« JPT第19戦 JBCF 知多半島・美浜クリテリウム | トップページ | JPT第21戦 JBCF おおいた いこいの道クリテリウム »

2014/11/04

JPT第20戦 JBCF おおいたサイクルロードレース

S1
Img_6616
[上:一度は集団から遅れたものの粘り強く集団に戻って5位に入った堀選手が、那須ブラーゼン雨澤選手からピュアホワイトジャージを奪い返した]
[下:有力選手での上りゴールスプリントを制したデリアック選手がJPT2勝目を飾った]
photo(C):Tastuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

11月2日(日)に、Jプロツアー第20戦の「JBCF おおいたサイクルロードレース」が開催されました。

◆大会WEBサイトは[こちら
◆Live!!!ブログレポートは[こちら

このレースに、宇都宮ブリッツェンから以下の8名がエントリー。

鈴木真理
増田成幸
鈴木譲
阿部嵩之

大久保陣
青柳憲輝
堀孝明
城田大和

2014年のJプロツアー第20戰となる「JBCFおおいたサイクルロードレース」が、大分県大分市の大分スポーツ公園大銀ドーム周辺に設定されたアップダウンの厳しい公道コースで開催され、Team JBCFのデリアック選手が有力選手のみが残ったゴールスプリント勝負を制して優勝。第13戰「みやだクリテリウム」に続いて今季Jプロツアー2勝目を挙げました。

宇都宮ブリッツェン勢は、ゴールスプリント勝負に挑んだ堀選手が5位、鈴木真理選手が8位。また、終盤に大逃げを見せて会場を沸かせた阿部選手が11位と踏ん張り、この結果、最終戦でチームランキング2位のTeam UKYOがワンツースリーフィニッシュを飾ってもポイントを逆転されることがなくなったため、宇都宮ブリッツェンの2014年Jプロツアーチームランキング1位が確定しました!

今回初開催となった「JBCFおおいたサイクルロードレース」。大分スポーツ公園の大銀ドーム周辺に設定された1周4kmの公道コースはアップダウンが厳しい上にテクニカルなセクションも多く、サバイバルレースになることが予想されます。

チームランキング首位を守り切れることが濃厚となった宇都宮ブリッツェンは、全員が集団前方を陣取って積極的に攻撃を仕掛け続ける、今季のチームのテーマである「攻め続けて、魅せて勝つ」レースを展開することを選択。あと1戰を残してのチームランキング1位確定を目指してレースに臨みました。

レースはスタートから各チームによる激しいアタック合戦が繰り広げられ、タフなコースとも相まって1周回完了時点で集団の人数が30人程度にまで絞られる厳しい展開となります。

そんな中、3周回目に入ると6名の逃げ集団が形成されます。

鈴木真理(宇都宮ブリッツェン)

グアルディオラ(Team UKYO)

清水(ブリヂストンアンカー)

ベンジャミン(マトリックスパワータグ)

入部(シマノレーシング)

青木(ロヂャースレーシング)

メイン集団

さらに4周回目には、逃げる6名に阿部選手(宇都宮ブリッツェン)とガルシア選手(Team UKYO)が合流して逃げは8名となりますが、程なくして吸収され集団はひとつとなります。

ひとつになった集団内ではなおも激しいアタック合戦が続きますが、決定的な逃げが決まらないまま周回を重ねていく展開が続きます。

8周回目に入る頃になると、30名程度にまで数を減らしていた集団がふたつに割れ、宇都宮ブリッツェンは12名ほどの先頭集団に鈴木真理選手、鈴木譲選手、阿部選手、堀選手の4選手を送り込む積極的なレース展開を見せます。

一方の後続集団では、個人ランキングを争う増田選手(宇都宮ブリッツェン)とトリビオ選手(Team UKYO)がお互いの動きをチェックし合う心理戦を展開しながら先頭集団をキャッチ。集団は21名にその数を減らしながらも再びひとつになります。

鈴木真理、増田、鈴木譲、阿部、堀、城田(宇都宮ブリッツェン)

トリビオ、ガルシア、グアルディオラ、ジルベルシュタイン(team UKYO)

畑中、入部、野中(シマノレーシング)

プラデス兄弟、フェルナンデス(マトリックスパワータグ)

雨澤、小野寺(那須ブラーゼン)

清水(ブリヂストンアンカー)

デリアック(Team JBCF)

