« とちぎプロスポーツDAY | トップページ | 真岡警察署主催自転車安全教室 »

2010/05/10

64th 八方ヶ原ヒルクライム

じてんしゃの杜主催『64th 八方ヶ原ヒルクライム』に柿沼選手、中村選手、長沼選手、斉藤選手がゲスト参加しました。

Img_5395
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
快晴の下行われた八方ヶ原ヒルクライムには130名がエントリーしました。宇都宮ブリッツェンはツアーオブジャパンに向けたトレーニングの一貫で参加させていただき、TOJ 富士ステージに向けた絶好のトレーニングとなりました。

Img_5977
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
リラックスした様子でスタートを待つ長沼選手。八方ヶ原のコースレコード持つ、MTBクロスカントリーアテネ五輪日本代表の竹谷賢二氏のタイムに挑みます。

Img_6040
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
徐々に完全復活の兆しを見せる柿沼コーチ兼選手。ツアーオブジャパンでは職人柿沼復活か!?

Img_6057
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
ヒルクライムは後半ペースを上げて行くのがセオリーとされていますが、そんな事はお構いなしに前半からガンガン攻める中村選手。流石、スト村の異名を持つだけあります。

Img_6065
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
急勾配を飛ぶ様なダンシングで駆け上がる長沼選手。水を得た魚の如く登りをこなすピュアヒルクライマー。一番最後尾からのスタートですが、ブリッツェンライダーをあっという間にパスし、トップタイムを叩き出しました。

Img_6127
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
13.5kmの激坂ヒルクライムを何と小学生が完走しました。誰が何と言おうと、今日のMVPは小学生の彼です。ゴール後、廣瀬キャプテンからグリコのプロテインを貰い、ますますパワーアップ。将来はブリッツェンに入りたいそうです。

Img_6146
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS
優勝はもちろん長沼選手。惜しくも竹谷さんのタイムには届きませんでしたが、40分15秒は歴代2位の記録でした。柿沼選手、中村選手とも43分台とチームキャンプ中で疲労が残るコンディションでは、まずまずのタイムでした。尚、今回の参加された皆様のエントリー代の半分を、じてんしゃの杜様よりご寄付いただきました。皆様方のご好意にお応えすべく、ツアーオブジャパンではチーム一丸となって頑張って来ます。

|

« とちぎプロスポーツDAY | トップページ | 真岡警察署主催自転車安全教室 »