« 2020/10/20 | トップページ | 2020/10/26 »

2020/10/25

2020/10/25

Live!!! JCX第1戦 茨城CX 取手

Ht1_8231
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
 
 
 
 
 
◆リザルト
[茨城シクロクロス取手ステージ - JCXナショナルシリーズ第1戦 - ME 60m - ]
1位 織田聖 (弱虫ペダルサイクリングチーム) 1h03m47s 25.87km/h
2位 前田公平 (弱虫ペダルサイクリングチーム) +15s
3位 小坂光 (宇都宮ブリッツェン) +1m31s
4位 島田真琴 (ペダル) +2m11s
5位 斎藤朋寛 (RIDELIFE GIANT) +2m18s
6位 加藤健悟 (臼杵レーシング) +2m30s
7位 合田正之 (AX cyclocross team) +2m42s
8位 兼子博昭 (スワコレーシングチーム) +2m48s
9位 川野碧己 (慶應義塾大学自転車競技部) +2m50s
10位 鈴木来人 (BonneChance Asia Cycling) +2m51s
22位 鈴木龍 (宇都宮ブリッツェン) +4m20s
出走=82名/完走=33名
 
 
 
 
 
2020-2021シーズンのJCXナショナルシリーズの開幕戦となる第1戦「茨城シクロクロス取手ステージ」が茨城県取手市の小貝川リバーサイドパークで開催され、序盤からアグレッシブにレースを進めて主導権を握り続けた弱虫ペダルサイクリングチームの織田聖が、最後はチームメートの前田公平を振り切って2018年に続き優勝を飾りました。
 
宇都宮ブリッツェンの小坂光は、序盤はワンツーフィニッシュを決めた弱虫ペダルコンビと3名で先頭パックを形成する走りを見せましたが少しずつ離されてしまい、中盤以降は単独3番手でレースを進めてそのまま3位でフィニッシュ。惜しくもシーズン開幕戦で勝利を挙げることはできずにレースを終えました。
 
 
 
 
 
遂に開幕した2020-2021シーズンのJCXナショナルシリーズ。
 
今シーズンは全9戦が予定されていたJCXナショナルシリーズでしたが、野辺山と宇都宮の計4戦の中止が既に発表されており全5戦での争いに。選手たちにとっては、一戦一戦が例年以上に重要なレースになります。
 
それは、2シーズンぶりのシリーズチャンピオン獲得、そして、3年ぶりの全日本チャンピオン奪還を狙う宇都宮ブリッツェンの小坂選手にとっても同じこと。
 
ロードレースでも強さを見せた弱虫ペダルの前田選手と織田選手という強敵はいるものの、開幕戦から勝利を狙ってレースに臨みました。
 
レースは小坂選手(宇都宮ブリッツェン)がホールショットを決めて幕を開け、その後、先頭は5名のパックが形成される展開になります。
 
小坂(宇都宮ブリッツェン)
前田、織田(弱虫ペダル)
斎藤(RIDELIFE GIANT)
積田(SNEL)
 
2周回目になると、先頭パックでは織田選手(弱虫ペダル)が攻撃を仕掛けて単独で先行する展開になりパックが崩壊。小坂選手(宇都宮ブリッツェン)と前田選手(弱虫ペダル)が追走パックを形成して織田選手(弱虫ペダル)を追う展開になります。
 
織田(弱虫ペダル)
小坂(宇都宮ブリッツェン)
前田(弱虫ペダル)
 
しかし、3周回目に入ると追走パックも崩壊し、前田選手(弱虫ペダル)が先行する展開に。小坂選手(宇都宮ブリッツェン)は単独3番手をそうこうする展開になります。
 
その後、先頭は前田選手(弱虫ペダル)が織田選手(弱虫ペダル)に合流し、弱虫ペダルの2名が順調にペース刻む状況。また、後方の4番手集団は5名のパックで追走する状況になり、舗装路も多く集団有利のスピード系コースで単独3番手を走る小坂選手(宇都宮ブリッツェン)にとっては、かなり厳しい状況になります。
 
それでも、小坂選手(宇都宮ブリッツェン)は粘りの走りを見せ、先頭パックにはじりじりとタイム差を広げられはしたものの、後方の追走パックにはタイム差を詰めさせず。
 
開幕戦勝利という最高の結果を手にすることはできませんでしたが、しっかりと追い込む形で自身の走りを発揮して3位でレースを終えました。
 
 
小坂選手コメント
「いよいよシクロクロスシーズンが開幕しました。僕自身は怪我から復帰してロードレース3レースとデジタルジャパンカップを走って、パフォーマンスは怪我前の状態に戻りつつある状態で今日の開幕戦を迎えました。レースは予想通り弱虫ペダルの2名がシケインでついた差を利用してペースアップしていく展開となり、そのペースについていくことができませんでした。ハイスピードなコースだったので何人かで協力して前を終えればと思いましたが、今後のレースも見据えて一人で追うことを決めて最後まで踏み続けました。結果は3位でしたが、今回のレースでまたさらに調子も上がったと思うので、来週以降に向けて前向きな気持ちで臨めると思います。全日本選手権まで時間が短いので、集中してこの1カ月を過ごしたいと思います。応援ありがとうございました!」
 
Text:Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
 

|

Live!!! JCX第1戦 茨城CX 取手

速報

1位 織田(弱虫ペダル)
2位 前田(弱虫ペダル)
3位 小坂(宇都宮ブリッツェン)

詳細は、後ほど

|

Live!!! JCX第1戦 茨城CX 取手

10周回完了、11周回目
最終周回

先頭は織田が単独、続いて数秒差で前田

小坂も単独3番手で最終周回に入った

|

Live!!! JCX第1戦 茨城CX 取手

9周回完了、10周回目
残り2周回

前田
織田

小坂

後方の追走パックが割れた

|

Live!!! JCX第1戦 茨城CX 取手

8周回完了、9周回目

先頭の前田&織田パックと3番手小坂のタイム差は少しずつ開く状況
ただ、後方の追走パックのペースも余り上がらず、狭間で小坂が単独で苦しむ

|

Live!!! JCX第1戦 茨城CX 取手

7周回完了、8周回目

小坂は3番手単独変わらず。

|

Live!!! JCX第1戦 茨城CX 取手

6周回完了、7周回目

3番手の小坂と後方の5名パックとのタイム差は18秒
スピード系コースで集団での走りが有効なため、単独の小坂は堪えどころ

|

Live!!! JCX第1戦 茨城CX 取手

5周回完了、6周回目

前田
織田
↓ 40秒
小坂
↓ 20秒
5名のパック

|

Live!!! JCX第1戦 茨城CX 取手

4周回完了、5周回目

織田
前田

小坂

|

Live!!! JCX第1戦 茨城CX 取手

3周回完了、4周回目
レースは11周回に決定

織田

前田

小坂

|

Live!!! JCX第1戦 茨城CX 取手

2周回完了、3周回目

先頭パックがくずれ、先頭は織田単独
2番手パックに小坂と前田

|

Live!!! JCX第1戦 茨城CX 取手

1周回完了、2周回目

先頭は5名のパック

前田
織田
小坂
斎藤
積田


|

Live!!! JCX第1戦 茨城CX 取手

スタートしました。

|

Live!!! JCX第1戦 茨城CX 取手

Image0_20201025132402

選手招集が始まっています。
スタートは13:30です。

|

Live!!! JCX第1戦 茨城CX 取手

Image0_20201025132401

選手招集が始まっています。
スタートは13:30です。

|

Live!!! JCX第1戦 茨城CX 取手

Image0_20201025130201

小坂選手がアップを開始しました。

|

Live!!! JCX第1戦 茨城CX 取手

Image0_20201025110601

会場に到着しました。

|

« 2020/10/20 | トップページ | 2020/10/26 »