« JPT第6戦 JBCF 那須ロードレース | トップページ | 第86回全日本自転車競技選手権大会ロード・レース »

2017/06/23

全日本選手権個人タイムトライアルロードレース大会

Itt_top01
Itt_top02
[上:エリート初出場ながらポテンシャルの高さを感じさせる走りを見せる小野寺選手]
[下:レース終盤にかけて一気にタイムを縮める貫禄を見せた西薗が個人TT連覇を達成]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY

6月23日(金)に、タイムトライアルの日本チャンピオンを決める「全日本選手権個人タイムトライアルロードレース大会」が開催されました。


◆大会WEBサイトは[こちら
◆Live!!!ブログレポートは[こちら


このレースに、宇都宮ブリッツェンから以下の5名がエントリー

増田成幸
鈴木譲
阿部嵩之
小野寺玲
岡篤志



2017年の個人タイムトライアル日本チャンピオンを決める「第21回全日本選手権個人タイム・トライアル・ロード・レース大会」が青森県階上町に設定された1周13.0kmの公道特設周回コースで開催され、男子エリートでは終盤にラップタイムを大幅に縮めたブリヂストンアンカーサイクリングチームの西薗良太が2位に15秒のタイム差をつけて優勝。昨年の優勝に続き、見事に連覇を達成してナショナルチャンピオンジャージを手にしました。

鈴木譲・小野寺玲・岡篤志の3選手が男子エリートに出場した宇都宮ブリッツェンは、小野寺選手と岡選手が全3周回で争われるレースの序盤から暫定1位、2位のタイムを刻む好走を見せましたが、最終ラップで大幅にタイムを縮めてきた西薗選手とマトリックスパワータグ佐野選手にタイムを上回られ、惜しくも小野寺選手が3位、岡選手が4位となりましたが、U23最終年に敢えて出場した男子エリートでトップ選手たちと肩を並べる成績を残しました。

長時間を高速域で走りきることができ、独走力に優れる選手たちがしのぎを削る個人タイムトライアル。全日本選手権は、そんなTTマンたちの頂点を決める、年に一度のビッグレースです。

今年のレース会場となったのは、青森県階上町に設定された1周13.0kmの公道特設周回コース。男子最高峰のエリートカテゴリーはこのコースを3周回する39.0kmで争われました。

宇都宮ブリッツェンは昨年同レースで3位と4位に入った鈴木譲・阿部の2選手に加え、U23カテゴリーの小野寺選手と岡選手も今年はエリートカテゴリーにエントリー。しかしながら、阿部選手は直前のトレーニング中に落車をしてしまい膝を強打。レース前日になっても痛みと腫れが引かない状況だったため無念の欠場となり、3名の選手がレースに臨むこととなりました。

第2ウェーブでの出走となった3選手は序盤から好走を見せ、全員が上位をうかがえるタイムで周回を重ねていきます。

特に、2月のアジア選手権U23個人タイムトライアルで優勝しアジアチャンピオンに輝いた小野寺選手(宇都宮ブリッツェン)、そして岡選手(宇都宮ブリッツェン)のU23コンビがエリートカテゴリーの多くの選手を上回る走りで、彼らがフィニッシュした時点で暫定ワンツーの状態で後からゴールする4選手を待つ状態となります。

しかし、最終的に個人タイムトライアルでは表彰台の常連とも言える佐野選手(マトリックスパワータグ)と、昨年の同レース覇者で2012年にも同レースを制している西薗選手(ブリヂストンアンカー)にタイムを上回られ、惜しくも3位と4位。初出場となるエリートカテゴリーで小野寺選手(宇都宮ブリッツェン)が3位表彰台を獲得してレースを終えています。

清水監督コメント

「今日のレースを振り返ってみると、鈴木譲選手は最初の突っ込みは良かったのですが、その後は本領が発揮できず沈んでしまったという印象です。それでも上位に入ってくれていますので、しっかりと回復してもらって明後日のロードで頑張ってもらいたいと思います。今回、U23の選手2名をエリートに出場させましたが、本気でタイトルを狙っていただけに勝たせてやりたかったなという気持ちです。客観的に見ても3位、4位という結果は想定内だったので、優勝できず悔しいです。業界全体の評価としても、チャンピオンの西薗選手と15秒差の3位となった小野寺選手はすごく評価されるところだと思います。小野寺選手もTTが好きで一生懸命やっていますが、西薗選手のようにいろいろなことを積み重ねて1秒2秒を削っていくという作業をやっている訳ではありません。そういった意味では未完の大器という部分は見せられたのではないかと思います。U23カテゴリーの21歳の選手が3位という結果は評価が高いと思いつつも、悔しかったですね。明後日のロードでは同じくU23の雨澤選手も控えていますので、若手の勢いを力に変えつつ、ロードレースでも優勝をもう一度目指したいと思います」

