« 全日本選手権 個人タイム・トライアル・ロード・レース大会 | トップページ | 全日本選手権 MU23 »

2015/06/24

JPT第9戦 JBCF 富士山ヒルクライム

Ht1_7639
Ht1_7627
[上:復帰2戦目ながら、得意のヒルクライムで4位に入った堀選手]
[下:圧倒的な強さを見せたホセビセンテ・トリビオがヒルクライム2連戦で連勝を飾った]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY

6月21日(日)に、2015年のJプロツアー第9戦「JBCF 富士山ヒルクライム」が開催されました。

◆大会WEBサイトは[こちら
◆Live!!!ブログレポートは[こちら

このレースに、宇都宮ブリッツェンから以下の6名がエントリー。

鈴木真理
鈴木譲
大久保陣
青柳憲輝
堀孝明
城田大和


2015年のJプロツアー第9戦となる「JBCF 富士山ヒルクライム」が、静岡県小山町にあるふじあざみラインの激坂ヒルクライムコース(全長11.4km/標高差1,200m/平均勾配10%/最大勾配22%)で開催され、前戦の栂池高原ヒルクライムでも圧倒的な強さで優勝を飾ったマトリックスパワータグのホセビセンテ・トリビオが優勝。見事にヒルクライム2連戦を連覇しました。

宇都宮ブリッツェン勢は、怪我による長期離脱から復帰して2戦目の堀選手が、まだまだベストコンディションとはいかないものの、持ち前の登坂力を発揮して表彰台にあと一歩に迫る4位に入る走りを見せています。




全日本選手権個人TTと同日開催となった、今年の富士山ヒルクライム。

各チームとも、TT組と富士山組に日本人選手が分かれる中、強力な外国人選手がフル出場するマトリックスパワータグ勢を中心にレースが展開されることが予想されます。

宇都宮ブリッツェンは、ヒルクライムで上位進出が期待される増田選手がTTに出場するため不在。上りに強い鈴木譲選手・堀選手・城田選手の3選手を中心に、各選手が自分の限界値で激坂に挑みました。

レースがスタートすると、戦前の予想通りマトリックスパワータグのトリビオ選手とベンジャミン選手が主導権を握る展開に。

そこに単独参戦の早川選手(AISAN)が食らいつき、さらにその後ろを堀選手(宇都宮ブリッツェン)とホワイトハウス選手(UKYO)が続く展開となります。

宇都宮ブリッツェンとしては、そこに城田選手も食らいつきたかったところでしたが、不運にも両輪がパンクするアクシデントに見舞われて遅れてしまいます。

その後、レースは先頭3名から単独で飛び出したトリビオ選手(マトリックス)が他を寄せ付けない安定した走りで独走。2位以下に1分以上の差をつけて、

前戦の栂池高原ヒルクライムに引き続き優勝を飾り、見事にヒルクライム2連勝を達成しました。

宇都宮ブリッツェン勢は、復帰2戦目ながら持ち前の登坂力の高さを発揮した堀選手が表彰台には届かなかったものの、復活を印象づける4位でフィニッシュしてレースを終えています。

Text:Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY


Logo_2
シクロワイアードの記事は[こちら

◆[リザルト

[JBCF 富士山ヒルクライム - JPT第9戦 - 11.4km - ]

1位 ホセビセンテ・トリビオ (マトリックスパワータグ) 41m34s 16.45km/h

2位 ベンジャミン・プラデス (マトリックスパワータグ) +1m12s

3位 早川朋宏 (AISAN Racing Team) +1m16s

4位 堀孝明 (宇都宮ブリッツェン) +2m16s

5位 ダニエル・ホワイトハウス (Team UKYO) +2m24s

6位 才田直人 (レモネードベルマーレレーシングチーム) +2m40s

7位 畑中勇介 (Team UKYO) +2m43s

8位 アイラン・フェルナンデス (マトリックスパワータグ) +2m44s

9位 山本隼 (Team UKYO) +2m57s

10位 小清水拓也 (レモネードベルマーレレーシングチーム) +3m19s

17位 鈴木譲 (宇都宮ブリッツェン) +4m12s

33位 青柳憲輝 (宇都宮ブリッツェン) +7m27s

49位 大久保陣 (宇都宮ブリッツェン) +9m37s

51位 城田大和 (宇都宮ブリッツェン) +9m40s

66位 鈴木真理 (宇都宮ブリッツェン) +11m48s

出走=76名/完走=76名

◆2015年Jプロツアー 個人ランキング

1位 畑中勇介 (Team UKYO) 4,813P

2位 パブロ・ウルタスン (Team UKYO) 4,567P

3位 ホセビセンテ・トリビオ (マトリックスパワータグ) 4,316P

4位 窪木一茂 (Team UKYO) 3,936P

5位 増田成幸 (宇都宮ブリッツェン) 3,722P

6位 ベンジャミン・プラデス (マトリックスパワータグ) 3,720P

◆2015年Jプロツアー チームランキング

1位 Team UKYO 19,648P

2位 マトリックスパワータグ 16,314P

3位 宇都宮ブリッツェン 13,378P

4位 那須ブラーゼン 8,290P

5位 レモネードベルマーレレーシングチーム 7,544P

6位 AISAN Racing Team 5,910P

ルビーレッドジャージ 畑中勇介 (Team UKYO)

ピュアホワイトジャージ 新城雄大 (那須ブラーゼン)


Ht2_9323
[レース前日に御殿場市に到着。早速、決戦ホイールの状態を確認する堀選手]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Ht2_9330
[静かにトレーニングの準備を進める大久保選手]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Ht2_9340
[好調を維持する城田選手には上位進出の期待がかかる]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Ht2_9342
[コンスタントに実力を発揮できる鈴木譲選手の存在は、チームにとって大きな力となる]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Ht2_9353
[監督不在のミーティングを、鈴木真理キャプテンと田村メカがしっかりと仕切る]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Ht1_7642
[上りでの力は証明した堀選手。少しでも早い完全復活が待たれる]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Ht1_7653
[きっちりと自分の役割を果たした鈴木譲選手は17位でフィニッシュ]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Ht1_7662
[コンディションをキープする青柳選手は33位。全日本ロードでの活躍にも期待がかかる]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Ht1_7679
[不得手なヒルクライムを49位でフィニッシュした大久保選手]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Ht1_7690
[両輪パンクに見舞われた城田選手は想定外の51位。全日本ロードU23での巻き返しに期待したい]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY
Ht1_7704
[全日本ロードに向けた追い込みでコンディションの谷間にあった鈴木真理選手は66位でフィニッシュ]
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY

|

« 全日本選手権 個人タイム・トライアル・ロード・レース大会 | トップページ | 全日本選手権 MU23 »