« 2019/12/07 | トップページ | 2019/12/09 »

2019/12/08

2019/12/08

Live!!! CX全日本選手権

Cxalljapan_top01
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
 
 
 
 
 
◆リザルト
[第25回シクロクロス全日本選手権 - 男子エリート 60m - ]
1位 前田公平 (弱虫ペダルサイクリングチーム) 56m33s 23.8km/h
2位 竹之内悠 (Toyo Frame) st
3位 小坂光 (宇都宮ブリッツェン) +13s
4位 山本幸平 (Dream Seeker MTB Racing Team) +22s
5位 沢田時 (チームブリヂストンサイクリング) +1m44s
6位 横山航太 (シマノレーシングチーム) +2m26s
7位 兼子博昭 (スワコレーシングチーム) +3m00s
8位 丸山厚 (チーム アレ リドレー) +3m11s
9位 斎藤朋寛 (RIDELIFE GIANT) +3m15s
10位 小森亮平 (Toyo Frame) +3m28s
出走=69名/完走=30名
 
 
 
 
 
2019年のシクロクロス日本チャンピオンを決める「第25回シクロクロス全日本選手権内子大会」が愛媛県内子町で開催され、中盤から4名の先頭パックが形成される展開に。最終的に、2名に絞られたマッチスプリントを制した弱虫ペダルサイクリングチームの前田公平が昨年に続き優勝を飾り、見事に連覇を達成しました。
 
宇都宮ブリッツェンの小坂光選手は、レース終盤まで4名の先頭パックでレースを展開しましたが、最終周回に入る直前の激坂でついてしまったわずかなタイムギャップを最後まで詰め切ることができず3位でフィニッシュ。惜しくも2017年以来となる王座返り咲きは果たせませんでした。
 
 
 
 
 
シクロクロスの日本チャンピオンを決める、全日本選手権が今年もやって来ました。
 
今年の会場は、全日本選手権初開催となる四国・愛媛県。内子町の小田川沿いに設定された1周2.5kmのコースは基本的に平坦基調ながら、要所要所に激坂やキャンバーが効果的に配置される好コース。ハイスピードな展開の中で、ミスやトラブルを引き起こした者がふるい落とされていく可能性があるコースと言えます。
 
そんなレースに挑む宇都宮ブリッツェンの小坂選手は、野辺山でのレースの後の調整も上手くいって万全の状態で愛媛県入り。2017年以来となる王座奪還を目指してレースに臨みました。
 
 
 
レースはスタートから、長い舗装路で激しい位置取りバトルが繰り広げられる展開に。横山選手(シマノ)がホールショット、2番手で小坂選手(宇都宮ブリッツェン)という形で幕を開けます。
 
その後、先頭では6名のパックが形成される展開になりますが、ホールショットを決めた横山選手(シマノ)と沢田選手(BSサイクリング)がトラブルで遅れ、先頭パックは4名になります。
 
小坂(宇都宮ブリッツェン)
前田(弱虫ペダル)
竹之内(Toyo)
山本(Dream Seeker)
 
その後、レースは4名の先頭集団という形は変わらないものの、その中では互いの腹の中と脚を探り合うような状況が続きます。その中で、小坂選手(宇都宮ブリッツェン)もパックの先頭に出たり下がったりを繰り返しながら中盤戦を走っていく展開になります。
 
終盤戦に入っても4名の先頭パックの形が続いていましたが、残り2周回となる8周回目の激坂の頂上で、3番手を走っていた小坂選手(宇都宮ブリッツェン)は安全マージンをとって片脚をついたことで、先行する2名と若干のタイム差がついてレースは最終周回を迎えることになります。
 
最終周回に入り、小坂選手(宇都宮ブリッツェン)は先行する2名とのわずかなタイム差を詰めるべく追走を続けますが、2対1の状況もあってタイム差を縮めることはできず、そのまま3位でフィニッシュ。惜しくも、2017年以来となる2度目の全日本タイトル獲得は果たせませんでした。
 
 
小坂選手コメント
「調子もバッチリ合わせることができ、チームの皆んなにも完璧に準備を整えてもらって臨んだ全日本選手権でした。スタートも上手くいって、そこからは冷静にレースを進めることができましたが、最後の勝負を意識し始めたラスト1周手前の上り坂で3番手だったこともあって失速して脚をついたところでギャップができてしまい、その後のホームストレートでのアタックに反応し切れませんでした。ラスト1周全力で追いましたが前の2名には届かず、昨年と同じ3位という結果になりました。最低限の表彰台は確保しましたが、勝てないと意味がないのが全日本選手権ですので、また来年タイトルを奪還できるよう明日から頑張っていきたいと思います。今日は現地での応援、宇都宮からの応援、ありがとうございました!来週の宇都宮シクロクロスも頑張ります!」
 
Text:Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
 

|

Live!!! CX全日本選手権

速報

1位 前田(弱虫ペダル)
2位 竹之内(Toyo)
3位 小坂(宇都宮ブリッツェン)

最終周回、小坂は若干離され3位でフィニッシュ
詳細は、後ほど

|

Live!!! CX全日本選手権

8周回完了、9周回目
最終周回

先頭から山本が少し遅れ、先頭は3名に
勝負はチャンピオン経験者3名の勝負にやるか!?

|

Live!!! CX全日本選手権

7周回完了、8周回目
残り2周回

先頭4名は変わらずだが、その中では水面下の争いが続く

|

Live!!! CX全日本選手権

6周回完了、7周回目
残り3周回

先頭4名は変わらず
終盤に入り、それぞれが仕掛けどころを探り合う状態か!?

|

Live!!! CX全日本選手権

5周回完了、6周回目
残り4周回

先頭では前田がプッシュを続け、それに竹之内が食らいつく

小坂はここを何とか耐え切りたいところ

|

Live!!! CX全日本選手権

4周回完了、5周回目
残り5周回

先頭から沢田が若干遅れて4名に

小坂
前田
竹之内
山本

|

Live!!! CX全日本選手権

3周回完了、4周回目
残り6周回

先頭の5名は変わらず
終盤まではこのパックでいくか、誰かが攻撃を仕掛けるかが現時点のポイントか!?

|

Live!!! CX全日本選手権

2周回目完了、3周回目
レースは9周回に決定

先頭は
小坂
竹之内
前田
沢田
山本
の5名

後方に横山が続くが、その後方は離れた

|

Live!!! CX全日本選手権

1周回完了、2周回目

先頭は4名のパック

竹之内
小坂
前田
沢田

すぐ後方に山本、さらに横山
コース的にその後ろもあまりバラけずに続く

|

Live!!! CX全日本選手権

スタートしました

小坂は舗装路を2番手でクリアし、集団前方をキープ

|

Live!!! CX全日本選手権

Image0_20191208135301

選手召集中
スタートは14:00です

|

Live!!! CX全日本選手権

Image0_20191208131001

小坂選手がアップを開始しました。

|

Live!!! CX全日本選手権

Image0_20191208103101

会場に到着しました。

|

« 2019/12/07 | トップページ | 2019/12/09 »