« ツール・ド・熊野 第3ステージ | トップページ | 全日本選手権 男子U23 »

2016/06/24

全日本選手権 個人タイムトライアル

S13_2
S2_2
[上:惜しくも優勝は逃したものの長らく暫定トップに立ち、あらためて能力の高さを証明した小野寺選手]
[下:昨年に続き表彰台を獲得した増田選手だが、悲願達成は2日後のロードレースに持ち越しになった]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

6月24日(金)〜26日(日)の3日間にわたり、全日本自転車競技選手権大会ロードレースが開催されています。

◆大会WEBサイトは[こちら
◆Live!!!ブログレポートは[こちら

6月24日(金)に、全日本選手権個人タイム・トライアル・ロード・レース大会が開催されました。

このレースに、宇都宮ブリッツェンから以下の4名がエントリー。

増田成幸(男子エリート)
鈴木譲(男子エリート)
阿部嵩之(男子エリート)
小野寺玲(男子U23)




タイムトライアルの日本チャンピオンを決める「全日本選手権個人タイム・トライアル・ロード・レース大会」が、東京都大島町のサンセットパームライン(1周11.2km)で開催され、男子U23(MU23)ではスペインで活動するTeam KUOTA C.PAULINOの小林海が最速ラップを叩き出して優勝を飾りました。

また、男子最高峰のエリート(ME)では、タイムトライアルを得意とするブリヂストンアンカーサイクリングチームの西薗良太がただ1人42分台を記録する走りを見せ、2012年以来となるタイムトライアルの日本王者に輝きました。

宇都宮ブリッツェン勢は、MU23に小野寺選手、MEに増田、鈴木譲、阿部の3選手が出場。それぞれ優勝を目指して今できる最大限の走りを見せましたが、MU23の小野寺選手はトップから10秒遅れの3位。MEに出場した増田、鈴木譲、阿部の3選手もそれぞれ3位、4位、5位と惜しくも優勝には届かず。悲願のナショナルチャンピオンジャージ獲得は明日以降のロードレースに持ち越されることとなりました。

長時間を高速域で走り切ることができ、独走力に優れる選手たちがしのぎを削る個人タイムトライアル。全日本選手権はそんなTTマンたちの頂点を決める、年に一度のビッグレースです。

今年は、1月にアジア自転車競技選手権大会のロードレース競技が行われた東京都大島町がレースの舞台。個人タイムトライアルのコースはアジア選手権のコースを踏襲しており、大島町の北東部に位置するサンセットパームラインを往復する1周11.2kmのコースで争われました。

午前に行われたMU23は24名の選手が出場。11番目での出走となった小野寺選手(宇都宮ブリッツェン)は持ち味である平坦でのスピードを発揮し、往路を暫定トップタイムでクリア。復路に入ってもそのペースが落ちることはなく、14分31秒84の好タイムで暫定トップに立ちます。

しかしその後、20番手出走の岡選手(弱虫ペダルサイクリング)に4秒、そして23番手出走の小林選手(KUOTA C.PAULINO)に10秒タイムを上回られ、惜しくも3位という結果でレースを終えました。

この日の最終レースとなったMEには34名の選手が出走。23名が出走する第1ウェーブは30秒間隔、前年同大会上位の選手11名が出走する第2ウェーブは1分間隔で選手が次々とスタートしていく形となります。

第1ウェーブで最速ラップを叩き出したのは鈴木譲選手(宇都宮ブリッツェン)。第1ウェーブではただ1人となる43分台で走り切り、暫定トップの状態で有力選手ぞろいの第2ウェーブの結果を待つこととなります。

第2ウェーブが始まると、有力選手が次々と出走。宇都宮ブリッツェンも個人タイムトライアルを得意とする阿部選手(宇都宮ブリッツェン)と、昨年同レースで2位となり今年こそ悲願の初優勝を狙う増田選手(宇都宮ブリッツェン)が順調にラップタイムを刻んでいきます。

ですが、この2人をさらに上回る走りを見せたのが西薗選手(ブリヂストンアンカー)と佐野選手(マトリックスパワータグ)でした。特に西薗選手(ブリヂストンアンカー)はスタートから終始ハイペースを守り切り、ただ1人42分台を記録する42分57秒29でフィニッシュ。同レースで毎年上位に入る実力をまざまざと見せつけ、2012年以来となる個人タイムトライアルの日本王者に返り咲きました。

宇都宮ブリッツェン勢は増田選手が3位表彰台を獲得したものの、惜しくも優勝には届かず。しかし、3位(増田)、4位(鈴木譲)、5位(阿部)と出場した選手がそろって上位を獲得したことで、2日後に行われるロードレースへの期待が膨らむ結果でレースを終えました。

清水監督コメント

「まずMU23に出場した小野寺選手ですが、ツール・ド・熊野での落車で負った怪我の状態を心配していましたが、それなりにいいコンディションでレースに臨めたと思います。タイム的にも悪くないものだったと思いますが、上位2名の方がコンディションも実力も上だった、と。ただ、小野寺選手自身の状態も悪くはありませんし、現時点での小野寺選手の実力というものは見せられたと感じています。明日のロードレースも確実に狙える位置にいると思いますので、しっかりと気持ちを切り替えて明日のロードレースを走ってもらいたいと思います。MEは増田、鈴木譲、阿部の3選手が出走して、誰かしらで優勝が狙えるんじゃないかと思っていましたが、西薗選手が純粋に速かった。そのひと言に尽きると思います。我々としては途中で無線の調子が悪くなって選手にタイム差などの情報が伝わらなかったというトラブルはありましたが、そのトラブルがなかったとしても縮められたのは数秒程度だと思いますので、西薗選手の実力が上回っていたと言う以外はないと感じています。ただ、出場した3名の選手がそろって上位に入っていますし、今日出場していない他のメンバーのコンディションもいいので、明後日のロードレースでは今日の借りをきっちりと返したいと思います」

Text:Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY



Logo
シクロワイアードの記事は[こちら


◆[リザルト

[第20回全日本選手権個人タイム・トライアル・ロード・レース大会 - MU23 - 11.2km - ]

1位 小林海 (Team KUOTA C.PAULINO) 14m21s51 46.8km/h

2位 岡篤志 (弱虫ペダルサイクリングチーム) +06s

3位 小野寺玲 (宇都宮ブリッツェン) +10s

4位 池邉聖 (慶應義塾大学) +25s

5位 眞砂英作 (明治大学) +26s

6位 岡本隼 (日本大学) +27s

8位 小山貴大 (シマノレーシングチーム) +31s

9位 樋口峻明 (京都産業大学) +33s

10位 徳田優 (鹿屋体育大学) +33s

出走=24名/完走=24名

◆[リザルト

[第20回全日本選手権個人タイム・トライアル・ロード・レース大会 - ME - 33.6km - ]

1位 西薗良太 (ブリヂストンアンカーサイクリングチーム) 42m57s29 46.93km/h

2位 佐野淳哉 (マトリックスパワータグ) +26s

3位 増田成幸 (宇都宮ブリッツェン) +51s

4位 鈴木譲 (宇都宮ブリッツェン) +58s

5位 阿部嵩之 (宇都宮ブリッツェン) +1m26s

6位 椿大志 (ブリヂストンアンカーサイクリングチーム) +2m04s

7位 石橋学 (NIPPO-VINI FANTINI) +2m09s

8位 中村龍太郎 (イナーメ信濃山形) +2m10s

9位 橋本英也 (NIPPO Racing/GOKISO) +3m10s

10位 武井亨介 (Team FORZA) +3m10s

出走=34名/完走=33名


Photo
[雨の心配はなさそうなものの、厚い雲に覆われる大島町]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
2
[スタートの瞬間を今か今かと待つ小野寺選手の相棒MERIDA WARP TT]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
3
[集中した表情でスタートの瞬間を待つ小野寺選手]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
5
[後続の2選手に上回られたが、初めて全日本の表彰台に立った小野寺選手]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Photo_2
[昨年の実績がないため第1ウェーブでの出走となった鈴木譲選手がスタートの瞬間を待つ]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Photo_3
[第1ウェーブの選手の中では圧倒的なスピードを見せてレースを進める]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Photo_4
[鈴木譲選手は43分55秒67で暫定トップに立ち第2ウェーブの選手たちの結果を待つことになった]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Photo_5
[毎年、このレースに照準を合わせて身体を作っている阿部選手が集中した表情でスタートに立つ]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Photo_6
[先にスタートした選手をパスし、なおもペースを上げて最速ラップを目指す]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Photo_7
[昨年の雪辱を果たすための33.6kmへとスタートを切る増田選手]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Photo_8
[細かいペース配分などの部分を除けば、今できる最大限の走りを見せた阿部選手は5位]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Photo_9
[同じく今できる最大限の走りを見せた増田選手だったが、西薗、佐野両選手に及ばなかった]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Photo_10
[表彰台の真ん中は明後日のロードレースに立たなければならない場所となった]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

|

« ツール・ド・熊野 第3ステージ | トップページ | 全日本選手権 男子U23 »