« ツアー・オブ・ジャパン 第7ステージ | トップページ | ツール・ド・熊野 第1ステージ »

2015/05/28

ツール・ド・熊野 プロローグ

Img_6615_2
403a2592
[上:昨年の自身のタイムを0.5秒更新するタイムでフィニッシュする大久保選手]
[下:国際レースで初の表彰台に上がった大久保選手は、明日の第1ステージをポイント賞ジャージを着て走る]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

5月28日(木)〜31日(日)の4日間に渡り、UCI-2.2のステージレース「ツール・ド・熊野」が開催されています。

◆大会WEBサイトは[こちら
◆Live!!!ブログレポートは[こちら

このレースに、宇都宮ブリッツェンから以下の6名がエントリー。

鈴木真理
増田成幸
鈴木譲
大久保陣
青柳憲輝
城田大和


UCI-2.2のステージレース「ツール・ド・熊野」のプロローグが、新宮市内を流れる市田川沿いのテクニカルなショートコース(0.7km)で開催され、先のツアー・オブ・ジャパンで果敢な逃げを見せていたアヴァンティレーシングのニール・ヴァンデルプローグが、ただ1人50秒台となるタイムで走り切り、大会初日を勝利で飾りました。

宇都宮ブリッツェン勢では、昨年の同コースで惜しくも表彰台を逃す4位でレースを終えた大久保選手がトップと0.53秒差の2位で表彰台を獲得しました!また、チーム第1出走者の青柳選手も長らくホットシートを温め続ける好タイムで6位に入ったほか、全選手がトラブルなく初日のプロローグを終えています。

清水監督コメント

「今日は、目標としているUCIポイントをゲットできていいスタートが切れたと思います。本来であれば大久保選手での優勝を狙っていたのですが、わずかに及ばず2位という結果でした。ただ、大久保選手は昨年のタイムから0.5秒早いタイムでフィニッシュしていますし、大久保選手もまだ成長段階であるということを考えれば、すごく良い走りだったと感じています。また、青柳選手もいい走りを見せてくれ、中堅選手2人が頑張ってくれたプロローグだったと思います。明日は、繰り下がりではありますが、ジャージを着用することもできますし、滑り出しは上々だと感じています。ほかの選手も調子は悪くないですし、チームの雰囲気もとてもいいので、明日・明後日とこの流れをつなげていきたいと思っています。」

Text:Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY

◆[リザルト

[Tour de KUMANO UCI-2.2 - Prologue Time Trial - 0.7km - ]

1位 ニール・ヴァンデルブローグ (アヴァンティレーシングチーム) 50s70 49.7km/h

2位 大久保陣 (宇都宮ブリッツェン) +0s53

3位 福田真平 (愛三工業レーシングチーム) +0s83

4位 ティノ・ソメル (RTSサンティックレーシングチーム) +1s26

5位 中村龍太郎 (イナーメ信濃山形) +1s48

6位 青柳憲輝 (宇都宮ブリッツェン) +1s89

7位 野中竜馬 (キナンサイクリングチーム) +1s90

8位 ジャマディリン・ノバルディアント (ペガサスコンチネンタルサイクリングチーム) +1s90

9位 横山航太 (シマノレーシングチーム) +1s91

10位 吉田隼人 (マトリックスパワータグ) +2s02

49位 鈴木譲 (宇都宮ブリッツェン) +3s67

63位 城田大和 (宇都宮ブリッツェン) +4s23

67位 増田成幸 (宇都宮ブリッツェン) +4s41

73位 鈴木真理 (宇都宮ブリッツェン) +4s58

出走=115名/完走=115名

個人総合時間 プロローグ終了時

1位 ニール・ヴァンデルブローグ (アヴァンティレーシングチーム) 50s 50.4km/h

2位 大久保陣 (宇都宮ブリッツェン) +1s

3位 福田真平 (愛三工業レーシングチーム) +1s

4位 ティノ・ソメル (RTSサンティックレーシングチーム) +1s

5位 中村龍太郎 (イナーメ信濃山形) +2s

6位 青柳憲輝 (宇都宮ブリッツェン) +2s

7位 野中竜馬 (キナンサイクリングチーム) +2s

8位 ジャマディリン・ノバルディアント (ペガサスコンチネンタルサイクリングチーム) +2s

9位 横山航太 (シマノレーシングチーム) +2s

10位 吉田隼人 (マトリックスパワータグ) +2s

49位 鈴木譲 (宇都宮ブリッツェン) +4s

63位 城田大和 (宇都宮ブリッツェン) +4s

67位 増田成幸 (宇都宮ブリッツェン) +5s

73位 鈴木真理 (宇都宮ブリッツェン) +5s

個人総合ポイント プロローグ終了時

1位 ニール・ヴァンデルブローグ (アヴァンティレーシングチーム) 10P

2位 大久保陣 (宇都宮ブリッツェン) +9P

3位 福田真平 (愛三工業レーシングチーム) +8P

4位 ティノ・ソメル (RTSサンティックレーシングチーム) 7P

5位 中村龍太郎 (イナーメ信濃山形) 6P

6位 青柳憲輝 (宇都宮ブリッツェン) 5P

チーム総合 プロローグ終了時

1位 愛三工業レーシングチーム 2m36s

2位 ペガサスコンチネンタルサイクリングチーム +1s

3位 宇都宮ブリッツェン +1s

4位 アタックチームガスト +1s

5位 アヴァンティレーシングチーム +1s

第1ステージ 各賞ジャージ着用者

リーダー・ジャージ(個人総合) ニール・ヴァンデルブローグ (アヴェンティレーシングチーム)

ポイント・ジャージ(ポイント賞) 大久保陣 (宇都宮ブリッツェン)

U23・ジャージ(新人賞) ジャマディリン・ノバルディアント (ペガサスコンチネンタルサイクリングチーム)


Img_6419
[スタートを前に、念入りにコース試走をする選手たち]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
403a2432
[チーム第1走者の青柳選手が集中を高めてスタートを待つ]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Img_6436
[青柳選手は52秒59ののタイムで暫定トップに立つ]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
403a2465
[長らくホットシートに座った青柳選手は、ホットシート前でクールダウンを行うことになった]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
403a2450
[チーム2番手出走の鈴木真理選手がスタートを待つ]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Img_6480
[鈴木真理選手は55秒28の73位でプロローグを終えた]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
403a2485
[出走時間に合わせてウォーミングアップに熱を入れる城田選手]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Img_6508
[2年ぶりの熊野で自身の成長と進化を示したい城田選手は54秒93の63位]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
403a2490
[個人総合時間での上位進出に期待がかかる増田選手がスタートに向けて気持ちを高める]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Img_6544
[決して得意ではない短距離のタイムトライアルでも、自身のベストを尽くす走りを見せた増田選手は55秒11の67位でフィニッシュ]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
403a2515
[その存在がチーム戦略に幅をもたせる鈴木譲選手がスタートに備える]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Img_6584
[スプリント、山岳どちらのステージでも活躍が期待される鈴木譲選手は54秒37の49位でフィニッシュ]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
403a2519
[レース前から「狙っていく」と宣言していた大久保選手がスタートを待つ]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Img_6612
[宣言通りの快走を見せた大久保選手は、着実に国内トップスプリンターへの階段を上り始めた]
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

|

« ツアー・オブ・ジャパン 第7ステージ | トップページ | ツール・ド・熊野 第1ステージ »