中山(ロヂャースレーシング)

その集団内からデリアック選手(Team JBCF)がアタックを仕掛けると、鈴木譲選手(宇都宮ブリッツェン)やトリビオ選手(Team UKYO)がチェックに入ったのをきっかけに7名の逃げ集団が形成されます。

鈴木譲、阿部(宇都宮ブリッツェン)

トリビオ、ガルシア(Team UKYO)

入部(シマノレーシング)

フェルナンデス(マトリックスパワータグ)

デリアック(team JBCF)

↓ 25秒程度

メイン集団

レースはこのままの状態で数周回を重ねていきますが、12周回目に入る頃になるとメイン集団から4名が飛び出して逃げ集団を追走に入ります。

逃げ集団7名

鈴木真理、増田(宇都宮ブリッツェン)

グアルディオラ(Team UKYO)

ベンジャミン(マトリックスパワータグ)

メイン集団

この4名の追走は15周回目に逃げる7名の集団を捕らえ、先頭は12名となります。

鈴木真理、増田、鈴木譲、阿部(宇都宮ブリッツェン)

トリビオ、ガルシア、グアルディオラ(Team UKYO)

畑中、入部(シマノレーシング)

ベンジャミン、フェルナンデス(マトリックスパワータグ)

デリアック(team JBCF)

↓ 1分ほど

堀、城田(宇都宮ブリッツェン)

ジルベルシュタイン(Team UKYO)

野中(シマノレーシング)

雨澤(那須ブラーゼン)

↓ 1分ほど

メイン集団

さらに17周回目には、追走から堀選手(宇都宮ブリッツェン)、ジルベルシュタイン選手(Team UKYO)、野中選手(シマノレーシング)が先頭に追いつき、先頭は15名となります。

18周回目に入ると、先頭集団から阿部選手(宇都宮ブリッツェン)がアタック。雨澤選手(那須ブラーゼン)と中山選手(ロヂャースレーシング)が追いついた先頭集団からあっという間に30秒程度のリードを奪う展開となります。

単独で逃げる阿部選手に対し、追走モードに入った先頭集団から4名の選手が飛び出し、さらに単独で畑中選手(シマノレーシング)が続き、さらにデリアック選手(Team JBCF)が強烈なアタックを見せたことで集団は活性化。21周回目に入る頃には9名の追走集団が形成されます。

阿部(宇都宮ブリッツェン)

↓ 50秒

鈴木真理、堀(宇都宮ブリッツェン)

ガルシア、グアルディオラ(Team UKYO)

入部、野中(シマノレーシング)

ベンジャミン、フェルナンデス(マトリックスパワータグ)

デリアック(Team JBCF)

懸命に逃げ続ける阿部選手(宇都宮ブリッツェン)の逃げ切りもあるかと思われましたが、シマノレーシング勢が中心となって猛追する9名の勢いはすさまじく、最終周回に入る上りで阿部選手(宇都宮ブリッツェン)を吸収。勝負は最終周回へと持ち込まれました。

最終周回に入った9名の先頭集団内では抜け出して独走に入りたい選手、ゴールスプリントに持ち込みたい選手など様々な思惑が交錯し、集団は一つのまま最後の180度コーナーをクリアし、フィニッシュへと続く上り区間へと入っていきます。

スプリントに向けた牽制状態が続いた9名は、残り200mとなったところでスプリント勝負に突入します。そのスプリント勝負で真っ先にゴールに飛び込んだのはデリアック選手(Team JBCF)。8月に行われた第13戰「みやだクリテリウム」に続き、Jプロツアー2勝目を飾りました。

宇都宮ブリッツェンはスプリント勝負に鈴木真理選手と堀選手が挑みましたが、鈴木真理選手は足が痙攣してしまいペースダウンしたものの8位でフィニッシュ。残る堀選手もわずかに及ばなかったものの5位でフィニッシュし、那須ブラーゼンの雨澤選手からピュアホワイトジャージを奪還することに成功しています。

また、今日のレースの結果で、宇都宮ブリッツェンは1250ポイントを上乗せして年間ポイントを34475ポイントに。2位のTeam UKYOも1400ポイントを上乗せして31860ポイントとしましたが、明日の最終戦でTeam UKYOがワンツースリーフィニッシュをしても加算ポイントは2115にとどまることから、最終戦を残して宇都宮ブリッツェンのチームランキング1位が確定しました!

清水監督コメント

「今日は久々に自由にと言いますか、自分たちのレースができ、選手全員が力を出してくれたと思います。ですが、最後の部分での詰めが足りず、勝利という結果にはつながらないレースとなってしまいました。増田選手と鈴木譲選手がルビーレッドジャージを争うトリビオ選手との牽制状態の中で先頭から遅れてしまうことになって終盤に先頭にいなかったことがとても残念だったな、彼らがいれば勝利をグッと引き寄せられたなと思う部分もあります。しかし、残る選手たちが、阿部選手も持ち味の逃げを生かしてくれましたし最後のスプリントに鈴木真理選手と堀選手も残ってくれました。また、その前段階の動きで大久保選手や城田選手も頑張ってくれたので、チームとしては良い展開でレースを動かせたと思っています。その結果、チームランキングでも明日の最終戦で逆転される可能性はなくなっていると思うので、まずは一安心という感じです。今日も大分という遠方にも関わらず、ファン・サポーターの方がたくさん応援に来てくださったのでとても嬉しかったですし、来られなかった方たちも熱い念を送ってくださっていたと感じています。選手全員コンディションはいいので、明日の最終戦もいい形で締めくくりたいと思っています」

Text:Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY


Logo
シクロワイアードの記事は[こちら

◆[リザルト

[JBCF おおいたサイクルロードレース - 大分県大分市 - JPT第20戰 - 100km -]

1位 デリアック・ロイック (Team JBCF) 2h23m09s 41.91km/h

2位 リカルド・ガルシア (Team UKYO) st

3位 入部正太朗 (シマノレーシング) st

4位 アイラン・フェルナンデス (マトリックスパワータグ) +01s

5位 堀孝明 (宇都宮ブリッツェン) +01s

6位 ベンジャミン・プラデス (マトリックスパワータグ) +02s

7位 サルバドール・グアルディオラ (Team UKYO) +02s

8位 鈴木真理 (宇都宮ブリッツェン) +28s

9位 畑中勇介 (シマノレーシング) +33s

10位 野中竜馬 (シマノレーシング) +39s

11位 阿部嵩之 (宇都宮ブリッツェン) +1m19s

14位 鈴木譲 (宇都宮ブリッツェン) +2m54s

15位 増田成幸 (宇都宮ブリッツェン) +2m54s

16位 大久保陣 (宇都宮ブリッツェン) +2m57s

30位 城田大和 (宇都宮ブリッツェン) +3m17s

DNF 青柳憲輝 (宇都宮ブリッツェン)

◆2014年Jプロツアー 個人ランキング

1位 ホセヴィセンテ・トリビオ (Team UKYO) 10485P

2位 増田成幸 (宇都宮ブリッツェン) 10,110P

3位 鈴木譲 (宇都宮ブリッツェン) 9240P

4位 リカルド・ガルシア (Team UKYO) 8120P

5位 入部正太朗 (シマノレーシング) 7610P

6位 畑中勇介 (シマノレーシング) 7206P

◆2014年Jプロツアー チームランキング

1位 宇都宮ブリッツェン 34475P

2位 Team UKYO 31860P

3位 シマノレーシング 21440P

4位 マトリックスパワータグ 19875P

5位 那須ブラーゼン 16325P

6位 CROPS × championsystem 13438P

ルビーレッドジャージ ホセヴィセンテ・トリビオ (Team UKYO)

 

ピュアホワイトジャージ 堀孝明 (宇都宮ブリッツェン)

Img_5653
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Img_5667
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
403a3265
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
403a3271
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
403a3291
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
403a3294
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTISImg_5690
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Img_5701
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
403a3309
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Img_5736
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
403a3329_2
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Img_5764
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Img_5778
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Img_5830
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Img_5884
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Img_5933
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Img_5974
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Img_5989
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Img_6045
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Img_6072
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Img_6097
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Img_6115
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
403a3426
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Img_6193
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Img_6221
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Img_6239
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Img_6287
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Img_6354
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Img_6360
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Img_6391
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Img_6438
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Img_6463
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Img_6480
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Img_6556
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Img_6569
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Img_6603
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Img_6616_2
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Img_6626
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Img_6637
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Img_6648
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Img_6662
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
Img_6716
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

|

« JPT第19戦 JBCF 知多半島・美浜クリテリウム | トップページ | JPT第21戦 JBCF おおいた いこいの道クリテリウム »