« シクロクロス世界選手権2010 U23 | トップページ | とちぎ美少女図鑑 x 宇都宮ブリッツェン バレンタイントークショー »

2010/02/09

地域貢献活動

Img_7700
[子供たちにロードレーサーについて説明する廣瀬キャプテンと斉藤選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

2月9日(火)に、宇都宮市立平石北小学校において、「努力の大切さ」という演題で“生き方講演会”を行ってまいりました。

地元出身の廣瀬佳正キャプテン、柿沼章コーチ、中村誠選手、斉藤祥太選手、若杉厚仁選手の5名が講師として参加。

プロロードレース選手としての経験談を元に、173名の全校生徒さんと一緒に「努力」について考える時間となりました。

講話の後で、自転車安全教室「ウィーラースクール」も実施し、内容の濃い訪問になったと感じております。

以下、御幸ヶ原小学校出身の廣瀬佳正キャプテンのコメント

平石北小学校とは中学校になると、同じ鬼怒中学校の学区なので、親近感も強いです。努力する事の大切さと、達成する事の喜びを知って欲しいですね。また、その過程で得る事の出来る喜びも。結果として、心の基礎体力がつきますから。

宇都宮ブリッツェンは、今後も自転車を通じての地域活動に積極的に取り組んでまいります。

|

« シクロクロス世界選手権2010 U23 | トップページ | とちぎ美少女図鑑 x 宇都宮ブリッツェン バレンタイントークショー »