« JPT第20戦 JBCF 経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップ | トップページ | JPT第20戦 JBCF 南魚沼ロードレース »

2016/10/12

JCX第1戦 茨城シクロクロス取手ステージ

Ibaraki_top_01
Ibaraki_top_02
[上:2位以下に大差をつけての独走勝利に喜びを爆発させる小坂選手]
[下:国内初戦できっちり勝利を挙げて順調なスタートを切った]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY


10月10日(月・祝)に、2016-2017シーズンのジャパンシクロクロスシリーズ第1戦「茨城シクロクロス取手ステージ」が開催されました。

◆大会WEBサイトは[こちら
◆Live!!!ブログレポートは[こちら

このレースに、宇都宮ブリッツェンシクロクロスチームの小坂光選手がエントリー。



2016-2017シーズンのジャパンシクロクロス(JCX)シリーズ第1戦となる、茨城シクロクロス第2戦取手ステージが茨城県取手市の小貝川リバーサイドパークで開催され、宇都宮ブリッツェンシクロクロスチームの小坂光選手が3周回目から築いた独走態勢を最後まで維持して優勝を飾りました!

小坂選手は今シーズンの国内初戦で見事に勝利を収め、勢いに乗って本格化するシーズンを戦うことになります。

JCXシリーズの第1戦を迎え、いよいよ本格シーズン到来となったシクロクロスシーズン。宇都宮ブリッツェンシクロクロスチームの小坂光選手にとっても、悲願の全日本チャンピオン獲得に向けたシーズンの幕開けとなります。

小坂選手は既に中国でのUCIレースでシーズンインはしていましたが、今回のJCX第1戦は重要な国内初戦。きっちりと勝利を収めて波に乗って行きたいところです。

そんな中スタートしたレースは、小坂選手(宇都宮ブリッツェンCX)が得意のスタートダッシュを決める形で始まり、1周回目から小坂選手(宇都宮ブリッツェンCX)、前田選手(弱虫ペダル)、丸山選手(BOMA)の3名が先頭パックを形成する展開となります。

3周回目を迎える頃になると、先頭パックから丸山選手(BOMA)が遅れ、先頭は小坂選手(宇都宮ブリッツェンCX)と前田選手(弱虫ペダル)の2名に。レースはしばらくこのままの状態で進んでいくかと思われました。

ところが、小坂選手(宇都宮ブリッツェンCX)がオールラウンドのタイヤを選択したのに対し、スリックタイヤを選択した前田選手(弱虫ペダル)とではコーナーの処理速度で差がありました。

そのことをいち早く察知した小坂選手(宇都宮ブリッツェンCX)は、コーナーでタイミング良く前に出ると、様子をうかがう感じで若干ペースアップ。前田選手(弱虫ペダル)との差が開いたため、このまま自分のペースでレースを展開していくことを決断します。

4周回目に入ると、小坂選手(宇都宮ブリッツェンCX)は2番手の前田選手(弱虫ペダル)とのタイム差を15秒程度に広げて独走状態に。その後もタイム差を広げていきます。

その後、小坂選手(宇都宮ブリッツェンCX)と2番手の前田選手(弱虫ペダル)のタイム差は40秒程度にまで開きますが、その頃になると前田選手(弱虫ペダル)の後方に3番手の丸山選手(BOMA)と4番手の中里選手(LEOMO Bellmare)が迫ってきたため、前田選手(弱虫ペダル)も踏み直したのかタイム差が40秒程度から動かないまま数周回を重ねることとなります。

レースも残り2周回となる10周回目になると、小坂選手(宇都宮ブリッツェンCX)と前田選手(弱虫ペダル)のタイム差は1分程度にまで開いた一方で、2番手を走っていた前田選手(弱虫ペダル)を4番手から3番手にポジションを上げていた中里選手(LEOMO Bellmare)がキャッチ。

自身の後方では激しい順位争いが行われる中、小坂選手(宇都宮ブリッツェンCX)はレースでの勝利はもちろんのこと、その先にある自身が達成すべき目標を見据えてきっちりと追い込むことを意識。集中を切らさずに周回を重ねていきます。

結局、スタートからフィニッシュまで終始安定した走りを見せた小坂選手(宇都宮ブリッツェンCX)は、後続に1分30秒以上の大差をつける完璧なレース運びを見せ、今シーズン国内初戦を見事に勝利で終えました。

小坂選手コメント

「今日は国内初戦ということで、レース前の目標としては、しっかり最後まで自分を追い込んで勝利も収めることに設定していました。レース展開も序盤に単独になったので、そこからは自分自身との勝負で、とにかく集中して最後までプッシュし続けることができたと思います。まだ各選手のコンディションにバラつきがあるので、次戦以降が本当の勝負になってくると思いますが、初戦でしっかり強さを見せて勝つことができたので、この調子で戦っていきたいと思います。今日は応援、ありがとうございました!」

Text:Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY


Logo_2
シクロワイアードの記事は[こちら




◆[リザルト

[茨城シクロクロス第2戦取手ステージ - JCX第1戦 - C1 60m - ]

1位 小坂光 (宇都宮ブリッツェンシクロクロスチーム) 1h02m47s

2位 中里仁 (LEOMO Bellmare Racing Team) +1m26s

3位 丸山厚 (BOMA RACING) +1m37s

4位 織田聖 (弱虫ペダルサイクリングチーム) +1m47s

5位 國井敏夫 (MilePost BMC Racing) +1m56s

6位 斎藤朋寛 (RIDELIFE GIANT) +2m27s

7位 前田公平 (弱虫ペダルサイクリングチーム) +2m33s

8位 重田兼吾 (Team CUORE/順天堂大学) +2m41s

9位 山田大介 (PAXPROJECT) +2m48s

10位 山中真 (MilePost BMC Racing) +3m09s

出走=75名/完走=24名



Ibaraki_01
[今季国内初戦となる小貝川リバーサイドパークに到着し、早速試走の準備をする小坂選手]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Ibaraki_02
[前日に降った雨の影響を確認するように念入りにコース試走を行う]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Ibaraki_03
[スタート時間に合わせ、ローラーでしっかり脚を回し心拍を上げる]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Ibaraki_04
[スタート直前まで、今シーズンを共に戦うバイクの細部にまで気を配る]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Ibaraki_05
[もはや小坂選手の代名詞となったスタートダッシュで先頭に出る]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Ibaraki_06
[レース序盤は前田選手、丸山選手との3名パックでレースが進んでいく]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Ibaraki_07
[3周回目に入り、少しずつ前田選手との差を広げていく小坂選手]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Ibaraki_08
[抜群の安定感で難なくシケインをクリアしていく小坂選手]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Ibaraki_09
[2番手以降とのタイム差を決定的なものとした後もプッシュし続ける走りを見せる]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Ibaraki_10
[リードが磐石となった後も集中した表情でなおもリードを広げようとする小坂選手]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Ibaraki_11
[後方から迫る選手いない1人旅状態になりながらも、先を見据えて追い込む走りを続ける]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Ibaraki_12
[抜群のテクニック高い集中力でとターンをクリアしていく]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Ibaraki_13
[ベストラインを外さず、かつスピードを落とさない走りでコーナーをクリアしていく]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Ibaraki_14
[終盤に入っても全く乱れないフォームに観客からも驚きの声が聞かれた]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Ibaraki_15
[他の選手がジャンプなどで魅せるセクションも堅実かつ最速の走りでフィニッシュを目指す]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Ibaraki_16
[自身も納得の走りでの優勝を確信し、ガッツポーズを作りながらフィニッシュライへと姿を現わす小坂選手]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY

|

« JPT第20戦 JBCF 経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップ | トップページ | JPT第20戦 JBCF 南魚沼ロードレース »