Text:Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY




Logo
シクロワイアードの記事は[こちら




◆[リザルト

[第21回全日本選手権個人タイム・トライアル・ロード・レース大会 - 男子エリート - 39.0km - ]

1位 西薗良太 (ブリヂストンアンカーサイクリングチーム) 49m39s76 47.11km/h

2位 佐野淳哉 (マトリックスパワータグ) +15s28

3位 小野寺玲 (宇都宮ブリッツェン) +16s65

4位 岡篤志 (宇都宮ブリッツェン) +21s85

5位 小林海 (NIPPO・ヴィーニファンティーニ) +1m02s25

6位 渡邊翔太郎 (愛三工業レーシングチーム) +1m19s93

7位 入部正太朗 (シマノレーシングチーム) +1m26s69

8位 鈴木譲 (宇都宮ブリッツェン) +1m27s54

9位 石橋学 (ブリヂストンアンカーサイクリングチーム) +1m32s85

10位 加藤達也 (PARABOLA イワイ シーガル) +1m55s63

出走=29名/完走=29名



Itt_01
[会場入りした選手たちが早速、ウォーミングアップを始める]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Itt_02
[少しずつ気温が上がる中、黙々とアップを続ける3名の選手]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Itt_03
[エリートカテゴリーでのレースに向け、集中した表情を見せる岡選手]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Itt_04
[ローラーでのアップの合間にストレッチでしっかり身体をほぐす小野寺選手]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Itt_05
[ディスクホイール特有の風切り音が威勢良くチームピットに響く]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Itt_06
[無駄な空気抵抗を減らすように曽我部マネージャーがゼッケンを選手の背中に取り付ける]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Itt_07
[既に走り終えた選手たちのタイムを考慮して目標タイムが設定される]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Itt_08
[この日のために調子を上げていた阿部選手は無念の欠場。切り替えて次の目標を見据える]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Itt_09
[U23アジアチャンピオンの実力を見せたい小野寺選手がスタート台で集中した表情を見せる]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Itt_10
[スタート台で気持ちを落ち着かせるように目を閉じて集中を高める岡選手]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Itt_11
[チーム内最終出走の鈴木譲選手もオンコースする]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Itt_12
[2周回目に入る段階で前の走者を射程にとらえる小野寺選手]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Itt_13
[スタート直後にメーターが吹き飛ぶトラブルに遭うも、伴走車からの情報を頼りに走る小野寺選手]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Itt_14
[1周回目終了時点で暫定2位のタイムをマークし、さらにペースを上げようとする岡選手]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Itt_15
[鈴木譲選手も1周回目を順調に終え、さらなるタイム短縮を目指す]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Itt_16
[暫定トップタイムに立ち続ける小野寺選手が最終ラップに入る]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Itt_17
[2周回目でラップタイムを落としてしまった岡選手も最終ラップに入る]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Itt_18
[思うようにタイムが伸びない苦しい状況の鈴木譲選手も最終ラップに入る]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Itt_19
[各選手のラップタイムとタイム差をフィニッシュ地点に陣取る清水監督が迅速に伴走車に伝える]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Itt_20
[最後の力を振り絞って暫定トップタイムでフィニッシュする小野寺選手]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Itt_21
[2周回目でのタイムロスが響く結果となった岡選手も懸命の表情でフィニッシュ]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Itt_22
[望むような走りができなかった鈴木譲選手は8位のタイムでフィニッシュ]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Itt_23
[エリート初出場で3位表彰台を獲得した21歳の小野寺選手を清水監督が労う]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Itt_24
[国内有数のTTマンに迫る走りを見せた小野寺選手が表彰台で笑顔を見せる]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY

|

« JPT第6戦 JBCF 那須ロードレース | トップページ | 第86回全日本自転車競技選手権大会ロード・レース »