« “宮サイクルステーション”オープニングイベント | トップページ | 熊本国際ロード »

2010/10/04

JCT第15戦 実業団いわきクリテリウム

Img_9922_2

Img_0091_2
[上:エースとして勝利を託された辻選手がチャンスを伺いアタックを仕掛ける]
[下:最後はスプリント勝負となって鈴木真理選手が同レース4連覇を達成した]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

10/2(土)~3(日)に、Jサイクルツアー第15戦の「実業団いわきクリテリウム」が開催されました。

◆大会WEBサイトは[こちら]
◆Live!!!ブログレポートは[こちら]

このレースに、宇都宮ブリッツェンから以下の6名がエントリー。

柿沼章
中村誠
辻善光
斉藤祥太
小坂光
若杉厚仁
※参加選手=66名

Jサイクルツアー第15戦の実業団いわきクリテリウムが、福島県いわき市にある21世紀の森公園で開催され、ストップ&ゴーが繰り返されるテクニカルなコースで終始レースの主導権を握ったシマノレーシングの鈴木真理選手が、得意の小集団によるスプリントを余裕で制して大会4連覇を飾りました。

宇都宮ブリッツェン勢は、スピードレースを得意としている辻選手をエースとし、同じくスピードのある小坂選手を後半へ温存して、柿沼選手や中村選手、斉藤選手などが前半から前で動いてレースを組み立てていく作戦でこのレースに挑みます。

前半から、強力なシマノレーシング勢のアタック攻勢が続きますが、これに斉藤選手や柿沼選手が反応して決定的な逃げを許しません。

中盤に入って、エースの辻選手自身がアタックを仕掛けるなど、防御だけではなくて攻撃も交えながらレース後半に突入していきます。

スプリント勝負になっても勝機のある宇都宮ブリッツェン勢は、前半から動いている柿沼選手と斉藤選手が継続して献身的な動きをみせ、シマノレーシング勢が求めていたアタックを成功させずに小集団によるゴールスプリントに持ち込ます。

そして、ラスト周回に入ると5名のメンバーを残しているシマノレーシングが鈴木真理選手のためのトレインを形成、宇都宮ブリッツェンの辻選手は勝つために自ら早めに仕掛けてスプリントを開始しますが、このレースを得意としている鈴木真理選手がすぐに反応してキッチリとゴール前で差しきり、鈴木真理選手の後ろについていた畑中選手(シマノレーシング)もそのまま2位でゴールして、辻選手は残念ながら3位でのフィニッシュとなりました。

柿沼選手コメント
「宇都宮ブリッツェンとしては作戦に近い形でレースを展開する事ができました。もちろん、辻選手のスプリントで優勝する図式は叶わなかったので残念ではありますが、作戦を遂行しようとした事は、観戦してくれた皆さんにも感じて貰えたかも知れません。シーズンも終盤に入り、故障者を抱えながらのレース活動ですが、故障はある意味“チームの為に払った犠牲の代償”でもあります。例えば、今日のレースで全く力を発揮することなくレースを終えた中村選手などは、シーズン前半からチームを牽引し、馬車馬のように走って来た疲労の蓄積が表れた結果です。それぞれの選手がOne for All の精神で走っている事は事実です。今日優勝したシマノの鈴木真理選手は、アシスト選手の努力を優勝と言う最高の結果で返せた訳ですが、自分たちもエース辻の走りには誇りを感じています。今のところ客観的には、チーム力でシマノに勝てているとは言えませんが、少なくともそれをひっくり返そうとして1人1人が戦っています。今日も会場では宇都宮ブリッツェンの応援が一番熱かったです。皆さん、ありがとうございました。」

Logo
シクロワイアードの記事は[こちら]

◆[リザルト]
[実業団いわきクリテリウム - いわき市21世紀の森公園 - JCT第15戦 - TR決勝49.85km]
1位 鈴木真理(シマノレーシング)1時間15分33秒
2位 畑中勇介(シマノレーシング)
3位 辻善光(宇都宮ブリッツェン)
4位 鈴木譲(シマノレーシング)+01秒
5位 村上純平(シマノレーシング)
6位 飯島誠(チームブリヂストン・アンカー)
7位 小坂光(宇都宮ブリッツェン)
8位 栂尾大知(パールイズミ・スミタ・ラバネロ)
9位 小室雅成(湘南ベルマーレ)+02秒
10位 小畑郁(なるしまフレンドレーシングチーム八王子)
※完走22名
Jサイクルツアーリーダー 畑中勇介(シマノレーシング)

Img_9789_2
[決勝のスタートラインに並ぶ宇都宮ブリッツェンの選手たち]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_9796_2
[スピード系のレースを得意とする斉藤選手が強力な走りでチームメイトをサポート]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_9932_2
[前半から斉藤選手ともに各チームのアタックに反応していく柿沼選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_9898_2
[コンディションの谷に落ち込んでしまっている中村選手も献身的に動く]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_9867_2
[復活に向けて自分のリズムでレースに取り組む若杉選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_9907
[辻選手とともに結果を求められる立場でレースに挑んだ小坂選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_0086_2
[シマノトレインの横から勇気を持って最初に仕掛けた辻選手がゴールを目指す]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_0088_2
[このコースのスプリントでは圧倒的な強さをみせる鈴木真理選手が畑中選手を引き連れてゴール]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_0132_2
[目指していた優勝には手が届かなかったもののエースとしての役割を果たした辻選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_9728_2
[表彰台に昇ったトップ6の選手たち]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

|

« “宮サイクルステーション”オープニングイベント | トップページ | 熊本国際ロード »