« 2019/10/26 | トップページ | 2019/10/28 »

2019/10/27

2019/10/27

Live!!! TdFさいたまクリテ

19saitama_top01
©︎Kensaku SAKAI/FABtroni+camera
 
 
 
 
 
◆リザルト
[Tour de France SAITAMA CRITERIUM - 59.5km - ]
1位 新城幸也 (ツール・ド・フランス ジャパンライダー) 1h22m16s 43.395km/h
2位 エガン・ベルナル (チーム イネオス) +5s
3位 ブリモシュ・ログリッチェ (チームユンボ・ヴィスマ) +5s
4位 ルカ・メツゲッツ (ミッチェルトン・スコット) +5s
5位 内間康平 (チーム右京) +6s
6位 マッテオ・トレンティン (ミッチェルトン・スコット) +6s
7位 ロメン・バルデ (アージェードゥゼル ラ・モンディアル) +6s
8位 ヤコブ・フルグサング (アスタナ プロチーム) +9s
9位 オリバー・ナーセン (アージェードゥゼル ラ・モンディアル) +11s
10位 ヨナタン・カストロビエホ (チーム イネオス) +14s
14位 小野寺玲 (宇都宮ブリッツェン) +21s
34位 鈴木譲 (宇都宮ブリッツェン) +33s
DNF 堀孝明 (宇都宮ブリッツェン)
出走=50名/完走=44名
 
[Tour de France SAITAMA CRITERIUM - TEAM TIME TRIAL - 3.1km - ]
1位 シマノレーシング 3m52s80 48.103km/h
2位 宇都宮ブリッツェン +03s
3位 マトリックスパワータグ +05s
4位 愛三工業レーシングチーム +06s
5位 アージェードゥゼル ラ・モンディアル +06s
6位 アスタナ プロチーム +09s
 
[Tour de France SAITAMA CRITERIUM - SPRINT RACE - 3.1km - ]
GROUP B (予選B組)
1位 ミカル・クヴィアトコウスキー (チーム イネオス)
2位 小野寺玲 (宇都宮ブリッツェン)
3位 マッテオ・トレンティン (ミッチェルトン・スコット)
4位 アイラン・フェルナンデス・カサソラ (マトリックスパワータグ)
 
 
 
 
 
世界最高峰のサイクルロードレース「ツール・ド・フランス」の名を冠した「ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」が、さいたま新都心駅周辺に設定された1周約3.0kmの公道特設周回コースで開催され、メインイベントのクリテリウムメインレースではバーレーン・メリダ所属の新城幸也(ツール・ド・フランス ジャパンライダー)が日本人選手として初の優勝を飾りました。
 
宇都宮ブリッツェンはクリテリウムメインレースで小野寺玲選手が14位、スプリントレースでは予選B組に小野寺玲が出場し、ミカル・クヴィアトコウスキー (チーム イネオス)に惜しくも破れて2着。チームタイムトライアルでは一時はトップタイムを叩き出して暫定トップに立ったものの、最終的にシマノレーシングに逆転されての2位という結果でレースを終えています。
 
Text:Kensaku SAKAI/FABtroni+camera

|

Live!!! 東北CX第2戦 寒河江

19sagae_top01
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
 
 
 
 
 
◆リザルト
[東北シクロクロスシリーズさがえラウンド - UCI-C2 - ME 60m - ]
1位 織田聖 (弱虫ペダルサイクリングチーム) 1h01m57s
2位 小坂光 (宇都宮ブリッツェンシクロクロスチーム) +1m24s
3位 中里仁 (Speedvagen Family Racing) +2m36s
4位 合田正之 (AX cyclocross team) +2m36s
5位 GOTO Hiro (Lipatti Jewelry) +3m50s
6位 青木誠 (AX cyclocross team) +4m00s
7位 小坂正則 (スワコレーシングチーム) +4m34s
8位 向山浩司 (SNEL CYCLOCROSS TEAM) +5m00s
9位 村山優弥 (スワコレーシングチーム) +5m04s
10位 山田大介 (PAXPROJECT) 5m22s
出走=36名/完走=13名
 
 
 
 
 
東北シクロクロスシリーズの第2戦となるさがえラウンドが山形県寒河江市のグリバーさがえで開催され、UCI-C2で開催された男子エリートで弱虫ペダルサイクリングチームの織田聖が独走勝利を飾りました。
 
宇都宮ブリッツェンシクロクロスチームの小坂光選手は、序盤から中盤にかけては優勝した織田選手と先頭パックを形成してレースを進めたものの、終盤戦に入ったところで脚を痙攣しそうになってしまいペースダウン。織田選手に1分以上の差をつけられての2位でフィニッシュしました。
 
 
 
 
 
10月に入り、いよいよ本格化した国内シクロクロスシーズン。
 
ロードレースとマウンテンバイクで下地を作り、9月に中国でのUCIレースでシクロクロスシーズンをスタートさせた小坂選手(宇都宮ブリッツェンCX)も、全日本王者の奪還とジャパンシクロクロス(JCX)シリーズチャンピオン獲得に向けて国内シーズンインすることになります。
 
しかし、10月14日に予定されていたJCXシリーズ第1戦「茨城シクロクロス取手ステージ」は、日本列島に甚大な被害をもたらした台風19号の影響を受けて中止に。今レースが小坂選手(宇都宮ブリッツェンCX)にとっての国内初戦となりました。
 
その舞台となるグリバーさがえは基本的にフラットなレイアウトで、ドライであればハイスピードバトルになることで知られるコース。今年はハーフウェットな路面コンディションということで、タイヤ選択も重要な要素となりそうです。
 
レースは小坂選手(宇都宮ブリッツェンCX)がホールショットを決める形でスタート。しかし、すぐに織田選手(弱虫ペダル)が先頭に出て一気にペースを上げる展開になります。
 
その織田選手(弱虫ペダル)のペースアップに反応できたのは、小坂選手(宇都宮ブリッツェンCX)のみ。レースはいきなり、2名のマッチレースの展開になります。
 
その後しばらくは、先頭パックの2名が互いの様子をうかがい合う心理戦の状態が続きますが、4周回目に小坂選手(宇都宮ブリッツェンCX)がバイク交換のためにピットインしたタイミングで織田選手(弱虫ペダル)がペースアップ。10秒ほどのリードを奪う展開になります。
 
織田(弱虫ペダル)
小坂(宇都宮ブリッツェンCX)
 
先行する織田選手(弱虫ペダル)を追う展開となった小坂選手(宇都宮ブリッツェンCX)は、タイム差をキープしながら落ち着いてレースを進めていきますが、6周回目に入ると脚が攣りそうになり踏み込めない状態に。先行する織田選手(弱虫ペダル)とのタイム差がどんどん開いていく状態に陥ってしまいます。
 
結局、小坂選手(宇都宮ブリッツェンCX)は最後までその差を詰めることができないばかりか、少しずつタイム差を広げられながら2位でフィニッシュ。残念ながら国内初戦を勝利で飾ることはできませんでした。
 
 
小坂選手コメント
「今日のレースは織田選手が強力なライバルになると分かっていたので、レースの中で何とか勝機を見出せればと思って臨みました。スタートもしっかり決まり、その後すぐに織田選手と2名の展開になったのですが、病み上がりの割には良い感じで走れていると思いましたし、泥のセクションでアタックすることをイメージしてレースを進めていました。そんな中、中盤にバイク交換のタイミングでアタックをされてしまい、そこでの差を詰めるために力を使ったことが後半にかけてダメージとなってしまったかな、と。諦めずに追いかけていたのですが、ラスト3周で脚を攣りかけてしまったことで、ペースダウンをせざるを得ませんでした。最終的に1分以上差をつけられてしまう結果にはなりましたが、前半は冷静に競り合えていたと思うので、来週以降のレースでは万全の体調で最後まで戦えるように頑張りたいと思います。応援ありがとうございました!」
 
Text:Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
 

|

Live!!! TdFさいたまクリテ

Image1_20191027162101

優勝は新城(バーレーン・メリダ)
2位ベルナル(チーム・イネオス)
3位ログリッチ(ユンボ・ヴィズマ)

13位前後の集団スプリントで小野寺(宇都宮ブリッツェン)が4着前後でゴール。

|

Live!!! TdFさいたまクリテ

Image1_20191027161601

ラスト1周

フルグサングが遅れ、新城が単独先頭。

追走はベルナルとログリッチ。

|

Live!!! TdFさいたまクリテ

Image1_20191027161301

16/17

先頭5名にさらに追走が追いついた。
新城、ベルナル、ログリッチ、などが入る。

さらに新城、フルグサングがアタック。

|

Live!!! TdFさいたまクリテ

Image1_20191027155901

12/17


先頭9名は捕まり、カウンターアタックで新城(バーレーン・メリダ)を含む5名が抜け出す。

|

Live!!! TdFさいたまクリテ

Image1_20191027153901

9/17

先頭9名
小野寺を先頭にスーパーアリーナを通過。

10秒

メイン集団

|

Live!!! 東北CX第2戦 寒河江

速報

1位 織田(弱虫ペダル)
2位 小坂(宇都宮ブリッツェンCX)
3位 中里(SPEEDVAGEN)

