« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013/07/15

JPT第9戦 JBCF石川ロードレース

Img_9861

10
[上:レース中盤に先頭集団へ合流し堀選手と共に優勝争いを繰り広げる鈴木近成選手]
[下:序盤から逃げ続けた堀選手は阿部選手に僅差で敗れるも自己最高の2位でフィニッシュ]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

7/14(日)に、Jプロツアー第9戦の「JBCF石川ロードレース」が開催されました。

◆大会WEBサイトは[こちら]
◆Live!!!ブログレポートは[こちら]

このレースに、宇都宮ブリッツェンから以下の7名がエントリー。

鈴木真理
普久原奨
飯野智行
鈴木近成
郡司昌紀
堀孝明
城田大和
出走=98名

Jプロツアー第9戦「第12回JBCF石川サイクルロードレース」が、福島県石川町と浅川町にまたがる、アップダウンの厳しい公道特設周回コースで開催され、宇都宮ブリッツェンは地元・宇都宮市出身の堀孝明選手が2位表彰台を獲得しました。

毎年“灼熱地獄”と称されるほどの高い気温と照りつける太陽の下で行われる今レースですが、今年は厚い雲に覆われ、時折雨もパラつく天候。気温もさほど高くなく、例年よりもハイペースなレースが予想されます。

宇都宮ブリッツェンは鈴木真理選手、普久原奨選手、飯野智行選手の3人を中盤から終盤の勝負要員とし、前半から中盤にかけては、Team UKYO勢やEQA U23勢の動きを視野に入れながら、鈴木近成選手、郡司昌紀選手、堀孝明選手、城田大和選手の若手4人が対応するという作戦で臨みました。

学校法人石川高校前をパレードスタートした後、リアルスタートが切られると早速2人の選手が飛び出します。

大場(cannondale championsystem)
長沼(VAX RACING)

その2人を追って20秒差で1人、そして30秒差でメイン集団という状態で展開していきますが、前レースの西日本クラシックに続き、宇都宮ブリッツェンの飯野選手が落車によって遅れてしまいます。

2周目に入ると、逃げの2人を追って堀選手(宇都宮ブリッツェン)を含む4人が追撃集団を形成し、まもなく先頭2人と合流して先頭集団は6人となりました。

堀(宇都宮ブリッツェン)
大場(cannondale championsystem)
澤田(cannondale championsystem)
阿部(Team UKYO)
内野(EQA U23)
長沼(VAX RACING)

この6人の逃げは、メイン集団と1分前後の差を維持しながら進んでいきます。

一方のメイン集団内では、マトリックス勢が中心となって先頭を牽き、そこにTeam UKYO勢と宇都宮ブリッツェン勢が絡むという展開で、3周回までレースは進んでいきます。

レースが振り出しに戻ったのは4周回目。

ペースを上げて逃げ集団をメイン集団が吸収すると、その後に幾つかのアタックが繰り返された後、7人の逃げ集団が形成されます。

鈴木近成(宇都宮ブリッツェン)
堀(宇都宮ブリッツェン)
阿部(Team UKYO)
池部(マトリックスパワータグ)
内野(EQA U23)
大場(cannondale championsystem)
小畑(なるしまフレンド)

この逃げが容認されたことで集団は再びペースダウンし、タイム差は1分程度に落ち着きます。

逃げ集団に2人の選手を送り込んだ宇都宮ブリッツェンは、鈴木近成選手が献身的に先頭交代に加わり、堀選手の脚を温存。

一方のメイン集団内では普久原選手(宇都宮ブリッツェン)が集団のコントロールに加わり、鈴木真理選手(宇都宮ブリッツェン)を温存するという、今シーズンなかなか持ち込めなかった展開に持ち込みます。

6周回目も終盤に入るとメイン集団が活性化。逃げ集団とのタイム差を20秒ほどまで縮めます。

しかし、逃げ集団はペースを落とすことなく、7周回目に入ってもタイム差は20秒程度から縮まりません。

最終周回に入ると、逃げ集団は2人が脱落し鈴木近成選手(宇都宮ブリッツェン)と堀選手(宇都宮ブリッツェン)を含む5人に。

鈴木近成(宇都宮ブリッツェン)
堀(宇都宮ブリッツェン)
阿部(Team UKYO)
内野(EQA U23)
大場(cannondale championsystem)

メイン集団からは選手が数人飛び出し、追走集団を形成して先頭を追いかける展開となりますが、タイム差は縮まらず、勝負は逃げの5人に絞られました。

ゴール前200mの地点に現れたのは、内野選手(EQA U23)、堀選手(宇都宮ブリッツェン)、阿部選手(Team UKYO)の順に3人。

最後のコーナーを抜け、ゴール手前の上りに入ると、内野選手(EQA U23)の番手につけていた堀選手(宇都宮ブリッツェン)が絶妙なタイミングでスプリントを開始。

イン側をきっちり閉めてスプリントしてきますが、しっかり対応してきた阿部選手(Team UKYO)がアウト側から堀選手(宇都宮ブリッツェン)を差し切り、優勝を飾りました。

宇都宮ブリッツェンは、堀選手がトップカテゴリーで初めての3位以内となる2位、逃げ集団で献身的に堀選手をアシストした鈴木近成選手も自身初の一桁順位となる4位、追走集団の先頭でゴールした鈴木真理選手が6位という結果となっています。

また、この結果で、堀孝明選手がピュアホワイトジャージを獲得しています。

栗村監督コメント
「このレースが終わると公式戦が約1ヶ月間空くことから事実上の前半戦最終レースといえるJBCF石川ロードレース。昨年、2戦連続ワン・ツー・スリーフィニッシュという良い結果を残した相性の良いレースでもあるので、苦しかったシーズン前半戦を良い形で締めくくる意味でもなんとしても結果が欲しい状況でした。有力チームが海外遠征に出ている影響もあって出場選手数は若干少ないものの、難易度の高いコースなので十分に厳しい戦いが予想されるところ。前半の動きを担当した若手選手のうちまずは堀選手がきっちりと6名の先頭集団に入り、その後のシャッフルで鈴木近成選手も先頭集団に合流して若手選手の動きで有利な展開を手に入れます。予定ではこのあと鈴木真理選手が先頭集団に上がって勝負を仕掛ける流れではありましたが、結局先頭集団がそのまま逃げ切ることになり、宇都宮出身の若手二人が勝負を請け負うことになりました。これまでであれば最終局面で先頭から千切れて終わり…という展開が多かった彼らですが、今日は二人でしっかりと考え最後の最後まで優勝争いを演じたのです。結局、本場オランダのレースで2勝を挙げた実績を持つ逃げのスペシャリスト阿部選手に敗れてしまいましたが、それでも、堀選手が2位、近成選手が4位というリザルトは大きな価値があると感じています。鈴木真理選手はメイン集団のアタマを獲っているので、先頭集団に合流してさえいれば勝っていた可能性はかなり高かったでしょう。今シーズンのチーム初勝利と鈴木真理選手の完全復活はお預けとなりましたが、それでもそれに近いだけの内容のあるレースでした。若手が勝負を託された展開の中で彼らが責任を持って戦えたことは宇都宮ブリッツェンにとって大きな財産となります。もちろん今日のレースで我々は敗者であり、優勝した阿部選手がとても強かったのは事実ではあります。このあと次のレースまで少し時間が空きますが、前半戦を支えてくれた中村選手や飯野選手がかなりボロボロの状態でもあり、休みが必要な選手はしっかりと休み、状態が改善してきている選手は流れを継続しながらシーズン後半戦に向けて準備を進めていきたいと思います。今回もたくさんの応援ありがとうございました。引き続き宜しくお願いいたします。」

Logo
シクロワイアードの記事は[こちら]

◆[リザルト]
[JBCF石川ロードレース - 福島県石川町 - JPT第9戦 - 115.8km]
1位 阿部嵩之(Team UKYO) 3h07m28s 37.06km/h
2位 堀孝明(宇都宮ブリッツェン) st
3位 内野直也(EQA U23) +2s
4位 鈴木近成(宇都宮ブリッツェン) +3s
5位 大場政登志(cannondale championsystem) +6s
6位 鈴木真理(宇都宮ブリッツェン) +7s
7位 山下貴宏(Team UKYO) +7s
8位 永良大誠(マトリックスパワータグ) +7s
9位 椿大志(EQA U23) +8s
10位 頓所哲郎(湘南ベルマーレ) +11s
13位 普久原奨(宇都宮ブリッツェン) +16s
31位 郡司昌紀(宇都宮ブリッツェン) +5m39s
DNF 飯野智行(宇都宮ブリッツェン)
DNF 城田大和(宇都宮ブリッツェン)

出走98/完走49名

◆2013年Jプロツアー個人ランキング
1位 ホセビセンテ・トリビオ(Team UKYO) 5,855P
2位 土井雪広(Team UKYO) 4,770P
3位 狩野智也(Team UKYO) 3,690P
4位 阿部嵩之(Team UKYO) 3,091P
5位 窪木一茂(マトリックスパワータグ) 2,860P
6位 飯野智行(宇都宮ブリッツェン) 2,757P

◆2013年Jプロツアーチームランキング
1位 Team UKYO 19,410P
2位 宇都宮ブリッツェン 13,425P
3位 マトリックスパワータグ 10,122P
4位 cannondale championsystem 7,905P
5位 ブリヂストンアンカー 6,875P
6位 湘南ベルマーレ 6,526P

ルビーレッドジャージ ホセビセンテ・トリビオ(チーム右京)
ピュアホワイトジャージ 堀孝明(宇都宮ブリッツェン)

403a0307
[宇都宮からそれほど離れていない福島県石川町に到着しコース試走を行う選手たち]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a0319
[ホテルに到着後に軽くローラーをまわす普久原選手と堀選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a0344
[ホテルのロビーで翌日のレースに向けたミーティングを行う]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a0350
[スタート地点となる学法石川高校に到着しインタビューを受ける鈴木真理選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a0364
[ウォーミングアップを行う城田選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a0359
[スタートサインを行う鈴木近成選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_9653
[レース序盤の動きを担当する郡司選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_9660
[学法石川高前を98名の選手たちがスタートし町内をパレード走行してから周回コースへと入っていく]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_9732
[周回コースに入り補給場所を確認する普久原選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_9724
[エースとしてシーズン前半戦を支えてきた飯野選手は1周目に無念の落車を喫っする]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_9690
[レース序盤に形成された6名の先頭集団に堀選手が入る]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_9703
[若手選手全員が良い動きをみせるなか郡司選手も強烈なアタックを連発する]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_9711
[膝に痛みを感じる城田選手もレース前半に良い走りをみせる]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_9673
[堀選手が逃げるなか次の動きを探る鈴木近成選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_9835
[全日本選手権を境に本来の走りを取り戻した普久原選手がこの日も良い動きをみせる]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_9842
[まだ100%にはほど遠いものの勝利を挙げるレベルまで状態を改善してきた鈴木真理選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_9861_2
[レース中盤に先頭集団へ合流し堀選手と共に優勝争いを繰り広げる鈴木近成選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_9826
[逃げ切りがほぼ濃厚となりアタックのタイミングを図る堀選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_9820
[堀選手のために先頭集団を引き続ける鈴木近成選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

10_2
[序盤から逃げ続けた堀選手は阿部選手に僅差で敗れるも自己最高の2位でフィニッシュ]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_9935
[チーム加入後最高の走りをみせた鈴木近成選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_9943
[メイン集団の先頭でゴールした鈴木真理選手が完全復帰(優勝)に向けてまた一歩前進する]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_9954
[あえて若手に勝負を託したベテランの普久原選手がゴール]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a0452
[家族の前で過去最高の走りをみせた堀選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a0459
[不運が続く飯野選手だがチームの若手選手たちの活躍に表情を緩める]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a0481
[序盤から勇気をもって逃げ続けた3名が表彰台に上がる]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a0506
[2位にはいった堀選手がピュアホワイトジャージを奪い返した]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

|

2013/07/09

坂田新聞店 presents 自転車安全教室

『坂田新聞店プレゼンツ 宇都宮ブリッツェン自転車安全教室』

坂田新聞店と宇都宮ブリッツェンは自転車教室を共同開催します。

教室は「補助輪卒業コース」と小学校高学年生までを対象とした「安全教室コース」の2つを用意。

宇都宮ブリッツェンの廣瀨GM・柿沼氏、が自転車に乗るコツやルール、実技指導を楽しく教えてくれます。

なお参加者には修了書のほか、坂田新聞店と宇都宮ブリッツェンのオリジナルステッカーとクリアファイルをプレゼント。

夏休みの思い出に、ぜひご参加ください。

応募は以下の必要事項を明記いただき、ハガキ、メール、ファックスでTonTon編集室までお送りください。

なお人数が多い場合は抽選となり、
①坂田新聞店より新聞をご購読いただいているご家庭
②自転車とヘルメットを持ち込み可能なお子様
を優先させていただきます。

〈必要事項〉
①お名前と住所・電話番号
②付添う保護者のお名前
③希望コース(「補助輪卒業コース」 or 「安全教室コース)
④参加するお子様のお名前・年齢
⑤自転車・ヘルメットの有無

●日時:8月22日(木)9:30~12:00終了予定
●場所:オリオンスクエア(宇都宮市江野町8-3)
●参加費:無料
●定員:補助輪卒業コース10名、安全教室10名
●講師:廣瀬佳正GM、柿沼章
●申し込み先:
〒320-0023 宇都宮市仲町2-18 TonTon編集室「宇都宮ブリッツェン自転車教室係」
fax:028-643-1498
mail:tonton@sakata-net.com
●担当:小森
●申込み締切:8月9日(金)

|

2013/07/01

JPT第8戦 JBCF西日本ロードクラシック

01

Img_9360
[上:相性のいいコースで復帰後最高位となる4位でゴールした鈴木真理選手]
[下:子供が産まれたばかりの畑中選手がスプリントで土井選手を下して今季初勝利を飾る]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

6/30(日)に、Jプロツアー第8戦の「JBCF西日本ロードクラシック」が開催されました。

◆大会WEBサイトは[こちら]
◆Live!!!ブログレポートは[こちら]

このレースに、宇都宮ブリッツェンから以下の8名がエントリー。

鈴木真理
普久原奨
中村誠
飯野智行
鈴木近成
郡司昌紀
堀孝明
城田大和
出走=116名

2013年Jプロツアー第8戦となる「第47回JBCF西日本ロードクラシック広島大会」が、広島県中央森林公園の難易度の高いサーキットコース(1周12.3km)で開催され、最終周回までもつれた勝負の行方は飛び出した3名に絞られ、最後はシマノレーシングの畑中勇介がスプリント勝負で勝ち切り、見事、西日本クラシックのタイトルを獲得しました。
宇都宮ブリッツェン勢は、レース終盤に追走集団から普久原選手と鈴木真理選手が先頭集団に追いつくものの、最後のアタック合戦から抜け出した3名の後塵を拝す形となり、惜しくも4位でのゴールとなっています。

ヒルクライム2連戦を終え、久しぶりのロードレースとなった西日本ロードクラシック。

現在ルビーレッドジャージを着るトリビオ選手(Team UKYO)、ランキング上位のヴィズィアック選手(マトリックス)・窪木一茂選手(マトリックス)が欠場、ヒルクライム2連戦で強力な走りを見せた力ブリヂストンアンカーが不出場と、ランキング上位につける有力選手が不在となった今レース。宇都宮ブリッツェンとしては、何としても勝利が欲しいレースです。

ブリッツェンは、このコースとの相性がいい鈴木真理選手と、飯野選手をレース終盤での勝負要員に据え、序盤は中村選手・普久原選手のベテラン陣を中心にレースメイクし、鈴木近成選手・郡司選手・堀選手・城田選手の若手陣は序盤から終盤まで、各自ができる動きでつなぐという形でレースに挑みます。

レースは序盤から、各チームによる激しいアタック合戦が繰り広げられます。そんな中、ブリッツェンは1周目からクラッシュに鈴木近成選手が巻き込まれるトラブルに見舞われると、2周目には飯野選手が直前の選手のクラッシュを避け切れず落車。序盤から大きくタイムを失うこととなり、ブリッツェンにとっては厳しい状況となります。

この2周目に、2名の選手が飛び出します。

狩野(Team UKYO)
西村(シマノ)

この2名の逃げはその後すぐに吸収されますが、そこから15名ほどの選手が抜け出し、さらにそこから8名の選手が先行、4周目に入る頃にはその後追い付いてきた2名も加わり、10名の逃げ集団が形成されます。

中村(ブリッツェン)
狩野・山下・阿部(UKYO)
安原(マトリックス)
原川(キャノンデール)
入部(シマノ)
紺野(ベルマーレ)
椿・内野(EQA U23)

ランキング上位の有力チームの選手が入ったこの10名の逃げ集団は協調体制を取り、ローテーションを繰り返しながら、5周目にはメイン集団とのタイム差を1分30秒ほど、7周目には4分近くまでその差を広げます。

その状況を受け、メイン集団も活性化。有力チームがメインとなったペースアップで、40名ほどだったメイン集団も約20名ずつの集団に分断され、それぞれの集団が追走を開始します。ブリッツェンはそこに鈴木真理選手、普久原選手、郡司選手、城田選手が入り、追走に加わります。

9周目に入ると、食い下がる逃げ集団から中村選手(ブリッツェン)・安原選手(マトリックス)・椿選手(EQA U23)の3名が遅れはじめます。一方で、徐々にタイム差を詰める追走集団は、人数を16名ほどに減らしながらもその脚を緩めることなく、逃げ集団を追走します。

10周目に入ると、少しずつ人数を減らし4名となった逃げ集団に、追走集団の中から4名の選手が合流、その20秒ほど後ろに鈴木真理選手と普久原選手を含む4名のさらなる追走集団という形に。ラストラップに入るとその4名も先頭に合流、勝負はこの12名に絞られました。

勝負が動いたのは残り3km。土井選手(UKYO)がアタックを開始、そこに反応できたのは畑中選手(シマノ)、寺崎選手(EQA U23)の2名。ゴール前に現れた3名はスプリント勝負へと入ります。ここでも土井選手(UKYO)が先にスプリントを開始しますが、力を蓄えていた畑中選手(シマノ)は冷静に対応して土井選手を差し切り、見事に優勝を手にしました。

宇都宮ブリッツェン勢は、4位争いのスプリント勝負を落ち着いて制した鈴木真理選手が、復帰以降最高の4位という成績を残しています。

中村キャプテンコメント
「作戦としては自分と普久原選手が逃げ集団に乗って前方待機しながら、鈴木真理選手と飯野選手が後方待機して大きな流れに乗るというものでしたが、飯野選手が落車に巻き込まれてしまってリタイアという形になってしまったのは残念でした。結果的に自分と普久原選手が逃げに乗りましたが、そこに至るまでの動きの部分でもっと連携を取りながら動かないと、逃げに乗るまでに余計なストレスが溜まるという状態だったと思います。鈴木真理選手の4位という結果は良かったとは思いますが、各選手が責任感を持ってもっとやらなければいけないし、やると決まった役割を各選手が実行できなければ、これ以上の結果は望めません。自分も含めて、今日のレースで出来たことと出来なかったことを明確にして、次のレースにつながるように軌道修正して練習していきたいと思います。」

Logo
シクロワイアードの記事は[こちら]

◆[リザルト]
[JBCF西日本ロードクラシック - 広島県中央森林公園 - JPT第8戦 - 147.6km]
1位 畑中勇介(シマノレーシング) 3h48m04s 38.83km/h
2位 土井雪広(Team UKYO) +1s
3位 寺崎武郎(EQA U23) +3s
4位 鈴木真理(宇都宮ブリッツェン) +31s
5位 西村大輝(シマノレーシング) +31s
6位 秋丸湧哉(EQA U23) +33s
7位 内野直也(EQA U23) +34s
8位 山下貴宏(Team UKYO) +34s
9位 才田直人(Peugeot Neilpryde Lacasse) +39s
10位 普久原奨(宇都宮ブリッツェン) +52s
29位 郡司昌紀(宇都宮ブリッツェン) +7m39s
31位 城田大和(宇都宮ブリッツェン) +10m11s
50位 堀孝明(宇都宮ブリッツェン) +13m52s
53位 中村誠(宇都宮ブリッツェン) +16m45s
DNF 鈴木近成(宇都宮ブリッツェン)
DNF 飯野智行(宇都宮ブリッツェン)

出走116名/完走56名

◆2013年Jプロツアー個人ランキング
1位 ホセビセンテ・トリビオ(Team UKYO) 5,855P
2位 土井雪広(Team UKYO) 4,770P
3位 狩野智也(Team UKYO) 3,240P
4位 窪木一茂(マトリックスパワータグ) 2,860P
5位 飯野智行(宇都宮ブリッツェン) 2,756P
6位 ダミアン・モニエ(ブリヂストンアンカー) 2,600P

◆2013年Jプロツアーチームランキング
1位 Team UKYO 16,860P
2位 宇都宮ブリッツェン 10,725P
3位 マトリックスパワータグ 9,072P
4位 ブリヂストンアンカー 6,875P
5位 cannondale championsystem 6,530P
6位 湘南ベルマーレ 5,475P

ルビーレッドジャージ ホセビセンテ・トリビオ(チーム右京)
ピュアホワイトジャージ 池部壮太(マトリックスパワータグ)

403a0054
[前週に大分で開催された全日本に続き再び陸路で広島入りした宇都宮ブリッツェン]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a9998
[田村メカが各選手のバイクを素早く準備していく]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a9997
[気温の高い季節になりドリンク類の重要度は増す]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a0015
[レース前にハンドル周りのセッティングを行う鈴木真理選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a0056
[全日本選手権ロードを完走した普久原選手の体にはまだダメージが残る]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_8851
[中村キャプテンが廣瀬GMにスケジュールなどを確認する]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_8840
[エースとしてのプレッシャーと戦い続ける飯野選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_8839
[ウォーミングアップを行う鈴木近成選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_8843
[全日本選手権ロードでは粘りの走りをみせた郡司選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a0022
[Eクラスタ時代にはこのコースで優勝経験もある堀選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_8846
[ルーキーの城田選手がアップで汗を流す]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

403a0019
[スタートに向けて入念に準備を行う各選手たち]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_8866
[116名の選手が伝統の西日本ロードクラシックに挑む]
to(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_8979
[序盤に形成された10名の先頭グループに中村選手が予定通り入る]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_8907
[1周目に落車した鈴木近成選手は惜しくもリタイヤ]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_8966
[2周目に目の前の選手の落車に突っ込んだ飯野選手が集団から遅れてしまう]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_9315
[レース後半にスピードの上がったメイン集団から遅れる堀選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_9013
[後半の追撃がはじまり絞られていくメイン集団に食らいつく城田選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_9139
[ディフェンディングチャンピオンの中村選手が先頭集団から脱落する]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_9204
[普久原選手がメイン集団を引き最大で4分まで開いた先頭との差を徐々に詰めていく]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_9221
[終盤まで粘った郡司選手もメイン集団から離れる]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

01_2
[普久原選手のアシストを受けた鈴木真理選手がラスト2周で先頭集団を捉える]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_9360_2
[子供が産まれたばかりの畑中選手がスプリントで土井選手を下して今季初勝利を飾った]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_9370
[相性のいいコースで復帰後最高位となる4位でゴールした鈴木真理選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

|

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »