« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016/12/16

2017年チーム体制について

All
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS


2016シーズンをともに戦った9選手から2選手が退団し、新たに2選手を迎えて2017シーズンを戦う運びとなりました。新たに迎える選手は、学連で強豪チームの一角を担う鹿屋体育大学出身の馬渡伸弥と、2016シーズンにJエリートツアーで圧倒的な強さを見せた弱虫ペダルサイクリングチーム岡篤志の2選手。2選手ともに、育成年代から日本代表としての活動実績もある有望選手です。

2017シーズンの宇都宮ブリッツェンは、新加入する馬渡・岡の2選手に既存メンバーである雨澤・小野寺を加えた将来性ある若手4選手と、UCIレースをはじめアジア・世界の舞台での経験も豊富な5選手という9名体制で、ベテランと若手のバランスが良い編成となりました。

以下、廣瀬佳正GM及び清水裕輔監督と、選手9名体制でシーズンを戦います。

GM:

廣瀬佳正 (ひろせよしまさ/39)

監督:

清水裕輔 (しみずゆうすけ/35)

選手:

鈴木真理 (すずきしんり/41/キャプテン)

増田成幸 (ますだなりゆき/33)

鈴木譲 (すずきゆずる/31)

阿部嵩之 (あべたかゆき/30)

飯野智行 (いいのともゆき/27)

馬渡伸弥(まわたりしんや/22) ※新加入

雨澤毅明 (あめざわたけあき/21/U23)

小野寺玲 (おのでられい/21/U23)

岡篤志 (おかあつし/21/U23) ※新加入

※年齢は2016年12月16日現在

Shinri
photo(C):Tatsya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS


◆名前:鈴木真理 (すずきしんり)

出身地:神奈川県二宮町

生年月日:1974年12月25日(41歳)

170cm/60kg

2016年所属チーム:宇都宮ブリッツェン

戦歴:

2002年:全日本選手権ロードレース 優勝

2003年:アジア選手権ロードレース 優勝

2004年:アジア選手権ロードレース 優勝

2004年:アテネオリンピックロードレース 日本代表

2006年:Jツアー(現:Jプロツアー) 年間総合優勝

2007年:Jツアー(現:Jプロツアー) 年間総合優勝

2009年:Jサイクルツアー(現:Jプロツアー) 年間総合優勝

2013年:Jプロツアー 年間総合3位

2014年:Jプロツアー南紀白浜TTT 優勝

2014年:Jプロツアー西日本ロードクラシック 2位

2014年:ツール・ド・北海道 (UCI-2.2) 総合9位

2014年:Jプロツアー 年間総合8位

2014年:ツール・ド・おきなわ (UCI-1.2) 4位

2015年:Jプロツアー南紀白浜TTT 3位

2015年:Jプロツアー群馬CSCロードTTT 2位

2015年:全日本選手権ロードレース 6位

2015年:Jプロツアーロードチャンピオンシップ 2位

2015年:Jプロツアーいわきクリテリウム 4位

2016年:Jプロツアー群馬CSCロードレース 3位

鈴木真理選手コメント:

「今シーズンは序盤でチームから離脱することとなってしまい、その後は外から応援をすることしかできなかったのですが、“あれ、俺がいない方がいいのかな?”と思ってしまうぐらい皆んながしっかり成績を出して良い走りもしていたので、自分の不甲斐ない部分や走れていない部分をカバーしてもらって助かったという気持ちになりました。シーズン前半は“早くその中に自分も戻りたい!”という気持ちでしたが、後半に入ると状況はかなり厳しいということも考え、選手も考えつつ違う方向のことも考え始めてしまうような感じでした。来シーズンの契約をするにあたっても、選手としての活動が制限される中で自分が今、何ができるかということを考えて育成という部分により関わることになりました。選手を育成していき、今の選手たちよりもっと強い選手たちを生み出せれば、役割を果たしていることにもなるのかなと感じました。なので、来シーズンの契約としては、選手と育成が半分半分というイメージでしょうか。万が一、走れるようになれば、また優勝できるようなレースも出てくるでしょうが、痛みがある以上はグレーな判断しかできないのが現状です。運営会社には迷惑をかけてしまっていますし、他の選手たちにも迷惑をかけてしまうことになるので、むしろ選手を辞めて他のことをすればいいんじゃないのかという考えもあると思います。でも、万が一に走れるようになって、優勝できればたくさんの人に大きな感動を与えることができるとも思うので、一応、選手としての契約をさせていただきました。なので、今この時点でも、本当にこれで良かったのかという葛藤は自分の中にあります。そんな状況なので、ファン・サポーターの皆さんに何もお約束ができないのを心苦しく思っています。選手として皆さんの前に出られるかどうかは本当に分からない状況ですが、もうひとつの育成という役割の部分で、有望な選手を継続的に生み出すための枠組み作りや価値を創造をしていきたいと思います。復活できた際にはもちろん優勝と、チームのためになる走りができるよう頑張ります」

Masuda
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

◆名前:増田成幸 (ますだなりゆき)

出身地:宮城県仙台市

生年月日:1983年10月23日(33歳)

176cm/61kg

2016年所属チーム:宇都宮ブリッツェン

戦歴:

2011年:全日本選手権ロードレース 5位

2011年:Jプロツアー栂池高原ヒルクライム 優勝

2011年:Jプロツアー富士山ヒルクライム 優勝

2011年:JプロツアーTTチャンピオンシップ 優勝

2011年:Jプロツアー 年間総合2位

2012年:Jプロツアー栂池高原ヒルクライム 優勝

2012年:Jプロツアー富士山ヒルクライム 優勝

2012年:全日本選手権ロードレース 2位

2012年:Jプロツアー石川ロード 優勝

2012年:ツール・ド・北海道 (UCI-2.2) 総合4位

2012年:Jプロツアー 年間総合優勝

2013年:全日本選手権ロードレース 3位

2014年:Jプロツアー南紀白浜TTT 優勝

2014年:ツアー・オブ・ジャパン (UCI-2.1) 総合10位

2014年:ツール・ド・熊野 (UCI-2.2) 総合10位

2014年:Jプロツアー栂池高原ヒルクライム 2位

2014年:Jプロツアー富士山ヒルクライム 優勝

2014年:Jプロツアー石川ロードレース 3位

2014年:全日本選手権ロードレース 8位

2014年:Jプロツアー 年間総合2位

2014年:ツール・ド・おきなわ (UCI-1.2) 優勝

2015年:Jプロツアー南紀白浜TTT 3位

2015年:Jプロツアー群馬CSCロードTTT 2位

2015年:Jプロツアー栂池高原ヒルクライム 2位

2015年:全日本選手権個人TT 2位

2015年:全日本選手権ロードレース 3位

2015年:JプロツアーTTチャンピオンシップ 優勝

2015年:Jプロツアー輪島ロードレース 2位

2015年:Jプロツアーおおいたロードレース 5位

2015年:Jプロツアー 年間総合4位

2016年:アジア選手権個人TT 4位

2016年:Tour de Taiwan (UCI-2.1) 総合15位

2016年:ツアー・オブ・ジャパン (UCI-2.1) 総合10位

2016年:全日本選手権個人TT 3位

2016年:全日本選手権ロードレース 5位

2016年:Jプロツアー西日本ロードDay1 優勝

2016年:Jプロツアーみやだ高原ヒルクライム 優勝

2016年:ツール・ド・北海道 (UCI-2.2) ステージ優勝

2016年:ツール・ド・北海道 (UCI-2.2) 総合優勝

2016年:ツール・ド・北海道 (UCI-2.2) 山岳賞

2016年:Jプロツアーおおいたロードレース 優勝

2016年:Jプロツアー 年間総合2位

2016年:ツール・ド・おきなわ (UCI-1.2) 優勝

増田選手コメント:

「今シーズンはチームも僕個人としても、過去最高の成績を残せた1年でした。それを受けて、ハードルが上がった!来年どうする?来年ヤバいんじゃないか!?みたいなことがよく言われてますが、また来年は来年で別ものですし、今年は今年で既に過去のことでもあります。縛られるような考え方をしていたら成長できないと思うし成績も残せないと思うので、来年はまた新たな気持ちで、心機一転、いつも通りしっかり準備して、いつも通り一戦一戦優勝を狙って走っていきたいですね。今シーズンは結果がついてきましたが、どんなに強くても、どんなに準備していても結果がついてこない時はついてこないですし、かと言って準備をすること努力することを止めたら100%結果がついてこないのは目に見えています。結果がついてくるかどうか、優勝できるかどうかは分からないけれども、それに向けた100%の準備はしっかりしたい。来年、勝てるかどうかなんて分かりませんし、今年を凌ぐような成績を残せるかなんて誰も分かりませんけど、いつチャンスがきてもいいように、そのチャンスをモノにできるようにだけは、常日頃から怠らずに準備しておきたいと思います。今年のように良い成績を残した次の年こそ危うい。それは僕自身も若い頃に経験してきたベテランだらこそ分かっていますし、今から肝に銘じながら頑張っています。来シーズンの目標は、やはり獲っていないタイトルということもありますし、全日本選手権ですね。全日本選手権は自分だけの力ではやっぱり勝てないので、チームメートにも力を借りて、出来るなら狙わせて欲しいですね。このチームならできると思ってますし、なかなか自分が自分がというのは得意ではないですけど、全日本選手権だけは皆んなに助けてくれというのはお願いしたいですね。馬渡選手と岡選手という新しいメンバーを迎えて臨む2017年シーズン、心機一転、新たな気持ちでひとつでも多くの勝利を挙げられるようにチーム一丸となって頑張っていきたいと思っていますので、来シーズンも応援、よろしくお願いします」

Yuzuru
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS


◆名前:鈴木譲 (すずきゆずる)

出身地:神奈川県川崎市

生年月日:1985年11月6日(31歳)

170cm/57kg

2016年所属チーム:宇都宮ブリッツェン

戦歴:

2008年:Hong Kong Shanghai (UCI-2.2) 総合7位

2009年:ツール・ド・熊野 (UCI-2.2) 総合9位

2010年:ツール・ド・熊野 (UCI-2.2) 山岳賞

2010年:Tour of Fhilippines (UCI-2.2) ステージ3位

2010年:Jプロツアー加東ロードレース 2位

2010年:Jプロツアーみやだロードレース 3位

2011年:全日本選手権ロードレース 6位

2011年:Jプロツアー修善寺ロードレース 優勝

2011年:Jプロツアーロードチャンピオンシップ 2位

2011年:Tour de Taiwan (UCI-2.2) 総合8位

2011年:Jプロツアー 年間総合3位

2012年:Jプロツアー下総クリテリウム 優勝

2012年:西日本チャレンジロードレース 優勝

2012年:ツアー・オブ・ジャパン (UCI-2.2) 総合6位

2012年:シマノ鈴鹿国際ロードレース 3位

2014年:Jプロツアー南紀白浜TTT 優勝

2014年:Jプロツアー東日本ロードクラシック 優勝

2014年:Jプロツアーいわきクリテリウム 2位

2014年:Jプロツアーおおいたいこいの道クリテリウム 2位

2014年:Jプロツアー 年間総合3位

2015年:Jプロツアー南紀白浜TTT 3位

2015年:Jプロツアー群馬CSCロードTTT 2位

2015年:ツール・ド・熊野 (UCI-2.2) 総合6位

2015年:Jプロツアーみやだクリテリウム 5位

2015年:JプロツアーTTチャンピオンシップ 5位

2015年:Jプロツアーおおいたロードレース 4位

2015年:Jプロツアー 年間総合8位

2016年:Jプロツアー宇都宮クリテリウム 優勝

2016年:全日本選手権個人TT 4位

2016年:ツール・ド・北海道 (UCI-2.2) ステージ3位

2016年:ツール・ド・北海道 (UCI-2.2) 総合9位

2016年:Jプロツアーおおいたクリテリウム 優勝

2016年:Jプロツアー 年間総合5位

鈴木譲選手コメント:

「宇都宮ブリッツェンで3年間走ってきて、今シーズンの開幕戦では何としても勝たなければいけない使命感がありました。その中で自分が勝てて、その後、チームも好成績を収めることができました。自分でも改めて宇都宮ブリッツェンは成長させてくれるチームだと感じましたし、続ける価値のあるチームだと感じました。チームも成長して、その中で自分も成長していける、そういう環境を作ってくれるチームで自分も一緒に成長したいなという想いで今日は契約しました。移籍してからの3年間は、チームに増田選手という絶対的な存在がいる中で、自分がエースを務めるのであれば増田選手とは違う局面で勝てるような選手にならないといけないと思い、そのためには何が必要かと考えてトレーニングに励んできました。今シーズンは増田選手を助け、増田選手に助けられるという形ができたと思います。これからはそれをチームとしてできるようになっていって、ジャパンカップはじめとするビッグレースで勝てるようになることがチームと選手たちの使命なのかなと感じるようになりました。そういう意味では、2016年は安定して走れて、いい1年だったと思います。ただ、まだ達成できていない目標も何個かあるので、その目標達成に向けて変わらずにやっていかなければいけないとも思っています。2017シーズンは開幕からいきなりチームの地元である栃木県でのレースが続くので、まずはそこに照準を合わせていくのはチームも自分も必須だと感じています。結果を求められる地元開催レースで上手く結果を残すことで、全日本選手権という大一番でも動じずにやれるんじゃないかなと思います。来シーズンはJプロツアーでも地元開催のレースが増えるのでかなり気合も入りますし、そこで結果を出す価値というものを若い選手たちに伝えていって、彼らが“今度は自分たちがやるんだ!”という気持ちになるようにしていきたいですね。宇都宮ブリッツェンにきて自分にとっても新し過ぎる経験ばかりだったので、この経験を若いうちにできるかどうかは本当に大きいと思います。日本国内ではロードレースはマイナースポーツですが、メジャースポーツへの第一歩を自分の肌で感じられる瞬間なので、若い選手たちには感じて欲しいですね。今は無事に2017年の契約を終えてホッとしている段階ですが、今年の結果も踏まえるとファン・サポーターの皆さんの期待もさらに大きくなっていると思います。その期待に応えられるように努力していきますので、温かく見守っていただければと思います。応援よろしくお願いします」

Abe
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS


◆名前:阿部嵩之 (あべたかゆき)

出身地:北海道古字郡

生年月日:1986年6月12日(30歳)

177cm/66kg

2016年所属チーム:宇都宮ブリッツェン

戦歴:

2009年:Jプロツアー飯田ロードレース 優勝

2011年:Jプロツアー輪島ロードレース 優勝

2012年:Molenbeek-Wersbeek (BEL) 優勝

2012年:Wiederweekend Buchten (NED) 優勝

2012年:Houthalen-Helchteren (BEL) 3位

2012年:Ronde van Pijnacker (NED) 3位

2013年:Jプロツアー南紀白浜TTT 優勝

2013年:Jプロツアー石川ロードレース 優勝

2013年:ツール・ド・北海道 (UCI-2.2) 山岳賞

2014年:西日本チャンレンジロードレース 優勝

2014年:Jプロツアー南紀白浜TTT 優勝

2014年:全日本選手権個人TT 4位

2014年:Jプロツアー湾岸クリテリウム 優勝

2014年:ジャパンカップ (UCI-1.HC) 山岳賞

2014年:Jプロツアー知多半島・美浜クリテリウム 優勝

2014年:Jプロツアー 年間総合7位

2015年:Jプロツアー南紀白浜TTT 3位

2015年:Jプロツアー群馬CSCロードTTT 2位

2016年:ツール・ド・熊野 (UCI-2.2) ステージ優勝

2016年:全日本選手権個人TT 5位

阿部選手コメント:

「度重なる怪我で走ることができず不安だった昨年の契約日と比べれば、自分自身で大丈夫だろうと思える走りができた今年は落ち着いて迎えることができました。宇都宮ブリッツェンに移籍してきて2014年、2015年は自分自身のためにという走りをしてきましたが、今年はチームの勝利のために走ることを求められることが多くなって、チームの勝利のための動きというものについてしっかり考えるようになりました。何をすればチームが勝てるのか?ということを真っ先に考えるようになったことが、今年の自分の大きな変化だと感じています。それによって、もともとやったことがなかった訳じゃないですが、ゴールスプリントの列車で自分が機能するということが分かったのが、大きな発見でした。その分、逃げる回数が減ってしまったのは仕方がないことですが、来年はその状況の中でも勝利をつかめるように引き続き考えていきたいと思います。今年に目標にしていたことはほぼ達成できていないので、来年も変わらず、全日本選手権個人TTのタイトルを最大の目標にしたいと思います。全日本選手権ロードもチームの誰かが勝つために精一杯のことはやります。あとはやはり、ツール・ド・北海道。増田選手のように総合優勝は難しいと思いますが、ステージ優勝を挙げられるように頑張ります。それと、シクロクロスですね。今年はロードシーズン後にシクロクロスにも出場しましたが、それもすべてはタイムトライアルにつながると思い、信じてやっていること。シクロクロスでも優勝とは言わないまでもいいレースをして、ロードレースにつなげていきたいです。2017年、チームから求められるものは2016年から変わるもの変わらないものどちらもあると思います。そういった変化に柔軟に対応しながら、まだ獲れていない目標の方が多いのでブレずにその目標を狙っていきつつ、走れるような選手になっていきたいと思います。2017年も応援のほど、よろしくお願いします」

Iino
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS


◆名前:飯野智行 (いいのともゆき)

出身地:群馬県富岡市

生年月日:1989年10月5日(27歳)

164cm/61kg

2016年所属チーム:宇都宮ブリッツェン

戦歴:

2010年:インカレロードレース 6位

2011年:修善寺オープンロードレース 3位

2011年:インカレロードレース 8位

2011年:ジャパンカップオープンレース 2位

2012年:Jプロツアー南紀白浜TTT 3位

2012年:全日本選手権ロードレース 4位

2012年:Jプロツアー栂池高原ヒルクライム 3位

2012年:Jプロツアー富士山ヒルクライム 3位

2012年:Jプロツアー石川ロードレース 2位

2012年:ツール・ド・北海道 (UCI-2.2) 総合6位

2012年:Jプロツアーロードチャンピオンシップ 6位

2012年:Jプロツアーいわきクリテリウム 6位

2012年:Jプロツアー知多半島・美浜クリテリウム 6位

2012年:Jプロツアー輪島ロードレース 優勝

2012年:Jプロツアー 年間総合2位

2013年:Jプロツアー伊吹山ヒルクライム 2位

2013年:Jプロツアー南紀白浜TTT 3位

2013年:Jプロツアーみやだクリテリウム 2位

2013年:Jプロツアー東日本ロードクラシック 4位

2013年:Jプロツアー 年間総合5位

2016年:Jプロツアー南魚沼ロードレース 6位

飯野選手コメント:

「昨年のこの日から、1年が経つのがあっという間という感じです。今年を振り返って見ると、自分が思っていた以上に復活ができず、もっと早く筋肉も戻ると思っていたのですが、想像以上に時間がかかってしまったという印象です。ようやく、Jプロツアー南魚沼ロードレースで順位的にも体調的にも良い感触を得ることができました。今年は目標を輪島ロードレースと遅めに設定していましたが、来年は序盤のチャレンジロードから優勝を狙えるような意気込みとトレーニングでシーズン開幕を迎えたいと思っています。今年1年間で中間走などはかつてのレベルにまで戻ってきていると感じるので、今は自分が得意ではない5秒や10秒程度のもがきを入れてから練習に行くようにしています。来年はブランクを感じさせないような走りをシーズン最初からしていきたいと思いますので、応援よろしくお願いします」

Mawatari
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS


◆名前:馬渡伸弥 (まわたりしんや)

出身地:東京都東村山市

生年月日:1994年6月25日(22歳)

165cm/55kg

2016年所属チーム:鹿屋体育大学

戦歴:

2012年:アジア選手権ジュニアロードレース 8位

2012年:全国選抜ロードレース 2位

2014年:インカレロードレース 3位

2015年:全日本学生選手権個人ロードレース 15位

2016年:インカレロードレース 5位

2016年:全日本学生選手権個人ロードレース 14位

馬渡選手コメント:

「宇都宮ブリッツェンと契約することができて、今はうれしい気持ちと緊張の両方です。学生時代に持っていた宇都宮ブリッツェンの印象は、強いし、地域密着型チームとしてレース以外の活動でも活躍しているチームというものでした。チームメートととも顔を合わせたばかりなので馴染めていない部分はまだまだありますが、それはこれから少しずつ馴染んでいくとして、このチームで戦っていくのが楽しみです。学生時代はアシストとして走ることが多かったですし、宇都宮ブリッツェンには強い選手もたくさんいるので、その中で、どれだけ自分が前に出てチームメートをアシストできるかという部分をファン・サポーターの皆さんには見てもらいたいです。宇都宮ブリッツェンが主戦場とするJプロツアーでは自分と同じ学連出身の選手の方たちが活躍されているので、きっちり段階を踏んでいけば自分も活躍できると思っていますし、いずれは自分も海外で走れる選手になりたいと思っているので、今の外国人選手が多く走っているJプロツアーで活躍できるようにレベルアップしていくことは必要なことだと思っています。また、宇都宮ブリッツェンには雨澤・小野寺・岡という同年代の強い選手たちもいるので、彼らの存在もいい刺激になると感じています。2017シーズンの全日本選手権のコースは自分が大学1年生の時にインカレで走ったコースですし、全日本選手権は国内で一番レベルの高いレースでもあるので、そこで活躍をしたいと思います。プロ1年目で右も左も分からない未熟者ですが、これから応援よろしくお願いします」

Amezawa
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

◆名前:雨澤毅明 (あめざわたけあき)

出身地:栃木県下野市

生年月日:1995年2月4日(21歳)

173cm/61kg

2016年所属チーム:宇都宮ブリッツェン

戦歴:

2012年:Jユースツアー 年間総合優勝

2013年:全日本選手権ロードレース ジュニア 3位

2014年:Jプロツアー南紀白浜TTT 2位

2014年:Jプロツアー湾岸クリテリウム 4位

2015年:Jプロツアー南紀白浜TTT 2位

2015年:全日本選手権個人TT U23 8位

2015年:Jプロツアー U23年間総合2位

2016年:アジア選手権ロードレース 6位

2016年:Course de la Paix U23 (UCI-2.Ncup) 総合24位

2016年:Volta Ciclista Valencia (ESP) 総合3位

2016年:Jプロツアー南魚沼ロードレース 3位

2016年:Jプロツアー U23年間総合2位

2016年:ツール・ド・おきなわ(UCI-1.2) 6位

雨澤選手コメント:

「無事に契約を終えて、来年もこのチームで走れることが本当に楽しみです。今シーズンは序盤に悔しい思いをしましたが、後半に向けて調子も上向いてきていい感じにハマったかなと感じているので、来年はもっと修正しながらレベルアップをして、今年は勝てなかったので来年こそは勝ちたいと思います。そのためにも、自分自身でまだまだ全体的にレベルが低いと思っているので、その低いレベルでどこが特化したという次元の低い話ではなく、全部をレベルアップさせて次元の高い走りをするんだという気持ちでやっていきたいですね。自分は常に海外のチームにステップアップするという目標を持っているので、2017年はJプロツアーで勝つのはもちろんのこと、UCIレースでもステージ優勝や表彰台を狙っていきたいですし、U23日本代表での海外遠征でもネイションズカップを中心に総合上位に入って海外のチームにアピールして、ガンガン上を目指していきたいです。来年は今年以上の凄い走り、勝つ走りをバンバンしていきたいと思いますので、応援よろしくお願いします」

Rei
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

◆名前:小野寺玲 (おのでられい)

出身地:栃木県鹿沼市

生年月日:1995年9月3日(21歳)

176cm/67kg

2016年所属チーム:宇都宮ブリッツェン

戦歴:

2015年:Jプロツアー南紀白浜TTT 2位

2015年:ツール・ド・熊野 (UCI-2.2) ステージ4位

2015年:Jプロツアー南魚沼TTT 3位

2015年:ジャパンカップクリテリウム 7位

2016年:Jプロツアー奈良クリテリウム 優勝

2016年:Tour de l’Avenir (UCI-2.Ncup) 総合80位

2016年:ジャパンカップクリテリウム 6位

2016年:Jプロツアー U23年間総合優勝

小野寺選手コメント:

「無事に契約をすることができてホッとしています。今シーズンは成績も出せて活躍もできたのでそこまで心配はしていませんでしたが、こうして契約日を迎えると現実味が出てきますし、また来年も頑張ろうという気持ちになります。宇都宮ブリッツェンに移籍して今シーズンは自分でも分かるぐらいに成長できたと思いますし、本当にいいチーム、いい環境に恵まれたことを実感しています。移籍してくる前は、上りで全然活躍できずにすぐ遅れるような選手でしたが、その部分を自分の持ち味であるスプリントやスピードを殺さずに克服して総合力を上げることができたのは、選手として大きく成長した部分だと感じています。その結果、U23日本代表でも活動する機会を与えてもらって、話に聞いていただけでは分からなかったヨーロッパのレースを実際に走ることができたのも大きな経験でした。エーススプリンターだった大久保選手が移籍したことで、来シーズンは自分がそのポジションを担当できるぐらいの力をつけて、自信を持ってエーススプリンターを担えるぐらいの存在になりたいですし、ゴールスプリントは誰にも譲るつもりはないというぐらいの気持ちでゴールを狙いたいと思います。応援してくださるファン・サポーターの皆さん、今日無事に契約して来シーズンも宇都宮ブリッツェンで走れることになりました。国内では今シーズンは1勝だったので来シーズンは2勝3勝と勝利数を増やしつつ、U23日本代表の海外遠征でも本場の人たちを驚かせるような走りを目指して前向きに、積極的にゴールに飛び込みたいと思いますので、引き続き応援よろしくお願いします!」

Oka
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

◆名前:岡篤志 (おかあつし)

出身地:茨城県つくば市

生年月日:1995年9月3日(21歳)

163cm/57kg

2016年所属チーム:弱虫ペダルサイクリングチーム

戦歴:

2012年:Jプロツアーいわきクリテリウム 2位

2013年:全日本選手権ジュニア個人TT 優勝

2013年:全日本選手権ジュニアロード 2位

2014年:全日本選手権個人TT 5位

2015年:Trofeo Almar (UCI-1.Ncup) 19位

2016年:ジャパンカップオープン 優勝

2016年:Jエリートツアー 15勝

2016年:Jエリートツアー 年間総合優勝

岡選手コメント:

「これまで自転車選手として給料をもらって走る経験をしたことがなかったので、プロとしての意識を身に染みながら、気を引き締めながら今日の契約を迎えました。加入に関しては廣瀬GMから最終的に獲得オファーをいただいたのですが、清水監督や鈴木真理選手など昔から親しくさせていただいている方も多いですし、スポンサー関係でも弱虫ペダルが共通しているなどのつながりもあって、話はスムーズに進みました。昨年、EQADSでヨーロッパを中心に走っていたのですがそこで完全に打ちのめされ、一旦休みたいなという気持ちになっていました。そこで、今年は仕事をしながらあまりプレッシャーを感じずに走れる環境ということでJエリートツアーで走り始めたのですが、少しずつ調子が上がってきて、圧倒的に勝てるようになってからは周囲も上のカテゴリーに行くことを期待していましたし、自分としてもそうしたいという気持ちが芽生えてもきていたので、今回の移籍が実現したと感じています。宇都宮ブリッツェンはレース会場でもファン・サポーターの方がたくさんいて、あのチームだけ凄いなぁという感じで見ていました。まだほんの少しですが実際にその中に入ってみて、その凄さをより感じるようになりました。来シーズンはスプリンターの大久保選手が移籍で抜けるということもありますし、自分も平坦系のレースでの走りを期待されている部分もあると思うので、そこで結果を残していけるようにしたいです。その場面で連携していくことになる小野寺選手とは、実は誕生日がまったくの一緒です。脚質的にもタイムトライアルが得意なところとか、短い上りやスプリントが得意というところもキャラが被っているので(笑)、切磋琢磨しながら負けないように頑張りたいと思います。2013年のみやだクリテリウムで自分が勝った時に雨澤選手と小野寺選手が2位、3位だったのですが、まさかその2人と同じチームで走ることになるとは思いもしませんでした。その当時は自分の方が強いと思えましたが、今は彼らに追い抜かれたという感覚もあります。だからこそ、自分も頑張らなければと思います。また、チームには自分が自転車を始めるきっかけになった人の1人と言える鈴木真理選手もいます。怪我の状態もあるので分かりませんが、その師匠とまたチームメートで走れることもうれしいです。来シーズンは表彰台に上がれることがあれば小野寺選手以上のパフォーマンスを見せたいと思いますので、応援よろしくお願いします」


|

2016/12/14

第22回全日本シクロクロス選手権大会

Alljapan_top_01
Alljapan_top_02
[上:優勝のみを目指してペースを上げ、先行する沢田選手を追走する小坂選手]
[下:エリート昇格1年目に圧倒的な安定感と強さを見せた沢田時が優勝を飾った]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY

12月11日(日)に、2016年のシクロクロス日本チャンピオンを決める「第22回全日本シクロクロス選手権大会」が開催されました。

◆大会WEBサイトは[こちら
◆Live!!!ブログレポートは[こちら

このレースに、宇都宮ブリッツェンシクロクロスチームの小坂光選手と宇都宮ブリッツェンの阿部嵩之選手がエントリー。



シクロクロスの全日本チャンピオンを決める年に一度のビッグレース「第22回全日本シクロクロス選手権大会」が、関東で初開催となる栃木県宇都宮市の「道の駅うつのみや ろまんちっく村」に設定された1周3kmのコースで開催され、今年にU23から男子エリートに上がったブリヂストンアンカーの沢田時が今シーズンの強さを象徴する独走を見せ、男子エリート初出場の全日本選手権で見事に初優勝を飾りました!

宇都宮ブリッツェンシクロクロスチームの小坂光選手は序盤は先頭パックでレースを進めたものの、激しくぬかるんだキャンバー区間で沢田選手に先行を許してしまい、その後は決死の追走を見せましたが届かず。逆にハイペースでの追走が仇となり、弱虫ペダルサイクリングチームの前田公平選手にも先行を許すこととなってしまい3位でフィニッシュして、シーズン最大の目標にしていた全日本選手権を終えました。

また、宇都宮ブリッツェンの阿部嵩之選手は、レース終盤に入った段階かつピットを過ぎて程なくのタイミングでタイヤが剥がれるアクシデントに見舞われて、コースのほぼ半分をバイクを担いでランする状況となってしまい、そこで失ったタイム差を奪い返すことができずに-3Lapsでレースを終えています。

今年も、シクロクロスの日本王者を決めるビッグレース「全日本シクロクロス選手権大会」がやってきました。

全選手の憧れであり目標でもある全日本チャンピオンを決めるこのレースは、宇都宮ブリッツェンシクロクロスチームの小坂光選手にとって最も重要なレースと言えます。

加えて、今年の開催地はチームの地元である宇都宮市のろまんちっく村。小坂選手(宇都宮ブリッツェンCX)にとって最高の舞台が整う中、悲願の全日本チャンピオンを地元で獲得に向けてレースに臨みました。

レースはスタートから有力選手勢が先頭パックを形成する展開となり、小坂選手(宇都宮ブリッツェンCX)もきっちりとその中に入ってレースを進めることに成功します。

2周回目に入ると、昨年まで全日本選手権5連覇を達成している竹之内選手(Toyo Frame)が先頭パックから少し後退。先頭は4名のパックとなります。

沢田(ブリヂストンアンカー)

小坂(宇都宮ブリッツェンCX)

前田(弱虫ペダル)

武井(FORZA)

竹之内(Toyo Frame)

レースは先頭パック4名のままでその後も進み、選手たちは前日より急に冷え込んだことで立った霜柱が溶け、前の時間で開催されたカテゴリーによって荒れてスリッピーになったドッグラン奥のキャンバー区間に進んでいきます。

すると、このキャンバー区間の処理に小坂選手(宇都宮ブリッツェンCX)が若干手間取ってしまったのに対し、沢田選手(ブリヂストンアンカー)はロスを最小限に抑えてクリア。ここをチャンスを捉えたのか、沢田選手(ブリヂストンアンカー)は少しペースを上げて先頭パックを形成していた3名から先行する形となります。

沢田(ブリヂストンアンカー)

小坂(宇都宮ブリッツェンCX)

前田(弱虫ペダル)

武井(FORZA)

その後も、沢田選手(ブリヂストンアンカー)が先行する形のままレースが進み、4周回目に入る頃になると追走の2番手パックから武井選手(FORZA)が遅れて追走は2名となります。

レースも折り返しとなる5周回目に入っても、レースの状況は変わらない状況。この状況をマズいと考えた小坂選手は先頭をひた走る沢田選手(ブリヂストンアンカー)に合流すべくリスクを承知でペースを上げ、前田選手(弱虫ペダル)を置き去りにして周回を重ねていくことを決断します。

しかし、今シーズン圧倒的な強さを見せる沢田選手(ブリヂストンアンカー)とのタイム差は残り3周回となる6周回目に入った段階でも12秒となかなか縮まらず。小坂選手(宇都宮ブリッツェンCX)にとっては我慢の時間帯が続くこととなります。

そうこうするうちに、先に疲労の色が見えてきたのは残念ながら小坂選手(宇都宮ブリッツェンCX)。7周回目に入る頃には3番手を走っていた前田選手(弱虫ペダル)にジョインされ、2番手パックを形成することとなります。

沢田選手(ブリヂストンアンカー)が磐石とも言えるリードを保ったまま、レースはいよいよ最終周回へ。その頃になると2番手パックでも前田選手(弱虫ペダル)が先行する形となり、リスクを冒してハイペースでの追走を続けた小坂選手(宇都宮ブリッツェンCX)は3番手に後退してしまう事態となります。

結局、その後も磐石のリードを守り切った沢田選手(ブリヂストンアンカー)がエリート昇格初年に、5年間竹之内選手(Toyo Frame)が守り続けてきた全日本チャンピオンの座を奪う優勝。見事に、今年のシクロクロス日本チャンピオンに輝きました。

宇都宮ブリッツェンシクロクロスチームの小坂選手は悲願の優勝をチームの地元である宇都宮で何としても達成するため、リスクを冒してハイペースを刻んでの追走に出ましたが、今シーズン勢いに乗る沢田選手の強さには叶わず。中盤のハイペースが祟って3位に順位を落としてレースを終えました。

小坂選手コメント

「今日のためにしっかりトレーニングを積んできたので調子も良く、絶好調と言える状態でいいスタートラインを切ることができました。ですが、2周目、3周目のキャンバー区間で手間取ってしまい、そこでついてしまった沢田選手とのタイム差がそのままじわじわと広がってしまう状態となってしまいました。中盤、何とか踏ん張ってタイム差を詰めようとしたのですが、沢田選手がかなり強かったので追いつくことができず、またそこで脚を使ってしまってもいたので前田選手にもかわされて3位という結果でした。チームの地元で開催される全日本選手権での優勝、ナショナルチャンピオンジャージ獲得を狙っていたので3位という結果には当然満足できませんが、とにかく全力を尽くしたので後悔はないです。宇都宮ということでたくさんの人に応援していただけて、レース中はそれが本当に励みになりました。応援ありがとうございました!」

Text:Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY




Logo
シクロワイアードの記事は[こちら



◆[リザルト

[第22回全日本シクロクロス選手権大会 - 男子エリート - 60m - ]

1位 沢田時 (ブリヂストンアンカー) 1h02m22s 23.31km/h

2位 前田公平 (弱虫ペダルサイクリングチーム) +34s

3位 小坂光 (宇都宮ブリッツェンシクロクロスチーム) +40s

4位 竹之内悠 (Toyo Frame) +1m42s

5位 武井亨介 (TEAM・FORZA) +2m18s

6位 丸山厚 (BOMA/ROND) +2m18s

7位 小坂正則 (スワコレーシングチーム) +2m36s

8位 門田基志 (TEAM GIANT) +3m47s

9位 宮津旭 (PAXPROJECT) +3m52s

10位 兼子博昭 (スワコレーシングチーム) +4m18s

40位 阿部嵩之 (宇都宮ブリッツェン) -3Laps

出走=64名/完走=22名




Alljapan_01
[午前のレースが終わりオープンになり、コースコンディションを確認しながら試走を重ねる小坂選手]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Alljapan_02
[初めての全日本シクロクロス選手権となる阿部選手も念入りに試走を繰り返す]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Alljapan_03
[試走を終えた小坂選手はスタート時間に合わせてローラーでアップを開始する]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Alljapan_04
[阿部選手も程よい緊張感を持ってウォーミングアップを開始する]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Alljapan_05
[スタートラインに召集された阿部選手が集中した表情でその時を待つ]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Alljapan_06
[チームの地元で開催される特別な全日本選手権。小坂選手の中にさまざまな想いが交錯する]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Alljapan_07
[今年の全日本チャンピオンを決める60分間の熾烈な戦いの幕が開けた]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Alljapan_08
[スタート直後から有力選手勢が先頭を固める展開。小坂選手もきっちり前方でレースを進める]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Alljapan_09
[ライバル選手たちの動きを見ながら、小坂選手は冷静にレースを進めていく]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Alljapan_10
[初めての全日本となる阿部選手も一桁順位をキープしながらレースを進める]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Alljapan_11
[5名となった先頭パックがコース南のぬかるんだキャンバー区間へと入っていく]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Alljapan_12
[地元の大声援を受けつつも集中した表情を崩さない小坂選手は先頭パックをキープ]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Alljapan_13
[絶対王者の竹之内選手が遅れ、先頭パックは4名となる]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Alljapan_14
[ぬかるんだキャンバー区間の処理に手間取る小坂選手に対し沢田選手がペース上げて抜け出す]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Alljapan_15
[沢田選手に若干のタイム差を奪われた小坂選手は態勢を立て直して追走に入る]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Alljapan_16
[しっかり一桁順位をキープしてレースを進める阿部選手がさらなるポジションアップを狙う]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Alljapan_17
[前田選手と2番手パックを形成し、先行する沢田選手を追走する小坂選手]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Alljapan_18
[積極的に2番手パックを牽引する小坂選手コース北側のキャンバー区間に入る]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Alljapan_19
[リスクを冒してペースを上げた小坂選手が単独となって沢田選手の追走に入る]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Alljapan_20
[1人の勝者以外は全員が敗者の全日本選手権。その1人になるための決死の追走が続く]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Alljapan_21
[ハイペースを刻んで追走するものの、なかなかタイム差が縮まらない歯痒い展開が続く]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Alljapan_22
[ハイペースで追走を刻んで追走を続けたものの沢田選手に届かず。逆に後方から前田選手が迫る]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Alljapan_23
[一桁圏内をキープしていた阿部選手だったが、この後バッドタイミングのメカトラブルで後退。レースを降りた]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Alljapan_24
[前田選手にかわされて3番手に後退してしまった小坂選手だが、諦めずにペダルを踏み続ける]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Alljapan_25
[ワンアクシデントで状況が激変する可能性があることを信じるしかない状況となるも、小坂選手は諦めない]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Alljapan_26
[自身のため、そして地元開催を実現してくれた関係者、ファン・サポーターのために走った特別な全日本選手権は3位で終わった]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Alljapan_27
[フィニッシュ直後に行われる表彰式を待つ間。小坂選手の中に悔しさとある一定の達成感が去来する]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Alljapan_28
[勝利のみを目指し、リスクを冒した上での3位。悔しさは当然残るが表彰台でやり切った表情を見せる小坂選手]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY

|

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »