« ツール・ド・おきなわ | トップページ | 自転車安全教室に参加して餃子を食べよう! »

2012/11/30

移籍選手などに関するご報告

2012年の公式戦を終え、所属選手の移籍に関するお知らせを申し上げます。

2012年12月31日を持ちまして、増田成幸選手、初山翔選手、若杉厚仁選手の3名が、宇都宮ブリッツェンを離れて他チームへ移籍する事となりましたのでご報告申し上げます。

また、過日引退発表をした廣瀬佳正元キャプテンは、12月1日よりチームのゼネラルマネージャーに就任いたしますので、併せてご報告申し上げます。

サイクルスポーツマネージメント株式会社
代表取締役 砂川 幹男

---------------------------------------------------------------------------

Masuda
増田成幸選手
「cannondale pro cycling」へ移籍
増田選手コメント
『みなさんの応援をエネルギーに変えて、110%、120%とプラスして頑張ることが出来ました。そのお蔭で成長できたと思っています。本当にありがとうございました。ブリッツェンファンの皆さんが応援してくださる想いを胸にしまって、来年いい報告が出来るよう頑張ってきます。』
02
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

---------------------------------------------------------------------------

Hatsuyama
初山翔選手
2013年の移籍先に関しては、後日発表予定
初山選手コメント
『発表にありましたように、今シーズンを以って宇都宮ブリッツェンを離れることになりました。この2年間で学んだことは選手としても人としても一生の財産です。本当に宇都宮ブリッツェンで走れてよかったと心底思っています。これからも自分の理想に向かって歩んでいきます。2年間と短い間でしたが、暖かいご声援ありがとうございました。』
Img_1353
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

---------------------------------------------------------------------------

Wakasugi
若杉厚仁選手
2013年、新たに発足する地域型チーム「那須BLAZEN」へ移籍
若杉選手コメント
『3年間在籍した宇都宮ブリッツェンを離れるにあたり、チーム関係者、ファンの皆様にお礼を申し上げます。ありがとうございました。この3年間、監督、チーム首脳陣はじめ、チームにはあらゆるチャンスをもらい、どんな時もファンの皆さんに背中を押され続けて走ってきました。そんな環境の中で、そのチャンスを自分の資質の低さで生かせなかった事が大変悔やまれるところではありますが、今振り返ればそれもまた大きな財産となりました。3年前にチームに加入した際に思い描いた未来とは少し違ったものとなりましたが、また新たな道を歩くことが出来る事に大きな希望を感じる事が出来ています。そんな縁をつないでくれたのもこの宇都宮ブリッツェンの選手であったからこそでした。また新たな舞台でお目にかかります。本当にありがとうございました。』
Img_7219_2
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

---------------------------------------------------------------------------

Img_0589_3
廣瀬佳正元キャプテン
2012年12月1日より、チームのゼネラルマネージャーに就任
廣瀬佳正元キャプテンコメント
『今まで多くの人に支えられて長い現役生活を続けてきましたが、今後はゼネラルマネージャーという立場でブリッツェンを育てて行きます。選手時代の情熱を変わらず持ち続け、日本一強く、日本一ファンに愛されるチームを目指して参ります。これからも宇都宮ブリッツェンを宜しくお願い致します。』01
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

---------------------------------------------------------------------------

栗村監督コメント
『今期、宇都宮ブリッツェンはチーム発足当初からの目標であった国内リーグ制覇を達成しました。本当にたくさんの方々にご支援いただきながらここまでやってきました。来シーズン、優勝メンバーのうち3選手がチームを巣立つことになります。--増田選手-- 彼がチームに加わったとき、誰がここまでの活躍を想像していたでしょうか?度重なる大きな怪我を乗り越えて、国内トップ選手の仲間入りを果たしてくれました。--初山選手-- イタリアでの修行でボロボロになっていた才能を宇都宮の地で蘇らせ、有望な若手選手として再び移籍市場で注目される存在となりました。--若杉選手-- 期待された結果を残すことはできませんでしたが、宇都宮ブリッツェンで得たノウハウを生かし、新チーム発足の原動力となっています。彼らに共通していることは、このチーム在籍中に多くの成長機会に触れ、その上で、彼ら自身と自転車界の未来のためにそれぞれが新たな挑戦をはじめるということです。今後どこへ行ったとしても、彼らの心のなかに“宇都宮魂”が燃え続けていくはずです。そして、ミスター宇都宮ブリッツェンの廣瀬キャプテンが今期限りで引退します。今期はスプリンターとして国内トップクラスの走りをみせライバル達を震え上がらせていました。正直、彼には純粋な戦力としてまだまだ走り続けてほしいと感じています。しかし、廣瀬キャプテンにも新たな挑戦が待ち受けています。12月1日より宇都宮ブリッツェンのジェネラルマネージャーに就任し、チーム及び自転車界の未来のために奔走することになります。チームの主力人材が旅立ってしまうことは現場としてみると複雑な面もあります。しかし、このチームの根底に息づいている想いは、新たな自転車文化を想像していくことです。このチームに関わった全ての人たちの成長を祈りながら、今後も夢に向かって突き進んでいきたいと思います。』

|

« ツール・ド・おきなわ | トップページ | 自転車安全教室に参加して餃子を食べよう! »