダウン区間に入る頃になっても7分30秒程度のタイム差を保ったまま逃げ集団が逃げ続ける展開が続きます。

この頃になると、逃げを容認していたメイン集団もようやく活性化。少しずつ逃げ集団とのタイム差を縮めながら追走する展開となります。

一方、逃げ集団はこの日最初の山岳ポイントに入ると中田選手(インタープロサイクリング)がドロップし5名に。さらに今村選手(中央大学)も遅れ、先頭は4名になって最初の山岳ポイントを通過していきます。

対するメイン集団は、独走力に優れるモニエ選手(BSアンカー)と佐野選手(マトリックスパワータグ)が強烈な引きを見せて逃げ集団を猛追。ふたつ目の山岳ポイントの入り口を迎える頃には逃げ集団とのタイム差は1分40秒程度にまで縮まります。

ふたつ目の山岳ポイントに入ると、逃げ集団からは岸選手(那須ブラーゼン)が遅れて先頭は3名に。一方のメイン集団は山岳に入ると一気にペースが上がり、山頂での逃げ集団とのタイム差は18秒にまで縮まることとなります。

レースはそのまま山岳ポイントの下り区間へと入っていきますが、この下りで増田選手(宇都宮ブリッツェン)がまさかの単独落車。レースに復帰するのは難しい状態で無念のリタイアとなってしまいます。

その後、阿部選手(宇都宮ブリッツェン)を含3名の逃げ集団は最後まで逃げきりの可能性を信じて逃げ続けましたが、勢いを増すメイン集団から抜け出した15名ほどの集団から逃げ切ることはできず、残り5kmの段階で吸収。集団はひとつとなって最終局面へと向かっていきます。

その後、山本選手(鹿屋体育大学)が単独で飛び出す場面もあったものの、集団はひとつのままで進み、勝負はゴールスプリントへ。

人数をそろえるNIPPO-ヴィーニファンティーニ勢がイニシアチブを握り、万全の体制で発射されたデネグリ選手(NIPPO-ヴィーニファンティーニ)と、それぞれ単騎でゴールスプリントに挑んだ岡本選手(愛三工業レーシング)と鈴木選手(BSアンカー)の3名が若干先行する形となった勝負を制したのは鈴木選手(BSアンカー)。見事にステージ優勝を飾り、今大会最初にリーダージャージを着用しました。

宇都宮ブリッツェンは逃げ続けた阿部選手(宇都宮ブリッツェン)が最後の力を振り絞って鈴木譲選手(宇都宮ブリッツェン)を引き上げて発射、鈴木譲選手(宇都宮ブリッツェン)がスプリント勝負に挑みましたが、発射とスプリント開始のタイミングが若干早く捲られてしまい、6位でフィニッシュ。個人総合時間ではトップと10秒差の7位となって明日以降のステージに臨むことになりました。

清水監督コメント

「今日のレースは、何かしらの形でステージ優勝を皆んなで狙いに行きました。その中で6名の逃げができ、周りのチームが見ると戦力的には弱いかなと思われるメンバーでしたが、コンチネンタルチームの選手3名、大学生のトップレベルの選手3名ということで、特に平坦を中心に協調していい走りを見せてくれました。最初の山岳ポイントを通過した段階で2分程度のタイム差があれば逃げ切れるかなと予想していたのですが、途中からはメイン集団にも焦りが出始めて、有力選手が強烈な牽引を見せなければならない状況となってかなりのペースアップがあり、あと一歩のところで吸収されてしまいました。その牽引の強烈さは吸収した時の集団の人数が15名程度だったことでも分かると思います。その後のゴールスプリントでは吸収した集団にしっかり入ってくれた鈴木譲選手が6位でゴールしてくれ、個人総合時間でも逆転の可能性がある7位につけていますので、明日以降もしっかりチャレンジしていきたいと思います。また、増田選手は残念ながら最後の高速かつテクニカルな下りで落車してしまい、おそらく鎖骨骨折だろうということで診断結果待ちの状態です。本人が一番悔しいのは間違いないですが、チーム、ファン・サポーターの皆さんにとっても非常に悔しい結果となってしまいました。ただ、本人はとても落ち着いていますし、焦る必要は全くないですが“おきなわは走りたいね”といった話も先ほどしたくらいです。これまでも大変な状況に何度も見舞われ、その度にそれを乗り越えてきた強さを持つ選手ですから、今度もまた強くなって復帰してくれると思っています。この後のレースを4名で戦わなければいけなくなりましたが、皆んなでしっかりと話し合って何かしら残るものを獲れるように頑張りたいと思います」

Text:Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY





Logo
シクロワイアードの記事は[こちら




◆リザルト

[Tour de Hokkaido 2017 - UCI-2.2 - 1st Stage - 156.7km - ]

1位 鈴木龍 (ブリヂストンアンカーサイクリングチーム) 3h36m03s 43.5km/h

2位 ピエールパオロ・デネグリ (NIPPO-ヴィーニファンティーニ) st

3位 岡本隼 (愛三工業レーシングチーム) st

4位 ジャコーモ・ベルラート (NIPPO-ヴィーニファンティーニ) st

5位 エゴイツ・フェルナンデス (Team UKYO) st

6位 鈴木譲 (宇都宮ブリッツェン) st

7位 マルコス・ガルシア (キナンサイクリングチーム) st

8位 サルヴァドール・グアルディオラ (Team UKYO) st

9位 ドリュー・モレイ (トレンガヌサイクリングチーム) st

10位 トマ・ルバ (キナンサイクリングチーム) st

18位 阿部嵩之 (宇都宮ブリッツェン) +17s

26位 飯野智行 (宇都宮ブリッツェン) +34s

33位 馬渡伸弥 (宇都宮ブリッツェン) +34s

DNF 増田成幸 (宇都宮ブリッツェン)

出走=98名/完走=92名

◆個人総合時間 第1ステージ終了時

1位 鈴木龍 (ブリヂストンアンカーサイクリングチーム) 3h35m53s 43.5km/h

2位 ピエールパオロ・デネグリ (NIPPO-ヴィーニファンティーニ) +04s

3位 岡本隼 (愛三工業レーシングチーム) +06s

4位 草場啓吾 (日本大学) +07s

5位 ジャコーモ・ベルラート (NIPPO-ヴィーニファンティーニ) +10s

6位 エゴイツ・フェルナンデス (Team UKYO) +10s

7位 鈴木譲 (宇都宮ブリッツェン) +10s

8位 マルコス・ガルシア (キナンサイクリングチーム) +10s

9位 サルヴァドール・グアルディオラ (Team UKYO) +10s

10位 ドリュー・モレイ (トレンガヌサイクリングチーム) +10s

19位 阿部嵩之 (宇都宮ブリッツェン) +27s

27位 飯野智行 (宇都宮ブリッツェン) +44s

34位 馬渡伸弥 (宇都宮ブリッツェン) +44s

◆個人総合ポイント 第1ステージ終了時

1位 鈴木龍 (ブリヂストンアンカーサイクリングチーム) 25P

2位 ピエールパオロ・デネグリ (NIPPO-ヴィーニファンティーニ) 20P

3位 岡本隼 (愛三工業レーシングチーム) 16P

4位 ジャコーモ・ベルラート (NIPPO-ヴィーニファンティーニ) 14P

5位 エゴイツ・フェルナンデス (Team UKYO) 12P

6位 鈴木譲 (宇都宮ブリッツェン) 10P

◆個人総合山岳賞 第1ステージ終了時

1位 草場啓吾 (日本大学) 10P

2位 冨尾大地 (鹿屋体育大学) 6P

3位 阿部嵩之 (宇都宮ブリッツェン) 3P

4位 岸崇仁 (那須ブラーゼン) 2P

5位 サルヴァドール・グアルディオラ (Team UKYO) 1P

◆チーム総合時間 第1ステージ終了時

1位 NIPPO-ヴィーニファンティーニ 10h48m09s

2位 キナンサイクリングチーム +34s

3位 Team UKYO +34s

4位 ブリヂストンアンカーサイクリングチーム +34s

5位 宇都宮ブリッツェン +51s

6位 シマノレーシングチーム +1m08s




Tdh1st_01
[ディフェンディングチャンピオンの証であるゼッケン1が増田選手のバイクに取り付けられる]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Tdh1st_02
[清水監督が今日のコースプロフィールを各選手のステムに貼り付ける]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Tdh1st_03
[準備を終えた選手たちがスタート地点の函館競輪場へと向かう]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Tdh1st_04
[函館競輪場に到着した鈴木譲選手が自分のペースで開会式までの時間を過ごす]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Tdh1st_05
[細谷マッサーが阿部選手にスタートオイルを施す]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Tdh1st_06
[今年のテレビ解説は増田選手が尊敬する選手の一人だった清水都貴さん]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Tdh1st_07
[久しぶりのロードレースとなる増田選手が出走サインを行う]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Tdh1st_08
[きちんと整列して開会式が始まるのを待つブリッツェンボーイズ]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Tdh1st_09
[前年優勝者の増田選手が北海道カップを返還する]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Tdh1st_10
[阿部選手を含む6名の逃げ集団がタイム差をさらに広げようと協調して走る]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Tdh1st_11
[若い選手が多い逃げ集団でベテランの存在感を発揮する阿部選手]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Tdh1st_12
[メイン集団で次の展開に備える選手たちに北海道まで応援に駆けつけたサポーターが声援をおくる]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Tdh1st_13
[レースを走れる喜びを噛み締めるように集団内を走る増田選手]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Tdh1st_14
[そう遠くない段階での完全復活を予感させる飯野選手が増田選手に続く]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Tdh1st_15
[後輩も走る北海道でプロになってからの成長を見せたい馬渡選手]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Tdh1st_16
[阿部選手のリードアウトを受けた鈴木譲選手がゴールスプリント勝負に挑む]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Tdh1st_17
[かけ出しが少し早く6位に終わった鈴木譲選手だが調子の良さは見せた]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Tdh1st_18
[逃げからリードアウトまで仕事をやり切った阿部選手は18位でフィニッシュ]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Tdh1st_19
[飯野選手と馬渡選手は34秒遅れの第2集団でフィニッシュ]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Tdh1st_20
[復帰したばかりの不死鳥は、残念ながら落車でレースを去ることになった]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY

|

« JPT第14戦 JBCF タイムトライアルチャンピオンシップ | トップページ | ツール・ド・北海道 2017 第2ステージ »