« 強化キャンプin千倉 | トップページ | ツール・ド・熊野 第1ステージ »

2011/05/26

ツール・ド・熊野 プロローグ

[プロローグ][1ステージ][2ステージ][3ステージ]

Img_9172_2

Img_9387
[上:ステージ優勝を狙ってギリギリの走りを魅せた辻選手は6位のタイム]
[下:ジュニア時代から短距離種目を得意としてきたリケーゼが初日を制する]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

5/26(木)~5/29(日)に4日間に渡り、UCI2.2のステージレース「ツール・ド・熊野」が開催されています。

◆大会WEBサイトは[こちら]
◆Live!!!ブログレポートは[こちら]

5月26日(木)にプロローグが行われました。

このレースに、宇都宮ブリッツェンから以下の6名がエントリー。

柿沼章
廣瀬佳正
中村誠
増田成幸
辻善光
初山翔
※出場チーム=17チーム

UCI2.2のステージレース「ツール・ド・熊野」のプロローグが、新宮市内の市田川沿いに設定された700mのショートコースで開催され、ダンジェロアンティヌッチィ所属のアルゼンチン人スプリンター、マッシミリアーノ・リケーゼが、唯一51秒台のタイムを記録しステージ優勝を飾りました。

リケーゼはジュニア時代に1kmTTで1分4秒台のタイムをたたき出した経験のあるスピードマン。明日の第1ステージはリーダージャージを着用してスタートします。

宇都宮ブリッツェン勢では、Jプロツアーリーダーの辻善光選手に期待がかかりましたが、いくつかのミスが響いてしまい6位に留まりました。

それでも多くの有力選手を抑えるリザルトであり、明日からはじまるロードレースに期待がかかります。

栗村監督コメント
「700mという非常に短い距離のプロローグはダッシュ力とコーナリングがカギとなる特殊なレース。この様なレースのスペシャリストである辻選手が気合の走りでステージ優勝を目指しますが、コーナー直前のブレーキングで後輪をロックしてしまい結果は6位となりました。本人は非常に悔しがっていますが、十分に素晴らしいタイムだったと感じています。他の選手達も落車などの事故は起こさずに、明日からはじまるロードレースに良い状態を維持しています。」

◆プロローグ[リザルト]
[Tour de Kumano - Japan - 2.2 - Shingu ITT 0.7km]
1位 マッシミリアーノ・リケーゼ(アルゼンチン/ダンジェロアンティヌッチィ) 51s75
2位 藤岡徹也(チームユーラシア) +1s
3位 西谷泰治(アイサン) +1s
4位 福田真平(アイサン) +1s
5位 野中竜馬(鹿屋体育大) +1s
6位 辻善光(宇都宮ブリッツェン) +2s
7位 盛一大(アイサン) +2s
8位 小室雅成(湘南ベルマーレ) +2s
9位 奈良基(テレンガヌ) +2s
10位 品川真寛(アイサン) +2s
30位 廣瀬佳正(宇都宮ブリッツェン) +3s
49位 初山翔(宇都宮ブリッツェン) +5s
59位 中村誠(宇都宮ブリッツェン) +5s
60位 柿沼章(宇都宮ブリッツェン) +5s
73位 増田成幸(宇都宮ブリッツェン) +6s

◆個人総合時間プロローグ終了時[リザルト]
1位 マッシミリアーノ・リケーゼ(アルゼンチン/ダンジェロアンティヌッチィ) 51s75
2位 藤岡徹也(チームユーラシア) +1s
3位 西谷泰治(アイサン) +1s
4位 福田真平(アイサン) +1s
5位 野中竜馬(鹿屋体育大) +1s
6位 辻善光(宇都宮ブリッツェン) +2s
7位 盛一大(アイサン) +2s
8位 小室雅成(湘南ベルマーレ) +2s
9位 奈良基(テレンガヌ) +2s
10位 品川真寛(アイサン) +2s
30位 廣瀬佳正(宇都宮ブリッツェン) +3s
49位 初山翔(宇都宮ブリッツェン) +5s
59位 中村誠(宇都宮ブリッツェン) +5s
60位 柿沼章(宇都宮ブリッツェン) +5s
73位 増田成幸(宇都宮ブリッツェン) +6s

Img_9133
[集中した表情でウォーミングアップを行う辻選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_9153
[昨シーズンは怪我に泣かされてきた廣瀬キャプテンがスタートに備える]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_9146
[スタート時間が近くなり空模様を心配する栗村監督]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_9149
[池本メカが中村選手のバイクを調整する]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_9157
[辻選手の脚にスタートオイルを塗り込む阿部マッサー]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_9160
[柿沼選手がスタートサインを行う]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_9151
[雨の影響を考えてチーム内で1番最初にスタートを切る辻選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_9172_3
[ステージ優勝を目指した辻選手は53秒34のタイムで6位]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_9201
[2番手出走となった中村選手は56秒82で59位]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_9221
[エアロヘルメットを装着して走った柿沼選手は56秒82で60位]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_9230
[廣瀬選手は55秒14で30位]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_9287
[慎重に走った増田選手は57秒93で73位]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_9204
[天気予報は良い意味で外れてチーム内最終出走の初山選手もドライコンディション]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_9328
[初山選手は56秒30で49位]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_9213
[レース後初山選手がドーピングコントロール対象となる]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_922
[18時30分から開会式&プロローグの表彰式がはじまる]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_9343
[大会実行委員長の角口氏]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_9375
[那智黒石でつくられたツール・ド・熊野の各賞トロフィ]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

|

« 強化キャンプin千倉 | トップページ | ツール・ド・熊野 第1ステージ »