« 第21回全日本シクロクロス選手権大会 | トップページ | 2016年チーム体制について »

2015/12/16

宇都宮シクロクロスシリーズ 第2戦

Mizuhono_top01
Mizuhono_top02
[上:左膝の怪我の不安は残るも、実力通りの走りで独走態勢を築く小坂選手]
[下:地元開催のシリーズ戦2連勝を決め、ガッツポーズでフィニッシュする小坂選手]

12月13日(日)に、宇都宮シクロクロスシリーズ第2戦「みずほの自然の森公園ステージ」が開催されました。

◆大会WEBサイトは[こちら
◆Live!!!ブログレポートは[こちら

このレースに、宇都宮ブリッツェンシクロクロスチームの小坂光選手がエントリー。





今シーズンから新たにスタートしたシクロクロスのシリーズ戦「宇都宮シクロクロスシリーズ」の第2戦となる「みずほの自然の森公園ステージ」が、栃木県宇都宮市のみずほの自然の森公園内に設定された1周2.7kmのテクニカルセクションを多数含んだ平坦系コースで開催され、宇都宮ブリッツェンシクロクロスチームの小坂光選手が10月の第1戦宇都宮城址公園ステージに続き優勝を飾りました!

この結果、小坂選手は宇都宮シクロクロスシリーズのシリーズランキングでもトップに立っています。

ここ数年の中で最も熾烈な終盤戦となり、観る者すべてをハラハラ、ドキドキさせた全日本シクロクロス選手権大会から1週間後に迎えた今レース。勝負どころを迎える直前にスリップ転倒してしまい、無念の3位となった宇都宮ブリッツェンシクロクロス(CX)チームの小坂選手にとって、来年の全日本選手権に向けて新たな一歩を踏み出すための重要なレースと言えます。

小坂選手(宇都宮ブリッツェンCX)は全日本選手権の転倒で負傷した左膝の状態に不安は残るものの、リスタートとなるレース、また、地元・宇都宮で開催されるホームレースということもあり、必勝を期して今レースに臨みました。

レースはスタートから小坂選手(宇都宮ブリッツェンCX)がスタートダッシュを決めて先行する展開。その後方に全日本TTチャンピオンの中村選手と鈴木選手らSNEL CYCLOCROSS TEAM勢が続く形となります。

2周回目に入ると、森の中のテクニカルセクションや滑りやすい泥のキャンバー区間などで小坂選手(宇都宮ブリッツェンCX)が実力の違いを見せつける走りを披露。2番手を走る中村選手(SNEL CYCLOCROSS)とのタイム差をじわじわと広げて独走態勢に入る展開となります。

その後も快調に先頭を独走する小坂選手(宇都宮ブリッツェンCX)と2番手の中村選手(SNEL CYCLOCROSS)とのタイム差は、レースも折り返しとなる5周回目に入る頃には30秒ほどにまで拡大。大きなトラブルやミスさえなければ、小坂選手(宇都宮ブリッツェンCX)の勝利はほぼ確実という状況となります。

結局、スタートからフィニッシュまで終始安定した走りを見せた小坂選手(宇都宮ブリッツェンCX)は、2位の中村選手(SNEL CYCLOCROSS)に55秒の大差をつけて独走優勝。第1戦の宇都宮城址公園ステージに続いて、宇都宮シクロクロスシリーズ連勝を達成しました。

また、小坂選手(宇都宮ブリッツェンCX)が出場したカテゴリー1に先立って行われたカテゴリー2には、阿部嵩之選手(宇都宮ブリッツェン)が出場。

前週の全日本シクロクロス選手権の男子ジュニアで圧勝してナショナルチャンピオンとなった織田聖選手(Above Bike Store Cycle Club)には及ばなかったものの、持ち前の平地巡航能力の高さを見せて2位表彰台を獲得。次戦からはカテゴリー1に昇格することとなりました。

小坂選手コメント

「貴重な地元開催のレースということで、絶対に勝たなければいけないという気持ちでレースに臨んだので、とにかく勝てて良かったと思っています。レースプランとしては、森の中がハイスピードながらラインを一つでも間違えれば失速してしまうテクニカルな区間だったので、その森の中で引き離して単独になるイメージでいて、その通りの展開になったのが良かったと思います。ただ、全日本選手権で左膝を怪我してしまって今週は昨日まで練習することができていなかったので、レース後半に不安があったためにイマイチ追い込みきれなかったというところは反省点だと感じています。ただ、今日は自分自身にとってもリスタートとなるレースでしたし、地元開催のレースでもあったので、とにかく勝たなければいけないと思っていて。それを達成できたことは良かったです。今日のレースもすごく沢山の方に応援に来ていただき、熱い声援を送っていただけたので、その期待に応えたいという気持ちで最後まで諦めずに走ることができました。宇都宮のシクロクロスに対しての盛り上がりというものも感じていますし、第3戦も今日と同じ、欲を言えば今日以上の声援の中で走りたいと思っていますので、来年1月にろまんちっく村で行われる第3戦にも、ぜひ足を運んでください!よろしくお願いします!」

Text:Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY


Logo
シクロワイアードの記事は[こちら

◆[リザルト

[宇都宮シクロクロスシリーズ第2戦 - みずほの自然の森公園ステージ - C1 60m - ]

1位 小坂光 (宇都宮ブリッツェンシクロクロスチーム) 1h05m00s 22.43km/h

2位 中村龍太郎 (SNEL CYCLOCROSS TEAM) +55s

3位 鈴木龍 (SNEL CYCLOCROSS TEAM) +1m59s

4位 鬼形博之 (OCi) +2m58s

5位 馬場勝尚 (じてんしゃの杜) +4m23s

6位 左復真人 (WildBoars OTR) +4m35s

7位 栗原旭 (CycleClub.jp) +4m53s

8位 澤木紀雄 (GIANT/MET/T-SERV.) +5m06s

9位 武末真和 (Mile Post Racing) +5m09s

10位 箭内秀平 (日本ろう自転車競技協会) +5m25s

出走=23名/完走=19名


Mizuhono_01
[試走を終えた小坂選手のバイクに、NHK宇都宮支局の車載カメラが装着される]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Mizuhono_02
[スタートラインに整列し、その瞬間を待つ]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Mizuhono_03
[地元選手に対しての一際大きな声援に応える小坂選手。走りでもその声援に応えたいところだ]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Mizuhono_04
[1周回目の半分を過ぎた時点で、少しずつ後続との差が開き始める]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Mizuhono_05
[1周回目終盤のテクニカルセクションでも、怪我の影響を感じさせない安定した走り]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Mizuhono_06
[2周回目以降は完全に後続を引き離しての独走状態となる]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Mizuhono_07
[転倒者が続出したキャンバー区間を慎重かつスピードを維持してクリアしていく]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Mizuhono_08
[的確なライン取りを見せる小坂選手に、大勢の観客が声援をおくる]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Mizuhono_09
[舗装路区間でも持ち味のスピードを発揮。他を寄せ付けない走りが続く]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Mizuhono_10
[階段でのバイクの扱いも、この日の出場選手の中では群を抜いていた]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Mizuhono_11
[セーフティリードを奪ってからも、自分自身との戦いが続く]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Mizuhono_12
[状況が見える区間で、冷静に後続との差を確認しながらレースを進める]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Mizuhono_13
[コース最西端に設定されたキャンバー区間を抜群のバイクコントロールでクリア]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Mizuhono_14
[森の中のテクニカルセクションでのライン取りとテクニックの差がレースの勝敗を分けた]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Mizuhono_15
[スピードを維持したまま最善のラインでテクニカルセクションをクリアしていく]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Mizuhono_16
[2番手以降から盤石のリードを保ったまま、最終周回へと入る小坂選手]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Mizuhono_17
[大声援に応えながらホームストレートをゴールへと向かう]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Mizuhono_18
[ホームレースで優勝を飾り、最高のリスタートを切った小坂選手]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Mizuhono_19
[たくさんのファン・サポーターの声援と支えが、この日の小坂選手のエネルギーになった]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Mizuhono_20
[この日の優勝で誓いも新たに、来年の全日本選手権に向けた1年が始まった]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY

|

« 第21回全日本シクロクロス選手権大会 | トップページ | 2016年チーム体制について »