« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013/08/26

シマノ鈴鹿ロードレース

01

Img_2014
[上:普久原選手とともに16名の先頭集団に入ってレースをリードする飯野選手]
[下:集団スプリントを制したのは偉大な父を持つイグナツィオ・モゼール(BMC DT)]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

8/24(土)~8/25(日)の2日間に渡り、「シマノ鈴鹿ロードレース」が開催されました。

◆大会WEBサイトは[こちら]
◆Live!!!ブログレポートは[こちら]

このレースに、宇都宮ブリッツェンから以下の7名がエントリー。

鈴木真理
普久原奨
中村誠
飯野智行
鈴木近成
郡司昌紀
堀孝明
出走=171名

参加延べ人数が1万人を超える巨大イベント「シマノ鈴鹿ロードレース」のメインレース「国際ロードレース」がスピードコースとしてお馴染みの「三重県鈴鹿サーキット」で開催され、ラスト2周でレースを振り出しに戻した BMC Development Team 勢のエース、イグナツィオ・モゼールが、40名弱の集団スプリントを制して見事優勝を飾りました。

宇都宮ブリッツェン勢は、レース中盤に形成された16名の先頭集団に普久原選手と飯野選手が入るものの、BMC Development Team の追走でこの逃げは吸収されてしまい、最後のゴールスプリントでは飯野選手の15位が最高位となっています。

公式戦ではないものの、例年多くの有力選手が出場する「シマノ鈴鹿国際ロードレース」。

今年もホストチームのシマノレーシングをはじめ、海外招待チームとして、Team Argos-Shimano、BMC Development Team、BKCP Powerplusなどが来日。

また、国内有力コンチネンタルチームの、愛三工業レーシング、チームブリヂストン・アンカーなどもエントリーし、かなり豪華な布陣での戦いとなりました。

例年とは打って変わって雨のなかでスタートしたレースは、序盤からアタックが繰り返されるものの、メイン集団は動きを止めずにハイスピードのまま周回を重ねていきます。

6周目(全10周)、メイン集団全体にに疲れがみえはじめたところで、普久原選手(宇都宮ブリッツェン)を含む14名の選手がバラバラと飛び出していき、すぐに10秒ほどのリードを奪います。

7周目のバッグストレートに入ったところでメイン集団から Team Argos-Shimano の選手がブリッジを掛け、これに飯野選手(宇都宮ブリッツェン)が反応して二人で先頭の14名に合流しました。

有力チームのメンバーが含まれた先頭の16名はメイン集団との差を徐々に広げていき、セイフティリードとも思える20秒差にまで距離を開きます。

このまま16名での争いになるかと思われましたが、メイン集団にスプリンターを残す BMC Development Team がメイン集団を引きはじめるとタイム差は一気に縮まり、残り2周でレースは再び振り出しに戻ってしまいます。

一連の動きでメイン集団の数は40名ほどにまで減り、宇都宮ブリッツェンはこの中に6名を残して最後の攻防に向かっていきました。

メイン集団前方ではアタックが繰り返されますが、結局それらが決まることはなく、勝負はゴールスプリントへと持ち込まれます。

横に広がる大混戦のゴールスプリントを制したのは、往年の名選手、フランチェスコ・モゼールを父親に持つ二世選手、イグナツィオ・モゼール(BMC Development Team)でした。

宇都宮ブリッツェン勢では、重要な局面で Team Argos-Shimano の選手と共にブリッジを決めるなど、今回も高い実力をみせた飯野選手が15位でフィニッシュしたのが最高位となっています。

栗村監督コメント
「土曜日のチームタイムトライアルは若手中心のメンバーで挑み、招待チームには大きな差をつけられてしまったものの一先ず2位に入って表彰台に上がりました。また、恒例の子供自転車教室“ウィーラースクール”にも参加し、将来を担う多くの子供達とも触れ合いました。そして、メインイベントの国際ロードでは、各選手が積極的な走りでそれぞれの課題にトライし、リザルトには直結しなかったものの次に繋がる手応えを得ることができました。来週からは重要な公式戦が4週連続で続くので、最高の結果を求めて戦いに挑みたいと思います。」

Logo
シクロワイアードの記事は[こちら]

◆[リザルト]
[シマノ鈴鹿国際ロードレース - 三重県鈴鹿サーキット - 58.2km]
1位 Ignazio MOSER (BMC Development Team) 1h15m29s 
2位 Arnaud GRAND (BMC Development Team) st 
3位 Jonas AHLSTRAND (Team Argos-Shimano) st 
4位 吉田隼人 (シマノレーシング) st 
5位 Daan HOEYBERGHS (BKCP Powerplus) st 
6位 平井栄一 (チームブリヂストン・アンカー) st 
7位 六峰亘 (チームブリヂストン・アンカー) st 
8位 Marius WISIAK (マトリックス・パワータグ) st 
9位 小室雅成 (イナーメ信濃山形) st 
10位 Dieter VANTHOURENHOUT (BKCP Powerplus) st 
15位 飯野智行 (宇都宮ブリッツェン) st 
25位 鈴木真理 (宇都宮ブリッツェン) +03s 
32位 鈴木近成 (宇都宮ブリッツェン) +09s 
36位 普久原奨 (宇都宮ブリッツェン) +19s 
37位 堀孝明 (宇都宮ブリッツェン) +19s
68位 郡司昌紀 (宇都宮ブリッツェン) +1m27s 
70位 中村誠 (宇都宮ブリッツェン) +2m19s

出走171名/完走87名

403a2909
[24日土曜日はウィーラースクールとチームタイムイトライアルに参加]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a2904
[シマノ製のディスクホイールを履き若手中心のメンバーでチームTTに挑む]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a2944
[集中した表情でウォーミングアップを行う堀選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a2923
[翌々週のJBCFタイムトライアルチャンピオンシップに照準を合わせる郡司選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a2955
[様々なレベルのチームが集うシマノ鈴鹿ロードのチームTTスタート前]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_1710
[郡司、堀、鈴木近成、鈴木真理の4選手で徐々に速度を上げていく]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a3017
[招待チームとは大きな差がついたものの真理+ヤングメンで2位表彰台に上がる]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_1731
[普久原、中村、飯野の3選手は子供自転車教室“ウィーラースクール”に参加]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a3032
[チームTTメンバーも交えてみんなで記念撮影!]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a3054
[25日日曜日は朝から生憎の雨が振り続ける]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a3047
[田村メカが午後の国際ロードに向けて準備を進める]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a3127
[独特のスタイルでチームの調和を保つことができる鈴木真理選手の存在は大きい]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_1665
[すっかり本来の走りを取り戻した普久原選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a3061
[雨が降ったり止んだりの不安定な天候のなか各選手がウォーミングアップを開始]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_1747
[多くのギャラリーが見守るなか有力チームがスタート地点に向かう]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a3085
[昔からアクシデントに見舞われることが多くあまりこのレースと相性の良くない中村選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_1768
[集団前方では数え切れないほどのアタックが繰り返されハイスピードバトルが続く]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_1760
[夏場の休憩をはさみこれまで以上に安定感が増した飯野選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_1825
[懸命にアタック合戦に対応する郡司選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_1929
[中村選手はセイフティーファーストで周回を重ねる]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_1818
[この日の堀選手は前方で良い動きを繰り返す]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_1838
[レース中最もよく動いていた普久原選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_1983
[落ち着いて自分の役割をこなしていく鈴木近成選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

01_3
[チーム全体を視野に入れながらポイントポイントで重要な動きを繰り出す鈴木真理選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_1902
[6周目に形成された14名の先頭集団に最終便として追いつく普久原選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

01_2
[アルゴス・シマノの選手と共にたった二人で先頭集団にブリッジをかけた飯野選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_1971
[終始メイン集団の先頭付近でアタックに絡む堀選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_1939
[普久原選手と飯野選手を含む先頭集団が逃げ切るかに思えたがラスト2周で後続が合流]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_2014_2
[集団スプリントを制したのは偉大な父を持つイグナツィオ・モゼール(BMC DT)]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_2024
[最後はスプリントで15位となったものの状態が良いことを再確認した飯野選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a3126
[レースごとにムラはあるものの自分にできることを懸命に続ける鈴木近成選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

|

2013/08/19

JPT第10戦 JBCFみやだクリテリウム

02

01_2
[上:強力な引きで逃げ切りの原動力となった飯野選手はスプリント勝負で敗れて2位]
[下:ヨーロッパ遠征から戻った入部選手が得意のスプリントに持ち込みJPT初優勝を飾る]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

8/18(日)に、Jプロツアー第10戦の「JBCFみやだクリテリウム」が開催されました。

◆大会WEBサイトは[こちら]
◆Live!!!ブログレポートは[こちら]

このレースに、宇都宮ブリッツェンから以下の8名がエントリー。

鈴木真理
普久原奨
中村誠
飯野智行
鈴木近成
郡司昌紀
堀孝明
城田大和
出走=51名(決勝)

2013年Jプロツアー第10戦となる「JBCFみやだロードレース」が、長野県宮田村の変化に富んだ公道サーキットコース(1周=3.2km)で開催され、決勝レースは中盤の逃げに乗った入部正太朗選手(シマノレーシング)が、ゴールスプリント勝負を制して嬉しいJプロツアー初優勝を飾りました。

宇都宮ブリッツェン勢では、序盤から積極的にアタックを仕掛けた飯野選手が、3名の先頭集団で最後まで逃げ切り、入部選手(シマノレーシング)とのゴールスプリント勝負には敗れたものの、2位という結果を残しました。

約1カ月の中断期間を経てのJプロツアー再開初戦となったみやだクリテリウム。

宇都宮ブリッツェンは、明確なチームオーダーは決めずに積極的な走りで勝利を狙っていく形で決勝レースに挑みました。

予選を勝ち抜いた50名の選手が出走する決勝レースは、3.2km×10周回、距離にして32kmと短いこともあり、リアルスタートが切られると有力チームを中心に激しいアタック合戦が繰り返されます。

すると早速、4名の逃げが形成されます。

飯野(宇都宮ブリッツェン)
阿部(Team UKYO)
安原(マトリックス)
鈴木譲(シマノレーシング)

この4名の逃げはメイン集団に5秒ほどのタイム差をつけて先行しますが、やがて、ペースを上げたメイン集団によって吸収されてしまいます。

その後は再びハイペースで各チームの主導権争いが進みますが、決定的な動きにはつながりません。

ここで一度、集団の勢いと雰囲気が緩んだタイミングを見計らって、嶌田選手(Team UKYO)が単独で抜け出します。

一方のメイン集団は、有力チームたちが前を牽いてペースアップ。少しずつ嶌田選手(Team UKYO)との差を縮めていきます。

程なくして嶌田選手(Team UKYO)がメイン集団に吸収されると、阿部嵩之選手(Team UKYO)がアタック。

それに反応した飯野選手(宇都宮ブリッツェン)、入部正太朗選手(シマノレーシング)が合流し、3名の逃げが形成されました。

この3名は協調体制をとりローテーションしながらメイン集団とのタイム差を15秒ほどに広げていきます。

一方のメイン集団は、逃げ集団に選手を送り込んでいないマトリックス勢が先頭に立って追撃を開始しますが、単発での動きに終始してしまい、今ひとつ集団のペースが上がっていきません。

逃げの3名は15秒ほどのリードを保ったまま、勝負は最終周回に。

前半からよく牽いていた阿部選手(Team UKYO)が徐々に遅れはじめたところで、上り区間に入ると、入部選手(シマノレーシング)とのスプリント勝負を避けたい飯野選手(宇都宮ブリッツェン)が仕掛けますが、入部選手(シマノレーシング)も食い下がり、勝負はゴールスプリントへと持ち込まれました。

最後は、スプリントで分がある入部選手(シマノレーシング)が余裕を持ってゴール。

飯野選手(宇都宮ブリッツェン)は上り区間で引き離せなかった悔しさを爆発させながら2位でのゴールとなりました。

また、20名ほどの大集団スプリントとなったメイン集団では、ルビーレッドジャージを着るトリビオ選手(Team UKYO)がスプリントを開始しますが、鈴木真理選手(宇都宮ブリッツェン)が落ち着いて差し切り、集団トップの4位でゴール。

中村誠選手(宇都宮ブリッツェン)も6位に入り、宇都宮ブリッツェンはJプロツアー再開レースで、2位・4位・6位とまずまずの結果を残しました。

栗村監督コメント
「シーズン後半戦がはじまりました。昨年の大怪我から多くの努力を経て復活してきた鈴木真理選手、シーズン前半戦を一身に背負いその後不調に陥っていた飯野選手、膝の痛みで数レースを休んでいた中村選手、冬の手術から徐々に回復してきた普久原選手、そして成長を続ける若手選手たち。夏のインターバルを挟み、各選手が状態を改善してようやく今年のチームが持つ本来の力を発揮しはじめました。(但し、城田選手は膝の状態が改善しないので今後一定期間休みを入れる可能性があります。)本日のレースは当然勝利を狙って走りましたが、ガチガチのチーム戦略は立てずに個人の積極性を活かす形での勝負を選択。その中で、飯野選手が彼本来のキレのある走りをみせて3名の逃げ切りを創りだし、最後は勝負に徹した入部選手に負けたものの十分な手応えを得たレースとなりました。また、鈴木真理選手が多くの強豪選手が残る後続集団のスプリントを制して4位に入り、膝の故障明けの中村選手も6位でのゴールを果たしています。今年のチームは各自が持っている力を発揮すればかなりのポテンシャルを持っています。まだ、課題や各種微調整などは多くの残されていますが、それらを一つ一つ解決しながら強いチームを創るための階段を一歩ずつ登っていきたいと思います。本日も遠方にも関わらずたくさんご声援ありがとうございました。」

Logo
シクロワイアードの記事は[こちら]

◆[リザルト]
[JBCFみやだクリテリウム - 長野県宮田村 - JPT第10戦 - 決勝32km]
1位 入部正太郎(シマノレーシング) 48m46s 39.36km/h
2位 飯野智行(宇都宮ブリッツェン) +1s
3位 阿部嵩之(Team UKYO) +3s
4位 鈴木真理(宇都宮ブリッツェン) +23s
5位 ホセビセンテ・トリビオ(Team UKYO) +23s
6位 中村誠(宇都宮ブリッツェン) +24s
7位 小室雅成(イナーメ信濃山形) +24s
8位 山下貴宏(Team UKYO) +24s
9位 吉田隼人(シマノレーシング) +24s
10位 小坂光(那須ブラーゼン) +24s
15位 郡司昌紀(宇都宮ブリッツェン) +25s
17位 普久原奨(宇都宮ブリッツェン) +28s 
31位 堀孝明(宇都宮ブリッツェン) +1m59s
40位 鈴木近成(宇都宮ブリッツェン) +3m49s
DNF 城田大和(宇都宮ブリッツェン)

出走51名(決勝)/完走40名

◆2013年Jプロツアー個人ランキング
1位 ホセビセンテ・トリビオ(Team UKYO) 6,350P
2位 土井雪広(Team UKYO) 4,860P
3位 狩野智也(Team UKYO) 3,780P
4位 阿部嵩之(Team UKYO) 3,676P
5位 飯野智行(宇都宮ブリッツェン) 3,387P
6位 鈴木真理(宇都宮ブリッツェン) 2,870P

◆2013年Jプロツアーチームランキング
1位 Team UKYO 20,850P
2位 宇都宮ブリッツェン 15,045P
3位 マトリックスパワータグ 10,572P
4位 cannondale championsystem 8,386P
5位 ブリヂストンアンカー 6,875P
6位 湘南ベルマーレ 6,850P

ルビーレッドジャージ ホセビセンテ・トリビオ(チーム右京)
ピュアホワイトジャージ 堀孝明(宇都宮ブリッツェン)

403a2592
[心地よい暑さが広がる長野県宮田村のレース会場に到着]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a2491
[国内シリーズ戦で優勝を争えるレベルまで回復してきた鈴木真理選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a2499
[田村メカが各種作業をテキパキとこなす]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a2553
[膝の痛みが消えない城田選手は精神的に辛い時期が続く]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a2576
[決勝進出を果たし明るい表情をみせる鈴木近成選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a2543
[午後の決勝までの時間をリラックスして過ごす飯野選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a2496
[8名全員が決勝に進出し再びウォーミングアップを開始]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_1131
[膝の痛みで石川ロードをパスした中村キャプテンが復帰戦を前に集中する]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a2591
[どのレース会場に行っても熱い声援で選手たちを支えるブリッツェンサポーター]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a2582
[すっかりピュアホワイトジャージが似合うようになった堀選手が最前列に並ぶ]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_1152
[逃げることに拘りをみせる郡司選手がこの日もアタックを狙う]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a2589
[束の間の休養期間でリフレッシュした飯野選手がポジティブな気持ちでスタートを待つ]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_1265
[決勝進出果たした51名の選手たちがスタート地点に並ぶ]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_1274
[短いニュートラル区間を経て決勝レースがはじまる]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_1349
[リアルスタート直後からアタック合戦がはじまり縦長の展開となる]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_1230
[予選ではコーナリングに手こずった鈴木真理選手だが決勝ではスムースさを取り戻す]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_1306
[レース序盤に飯野選手を含む4名が飛び出すがキャノンデール勢の追走で吸収される]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_1351
[膝の状態が改善しない城田選手はリタイアとなり今後しばらく治療に専念する]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_1327
[あまり得意ではないスピードレースのなかで展開に絡み続ける堀選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_1492
[久々のレースで苦しみながらも着実に集団前方をキープする中村選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_1427
[苦しみながらも先頭集団をキープして周回を重ねる郡司選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_1510
[序盤から中盤にかけてチームのために動いた鈴木近成選手が集団から遅れる]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_1435
[飯野選手が阿部選手のアタックに反応しそこに入部選手が合流して3名が飛び出す]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_1484
[マトリックス勢が懸命の追走を続けるなか普久原選手が効果的な働きを続ける]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

02
[ゴールが近づくにつれて飯野選手が強さを増していき先頭集団を強力に牽引]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

01
[ヨーロッパ遠征から戻った入部選手が得意のスプリントでJPT初優勝を飾り飯野選手は2位でゴール]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_1590
[ルビーレッドジャージを着るトリビオをゴール前で交わした鈴木真理選手は4位]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a2621
[いつも通りに献身的な走りでチームメイトを支えた普久原選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a2636
[今季初勝利を逃して悔しさを滲ませた飯野選手だが本来の走りを取り戻せたことは好材料]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a2674
[堀選手はピュアホワイトジャージをキープ]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

|

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »