« 全日本選手権ロードレース エリート | トップページ | ツアー・オブ・ジャパン 第2ステージ »

2012/05/20

ツアー・オブ・ジャパン 第1ステージ

[1ステージ][2ステージ][3ステージ][4ステージ][5ステージ][6ステージ]

01_4
[トップから12秒遅れの27位とまずまずの位置でスタートを切った増田選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

5/20(日)~5/27(日)の8日間に渡り、UCI2.2のステージレース「ツアー・オブ・ジャパン」が開催されます。

◆大会WEBサイトは[こちら]
◆Live!!!ブログレポートは[こちら]

5月20日(日)に第1ステージが行われました。

このレースに宇都宮ブリッツェンから以下の6名がエントリー。

廣瀬佳正
普久原奨
中村誠
増田成幸
初山翔
飯野智行
※出場チーム=16チーム

UCI2.2のステージレース「ツアー・オブ・ジャパン」の第1ステージが大阪府堺市の大仙公園周辺に設定された公道コースで開催され、2.65kmの非常に短い個人タイムトライアルを昨年までレオパード・トレック(UCIプロチーム)に所属していたオーストラリア人選手、William CLARKE(チャンピオンシステム)が3分19秒のタイムで制し、早速、緑色のリーダージャージを手に入れています。

宇都宮ブリッツェン勢は、落車などがないよう細心注意を払いながら各自が全力で大仙公園のショートコースを駆け抜け、本来はこの手の種目をあまり得意としていない増田選手がトップから12秒遅れの27位のタイムをマークし、まずまずのポジションで初日をスタートしました。

栗村監督コメント
「ショートタイムトライアルではじまった今年のツアー・オブ・ジャパン。この種目のスペシャリストがいるわけではないので、まずは怪我のないように各自注意しながら全力で平坦基調の周回コースに挑みました。将来的にはこの手のレースでもしっかりとに各メンバーが上位に揃うようにならないといけませんが、現状ではまずまずの滑り出しだと感じています。明日は一旦移動日となるので、本格的な戦いは明後日の美濃ステージからとなります。ステージレース中は、レース以外の時間帯も大切に過ごす必要があるので、1週間集中力を保ちながら1レース1レースをしっかりと戦っていきたいと思います。」

◆第1ステージ[リザルト]
[Tour of Japan - Japan - 2.2 - Sakai 2.65km I.T.T.]
1位 CLARKE William チャンピオンシステム 3m19s31 47.8km/h
2位 WURF Cameron チャンピオンシステム +1s
3位 CHEUNG King Lok 香港チーム +2s
4位 西谷泰治 愛三工業レーシングチーム +2s
5位 RICHEZE Mauro Abel チームNIPPO +3s
6位 RICHEZE Maximiliano Ariel チームNIPPO +5s
7位 EARLE Nathan ジェネシス +6s
8位 GIACOPPO Anthony ジェネシス +6s
9位 FLAKEMORE Campbell ジェネシス +6s
10位 BALIANI Fortunato チームNIPPO +8s
27位 増田成幸 宇都宮ブリッツェン +12s
37位 中村誠 宇都宮ブリッツェン +15s
42位 初山翔 宇都宮ブリッツェン +15s
43位 廣瀬佳正 宇都宮ブリッツェン +15s
48位 普久原奨 宇都宮ブリッツェン +16s
57位 飯野智行 宇都宮ブリッツェン +17s

◆個人総合時間第1ステージ終了時
1位 CLARKE William チャンピオンシステム 3m19s
2位 WURF Cameron チャンピオンシステム +1s
3位 CHEUNG King Lok 香港チーム +2s
4位 西谷泰治 愛三工業レーシングチーム +2s
5位 RICHEZE Mauro Abel チームNIPPO +3s
6位 RICHEZE Maximiliano Ariel チームNIPPO +5s
7位 EARLE Nathan ジェネシス +6s
8位 GIACOPPO Anthony ジェネシス +6s
9位 FLAKEMORE Campbell ジェネシス +6s
10位 BALIANI Fortunato チームNIPPO +8s
27位 増田成幸 宇都宮ブリッツェン +12s
37位 中村誠 宇都宮ブリッツェン +15s
42位 初山翔 宇都宮ブリッツェン +15s
43位 廣瀬佳正 宇都宮ブリッツェン +15s
48位 普久原奨 宇都宮ブリッツェン +16s
57位 飯野智行 宇都宮ブリッツェン +17s

◆個人総合ポイント第1ステージ終了時
1位 CLARKE William チャンピオンシステム 10p
2位 WURF Cameron チャンピオンシステム 9p
3位 CHEUNG King Lok 香港チーム 8p

◆団体総合時間第1ステージ終了時
1位 チャンピオンシステム 10m08s
2位 チームNIPPO +7s
3位 ジェネシス +7s
12位 宇都宮ブリッツェン +31s

02_2
[午前中に開催された前座クリテを走り終えすぐに第1ステージの準備をはじめる廣瀬選手と普久原選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

03
[集中した表情でウォーミングアップを行う中村選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

04
[バイクチェックを終え待機エリアでスタートを待つ廣瀬キャプテン]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

05
[2.65kmを走り終えゴールラインを超える普久原選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

06
[一気に加速していく中村選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

07
[チーム内で最速タイムを記録した増田選手がスタート台を駆け下りる]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

08
[集中した表情でコースを見つめる初山選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

09
[コミッセールのカウントダウンに合わせて深呼吸を行う初山選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

10
[リラックスした表情でコースへ飛び出していく飯野選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

|

« 全日本選手権ロードレース エリート | トップページ | ツアー・オブ・ジャパン 第2ステージ »