« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011/11/30

作新学院高等学校にて『ウィーラースクール』開催

11/28(月)、作新学院高等学校にて生徒1300人を対象に自転車安全教室『ウィーラースクール』を行い、宇都宮ブリッツェンから柿沼コーチ、廣瀬選手、中村選手、初山選手、若杉選手が参加しました。

P1080387
初めに船田元学院長からのご挨拶から始まりました。

P1080399
生徒約1300人を対象に行ったブリッツェンの自転車教室は過去最大です。

P1080441
RADIO BERRY76.4FM『MAIチャリ!』のパーソナリティー、棚橋麻衣さんに司会を務めていただきました。

P1080398
栃木県警本部と宇都宮中央警察署にもご協力いただき、警察からの交通アドバイスも伝えられました。

P1080426
自転車安全講話はクイズ形式にて進んで行きます。

P1080507
生徒代表20名にウィーラ―スクールのカリキュラムを体験してもらいます。

P1080505
実際に傘をさしてもらい片手走行が如何に危険かを体験してもらいます。

P1080528
飲酒ゴーグルを使用し、飲酒した状態で自転車に乗る疑似体験を行いましたが、ほとんどの生徒が真っ直ぐ走れませんでした。

P1080556
今、メディアでも取り沙汰されている危険な片手ブレーキのピストバイクを体験してもらいました。※写真のピストバイクは自転車教室用にあえてブレーキを外してあります。メーカーからは両ブレーキが取り付けられているものが販売されています。

P1080563
チームが設立して3年目になりますが、ブリッツェンが行って来た自転車安全教室の延べ人数が10,000人を超えました。

|

2011/11/29

辻善光選手、小坂光選手の移籍などについて

トップスプリンターとして2シーズンに渡り宇都宮ブリッツェンを支えてきた辻善光選手(27)と、チーム発足時のメンバーである小坂光選手(23)の2名が、来季、宇都宮ブリッツェンを離れて他チームへ移籍することとなりました(小坂選手の移籍先は未定)。

Tsuji1
辻善光選手(27)
2012年は国内籍の他チームへ移籍予定
栗村監督コメント
『日本には数少ないロードスプリンターとしてこの2年間宇都宮ブリッツェンを支えてきてくれた辻選手が来季他チームへ移籍することになりました。様々な形態のレースで勝利を狙わなければならない宇都宮ブリッツェンにとって辻選手が抜けることはとても大きなマイナスであり、来季はピュアスプリンター不在となるためスピード系のレースでは苦しい戦いを強いられることになります。辻選手自身は今回の移籍についてかなりの寂しさを感じているようですが、この世界が契約社会である以上選手たちが新たな可能性を求めて走る場を変えることはある意味で必然でもあります。来季は手強い敵となりますが個人的には彼の更なる飛躍を応援したいとも思っています。』

02
[辻選手にとって大一番であったジャパンカップクリテリウムでスプリント賞を獲得]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Kosaka1
小坂光選手(23)
来季の移籍先は未定
栗村監督コメント
『宇都宮ブリッツェンはチーム発足時からのメンバーであった小坂選手との契約を新たに延長しないことを決めました。今季社会人としてレース活動との二足のわらじを選んだ小坂選手でしたが、進化を続けるチームとの距離は開く傾向にあり、彼自身、そしてチームにとってもこれ以上の活動継続は不利益となると判断し、非常に残念ではありますが今回の決断に至りました。今後は小坂選手自身がかねてから情熱を燃やしているシクロクロスを軸とした活動を続けていくとのこと。働きながら走るという道は彼自身が選択した道。しっかりと自らの理想を追求し立派な社会人レーサーに成長することを願っています。』

Img_0402
[少ない練習時間のなかで小坂選手自身にできることを必死に模索した1年だった]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

|

2011/11/25

宇都宮KEIRINフェスティバル『宇都宮ブリッツェン自転車安全教室~補助輪卒業プロジェクト~』に参加

11/23(水)、宇都宮KEIRINフェスティバル『宇都宮ブリッツェン自転車安全教室~補助輪卒業プロジェクト~』に柿沼コーチが参加しました。

Img_5820
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
まだ補助輪が外れていないキッズ20名が、柿沼コーチのもと、憧れの補助輪なしの自転車に乗れる様にチャレンジしました。

Img_3778
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
ライトくんはお手伝いに来てくれた筈が、初めての宇都宮競輪場に大興奮☆

02
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
プロレーサーの指導から補助輪を外す指導まで、凄いです柿沼コーチ!

Img_3780
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
あえてペダルを外し、自転車に股がって両足で歩く事で、腰でバランスを取らせる事を覚えさせてます。

01
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
恐いので上半身が固まっていますね。柿沼コーチからは『腕の力を抜いてペダルをしっかり踏もう』とアドバイス。

Img_5815
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
最後はとちぎTVマスコットキャラクター『てれすけくん』と宇都宮競輪マスコットキャラクター『みやかめくん』、そして、ブリッツェンマスコットキャラクター『ライトくん』も集合して記念撮影。この日は7名の子供達が補助輪から卒業出来ました!

|

2011/11/24

片山右京チャレンジスクール合同企画『ウィーラースクール』開催

11/23(水)、“片山右京チャレンジスクール” と“ウィーラースクール”がコラボレーションして宇都宮市立国本西小学校にて自転車教室を開催しました。

01
国本地区の小学生約70名が参加し、片山右京選手、廣瀬選手、中村選手、初山選手、堀選手から熱血指導を受けました。

03
片山右京選手からは『がむしゃらに頑張る事、そして、頑張る事は恥ずかしくない』と子供達に伝えられました。

04
また、宇都宮ブリッツェン選手からは『自転車のルールやマナーは難しい事ではない、そのルールやマナーを守る強い気持ちを持つ事が難しい事なんだ』と伝えられました。

02
スクール後はサイン&握手会には長蛇の列が。最後はみんなで記念撮影。限界を超えて走る子供達の姿やどんどん上手に自転車をこげる様になる姿を見て、ブリッツェン選手もパワーを貰えました。国本地区のみんな、また来年会いましょう!!

|

2011/11/18

栃木県立宇都宮清陵高等学校にて『ウィーラースクール』開催

11/17(木)、栃木県立宇都宮清陵高等学校にて自転車安全教室『ウィーラースクール』を行いました。

Img_4724
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
講師として、柿沼コーチ、廣瀬選手、清陵高等学校卒業生の堀選手が参加しました。また今回の自転車教室は宇都宮市とコラボレーションで行われ、宇都宮市役所生活安心課の皆様にご協力いただきました。

Img_4728
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
マイクを持って解説をしながら指導する柿沼コーチ。

Img_4744
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
一本橋でサポートしながらアドバイスをする廣瀬選手。

Img_4760
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
自転車教室の指導と現役を引退した柿沼コーチに向けて御礼の言葉を伝える生徒。

Img_4767
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
御礼の花束をいただき清陵高等学校生徒700名に感謝の言葉を伝える柿沼コーチ。

|

2011/11/16

いきいき自転車健康教室に参加

11/15(火)、清原地区で開催された65歳以上対象『いきいき自転車健康教室』に宇都宮ブリッツェンの柿沼コーチ、廣瀬選手、中村選手が講師で参加しました。

Img_4611
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
中村選手が中心となってタオルを使用した優しいストレッチ体操をレクチャーします。

Img_4635
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
タオルを使用する事で大きな負担も掛からず、各自適正なストレッチ体操を行う事が出来ます。

Img_4648
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
ストレッチ後は外に出てウィーラースクールのカリキュラムを行いました。

Img_4661
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
自転車は体力向上もさることながら、バランス感覚や集中力や股関節の柔軟性向上にもお役に立てます。

Img_4674
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
外での実技の後は体育館に戻ってクールダウンのストレッチ体操です。65歳以上になっても運動を継続する事で筋力UP、持久力UP、柔軟性の向上が可能です。それからみんなで楽しく運動するのも継続するコツだと中村選手からアドバイスがありました。

|

2011/11/13

ツール・ド・おきなわ 第2ステージ

[1ステージ][2ステージ]

Pb130358
[UCIポイント圏内の総合8位を目指した中村選手はステージ8位で個人総合12位]
photo(c):UTSUNOMIYA BLITZEN

11/12(土)~11/13(日)の2日間に渡り、UCI-2.2のステージレース「ツール・ド・おきなわ」が開催されます。

◆大会WEBサイトは[こちら]
◆Live!!!ブログレポートは[こちら]

11月13日(日)に第2ステージが行われました。

このレースに宇都宮ブリッツェンから以下の5名がエントリー。

廣瀬佳正
中村誠
辻善光
初山翔
若杉厚仁
※出場チーム=18チーム

UCI-2.2のステージレース「ツール・ド・おきなわ」の第2ステージが名護市内をスタートして沖縄北部を周る210kmの厳しいコースで開催され、14名にまで絞られた先頭集団でのゴールスプリントをシマノレーシングのエース畑中勇介選手が制して、今シーズン国内公式戦最終レースを勝利で締めくくりました。

第2ステージの結果を受けた注目の個人総合時間争いは、初日の個人タイムトライアルで3位につけていた盛選手(アイサン)が先頭集団内でゴールし、最も名誉あるリーダージャージをドラパックのパルマーから見事逆転で奪い取りました。

宇都宮ブリッツェン勢は、終盤の攻防で、中村・辻・初山の3選手が先頭集団に残るも、最後の上りを前に好調だった初山選手が太ももの痙攣で遅れてしまい、辻選手も粘りに粘りながらも約10名の第2集団に下がってしまいます。

そんななかで唯一先頭集団に残った中村選手が14名の選手による激しいアタック合戦を耐え抜き、最後はゴールスプリントでトップと同タイムの8位でフィニッシュしました。

個人総合時間では中村選手が前日の48位から12位へジャンプアップしてシーズン最終レースを良い形で終えています。

栗村監督コメント
「中村選手のみを後半に温存し、他の選手はチャンスがあればアーリーアタックに乗っていく作戦で挑んだ本日の第2ステージ。スタート後から廣瀬選手や辻選手が何度か逃げを試みるも決まらず、その後2名の逃げが容認されたあとはスローペースの展開となりました。後半の攻防では予定通りに中村選手と初山選手がある程度余裕を持って先頭集団に残り、更に辻選手が彼ら二人をサポートしながらも最後の上りまで先頭集団をキープするという良い仕事をみせてくれました。最終的には初山選手が力を残しながら痙攣で遅れてしまい、中村選手のステージ8位がチーム内最上位となりましたが、昨年の同レースのリザルトは大きく上回ることはできたので収穫のあったレースだったと感じています。これで一先ず2011年の公式戦は全て終了となります。来週も福岡のクリテリウムに出場するなど、イベントなどには引き続き参加していきますが、色々な意味で困難の多かった今シーズンを無事に終えることができました。こうして沖縄のレースまでなんとか辿りつけたのはいつもチームを応援して下さる皆様のお陰でありチーム一同心から感謝しております。12月からは来シーズンに向けた準備がはじまりますので引き続き宜しくお願いいたします。今年一年、本当にありがとうございました。」

◆第2ステージ[リザルト]
[Tour de Okinawa - Japan - UCI-2.2 - Nago-Nago 210km]
1位 畑中勇介(シマノ) 5h30m58s 38.1km/h
2位 鈴木真理(シマノ) st
3位 Mariusz WIESIAK(マトリックス) st
4位 佐野淳哉(ダンジェロ&アンテヌッチ) st
5位 西谷泰治(アイサン) st
6位 清水都貴(ブリヂストン) st
7位 内間康平(ダンジェロ&アンテヌッチ) st
8位 中村誠(宇都宮ブリッツェン) st
9位 井上和郎(ブリヂストン) st
10位 Vincenzo GAROFALO(マトリックス) st
22位 辻善光(宇都宮ブリッツェン) +1m52s
36位 初山翔(宇都宮ブリッツェン) +5m17s
DNF 廣瀬佳正(宇都宮ブリッツェン)
DNF 若杉厚仁(宇都宮ブリッツェン)

出走88名/完走59名

◆個人総合時間[リザルト]
1位 盛一大(アイサン) 5h33m58s
2位 西谷泰治(アイサン) +02s
3位 佐野淳哉(ダンジェロ&アンテヌッチ) +02s
4位 福島晋一(TERENGGANU) +03s
5位 Mariusz WIESIAK(マトリックス) +03s
6位 畑中勇介(シマノ) +04s
7位 内間康平(ダンジェロ&アンテヌッチ) +04s
8位 品川真寛(アイサン) +05s
9位 普久原奨(ブリヂストン) +07s
10位 Vincenzo GAROFALO(マトリックス) +08s
12位 中村誠(宇都宮ブリッツェン) +09s
27位 辻善光(宇都宮ブリッツェン) +1m59s
35位 初山翔(宇都宮ブリッツェン) +5m25s

Pb130268
[まだ外は暗い早朝の4時起きでレースの準備を行う選手たち]
photo(c):UTSUNOMIYA BLITZEN

Pb130281_2
[スタート地点に到着しワンセコンドをポケットに入れる初山選手]
photo(c):UTSUNOMIYA BLITZEN

Pb130310
[辺りがようやく明るくなりはじめた6時45分にスタート]
photo(c):UTSUNOMIYA BLITZEN

Pb130335
[徐々に太陽が昇りはじめコース上の気温も上昇]
photo(c):UTSUNOMIYA BLITZEN

Dsc_7673
[好位置をキープして普久川ダムの上りをクリアーする初山選手]
photo(c):yuki

Dsc_7723
[序盤は若干苦しもながらもメイン集団を維持する辻選手]
photo(c):yuki

Dsc_7706
[快調な走りをみせていた廣瀬選手だが150km過ぎに痙攣を起こしてストップしてしまう]
photo(c):yuki

Dsc_7722
[後半に入ったところで何度かアタックを試みる初山選手]
photo(c):yuki

Dsc_7762_2
[最後の上りセクションを先頭集団でクリアーする中村選手]
photo(c):yuki

Dsc_7783
[約30名ほどに絞られた先頭集団に食らいつく辻選手]
photo(c):yuki

Dsc_7787
[狙える状態だったにも関わらず突然なんでも平地区間で脚を痙ってしまった初山選手]
photo(c):yuki

Pb130345
[懸命に耐える辻選手は約10名ほどの第2グループに入る]
photo(c):UTSUNOMIYA BLITZEN

Pb130358_2
[UCIポイント圏内の総合8位を目指した中村選手はステージ8位で個人総合12位]
photo(c):UTSUNOMIYA BLITZEN

Pb130349
[チームメイトのために働きながらも22位でゴールした辻選手]
photo(c):UTSUNOMIYA BLITZEN

Pb130356
[手応えを感じていながらも痙攣によりレースを失った初山選手が悔しい表情をみせる]
photo(c):UTSUNOMIYA BLITZEN    

|

2011/11/12

ツール・ド・おきなわ 第1ステージ

[1ステージ][2ステージ]

02_2
[チーム内では最速となる2分19秒のタイムを記録した廣瀬選手]
photo(c):UTSUNOMIYA BLITZEN

11/12(土)~11/13(日)の2日間に渡り、UCI-2.2のステージレース「ツール・ド・おきなわ」が開催されます。

◆大会WEBサイトは[こちら]
◆Live!!!ブログレポートは[こちら]

11月12日(土)に第1ステージが行われました。

このレースに宇都宮ブリッツェンから以下の5名がエントリー。

廣瀬佳正
中村誠
辻善光
初山翔
若杉厚仁
※出場チーム=18チーム

UCI-2.2のステージレース「ツール・ド・おきなわ」の第1ステージが名護市内に設定された1.8kmの公道コースで開催され、昨年同レースを制したドラパックのスプリンター、トーマス・パルマーが唯一2分10秒を切るダントツのタイムを叩き出し、3年連続でリーダージャージを手に入れています。

宇都宮ブリッツェン勢は全体的にタイムが伸び悩み、廣瀬選手の32位が最高順位となりました。

栗村監督コメント
「昨年のコースから距離が700m延長されて1.8kmの距離で競われたツール・ド・おきなわの初日、個人タイムトライアル。各選手とも集中してレースに挑みましたが、タイムはさほど伸びず30~40位あたりにつけて明日の第2ステージを迎えることになります。距離の長い(210km)ツール・ド・おきなわでは、数年に一度アーリーアタックが最後まで行ってしまうパターンがあるので、レース前半から集中して戦いに挑みたいと思います。」

◆第1ステージ[リザルト]
[Tour de Okinawa - Japan - 2.2 - Nago 1.8km I.T.T.]
1位 Thomas PALMAR(DRAPAC) 2m08s
2位 Adam PHELAN(DRAPAC) 2m11s
3位 盛一大(アイサン) 2m12s
4位 西谷泰治(アイサン) 2m14s
5位 佐野淳哉(ダンジェロ&アンテヌッチ) 2m14s
6位 Bekmanis INDUIS(V.C. LA POMME MARSEILLE) 2m14s
7位 青柳憲輝(シマノ) 2m14s
8位 Chun Kai FENG(ACTION) 2m15s
9位 福島晋一(TERENGGANU) 2m15s
10位 鈴木譲(シマノ) 2m15s
32位 廣瀬佳正(宇都宮ブリッツェン) 2m19s
35位 辻善光(宇都宮ブリッツェン) 2m19s
44位 初山翔(宇都宮ブリッツェン) 2m20s
48位 中村誠(宇都宮ブリッツェン) 2m21s
69位 若杉厚仁(宇都宮ブリッツェン) 2m24s

出走88名

◆個人総合時間第1ステージ終了時[リザルト]
1位 Thomas PALMAR(DRAPAC) 2m08s
2位 Adam PHELAN(DRAPAC) 2m11s
3位 盛一大(アイサン) 2m12s
4位 西谷泰治(アイサン) 2m14s
5位 佐野淳哉(ダンジェロ&アンテヌッチ) 2m14s
6位 Bekmanis INDUIS(V.C. LA POMME MARSEILLE) 2m14s
7位 青柳憲輝(シマノ) 2m14s
8位 Chun Kai FENG(ACTION) 2m15s
9位 福島晋一(TERENGGANU) 2m15s
10位 鈴木譲(シマノ) 2m15s
32位 廣瀬佳正(宇都宮ブリッツェン) 2m19s
35位 辻善光(宇都宮ブリッツェン) 2m19s
44位 初山翔(宇都宮ブリッツェン) 2m20s
48位 中村誠(宇都宮ブリッツェン) 2m21s
69位 若杉厚仁(宇都宮ブリッツェン) 2m24s

Pb120121
[得意の短距離タイムトライアルを前に集中した表情をみせる辻選手]
photo(c):UTSUNOMIYA BLITZEN

Pb120131
[チーム運営の仕事とレース活動を両立させる廣瀬キャプテン]
photo(c):UTSUNOMIYA BLITZEN

02_3
[チーム内では最速となる2分19秒のタイムを記録した廣瀬選手]
photo(c):UTSUNOMIYA BLITZEN

Pb120150
[廣瀬選手は総合32位で2日目のロードレースを迎える]
photo(c):UTSUNOMIYA BLITZEN

Pb120162
[個人総合上位を狙う中村選手にとってはTTでの結果が重要になってくる]
photo(c):UTSUNOMIYA BLITZEN

Pb120175
[中村選手にとっては不本意な結果となる48位のタイムでゴール]
photo(c):UTSUNOMIYA BLITZEN

Pb120189
[ステージ上位を狙った辻選手も35位と伸びず]
photo(c):UTSUNOMIYA BLITZEN

Pb120202
[スタート前に深呼吸を行う初山選手]
photo(c):UTSUNOMIYA BLITZEN

Pb120215
[初山選手は44位のタイム]
photo(c):UTSUNOMIYA BLITZEN

Pb120220
[ヘラルドサンツアーで膝を故障した若杉選手は久々のレース復帰で69位のタイム]
photo(c):UTSUNOMIYA BLITZEN

Pb120232
[チーム全体でタイムが伸び悩むなか翌日のレースで巻き返しを狙う中村選手]
photo(c):UTSUNOMIYA BLITZEN

|

2011/11/08

佐藤栄一市長に表敬訪問

11/7(月)、佐藤栄一宇都宮市長に表敬訪問致しました。

04
photo(c):UTSUNOMIYA BLITZEN
砂川代表からJプロツアー2011とジャパンカップサイクルロードレースの結果報告、初山選手からは山岳賞獲得のご報告を致しました。

03
photo(c):UTSUNOMIYA BLITZEN
ジャパンカップサイクルロードレースやサイクルシティへ熱い思いを語られる佐藤市長。

02
photo(c):UTSUNOMIYA BLITZEN
Jプロツアー個人総合2位の賞状とジャパンカップ山岳賞のジャージを掲げて記念撮影を行いました。

|

2011/11/05

上三川町立明治中学校にて自転車講話を開催

11/4(金)、上三川町立明治中学校にて『プロスポーツと言う仕事について』をテーマに講演を行いました。

Img_3525_2
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
この日は2年生(約140名)が体育館に集合し講演を聞きました。

Img_3562_2
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
廣瀬選手と若杉選手が講師として参加し、プロレーサーになった生い立ちと厳しいプロスポーツの世界を伝えます。

Img_3570_2_2
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
サイクルロードレースの紹介や普段のトレーニングの話まで講演は広がります。

Img_3573_2
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
生徒にも3本ローラーを体験して貰いました。

Img_3539
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
最後は各クラスごとに記念撮影。イケメン若杉選手は人気者です。

Img_3541
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
最後は各クラスごとに記念撮影。

Img_3544
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
最後は各クラスごとに記念撮影。

Img_3545
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
最後は各クラスごとに記念撮影。

|

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »