« ツール・ド・熊野 1ステージ | トップページ | ツール・ド・熊野 3ステージ »

2010/05/29

ツール・ド・熊野 2ステージ

[プロローグ][1ステージ][2ステージ][3ステージ]

Tsuji1

Naganuma
[上:宇都宮ブリッツェン初のリーダージャージに身を包んで最難関ステージに挑む辻選手と柿沼選手]
[下:追走グループに入りレースをリードする長沼選手]
photo(c):Hideaki.TAKAGI

5/27(木)~5/30(日)に4日間に渡り、UCI2.2のステージレース「ツール・ド・熊野」が開催されています。

◆大会WEBサイトは[こちら]
◆Live!!!ブログレポートは[こちら]

5月29日(土)に第2ステージが行われました。

このレースに、宇都宮ブリッツェンから以下の6名がエントリー。

柿沼章
中村誠
辻善光
長沼隆行
小坂光
若杉厚仁
※出場チーム=16チーム

UCI2.2のステージレース「ツール・ド・熊野」の第2ステージが、名物「千枚田」と過酷な「札立峠」を登る山岳コースで行われ、最後の千枚田で飛び出した3名の争いを制した佐野選手(ニッポ)がステージ優勝を飾りました。

総合では、ステージ2位でゴールしたミズロフ(カザフスタン)が、前日の7位から一気に首位に躍りでています。

また、日本勢では、宮澤選手(ニッポ)がミズロフから42秒差の総合2位につけています。

宇都宮ブリッツェン勢は、辻選手がリーダージャージを着用してスタート。

レース序盤は、辻選手のジャージを守るフォーメーションではなく、登りを得意としている長沼選手や総合上位につけている柿沼選手が逃げに乗る作戦でレースを組み立てていきます。

予定通り、20キロ地点で11名の第2グループに長沼選手が入り、「逃げきれば長沼」「最後にまとまれば辻」という2つのオプションを得てレース終盤を迎えました。

脆弱なチーム力を有効に使う状況を得たものの、最後の千枚田でミズロフがアタックし、たまらず辻選手が遅れてしまいます。

中村選手と長沼選手が辻選手を必死にサポートして千枚田の頂上を越えましたが、不運にも中村選手と長沼選手が落車に巻き込まれ、この時点で辻選手は単独となってしまい追走の夢は絶たれてしまいました。

結局、辻選手はステージ31位でゴールし、総合でも24位に順位を下げました。

栗村監督コメント
「宇都宮ブリッツェンとしては初めてリーダージャージを着用してのレースとなりました。序盤は敢えて攻撃に参加し先手をとるレース展開を選択。長沼選手がしっかりと追走集団に入りメインでの仕事を回避する状況を得ました。しかし、最後は一気に崩れてしまい総合では順位を下げる結果となりましたが、全体的にはよい判断が随所にみられたレースだったと感じています。チームとして、レースリーダーを抱えてのレースを経験できたことは大きな財産であり、また一段自分たちの階段を上れたことでしょう。明日は、ワンデイレースのつもりで前向きにスタートしたいと思います。」

◆第2ステージ[リザルト]
[Tour de Kumano - Japan - 2.2 - Kumano 109.3km]
1位 SANO Junya (ニッポ) 2h48'40"
2位 MIZUROV Andrey (カザフスタン) +04"
3位 HIRATSUKA Yoshimitsu (シマノ) +08"
4位 FUKUSHIMA Shinichi (グムサン) +49"
5位 MIYAZAWA Takashi (ニッポ) +49"
6位 YAMASHITA Takahiro (マトリックス) +54"
7位 JUMABEKOV Nazar (カザフスタン) +55"
8位 SUZUKI Shinri (シマノ) +55"
9位 HATANAKA Yusuke (シマノ) +57"
10位 MURAKAMI Jumpei (シマノ) +59"
31位 TSUJI Yoshimitsu (宇都宮ブリッツェン) +3'49"
36位 NAGANUMA Takayuki (宇都宮ブリッツェン) +6'12"
39位 NAKAMURA Makoto (宇都宮ブリッツェン) +6'12"
42位 KOSAKA Hikaru (宇都宮ブリッツェン) +9'07"
58位 WAKASUGI Atsuhito (宇都宮ブリッツェン) +15'31"
59位 KAKINUMA Akira (宇都宮ブリッツェン) +15'37"

◆個人総合時間第2ステージ終了時[リザルト]
1位 MIZUROV Andrey (カザフスタン) 5h43'51"
2位 MIYAZAWA Takashi (ニッポ) +42"
3位 FUKUSHIMA Shinichi (グムサン) +50"
4位 SHUSHEMOIN Alexandr (カザフスタン) +1'01"
5位 MUKAIGAWA Naoki (マトリックス) +1'02"
6位 ZHIYENTAYEV Roman (カザフスタン) +1'04"
7位 WONG Kam Po (香港) +1'07"
8位 GAROFALO Vicenzo (ニッポ) +1'12"
9位 KANOH Tomoya (アンカー) +1'20"
10位 SANO Junya (ニッポ) +1'27"
24位 TSUJI Yoshimitsu (宇都宮ブリッツェン) +3'40"
34位 NAKAMURA Makoto (宇都宮ブリッツェン) +7'47"
36位 NAGANUMA Takayuki (宇都宮ブリッツェン) +7'50"
41位 KOSAKA Hikaru (宇都宮ブリッツェン) +10'42"
56位 KAKINUMA Akira (宇都宮ブリッツェン) +16'05"
58位 WAKASUGI Atsuhito (宇都宮ブリッツェン) +17'08"

|

« ツール・ド・熊野 1ステージ | トップページ | ツール・ド・熊野 3ステージ »