« ツール・ド・北海道 第3ステージ | トップページ | JPT第14戦 JBCFいわきクリテリウム »

2013/09/23

JPT第13戦 JBCF経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップ

Img_4512

Img_4706
[上:ほぼレースを失いかけた状況から諦めない走りで先頭集団を追い上げていく鈴木真理選手]
[下:前半からかなりの距離を独走したガルシア選手が最後に再び蘇り脅威の走りで勝利を手にした]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

9/22(日)に、Jプロツアー第13戦の「JBCF経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップ」が開催されました。

◆大会WEBサイトは[こちら]
◆Live!!!ブログレポートは[こちら]

このレースに、宇都宮ブリッツェンから以下の7名がエントリー。

鈴木真理
普久原奨
中村誠
飯野智行
鈴木近成
郡司昌紀
堀孝明
出走=125名

2013年Jプロツアー第13戦となる「JBCF経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップ」が、スピードとパワーを要求される群馬サイクルスポーツセンターの6kmサーキットで開催され、2周目に単独で飛び出したビセンテ・ガルシア選手(マトリックスパワータグ)が、一旦は後続から上がってきた12名に吸収されるものの、残り5周で再び仕掛け、最後は畑中選手(シマノレーシング)とのマッチスプリントを制して2013年JBCFロードチャンピオンのタイトルを見事に獲得しました。

宇都宮ブリッツェン勢は、完全に後手にまわってしまう展開の中から鈴木真理選手が残り7周でメイン集団から抜け出し、既に3分近くまで開いてしまった先頭13名との差を徐々に詰めていき、最終的には先頭集団までは届かなかったものの、先行していた多くの選手たちをパスして5位でのゴールを果たしています。

JBCFロードシリーズ最高峰の戦いとなる経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップ。

50年近い歴史を持つ伝統のこの大会に勝つと、年間チャンピオンとは別に“2013年JBCFロードチャンピオン”のタイトルホルダーとなるため、翌年の同レースまでの1年間JBCFロードシリーズに於いて紫色のヴィオラジャージを着用する権利を得ることになります。

毎年コースを変えて開催される同レースですが、今年は宇都宮からも近い群馬サイクルスポーツセンター6kmサーキットで開催され、距離も174kmと通常のJプロツアーレースに比べて長めの設定となっています。

Jプロツアー登録を行っている主要チームの殆どが参戦し、フルメンバーと言ってもいいなかでスタートした最高峰の戦いは、いつも同様にアタックの応酬で戦いの口火が切られていきます。

主要チーム同士が人数を合わせるようにアタックを選別していくなか、2周目にマトリックスパワータグの助っ人外国人ガルシア選手が単独でスルスルと抜けだします。

すると、先が長いレースということもありメイン集団はこの逃げを容認してスローダウン、先行してチャンスを得たいクラブチーム系の選手たちがそこから抜けだしていき、6周完了時点でレースは3つの集団で一旦落ち着きをみせました。

先頭4名
ガルシア(マトリックスパワータグ)
森本(cannondale championsystem)
山本(イナーメ信濃山形)
川田(VAX RACING)

↓1分差で追走5名

高岡(イナーメ信濃山形)
小畑(なるしまフレンド)
菅(Peugeot Neilpryde)
福原(Esperance Stage)
斉藤(Team JBCF)

↓先頭から2分30秒差

メイン集団

ラップタイムを落としながらも順調に逃げる先頭集団と第2集団に対して、どこも主導権を握りたがらないメイン集団はサイクリングペースにまでスローダウンし、9周完了時点で先頭の4名とメイン集団との差は6分30秒にまで広がってしまいます。

スピードが上がった時には8分台のラップタイムで周れるサーキットコースなので、下手をすると集団がラップアウトされる可能性も浮上しはじめます。

それを知ってか知らずか、先頭集団にいたガルシア選手(マトリックスパワータグ)が再びスピードを上げはじめ、一緒に逃げていた他の3名を切り離して再び独走態勢に入りました。

時を同じくして、メイン集団ではシマノレーシングが全員でローテーションを開始、ようやく集団のスピードが上がりはじめて前との差を徐々に縮めはじめていきます。

シマノレーシングが2周強メイン集団を牽引すると、先頭を単独で逃げるガルシア選手(マトリックスパワータグ)との差は4分台にまで縮まり、その後、シマノレーシングに代わって、ツール・ド・北海道を制したばかりのトマ・ルバ選手(ブリヂストンアンカー)がメイン集団の牽引を引き継ぎ、ほぼ先頭固定で4周ほど追走を続けると先頭のガルシア選手(マトリックスパワータグ)以外の先行集団は全て吸収されてしまいます。

先頭1名
ガルシア(マトリックスパワータグ)

↓2分差

メイン集団

ここでルバ選手(ブリヂストンアンカー)が下がるとメイン集団が再び活性化、中盤を過ぎたところで本当の戦いが開始されます。

多くのアタックが繰り返されるなか、まずシマノレーシングの鈴木譲選手が単独で抜けだして先頭のガルシア選手(マトリックスパワータグ)に合流。

更にメイン集団からパラパラと選手が抜けだして11名の追走グループを形成し、程なくして先頭の2名を吸収して13名の先頭グループが形成されました。

土井/山下(Team UKYO)
ガルシア/永良(マトリックスパワータグ)
初山(ブリヂストンアンカー)
畑中/鈴木/安井/西村(シマノレーシング)
原川(cannondale championsystem)
才田(Peugeot Neilpryde)
木下(EQA U23)
高田(スミタラバネロパールイズミ)

宇都宮ブリッツェン勢はこの先頭グループにメンバーを送り込めず、また、そのことを把握するまでに時間がかかってしまい、殆どの有力チームのメンバーが含まれた先頭13名とメイン集団との差はすぐに3分近くまで拡大してしまいます。

この段階で最も有利なのは4名を送り込んだシマノレーシングと、エースの土井選手を乗せたTeam UKYO。

逆に初山選手のみのブリヂストンアンカーと、序盤からずっと逃げてきて脚に効いているであろうガルシア選手とスプリント力があまりない永良選手のマトリックスパワータグは逃げに消極的な姿勢をみせます。

しかし、どちらにしても圧倒的に不利なのは誰も乗せていない宇都宮ブリッツェンであり、大幅にスローダウンしたメイン集団を再び活性化されるのは困難な状況にみえました。

そんな中、窮地に立たされた鈴木真理選手(宇都宮ブリッツェン)が、中村選手や郡司選手などの力を借りてメイン集団からのアタックを成功させると、4名の追走集団を形成することに成功します。

鈴木真理(宇都宮ブリッツェン)
向川(マトリックスパワータグ)
平井(ブリヂストンアンカー)
カベッロ(Team UKYO)

しかし、4名とは言っても、鈴木真理選手(宇都宮ブリッツェン)以外の3名は全員チームメイトが前に行っている状態であり、危険な真理選手を前の集団に引き上げることにはあまり協力的ではなく、徹底しているカベッロ選手(Team UKYO)に関しては当然のことながら1mmも前に出ることはありませんでした。

それでも、粘る鈴木真理選手(宇都宮ブリッツェン)は、徐々に先頭集団との差を詰めていき、残り6周で牽制状態となった先頭集団を視野に入れるところまで上がってきます。

このタイミングで、先頭の13名から5名の選手が抜け出すことに成功しました。

山下(Team UKYO)
ガルシア(マトリックスパワータグ)
畑中/鈴木/安井(シマノレーシング)

残された8名は完全にスローダウンして、すぐに鈴木真理選手(宇都宮ブリッツェン)らが合流。

先頭の5名が協調体制で逃げる一方で、鈴木真理選手(宇都宮ブリッツェン)が合流した“取り残され”グループは、行きたいチームと抑えたいチームが混在してスピードは一向に上がっていきません。

それでも諦めない鈴木真理選手(宇都宮ブリッツェン)は、先頭を追って追走グループから再び抜けだし1分以上離れてしまった5名を追いかけはじめます。

ここで状況が不利になったブリヂストンアンカー勢が、再びルバ選手を使って後方からの追撃を開始し、レース展開がまたまた違うカタチへと移り変わってしまいます。

残り周回が少なくなり、ほぼ逃げ切りが確定した先頭の5名から再度ガルシア選手(マトリックスパワータグ)がアタックを仕掛けると、畑中選手(シマノレーシング)以外の3名は遅れてしまい、勝負はガルシア選手&畑中選手の2名に絞られるカタチとなりました。

お互いにスプリントに自信のある先頭の二人は協調しながらゴールを目指していき、そのまま勝負は最後の直線に持ち込まれます。

そして、ガルシア選手(マトリックスパワータグ)が先行してスプリントを開始すると、畑中選手(シマノレーシング)も反応して一気に捲りにいきますが、あと一歩届かず、序盤から逃げていたガルシア選手(マトリックスパワータグ)が脅威の脚をみせつけて見事2013年JBCFロードチャンピオンのタイトルを手に入れました。

宇都宮ブリッツェン勢では、最後に後ろから上がってきた4名に吸収された鈴木真理選手が意地のゴールスプリントでなんとか5位のリザルトを残しています。

栗村監督コメント
「宇都宮から近い群馬サイクルスポーツセンターで開催された今年のJBCFロードチャンピオンシップ。昨年は経済産業大臣旗を獲得しており、今年も若干苦しい台所事情ではあるものの頂点を目指して戦いに挑みました。前半担当として中村選手と郡司選手、中盤以降は普久原選手や鈴木近成選手、堀選手がチャンスを狙い、そして最後は鈴木真理選手と飯野選手が力勝負にでるという流れを前夜のミーティングで話し合います。スタート直前、北海道後から体調を崩していた飯野選手から回復状況が芳しくない旨を聞き、急遽中村選手を中盤よりにシフト。レースがはじまると有力チームは殆ど動きをみせず、戦力が低下している我々にとっては若干救いの展開となります。しかし、中盤以降に決まった13名の先頭集団に誰も乗れなかったことで、完全に負けレースの流れとなってしまいました。鈴木真理選手の個の力で最悪の結果は免れたものの、多くの課題の残るレースとなったのは事実です。レース後、選手たちの話を聞く限り、年間タイトルを狙うTeam UKYO勢が、2位に付けている我々を若干警戒しての戦略をとっていたことが、いつもと違う流れにハマってしまった原因の一つになったと思われます。昨年、我々も年間タイトルを意識したレースを行った経験があるのでその気持は理解できます。しかし、逆の立場になった今年、そのことをしっかりと予測する必要がありました。他チームの攻撃に対してはあまり反応をみせないなか、宇都宮ブリッツェンの攻撃は全てチェックという流れに、ベテランの普久原選手などが必死に修正を試みましたが、若手選手たちは困惑してアドリブが効かず、結局最悪の状況に陥ってしまったと感じています。レースは難しいです。完走がたった7名だった力勝負の東日本クラシックとは違い、戦略が重要となった今回のチャンピオンシップを経験して、改めてロードレースの奥の深さを実感しました。そして、本日もたくさんのご声援ありがとうございました。なかなか皆さんに勝利をプレゼントすることができませんが、諦めることなく残りのレースも全力で勝ちを狙いにいきたいと思います。」

Logo
シクロワイアードの記事は[こちら]

◆[リザルト]
[JBCF経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップ - 群馬CSC - JPT第13戦 - 174km]
1位 ビセンテ・ガルシア(マトリックスパワータグ) 4h31m24s 38.46km/h
2位 畑中勇介(シマノレーシング) st
3位 山下貴宏(Team UKYO) +36s
4位 マリウス・ヴィズィアック(マトリックスパワータグ) +1m12s
5位 鈴木真理(宇都宮ブリッツェン) +1m12s
6位 アントニオ・カベッロ(Team UKYO) +1m13s
7位 寺崎武郎(EQA U23) +1m13s
8位 初山翔(ブリヂストンアンカー) +1m13s
9位 安井雅彦(シマノレーシング) +2m09s
10位 土井雪広(Team UKYO) +2m13s
12位 鈴木近成(宇都宮ブリッツェン) +2m13s
22位 中村誠(宇都宮ブリッツェン) +4m14s
42位 郡司昌紀(宇都宮ブリッツェン) +4m17s
46位 普久原奨(宇都宮ブリッツェン) +4m18s
47位 堀孝明(宇都宮ブリッツェン) +4m18s
DNF 飯野智行(宇都宮ブリッツェン)

出走125名/完走75名

◆2013年Jプロツアー個人ランキング
1位 ホセビセンテ・トリビオ(Team UKYO) 8,251P
2位 土井雪広(Team UKYO) 6,260P
3位 ダミアン・モニエ(ブリヂストンアンカー) 5,076P
4位 飯野智行(宇都宮ブリッツェン) 4,588P
5位 山下貴宏(Team UKYO) 4,290P
6位 鈴木真理(宇都宮ブリッツェン) 4,121P

◆2013年Jプロツアーチームランキング
1位 Team UKYO 27,327P
2位 宇都宮ブリッツェン 19,496P
3位 マトリックスパワータグ 16,625P
4位 ブリヂストンアンカー 13,125P
5位 シマノレーシング 10,692P
6位 cannondale championsystem 10,489P

ルビーレッドジャージ ホセビセンテ・トリビオ(Team UKYO)
ピュアホワイトジャージ 西村大輝(シマノレーシング)

403a4314
[秋晴れのなかJBCF最高峰の戦いとなる経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップが開催される]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a4320
[スタート時間が早いことから朝の6時台に朝食を摂る鈴木真理選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_4097
[ツール・ド・北海道後から続く体調不良を押しての出場となった飯野選手がインタビューを受ける]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a4341
[選手たちがウォーミングアップをを開始]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_4101
[今シーズン限りでの引退を発表した中村キャプテンが体を暖めていく]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a4347
[4時間30分を超えるレースのため補給はいつも以上に大切となる]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_4115
[良い状態を維持している普久原選手がスタートに向け集中していく]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a4353
[レース当日まで最善は尽くしたもののスタート直前に勝負に加われないことを悟る飯野選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_4111
[アーリーアタックに乗ることを狙う郡司選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a4400
[北海道後に右膝の痛みが再発した中村選手が状況を判断しながらレースを運ぶ]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_4200
[はやくも2周目に単独で飛び出すマトリックスパワータグのガルシア選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_4380
[ガルシア選手以外の序盤の逃げが吸収されたあとアタック合戦に加わっていく堀選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_4165
[序盤から集団前方で積極的に動き続ける郡司選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_4659
[若手選手たちが戸惑うなか孤軍奮闘気味に動きをまとめる普久原選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_4306
[本来の走りができずに13名の先頭グループの先行を許してしまう宇都宮ブリッツェン勢]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_4437
[状況判断に手間取り差が3分近くまで開いたところで鈴木真理選手が動きだす]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_4481
[チームメイトが逃げている抑え系の3選手を引き連れて追撃を開始]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_4512_2
[一時は絶望的と思われた状況のなか徐々に前との差を詰めていく鈴木真理選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_4589
[鈴木真理選手が1分差まで近づいてきたところで先頭集団から5名が飛び出す]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_4590
[取り残された8名の第2集団に鈴木真理選手が合流するが周りは抑え系のチームばかり]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_4620
[第2集団から単独で抜け出し再び先頭の5名を追い始める鈴木真理選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_4678
[メイン集団もようやくスピードが上がりボトルを受け取る普久原選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_4634
[相性の良い群馬CSCのコースで再び上位入賞を目指す鈴木近成選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_4682
[先頭5名から落ちてきた2名を吸収して4位争いの位置まで順位を上げる鈴木真理選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_4706_2
[前半からかなりの距離を独走したガルシア選手が最後に再び蘇り脅威の走りで勝利を手にした]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

01
[圧倒的に不利な状況から4位争いのスプリントにまで状況を改善した鈴木真理選手は5位でフィニッシュ]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_4743
[鈴木近成選手は12位]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a4472
[経済産業大臣旗はマトリックスパワータグが獲得]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a4431
[ゴール後レース内容について話し合う各選手たち]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a4437
[良い走りはみせたもののチーム全体でのミスに悔しさを滲ます鈴木近成選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a4424
[堀選手はピュアホワイトジャージを失った]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_4767
[インタビューに応える中村選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a4474
[バスツアーなどで会場に集まった多くのサポーターを前に挨拶する選手たち]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

|

« ツール・ド・北海道 第3ステージ | トップページ | JPT第14戦 JBCFいわきクリテリウム »