« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011/03/28

『Team TOCHIGI プロジェクト 募金活動』に参加

栃木SCドリームアンバサダー佐藤悠介氏と栃木SCサポーターから、栃木県内プロスポーツチームのサポーターに呼び掛け、今回の『Team TOCHIGI プロジェクト 募金活動』がスタートしました。

Img_2421
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
栃木SC、リンク栃木ブレックス、日光TOCHIGIアイスバックス、栃木ウーヴァFC、栃木レイカーズ、ヴェルフェたかはら那須、宇都宮ブリッツェンの選手&サポーターが栃木県内各所に分散し、東日本大震災募金活動を実施しました。

Img_2402
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
4/3(日)に行われるチャリティーサイクリングのコース試走後、募金活動が行われている宮サイクルステーションに駆け付けた中村選手と廣瀬選手と増田選手。ブリッツェンは宮サイクルステーションを中心に募金活動を行いました。

Img_2438
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
宮サイクルステーション前を通り過ぎる多くの方々が募金箱にお金を入れてくれます。日本全国、小さなお子さんからお爺ちゃんまでこの危機を救おうとする気持ちが伝わってきます。足を止めて募金して下さった皆様、本当にありがとうございました。

Img_2455
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
栃木県内各所で集めた募金は16:00にラウンド87に集結しました。3月26~27日と2日間で行われた『Team TOCHIGI プロジェクト 募金活動』でしたが、募金&チャリティーオークションを合わせ、募金総額6,349,418円となりました。この募金は3/28(月)10:00に、日本赤十字社栃木支部に寄付されます。

|

2011/03/19

東日本大震災栃木県救援プロジェクトに参加

01

3/18(金)、Radio Berry 東日本大震災 栃木県救援プロジェクト ~Tochigi Love&Action~ に宇都宮ブリッツェンから、柿沼コーチ、廣瀬キャプテン、中村選手、増田選手の4名が参加し、東日本大震災の被害を受けた那須町と矢板市にペットボトルのミネラルウォーター1万本、充電式携帯ラジオ40個等を県内プロスポーツチーム(栃木SC、リンク栃木ブレックス、日光アイスバックス)と共に届けました。

Img_2691
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
那須町スポーツセンターの施設に7,000本のミネラルウォーターをバケツリレー方式で積み上げて行きます。

Img_2376
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
少しでもガソリン不足の緩和に貢献しようとブリッツェンの選手は那須町まで自転車に乗ってやってきました。避難所の子供達もロードレーサーの軽さやタイヤの細さにビックリ!特に自転車大好きな男の子はロードバイクから離れません。

Img_2382
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
中村選手と増田選手が被災者の方々と話を聞きながらミネラルウォーターを手渡します。被害の度合いは様々ですが、話をすると皆さん笑顔で応えてくれます。当然不安もあると思いますが、前向きな姿勢にブリッツェンの選手も少し安心した顔をしていました。今後も栃木県各所に多くの被災者の方々が避難してきますので、ブリッツェンとしても継続的な支援活動をして行こうと思います。

|

2011/03/13

JBCF熊谷クリテリウム開催中止について

3/20(日)に開催が予定されておりました「JBCF熊谷クリテリウム」の開催中止がJBCFより発表されました。

これに伴い、宇都宮ブリッツェンのレーススケジュールも変更となります。

また、レース当日に予定しておりましたバスツアーも中止となります。

以下、連盟からのリリースです。

--------------------------------------------------------

JBCF登録各チーム、選手、開催地関係者の皆様へ

3月11日発生の東北地方太平洋沖地震の被害は甚大であり、当連盟関係者で罹災された方々には謹んでお見舞い申し上げます。

この地震の影響は余震も含めここしばらくは続くことが予想され、3月20日開催を予定しておりました今年度初戦となる第2回熊谷クリテの開催は中止することと致します。

この措置に対する対応は、 代替え大会の設定なども含め後日検討し発表する事と致します。

また、被害に遭われた方々には連盟として出来るだけの協力をしていきたいと考えております。

遠慮無くお申し出頂くようお願い致します。

一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟
理事長 斧 隆夫

http://www.jbcf.jp/

|

2011/03/12

東北地方太平洋沖地震の影響について

各方面より宇都宮ブリッツェンの選手やチーム事務所などの状況に関するお問い合わせを多数いただいております。

ご心配をお掛けして大変申し訳ございません。

現状では地震による大きな影響は受けておりませんので、安全を十分に確保した上で各選手たちは自主練習を行っております。

この度の、東北地方太平洋沖地震で被災された方々並びに関係の方々には、心よりお見舞い申し上げます。

※追記
3月7日~13日の1週間に渡って栃木県内で行っておりました第4次合宿は昨日11日をもって終了とします。今後は地域の状況などを注意深く確認し、チームとして地域に貢献できる活動などを模索してきたいと思います。

宇都宮ブリッツェン一同

|

2011/03/10

『ブリッツェンフェアリー第3期公開オーディション』を開催

3月7日(月)、cafe Round87 にて『ブリッツェンフェアリー第3期公開オーディション』を開催しました。

011
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
ブリッツェンメンバーから廣瀬キャプテンと若杉選手に司会を務めていただきました。お二人の掛け合いも息がピッタリです。

021
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
特別審査委員は、尾崎豊のモノマネ芸でお馴染みの井上マーさん。特別審査委員長は、栗村監督が担当してくれました!まるでお笑い番組かの様な盛り上がりで公開オーディションは進み、常に会場からは笑い声が絶えません。会場には一目オーディションを見ようと平日にも関わらず100名近くの方が来場して下さいました。

03
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
今回の公開オーディションはなんと水着審査でした。会場にいる男性陣はテンション高めです。書類審査を経て公開オーディションに選ばれたのは5名のブリッツェンフェアリー候補生です。

04
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
それぞれ自己紹介&特技を披露し、特別審査委員長とお客さんに猛烈PR。

05
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
5名中2名の合格者を選ばなくてはいけません。特別審査委員長の皆さんも慎重に話し合いを行います。

06
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
まず1人目の合格者は、特別審査委員長の井上マーさんから発表いただきました。5名の中から最初に名前を呼ばれたのは、エントリーNO.1の伊藤怜さん。おめでとうございます!『イベントやレース会場でブリッツェンを盛り上げて行きたい』とコメント

07
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
そして、2人目の合格者は栗村監督から発表いただきました。最後に名前を呼ばれたのは、なんと現役高校生の真鳥英里さんに決定しました。お二人ともおめでとうございます。これからはブリッツェンフェアリーとして、レース会場とイベント会場を華やかに盛り上げて下さいね!

|

2011/03/08

多気山不動尊にて出陣式を行いました

3/6(日)、いよいよ3月20日のシーズン開幕も迫り、恒例の安全祈願を多気山不動尊にて行いました。

01
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
2011年、選手、スタッフ一同、大きな事故と怪我に遭わぬように祈願いただきました。

02
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
チームは3年目を迎え、大きく成績を求められると栗村監督と柿沼プレイングコーチがもっとも自覚している事でしょう。両者の目からも今シーズンへの覚悟が伺えます。

03
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
昨年不調だった若杉選手も今年に懸ける思いが写真からも伝わってきます。

04
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
シーズン開幕まで2週間をきりました。チームは最後のキャンプを行い、来たる3/20(日)Jプロツアー開幕戦に必勝態勢で臨みます。

|

2011/03/06

『片山右京チャレンジスクール』に講師として参加

3/5(土)に、『第7回片山右京チャレンジスクール』の“江ノ島サイクリング”が開催され、宇都宮ブリッツェンから、栗村監督、柿沼コーチ、廣瀬キャプテン、中村選手、辻選手、初山選手、小坂選手、若杉選手の8名が講師として参加しました。

01
イベント前日にコース視察を行う片山選手と宇都宮ブリッツェンのメンバー達。昨年まで宇都宮ブリッツェンに在籍していた長沼選手(VAXレーシング)と斉藤選手(湘南ベルマーレ)も参加。斉藤選手がパンクして小休止。

02
江ノ島にある“しらすや”でお昼タイム。しらす丼最高でした!

03
復路では境川沿いにある“ソフトクリーム屋”さんで休憩。柿沼コーチがマイケルと格闘しています。

04
翌日のイベント本番に向けて念入りなミーティングを行う宇都宮ブリッツェンの選手たち。

05
総勢65名の参加者の皆さんとスタート前に記念撮影。最年少は5歳の男の子、最年長は69歳のベテランの方と、幅広いチャレンジャーの方々が集まりました!

06
素晴らしい青空の下境川沿いを江ノ島に向けて走る参加者の皆さん。1グループ5~10名程に分かれてそれぞれのグループを宇都宮ブリッツェンのメンバーが先導しました。

07
目的地の江ノ島に到着!片道約30キロの道のりを5~6歳の子供たちも立派に完走しました。小学校中学年の子や中学生達は復路も自転車で帰るのでその距離は60キロを超えます。

08
片山右京校長と記念撮影する小学生60キロコースの子供たち。グループリーダーの長沼選手がしっかりとまとめました。

09
予定より早めのペースで進んだ上級コースの参加者の方々は寄り道をして美味しいソフトクリーム屋さんで休憩。”走って食べる”は最高の贅沢です!

10
60キロという、子供たちや初心者の方々にとっては決して短くない距離で開催された今回のスクールでしたが、“限界を自分で決めない”というスクールコンセプト通り、参加者の皆さんはそれぞれの設定コースを楽しみながら立派に走り抜きました!

|

2011/03/02

風と緑の幼稚園にて『ウィーラースクール』開催

3/1(火)、風と緑の幼稚園にて自転車安全教室『ウィーラースクール』を行いました。

Img_0806
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
子供達の『ブリッツェン~!!』の呼びかけでカーテンオープン。 柿沼選手、若杉選手、ライトくんが登場です。

Img_0816
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
ボードを使って解り易く園児に説明する若杉選手。ライトくんも隣でうなずいていますが、ホントに解っているかな!?

Img_0810
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
園児も真剣にブリッツェン選手の話を聞いてくれてます。今日の話を忘れず安全に自転車に乗りましょうね。

Img_0825
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
実技を行う前、園児に見本を見せる若杉選手ですが、プロの威信にかけて失敗は許されません。ブリッツェン選手曰く、レース並みに緊張するらしいです。

Img_0853
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
ブレーキは両手で掛けましょうね。  『ブレーキはしっかりと両手で握って止まりましょう!』と説明する若杉選手。

Img_2255
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
自転車教室後のフリータイムでは、ライトくんも大人気です☆園児の元気をブリッツェンの選手も分けてもらいました。

Img_2256
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
最後は記念撮影☆風と緑の幼稚園の皆さん、元気一杯に参加してくれてありがとう!また会いましょうね。

|

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »