« ツアー・オブ・ジャパン 第5ステージ | トップページ | ツール・ド・熊野 プロローグ »

2012/05/27

ツアー・オブ・ジャパン 第6ステージ

[1ステージ][2ステージ][3ステージ][4ステージ][5ステージ][6ステージ]

Img_1035

02_2
[上:最終ステージは廣瀬キャプテンがスプリントを担当し他の選手たちは終始攻撃を続けた]
[下:序盤からポイント賞争いを演じた西谷選手が最後のスプリントを炸裂させてステージ優勝を飾る]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

5/20(日)~5/27(日)の8日間に渡り、UCI2.2のステージレース「ツアー・オブ・ジャパン」が開催されます。

◆大会WEBサイトは[こちら]
◆Live!!!ブログレポートは[こちら]

5月27日(日)に最終第6ステージが行われました。

このレースに宇都宮ブリッツェンから以下の6名がエントリー。

廣瀬佳正
普久原奨
中村誠
増田成幸
初山翔
飯野智行
※出場チーム=16チーム

UCI2.2のステージレース「ツアー・オブ・ジャパン」の最終第6ステージが、東京都心部の日比谷公園前から大井埠頭の周回コースを周るオールフラットなスピードコースで開催され、序盤から僅差でのポイント賞を争いを演じながらも最後のバンチスプリントをも見事に制した愛三工業レーシングの西谷泰治選手が、今大会では初となる日本人選手によるステージ優勝を飾ると共に、個人総合ポイント賞でも見事1位を獲得しました。

また、個人総合時間はバリアーニ(チームNIPPO)、個人総合山岳はアレドンド(チームNIPPO)、そして団体総合時間もチームNIPPOが危なげなくトップを守りきりました。

宇都宮ブリッツェン勢は、ピュアスプリンター不在のため、序盤から攻めるレースを選択し、各自が積極的に波状攻撃を仕掛けて僅かなチャンスを探し求める走りを続けていきました。

普久原選手、中村選手、増田選手、初山選手らが風を受けて攻撃を繰り返しますが、この日はアタックを選択するチームが少なすぎて、殆どが単発の動きで終わってしまいます。

終盤には増田選手と中村選手が二人で飛び出すシーンもありましたが、序盤から集団を一つにまとめようとする、マトリックス、チーム右京、チームNIPPO、ブリヂストンなどの動きによってアタックらしいアタックが1度も決まらずにゴールが近づいてきます。

常に10人近い選手がアタックを潰す動きを行うレースでは、もはや集団から飛び出すことは難しく、ラスト周回に入るとブリヂストン勢が完全に集団前方を固めてゴールスプリントに向かう動きを開始したので、宇都宮ブリッツェン勢も飯野選手らがサポートする形でこの日のスプリントを担当する廣瀬選手のポジション取りを準備しました。

大会がはじまる前から東京ステージでのスプリントを志願していた廣瀬キャプテンは、戦争のようなゴール前での位置取り合戦に果敢に挑み、罵声を浴びせてくる外国人選手に対しても倍返しで罵声を浴びせ返すほどの強気の走りでスプリント勝負に絡んで、最後は多くのスペシャリストを抑えて日本勢では2番手となるステージ8位のリザルトを残しました!

宇都宮ブリッツェンの最終成績は、個人総合時間(最も名誉ある賞)で増田選手が日本勢では3番目となる総合12位、個人総合山岳では同じく増田選手が日本勢最上位の4位、そして団体総合時間では日本人主体のチームとしては最上位となる総合5位のリザルトを残しました。

栗村監督コメント
「あまりチャンスがないと思っていた東京ステージで廣瀬キャプテンが魅せてくれました。スプリンター不在と言われている宇都宮ブリッツェンが日本勢では2番手となるステージ8位のリザルトを残したことは非常に意義あることだと言えます。廣瀬キャプテンはここまでのレースでもアシストとして素晴らしい働きをこなしてきましたが、自らの走り(リザルト上)に対して責任を感じている側面もあり、なんとしてもこの東京ステージで結果を出したいと願っていたようです。普段は緩めのキャラクターで皆を盛り上げている廣瀬キャプテンですが、本日は完全に戦う男として果敢な走りを披露してくれました。そして、宇都宮ブリッツェンの大会全体を通した走りについても十分に進化を感じさせる内容であり、着実にステップを踏むことを重視している我々にとっては意義あるレースだったと言えます。今回も様々な場所で多くの声援をいただきチーム一同心から感謝しております。今度の木曜日からは“ツール・ド・熊野”がはじまりますので、こちらも集中してしっかりと戦いたいと思います。」

◆第6ステージ[リザルト]
[Tour of Japan - Japan - 2.2 - Tokyo 112.7km]
1位 西谷泰治 愛三工業レーシング 2h23m21s 47.1km/h
2位 RICHEZE Maximiliano Ariel チームNIPPO st
3位 AVERIN Maksym アモーレエヴィータ st
4位 OTHMAN Muhamad Adiq チャンピオンシステム st
5位 PATRICK Shaw ジェネシス st
6位 WIESIAK Mariusz マトリックス st
7位 KWOK Ho Ting 香港チーム st
8位 廣瀬佳正 宇都宮ブリッツェン st
9位 清水都貴 ブリヂストン st
10位 辻善光 チームUKYO st
15位 飯野智行 宇都宮ブリッツェン st
39位 増田成幸 宇都宮ブリッツェン st
43位 初山翔 宇都宮ブリッツェン st
49位 中村誠 宇都宮ブリッツェン st
53位 普久原奨 宇都宮ブリッツェン st

◆個人総合時間
1位 BALIANI Fortunato チームNIPPO 15h28m26s
2位 ARREDONDO MORENO Julian David チームNIPPO +22s
3位 DABROWSKI Jaroslaw アモーレエヴィータ +3m23s
4位 LEBAS Thomas ブリヂストン +3m30s
5位 BUTLER Christpher チャンピオンシステム +6m36s
6位 鈴木譲 シマノレーシング +6m45s
7位 WURF Cameron チャンピオンシステム +7m01s
8位 SONNERY Blaise ブリヂストン +7m04s
9位 佐野淳哉 チームNIPPO +8m38s
10位 LUKSEVICS Viesturs アモーレエヴィータ +8m48s
12位 増田成幸 宇都宮ブリッツェン +10m52s
21位 初山翔 宇都宮ブリッツェン +16m49s
34位 普久原奨 宇都宮ブリッツェン +26m17s
38位 中村誠 宇都宮ブリッツェン +28m25s
44位 飯野智行 宇都宮ブリッツェン +38m02s
61位 廣瀬佳正 宇都宮ブリッツェン +47m58s

◆個人総合ポイント
1位 西谷泰治 愛三工業レーシング 69P
2位 RICHEZE Maximiliano Ariel チームNIPPO 60P
3位 WIESIAK Mariusz マトリックス 50P
25位 中村誠 宇都宮ブリッツェン 10P
26位 廣瀬佳正 宇都宮ブリッツェン 8P
29位 増田成幸 宇都宮ブリッツェン 6P
30位 初山翔 宇都宮ブリッツェン 6P

◆個人総合山岳
1位 ARREDONDO MORENO Julian David チームNIPPO 24P
2位 BALIANI Fortunato チームNIPPO 23P
3位 SONNERY Blaise ブリヂストン 13P
4位 増田成幸 宇都宮ブリッツェン 13P
12位 中村誠 宇都宮ブリッツェン 6P
20位 飯野智行 宇都宮ブリッツェン 2P

◆団体総合時間
1位 チームNIPPO 46h34m20s
2位 チャンピオンシステム +15m14s
3位 アモーレエヴィータ +15m50s
4位 ブリヂストン +16m16s
5位 宇都宮ブリッツェン +36m05s
6位 香港チーム +38m29s

Img_9898
[1週間の旅を終えてゴール地点となる東京に辿り着いたツアー・オブ・ジャパン]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_0768
[いつものように早めに準備を終えて選手たちを待つ針谷メカ]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_9900
[ホテルのロビーに姿を現す普久原選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_9907
[最終ステージでのスプリントを志願した廣瀬選手が目黒マッサーに首をほぐしてもらう]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_9909
[選手たちの走りを支えるグリコパワープロダクションシリーズの“ワンセコンド”エナジージェル]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_9952
[成長を続ける飯野選手も初めて最終の東京ステージに辿り着いた]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_0771
[多くのファンが集まる東京ステージでのアタックを狙う初山選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_0864
[大井埠頭の周回コースに入る増田選手と初山選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_0893
[何度も何度も攻撃を繰り返す普久原選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_0921
[宇都宮ブリッツェンのチームカーであるレガシィアウトバックが多くの観客の前を疾走する]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_0822
[逃げに乗るべくアタックを連発した中村選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_1135
[廣瀬選手のスプリントをフォローするためにスタンバイする飯野選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_1066
[会場に設置されたオーロラビジョンに単独攻撃を仕掛ける中村選手が映し出される]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_0898
[才能あふれる走りでチャンスを伺う初山選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_1072
[レース終盤には中村選手と増田選手が二人で集団を飛び出す]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_0972
[アタックがことごとく潰されていく展開のなか最終スプリントに向けアドレナリンを放出させる廣瀬選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_1153
[多くのスペシャリストを抑えて廣瀬キャプテンが日本勢は2番手となるステージ8位でゴール!]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_0057_2
[個人総合12位山岳賞4位で全日程を終えた増田選手は改めてその力を見せつけた]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_0035
[キャプテンとしての責任感で危険なゴールスプリントに挑んだ廣瀬選手が爽やかな笑顔をみせる]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_0083
[戦いを終えて穏やかな表情に戻る中村選手と各選手たち、しかしすぐにまた次の戦いがはじまる]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

|

« ツアー・オブ・ジャパン 第5ステージ | トップページ | ツール・ド・熊野 プロローグ »