« JPT第21戦 JBCF 東日本ロードクラシック南魚沼大会 | トップページ | JAPAN CUP CYCLE ROAD RACE »

2016/10/22

JAPAN CUP CRITERIUMS

S13_2
Jc30
[上:地元ファンからの熱烈な声援に応えながらパレードランをする宇都宮ブリッツェンの選手たち]
[下:昨年覇者の別府史之がジャパンカップクリテリウム史上初となる連覇を達成した]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

10月22日(土)に、UCI-クリテリウムの「ジャパンカップクリテリウム」が開催されました。

◆大会WEBサイトは[こちら
◆Live!!!ブログレポートは[こちら

このレースに、宇都宮ブリッツェンから以下の5名がエントリー。

鈴木真理
鈴木譲
阿部嵩之
大久保陣
小野寺玲


アジア最大規模のワンデーレース「JAPANCUP」のプレレースとなる「JAPANCUP CRITERIUMS」が宇都宮市中心部に設定された1周2.25kmの周回コースで開催され、チームメートの完璧なアシストを受けた昨年の優勝者であるトレック・セガフレードの別府史之がゴールスプリント勝負を制して優勝。このレースで初めてとなる連覇を達成しました。

宇都宮ブリッツェン勢は、UCIアジアツアーやJプロツアーで磨いてきた阿部→小野寺→大久保とつなぐゴールスプリントでの勝利一本に照準を絞ってレースを展開。最終周回に入るとワールドツアーチーム勢の牙城を崩す抜群の連携を見せてポジションを上げ、最終コーナーをクリアした段階で大久保選手が優勝した別府選手の番手につける理想的な状況を作り出します。しかし、その抜群の連携を見せる前段階で脚を使わざるを得なかった状況が響き、大久保選手もスプリントが伸びずに13位。一方、単騎でスプリント勝負に挑んだ小野寺選手が別府選手に次ぐ日本人選手2番手の6位でフィニッシュしてレースを終えています。

今年で7回目の開催を迎えるジャパンカップクリテリウム。

毎年確実に観客動員数を伸ばしている同レースですが、今年はジャパンカップ25周年の記念レースということもあり、クリテリウムも同レース始まって以来初となるコース延長が決定。これまでの1周1.55kmから700mコースが延長され、1周2.25kmの周回コースで争われることとなりました。

そんな新コースで華々しくスタートしたレースは、最初の1周回をこのレースで現役引退するスーパースター、カンチェラーラ選手(トレック・セガフレード)へのリスペクトを選手たちが表したパレードランとなります。

1周回目が完了する頃になると、いよいよレースも本格スタート。各チームよるアタックの応酬が繰り広げられる展開となります。

その後、2周回ほどはアタックはかかるものの決まらない展開が続きますが、4周回目に入ると池上町側の180度コーナーからの立ち上がりで新城選手(ランプレ・メリダ)が狙いすましたアタックを仕掛け、反応したクィンツァート選手(BMC)とともに4秒ほどのリードを奪う展開を作ります。

しかし、この逃げも程なくして集団が吸収。するとここで、井上選手(ブリヂストンアンカー)がタイミング良く飛び出し、最初のスプリントポイント賞を獲得します。

最初のスプリントポイントを通過したレースは一度ひとつの集団となりますが、その後もアタックの応酬が続き、今度はUCIワールドツアーチームの選手を多く含む10名ほどの逃げが形成される展開となりますが、逃してはいけない人数とメンバーだと判断したメイン集団が吸収します。

レースも折り返しに近付く7周回目に入ると2名の逃げが形成されることとなり、レースはようやく落ち着きを見せます。

ロスコフ(BMC)

ヒル(グスト)

↓ 6秒

メイン集団

一方のメイン集団は、昨年覇者の別府選手(トレック・セガフレード)を擁するトレック・セガフレード勢がコントロール。その後方にオリカ・バイクエクスチェンジやキャノンデール・ドラパックらワールドツアーチーム勢が続く形となります。

レースはしばらく2名の逃げと集団という形のまま、一時はタイム差が13秒程度にまで広がりながらも進みますが、レースも残り5周回となる11周回目に入る頃になると、メイン集団もゴールスプリントを意識し始めて活性化していく状況となります。

メイン集団は、変わらずトレック・セガフレード勢がきっちりコントロールした状態のまま逃げる2名の選手とのタイム差を縮めていき、13周回目についに吸収。レースは2周回と少しを残して振り出しに戻ることとなります。

振り出しに戻ったレースはゴールスプリント勝負となることが濃厚な状況となり、エーススプリンターがいないチーム勢が状況を打開しようとアタックを仕掛けますが、決定的な逃げは決まりません。

こうなると、各チームともにゴールスプリントに向けた動きを整えていく状況となり、宇都宮ブリッツェン勢も集団中ほどからワールドツアーチーム勢の隊列に割って入るような位置までポジションを上げていく展開となります。

そして迎えた最終周回。

池上町の180度コーナーを過ぎてバックストレートに入った集団内で、阿部選手(宇都宮ブリッツェン)が大久保選手(宇都宮ブリッツェン)を引き上げる抜群の牽引を見せ、ワールドツアーチーム勢を抑えて先頭で最終コーナーをクリア。大久保選手(宇都宮ブリッツェン)を絶好の位置でゴールスプリント勝負の舞台へと送り込みます。

そして迎えた、ゴールスプリント勝負。

勝利を託された大久保選手(宇都宮ブリッツェン)は別府選手(トレック・セガフレード)の番手という絶好のポジションをキープしてゴールスプリントを開始しましたが、そこに至るまでの脚の削れ具合からスプリントが伸びず失速し、数人の選手に捲られてしまい13位でフィニッシュ。単騎でスプリントに挑んだ小野寺選手が日本人選手2番手となる6位でフィニッシュしてレースを終えました。

清水監督コメント

「今日のレースは最後のゴールスプリント勝負のみに絞って臨みました。その結果、ゴールスプリントに向かうまでの最終局面に関しては完璧に立ち回ることができたのですが、その前段階までに力を使い過ぎてしまっていたことが響き、最後の最後、スプリントで力を発揮できなかったという印象です。レース直前に真理キャプテンの体調悪化などもあった中で、阿部選手が先頭で最終コーナーをクリアして大久保選手も優勝した別府選手のすぐ後ろで動き始めてくれましたが、そこに至るまで常に集団先頭を固められるトレック・セガフレードとのチーム力に差があったと思います。ただ、最後の勝負に絡める部分にたどり着けたのは収穫だと思っています。それだけに、皆んな良くやってくれたと思いますが、純粋に悔しいですね。今日のレースで気分もより高まりましたし、増田選手のコンディションも上がってきていますので、明日のレースもチャレンジしていきたいと思います」

Text:Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY



Logo
シクロワイアードの速報記事は[こちら



◆[リザルト

[JAPANCUP CRITERIUMS - 宇都宮市大通り - 38.25km - ]

1位 別府史之 (トレック・セガフレード) 43m04s  47.0km/h

2位 ジョン・アベラストゥリ・イザガ (Team UKYO) st

3位 マヌエーレ・モーリ (ランプレ・メリダ) st

4位 テイラー・フィニー (BMCレーシングチーム) st

5位 マッティ・ブレシェル (キャノンデール・ドラパック) st

6位 小野寺玲 (宇都宮ブリッツェン) st

7位 ファビアン・リーンハルト (BMCレーシングチーム) st

8位 ピエールパオロ・デネグリ (NIPPOヴィーニファンティーニ) st

9位 エドヴァルド・ボアッソン・ハーゲン (クリテリウムスペシャルチーム) st

10位 岡本隼 (日本ナショナルチーム) st

13位 大久保陣 (宇都宮ブリッツェン) st

53位 鈴木譲 (宇都宮ブリッツェン) +23s

70位 阿部嵩之 (宇都宮ブリッツェン) +40s

80位 鈴木真理 (宇都宮ブリッツェン) +2m45s

出走=83名/完走=80名

Jc01
[25周年大会を記念して、パレードスタートが宇都宮市役所へと変更に。チームカーとメリダがその時を待つ]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Jc02
[表彰台以上のリザルトが期待される大久保選手が黙々と準備を進める]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Jc03
[宇都宮ブリッツェンのスプリントを支える阿部選手も準備に余念がない]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Jc04
[今シーズン、自身の体調と戦い続ける真理キャプテンが、その苦しみを感じさせないよう笑顔を見せる]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Jc05
[クリテリウムとロードの両方に出場する鈴木譲選手が念入りにアップを行う]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Jc06
[佐藤栄一宇都宮市長と弱虫ペダル作者の渡辺航先生を先頭にパレードがスタート]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Jc07
[大声援に迎えられて、宇都宮ブリッツェンの選手たちがコースイン]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Jc08
[レース前には、現役最後のレースとなるカンチェラーラ選手のための時間が設けられた]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Jc09
[集中した表情でスタートの瞬間を待つ阿部選手]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Jc10
[スタートの号砲とともに世界と日本のトップ選手たちが飛び出していく]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Jc11
[毎年恒例となったレッドゾーンも年に一度のビッグレースで全身全霊の声援を送る]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Jc12
[25周年を記念して延伸された池上町側の180度コーナーへと選手たちが向かう]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Jc13
[1周回目はリスペクトを込めて、 ラストランとなるカンチェラーラ選手を先頭にレースが進む]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Jc14
[2周回目に入るとボアッソンハーゲン選手ら有力選手も積極的な動きを見せ始める]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Jc15
[自身の体調不良とも戦う真理キャプテンがプロトン内で戦況を見極めながらポジションを確保する]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Jc16
[ワールドツアーチーム勢のアタックにすかさずチェックに入る鈴木譲選手]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Jc17
[できるだけ序盤は温存しておきたい大久保選手だが、スピーディーなレース展開に脚を削られる]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Jc18
[猛スピードで選手が通り過ぎるごとに観客たちのボルテージも上がっていく]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Jc19
[先頭を陣取るワールドツアーチームの後方で起きるポジション争いに鈴木譲選手と大久保選手が絡んでいく]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Jc20
[2名の逃げができるとトレック・セガフレード勢が集団コントロールを開始]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Jc21
[本調子とは言えない真理キャプテンが集団後方で我慢の走りを続ける]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Jc22
[エキサイトゾーンの目の前をトレック・セガフレードがコントロールする集団が猛スピードで通過していく]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Jc23
[集団中ほどで大久保選手のためにポジションをキープする走りを続ける阿部選手]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Jc24
[終盤に入るにつれ、阿部選手が集団内でのポジションを少しずつ上げていく]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Jc25
[阿部選手に引き上げられ、小野寺選手と大久保選手もポジションを上げる]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Jc26
[終盤の勝負どころに備え、集団内でまとまり始める宇都宮ブリッツェンの選手たち]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Jc27
[国内最速と言える阿部・小野寺・大久保のトリオが世界トップに勝負を挑み始める]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Jc28
[メイン集団が逃げを吸収してレースは振り出しに。本当の勝負の幕が開ける]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Jc29
[勝負できる位置まで脚を削りながらポジションを上げていく大久保選手]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Jc31
[序盤からチームのために動いた鈴木譲選手。明日のロードレースでの活躍にも期待がかかる]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Jc32
[単騎でスプリントに挑んだ小野寺選手は、昨年よりもひとつ順位を上げて6位でフィニッシュ]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Jc33
[スプリントでひと伸びが足りなかった大久保選手にとって、ワールドツアーチームの壁の高さを痛感するレースとなった]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Jc34
[完璧なお膳立てで大久保選手を送り出した阿部選手が先頭から遅れてフィニッシュ]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Jc35
[思うような走りができずに苦しむ真理キャプテンは、再び治療に専念することになりそうだ]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Jc36
[望む結果に手は届かなかったが、沸かせる走りを見せた選手たちが会場を後にする]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Jc37
[同レース史上初となる連覇を達成した別府選手を中心に、表彰式で完成に応える入賞選手たち]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Jc38
[スプリントポイント賞は今季で引退する井上選手と逃げで会場を沸かせたロスコフ
選手が獲得]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

|

« JPT第21戦 JBCF 東日本ロードクラシック南魚沼大会 | トップページ | JAPAN CUP CYCLE ROAD RACE »