« ツール・ド・熊野 プロローグ | トップページ | ツール・ド・熊野 2ステージ »

2010/05/28

ツール・ド・熊野 1ステージ

[プロローグ][1ステージ][2ステージ][3ステージ]

Tsuji1

Kakinuma
[上:世界レベルの選手がひしめく先頭集団にはいり最後はスプリントを制した辻選手が両手を挙げる!]
photo(c):Hideaki.TAKAGI
[下:司令塔となってチームをコントロールしながら最後は辻選手を勝利へ導いた柿沼選手]
photo(c):UTSUNOMIYA BLITZEN

5/27(木)~5/30(日)に4日間に渡り、UCI2.2のステージレース「ツール・ド・熊野」が開催されています。

◆大会WEBサイトは[こちら]
◆Live!!!ブログレポートは[こちら]

5月28日(金)に第1ステージが行われました。

このレースに、宇都宮ブリッツェンから以下の6名がエントリー。

柿沼章
中村誠
辻善光
長沼隆行
小坂光
若杉厚仁
※出場チーム=16チーム

UCI2.2のステージレース「ツール・ド・熊野」の第1ステージが、平坦基調の赤木川周回コースで開催されました。

レースは、スタートから激しいアタック合戦が100km近く続いた末に、残り30キロほどで宇都宮ブリッツェンの柿沼選手と辻選手を含む以下の12名が攻撃を成功させます。

先頭集団はそのまま後続のメイングループに1分の以上の差をつけて逃げ切り、最後は並み居る強豪をスプリントで抑えた宇都宮ブリッツェンの辻選手が、見事今シーズン初優勝を飾りました!

辻選手は、総合でも前日の10位から一気に首位に躍り出て、総合リーダーの証、イエロージャージを獲得しています。

辻選手コメント
「レース序盤は調子があまり良くなく苦しい時間が続きましたが、時間を追うごとに体調が上向き、最後は思い切って先行した結果、強豪選手たちを抑えて嬉しいUCIレースでの勝利を挙げることができました。一緒に逃げた柿沼選手や他のチームメイト、そしてスタッフや応援して下さった皆さんにこの勝利を捧げます。明日以降もレースは続きますので引き続きがんばっていきます。」


[辻善光選手インタビュー]
(c):UTSUNOMIYA BLITZEN

栗村監督コメント
「昨日のプロローグでチーム全体が上向きな状態であることを確認しての第1ステージとなりましたが、レースは序盤からアタックの応酬で逃げが一向に決まらない厳しい展開となります。そんななかで、宇都宮ブリッツェンは中盤に一度危機的な状況に陥りかけますが、各選手が粘りをみせてレースを立て直し、直後の残り30キロ付近で、司令塔として存分に機能していた柿沼選手の的確な判断により、柿沼選手と辻選手が強豪ひしめく12名の先頭グループに入りました。そして、世界レベルの選手達を相手に辻選手のスプリントが炸裂し、今シーズンメジャーレース初勝利を飾ってくれました。待望の勝利がこの様なビッグレースになったのはとても嬉しいことであり、チームの実力をしっかりアピールできたと感じています。優勝した辻選手はようやくその才能を開花させ、共に逃げた柿沼選手は1年のブランクを乗り越えて本来の力を取り戻しつつあります。また、完走66名のサバイバルレースのなか、他のメンバーも全員がメイン集団でゴールし好調をアピールしました。明日はリーダージャージを着てのレースとなりますが、チームにはまだレース全体をコントロールする力はないので、本日同様にチャレンジャーとしてレースに挑みたいと思います。まずは、今シーズンメジャーレース初優勝、宇都宮ブリッツェンとしてUCIレース初優勝、リーダージャージ初獲得、辻選手のUCIレース初優勝などなど、初もの尽くしの本日をみんなで楽しみたいと思います。いつも応援していただいております多くのファンの方々に改めてお礼を申し上げます。ありがとうございます。」

Tsuji2
[総合でも首位に立った辻選手がレースリーダーの証であるイエロージャージに袖を通す!]
photo(c):Hideaki.TAKAGI

◆第1ステージ[リザルト]
[Tour de Kumano - Japan - 2.2 - Akagigawa 130.4km]
1 TSUJI Yoshimitsu UTSUNOMIYA BLITZEN 2h54'10''
2 MIYAZAWA Takashi TEAM NIPPO +00'00''
3 WONG, Kam Po Hong Kong Team +00'00''
4 ZHIYENTAYEV Roman Kazakhstan National Team +00'00''
5 MUKAIGAWA Naoki MATRIX POWERTAG +00'00''
6 FUKUSHIMA Shinici GEUMSAN GINSENG ASIA +00'00''
7 SHUSHEMOIN Alexandr Kazakhstan National Team +00'00''
8 IIJIMA Makoto TEAM BRIDGESTONE ANCHOR +00'00''
9 MIZUROV Andrey Kazakhstan National Team +00'00''
10 GAROFALO Vincenzo TEAM NIPPO +00'00''
12 KAKINUMA Akira UTSUNOMIYA BLITZEN +00'24''
23 KOSAKA Hikaru UTSUNOMIYA BLITZEN +01'34''
32 NAKAMURA Makoto UTSUNOMIYA BLITZEN +01'34''
41 NAGANUMA Takayuki UTSUNOMIYA BLITZEN +01'34''
53 WAKASUGI Atsuhito UTSUNOMIYA BLITZEN +01'34''

◆個人総合時間第1ステージ終了時[リザルト]
1 TSUJI Yoshimitsu UTSUNOMIYA BLITZEN 2h55'02''
2 MIYAZAWA Takashi TEAM NIPPO +00'02''
3 WONG, Kam Po Hong Kong Team +00'06''
4 MUKAIGAWA Naoki MATRIX POWERTAG +00'09''
5 FUKUSHIMA Shinici GEUMSAN GINSENG ASIA +00'10''
6 IIJIMA Makoto TEAM BRIDGESTONE ANCHOR +00'10''
7 MIZUROV Andrey Kazakhstan National Team +00'11''
8 ZHIYENTAYEV Roman Kazakhstan National Team +00'11''
9 SHUSHEMOIN Alexandr Kazakhstan National Team +00'11''
10 GAROFALO Vincenzo TEAM NIPPO +00'12''
12 KAKINUMA Akira UTSUNOMIYA BLITZEN +00'37''
22 NAKAMURA Makoto UTSUNOMIYA BLITZEN +01'44''
23 KOSAKA Hikaru UTSUNOMIYA BLITZEN +01'44''
31 WAKASUGI Atsuhito UTSUNOMIYA BLITZEN +01'46''
48 NAGANUMA Takayuki UTSUNOMIYA BLITZEN +01'48''

|

« ツール・ド・熊野 プロローグ | トップページ | ツール・ド・熊野 2ステージ »