« 西日本チャレンジサイクルロードレース | トップページ | JPT第2戦 JBCF伊吹山ドライブウェイヒルクライム »

2014/03/26

JPT第1戦 JBCF宇都宮クリテリウム

Img_1873

01
[上:レース序盤から積極的にアタックを繰り返して先手を取っていく阿部選手]
[下:終始攻撃的に走った宇都宮ブリッツェン勢だったが最後のスプリントでモラに敗れる]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

3/23(日)に、Jプロツアー第1戦の「JBCF宇都宮クリテリウム」が開催されました。

◆大会WEBサイトは[こちら]
◆Live!!!ブログレポートは[こちら]

このレースに、宇都宮ブリッツェンから以下の8名がエントリー。

鈴木真理

増田成幸
鈴木譲
阿部嵩之
大久保陣
青柳憲輝

堀孝明
城田大和
出走=120名

3月23日(日)に、Jプロツアー第1戦「第1回JBCF宇都宮クリテリウム」が開催されました。

今シーズンのJプロツアー開幕戦となる「第1回JBCF宇都宮クリテリウム」が栃木県宇都宮市の清原業団地内の特設公道サーキット(1周2.7km)で開催され、マトリックスパワータグの新外国人セバスチャン・モラ選手が、大集団でのゴールスプリントを制し優勝を飾りました。

宇都宮ブリッツェンは、大久保陣選手とともにスプリント勝負に挑んだ鈴木真理選手が4位という結果になっています。

待ちに待ったJプロツアー開幕戦。

毎年、身が引き締まる思いで迎えるこの日を、選手たちは、より特別な気持ちを持って迎えました。

今シーズンの開幕戦の舞台は、チームのホームタウンである宇都宮。

運営会社を筆頭に、多くの方々の努力と支援が形となり、ようやくこぎ着けた「ホームレース」ということもあり、ブリッツェンにとっては、今シーズンを占う開幕戦ということ以上に、何が何でも勝ちたいレースです。

ブリッツェンは鈴木真理選手・増田成幸選手・鈴木譲選手・阿部嵩之選手を中心に、序盤から積極的にアタックを仕掛けて集団に揺さぶりをかけ、厳しいレース展開に持ち込むことを念頭に、大集団でのゴールスプリントとなった場合は鈴木真理選手と大久保陣選手で勝負という作戦でレースに臨みました。

レースがスタートすると、1周目から阿部嵩之選手(宇都宮ブリッツェン)や大場政登志選手(CROPS x championsystem)などの有力選手を含む5名の逃げ集団が形成されます。

この逃げは程なくして集団に吸収されますが、間を置かずに、有力選手を含む5名の新たな逃げ集団が形成されます。

窪木(Team UKYO)
阿部(宇都宮ブリッツェン)
大場(CROPS x Championsystem)
清水(那須ブラーゼン)
倉林(なるしまフレンド)

一方のメイン集団では、3周目に大規模な落車が発生。ブリッツェンは鈴木真理選手が巻き込まれてしまいます。

鈴木真理選手(宇都宮ブリッツェン)はニュートラルを使って集団に復帰しますが、変速にトラブルを抱えたままの走行を余儀なくされます。

鈴木真理選手はその後、スペアバイクに乗り換え、修理が済んだメインバイクに再度乗り換えることに。

また、その後には鈴木譲選手も落車に巻き込まれ、ブリッツェンは序盤からレースプランの修正を迫られる事態となります。

レースも中盤に差しかかると、逃げていた5名も集団に吸収され、レースは振り出しに戻ります。

何とか厳しい展開に持ち込みたいブリッツェンは、阿部嵩之選手と増田成幸選手が果敢にアタックを仕掛けて集団に揺さぶりをかけます。

その動きに協調するように、同じく厳しい展開に持ち込みたい那須ブラーゼンも佐野淳哉選手が積極的に集団先頭を引いてペースを上げますが、集団の人数を減らしはするものの、決定的な破壊には至りません。

残り5周回を切ると、増田選手(宇都宮ブリッツェン)や佐野選手(那須ブラーゼン)、平井選手(Team UKYO)ら有力選手を含む8名が集団から飛び出しレースの活性化を図りますが、決定打とはならず集団に吸収され、勝負は大集団でのゴールスプリントへ持ち込まれます。

そして、ゴールスプリントへ。

最終コーナーを5、6番手でクリアし、好ポジションにつけた鈴木真理選手と大久保陣選手が、残り500mを切ったところでスプリント勝負に挑みますが、大集団スプリントゆえの密集で前方が詰まり、ポジションを上げることができません。

ここで鈴木真理選手は左前方の隙間を、大久保選手は右前方の空いた隙間を狙ってスプリントしますが、前を走る選手に僅かに及ばず、鈴木真理選手が4位、大久保選手が6位という結果に終わりました。

清水監督コメント
「地元での開幕戦で、多くのファン・サポーターの皆さんに熱い声援をいただいたレースで結果を残せなかったのは、率直に悔しいです。途中まではいい展開でしたが、落車をきっかけにプランの修正が続くことになり、最終的にまとめ切れませんでした。阿部選手とTeam UKYOの窪木選手が逃げに入り、マトリックスに脚を使わせたというところまでは良かったと思うのですが、その次の逃げができずレースが中だるみしてしまいました。ブリッツェンとしてはその時間帯に鈴木真理選手が落車やバイク交換などで3回止まる事態になってしまっていて、そこでまとまり切れませんでしたし、残り5周回を切って、チームもゴールスプリントに向けた動きをしていて、鈴木真理選手と大久保選手も前のいいポジションに陣取ってはいたのですが、そこから2人を引っ張り出す選手がいないなど、ここでもまとまり切れませんでした。ただ、今日のレースの走りを見て、改めてブリッツェンのチーム力が高いということは分かりました。後は、ゴールスプリントの時に鈴木真理と大久保というスプリンターの力をしっかり発揮できるように、チームとしてこう動くというスタイルを今後のレースで作っていきたいと思います。今日のレースは、課題が見えたというのが一番の収穫だと感じています。次の第2戦伊吹山ヒルクライムまで3週間空きますし、その間に身体を上り仕様に切り替えて、新たな一戦という気持ちで戦っていきたいと思います。」

text:Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY

Logo
シクロワイアードの記事は[こちら]

◆[リザルト]
[JBCF宇都宮クリテリウム - 宇都宮市清原工業団地 - JPT第1戦 - 67.5km]
1位 セバスチャン・モラ(マトリックス・パワータグ)1h26m16s 46.94km/h
2位 皿屋豊(イナーメ信濃山形)st
3位 窪木一茂(Team UKYO)st
4位 鈴木真理(宇都宮ブリッツェン)st
5位 中村龍太郎(イナーメ信濃山形)st
6位 大久保陣(宇都宮ブリッツェン)st
7位 鈴木近成(那須ブラーゼン)st
8位 大塚航(JP SPORTS TEST TEAM)st
9位 藤岡克磨(CROPS x championsystem)st
10位 小室雅成(ロヂャースレーシングチーム)st
29位 阿部嵩之(宇都宮ブリッツェン)+03s
32位 増田成幸(宇都宮ブリッツェン)+03s
45位 鈴木譲(宇都宮ブリッツェン)+08s
46位 城田大和(宇都宮ブリッツェン)+08s
90位 青柳憲輝(宇都宮ブリッツェン)+3m05s
DNF 堀 孝明(宇都宮ブリッツェン)

出走120名/完走93名

◆2014年Jプロツアー個人ランキング
1位 セバスチャン・モラ(マトリックス・パワータグ)900P
2位 皿屋豊(イナーメ信濃山形)630P
3位 窪木一茂(Team UKYO)585P
4位 鈴木真理(宇都宮ブリッツェン)540P
5位 中村龍太郎(イナーメ信濃山形)495P
6位 大久保陣(宇都宮ブリッツェン)450P

◆2014年Jプロツアーチームランキング
1位 マトリックス・パワータグ 1260P
2位 イナーメ信濃山形 1215P
3位 宇都宮ブリッツェン 1080P
4位 Team UKYO 765P
5位 那須ブラーゼン 720P
6位 JP SPORTS TEST TEAM 630P

ルビーレッドジャージ セバスチャン・モラ(マトリックス・パワータグ)
ピュアホワイトジャージ 雨澤毅明(那須ブラーゼン)

403a4828
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_1672
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a4672
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a4727
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a4730
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a4735
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a4736
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a4751
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a4783
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a4790
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a4754
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_1655
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a4764
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a4781
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a4842
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_1718
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a4858
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a4883
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_1734
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a4911
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_1789
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_1820
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_1826
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_1852
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a4932
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a4939
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a4927
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_1873_2
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_1933
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_1914
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_1954
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_1964
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_2081
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_1975
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_2045
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_2125
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_2094
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_2018
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_2108
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_2144
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

01_2
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a5032
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a5053
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a5065
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

|

« 西日本チャレンジサイクルロードレース | トップページ | JPT第2戦 JBCF伊吹山ドライブウェイヒルクライム »