« JPT第8戦 JBCF富士山ヒルクライム | トップページ | 全日本選手権個人タイムトライアルロードレース »

2014/06/23

JPT第9戦 JBCF西日本ロードクラシック

Img_3135

403a9922
[上:かつて弟子だった畑中選手と激しいスプリント勝負を繰り広げた鈴木真理選手]
[下:100分の1秒という僅差で2位となった鈴木真理選手だが状態は上向いてきている]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

6/22(日)に、Jプロツアー第9戦の「JBCF西日本ロードクラシック」が開催されました。

◆大会WEBサイトは[こちら]
◆Live!!!ブログレポートは[こちら]

このレースに、宇都宮ブリッツェンから以下の8名がエントリー。

鈴木真理

増田成幸
鈴木譲
阿部嵩之
大久保陣
青柳憲輝

堀孝明
城田大和
出走=111名

Jプロツアー第9戦となる「西日本ロードクラシック 広島大会」が、広島県中央森林公園の難易度の高いサーキットコース(1周12.3km)で開催され、最終周回のゴールスプリントにもつれた勝負をシマノレーシングの畑中勇介選手が制し、昨年に続いての優勝を飾りました。

宇都宮ブリッツェン勢は序盤からいい形でレースを展開したものの、有力選手に絞り込まれた終盤戦でシマノレーシング勢に数で圧倒され、ゴールスプリントに挑んだ鈴木真理選手が僅かの差で2位という結果となっています。

Jプロツアーでのヒルクライム2連戦を終え、久しぶりのロードレースとなった西日本ロードクラシック。

同時に、今年は翌週に控える全日本選手権ロードに向けて、海外レースを積極的に走ってきたシマノレーシングやブリヂストンアンカーなども久々にJプロツアーのレースに出場。各チームともに調整とシュミレーションに余念がないレースとなりました。

レースがスタートすると、序盤から各チームによる主導権争いのアタックが続きます。そんな中、これまでのレースでも絶妙な逃げを見せてきた阿部選手(宇都宮ブリッツェン)が抜け出し、1周回目から単独で逃げる展開となります。

また、同じ1周回目の下り部分で、集団が大きくふたつに割れる中切れが発生。ブリヂストンアンカー勢や佐野選手(那須ブラーゼン)などの有力チーム・選手が後方の集団に取り残されてしまう予想外の事態となります。

単独で逃げる阿部選手(宇都宮ブリッツェン)はメイン集団とのタイム差を順調に広げ、40秒~1分程度のアドバンテージを奪って逃げ続けます。

一方のメイン集団は、ルビーレッドジャージのガルシア選手(Team UKYO)自らが先頭を引いてペースメイク。そこに、マトリックス、シマノレーシングなどの有力チームも加わり、逃げる阿部選手(宇都宮ブリッツェン)を吸収して勝負を仕掛けるタイミングを探り合う展開となります。

また、中切れで出来た後方集団では、椿選手以外の選手がすべて残ってしまう事態となったブリヂストンアンカー勢が先頭を強力に牽引。前を走るメイン集団にじわじわと迫っていきます。

単独で逃げ続けた阿部選手(宇都宮ブリッツェン)に疲れが見え始めた9周回目。メイン集団が阿部選手(宇都宮ブリッツェン)を吸収すると、同時に、ブリヂストンアンカー勢が強力な牽引を見せた後方集団も先頭集団をキャッチ。集団はひとつとなりレースは振り出しに戻ります。

すると、阿部選手(宇都宮ブリッツェン)の逃げで脚を温存できた宇都宮ブリッツェン勢がカウンターアタックを仕掛けると、ひとつになった集団が再びバラバラになる展開となり、先頭集団は40人弱に絞られます。

10周回目に入ると、増田選手(宇都宮ブリッツェン)がアタックを仕掛けて抜け出すと、入部選手(シマノレーシング)がその動きに反応、2名が集団から10秒ほどのアドバンテージを奪って先行します。

その動きで活性化した先頭集団はさらに人数が削られて20名程度となります。

残り2周回となる11周回目に入ると、先頭集団はさらに振るいにかけられて8名の集団となります。

増田(宇都宮ブリッツェン)
入部(シマノレーシング)
↓ 20秒程度
畑中、吉田、野中(シマノレーシング)
鈴木真理、鈴木譲(宇都宮ブリッツェン)
佐野(那須ブラーゼン)
ガルシア(Team UKYO)
デリアック(チームJBCF)

そして迎えた最終周回。

地元広島出身の野中選手(シマノレーシング)が単独で飛び出して逃げる2名にブリッジをかけると、さらに畑中選手(シマノレーシング)、鈴木真理選手(宇都宮ブリッツェン)も続き、シマノレーシング3名vs宇都宮ブリッツェン2名の直接対決の形となります。

しばらくすると野中選手(シマノレーシング)が遅れ、宇都宮ブリッツェンvsシマノレーシングの一騎打ちはゴールスプリント勝負へと持ち込まれます。

ホームストレートに現れた4名の中で、最初に動いたのは宇都宮ブリッツェン。増田選手が鈴木真理選手を引きあげると、鈴木真理選手がスプリントを開始。

一方のシマノレーシングも入部選手にが引いて発射された畑中選手がスプリントを開始します。

先がけした鈴木真理選手(宇都宮ブリッツェン)が勝利するかと思われたゴール直前で畑中選手(シマノレーシング)が並び、2名はそのままゴールへ。

最後は僅かに畑中選手(シマノレーシング)が差し切って、2年連続となる西日本ロードクラシックでの優勝を飾りました。

宇都宮ブリッツェン勢は、惜しくもスプリントに敗れた鈴木真理選手が2位。終盤に鈴木真理選手をアシストした増田選手と鈴木譲選手がそれぞれ4位と5位に入り、チームランキングトップは守りましたが、終盤はシマノレーシングに数の面でも圧倒される、課題も残るレースとなりました。

清水監督コメント
「最終的に鈴木真理キャプテンのスプリントに勝負を託す形のレースとなりましたが、惜しくも2位となってしまい、とても残念です。ただ、TOJ~熊野で若干調子を落としていたキャプテンが、優勝を狙えるほどに体調を戻してきているということが確認できたレースとなりましたし、今後のレースでキャプテンを勝たせるレースをしたいなと、改めて感じることができたレースでもあったと感じています。レースとしても、選手全員が前に乗って上手く展開できていたとは思うのですが、最後の勝負どころでウチが3名のところシマノは5名を残してきて、シマノの強さが際立ったレースだったなという印象です。翌週の全日本選手権に向けては決して悪いという感じではないので、前向きにとらえて翌週の大一番に臨みたいと思います。」

text:Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY

Logo
シクロワイアードの記事は[こちら]

◆[リザルト]
[JBCF西日本ロードクラシック - 広島中央森林公園 - JPT第9戦 - 147.60km]
1位 畑中勇介(シマノレーシング) 3h45m21s 39.29km/h
2位 鈴木真理(宇都宮ブリッツェン) st
3位 入部正太朗(シマノレーシング) +03s
4位 増田成幸(宇都宮ブリッツェン) +06s
5位 鈴木譲(宇都宮ブリッツェン) +30s

6位 佐野淳哉(那須ブラーゼン) +31s0
7位 吉田隼人(シマノレーシング) +31s
8位 リカルド・ガルシア(Team UKYO) +32s
9位 ロイック・デリアック(Team JBCF) +33s
10位 野中竜馬(シマノレーシング) +37s
22位 堀孝明(宇都宮ブリッツェン) +6m31s
28位 城田大和(宇都宮ブリッツェン) +6m45s
36位 阿部嵩之(宇都宮ブリッツェン) +9m49s
DNF 大久保陣(宇都宮ブリッツェン)
DNS 青柳憲輝(宇都宮ブリッツェン)

出走=111名/完走=52名

◆2014年Jプロツアー個人ランキング
1位 リカルド・カルシア(Team UKYO) 4,580P
2位 増田成幸(宇都宮ブリッツェン) 4,380P
3位 畑中勇介(シマノレーシング) 4,125P
4位 鈴木譲(宇都宮ブリッツェン) 3,635P
5位 ホセヴィセンテ・トリビオ(Team UKYO) 3,240P
6位 鈴木真理(宇都宮ブリッツェン) 2,850P

◆2014年Jプロツアーチームランキング
1位 宇都宮ブリッツェン 16,015P
2位 Team UKYO 12,660P
3位 シマノレーシング 10,595P
4位 那須ブラーゼン 8,612P
5位 マトリックスパワータグ 7,018P
6位 CROPS x ChampionSystem 6,780P

ルビーレッドジャージ リカルド・ガルシア(Team UKYO)
ピュアホワイトジャージ 堀孝明(宇都宮ブリッツェン)

403a9815
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a9754
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a9757
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a9766
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a9771
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a9785
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a9786
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a9794
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a9797
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a9827
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a9829
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a9835
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a9836
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a9840
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a9858
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a9870
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_2642
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_2644
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_2647
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_2657
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_2706
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_2712
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_2731
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_2759
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_2809
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_2856
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_2877
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_2898
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_2934
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_2943
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_2964
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_2981
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_3029
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_3080
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_3086
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_3094
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_3131
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_3131_2
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_3135_2
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_3140_2
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_3153
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_3160
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a9883
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a9922_2
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

|

« JPT第8戦 JBCF富士山ヒルクライム | トップページ | 全日本選手権個人タイムトライアルロードレース »