詳細は、後ほど

|

Live!!! 東北CX第2戦 寒河江

7周回完了、8周回目
最終周回

織田
↓ 1分06秒
小坂

|

Live!!! 東北CX第2戦 寒河江

6周回完了、7周回目
残り2周回

織田
↓ 46秒
小坂

小坂が完全に遅れた

|

Live!!! 東北CX第2戦 寒河江

Image0_20191027150801

5周回完了、6周回目
残り3周回

織田
↓ 16秒
小坂

|

Live!!! TdFさいたまクリテ

Image1_20191027150401

2/17

先頭9名に小野寺が入る。


|

Live!!! TdFさいたまクリテ

Image1_20191027150101

1/17

小野寺選手が前方に位置している。

|

Live!!! 東北CX第2戦 寒河江

4周回完了、5周回目
残り4周回

織田
↓ 10秒ほど
小坂

|

Live!!! TdFさいたまクリテ

Image1_20191027145601

TdFさいたまクリテ、メインレースが始まりました。

|

Live!!! 東北CX第2戦 寒河江

3周回目完了、4周回目
残り5周回

小坂
織田
↓ 57秒
中里
合田

|

Live!!! 東北CX第2戦 寒河江

Image0_20191027144501

2周回完了、3周回目
レースは8周回に決定

先頭は小坂と織田、変わらず
後方は1分近く離れており、早くも勝負は先頭の2名に絞られた

|

Live!!! 東北CX第2戦 寒河江

1周回完了、2周回目

先頭は小坂と織田のパック

|

Live!!! 東北CX第2戦 寒河江

スタートしました。
小坂選手、ホールショットを決めるも、その後織田選手が先頭に

|

Live!!! 東北CX第2戦 寒河江

Image0_20191027142501

間もなくスタート

|

Live!!! TdFさいたまクリテ

チームタイムトライアル
1位 シマノレーシング
2位 宇都宮ブリッツェン
3位 マトリックスパワータグ

|

Live!!! TdFさいたまクリテ

シマノレーシングが3分52秒でトップタイム更新。

|

Live!!! TdFさいたまクリテ

宇都宮ブリッツェンが3分55秒
暫定トップタイムでゴール。

|

Live!!! TdFさいたまクリテ

Image1_20191027140001

スーパーアリーナー内を譲が先頭で通過。

|

Live!!! TdFさいたまクリテ

Image1_20191027135801Image2_20191027135801

宇都宮ブリッツェンがスタートしました。

譲、堀、小野寺の3名です。

|

Live!!! TdFさいたまクリテ

Image1_20191027135101

TdFさいたまクリテ チームタイムトライアルに向けて、選手たちがスタート地点に向かいました。

3番目の出走になります。

|

Live!!! 東北CX第2戦 寒河江

Image0_20191027133501

小坂選手がアップを開始しました。

|

Live!!! TdFさいたまクリテ

Image1_20191027130401

コヴァウトスキ(チーム・イネオス)が1着。

|

Live!!! TdFさいたまクリテ

Image1_20191027130101

残り1kmを通過。

|

Live!!! TdFさいたまクリテ

Image1_20191027125901

グループB、小野寺選手がスタートしました。

|

Live!!! TdFさいたまクリテ

Image1_20191027124701Image2_20191027124701

TdFさいたまクリテ、スプリントレースに参加する小野寺選手がスタート地点へ向かいました。
グループBでの出走です。

グループB
小野寺(宇都宮ブリッツェン)
フェルナンデス(マトリックスパワータグ)
トレンティン(ミッチェルトン・スコット)
コヴァウトスキ(チーム イネオス)


|

Live!!! 東北CX第2戦 寒河江

Image0_20191027121501

公式試走時間になり、小坂選手も試走に入りました。

|

Live!!! 東北CX第2戦 寒河江

Image0_20191027114601

UCIレースオープニングセレモニーに出席した小坂選手が、意気込みを語る

|

Live!!! 東北CX第2戦 寒河江

Image0_20191027104801

会場に到着しました。

|

Live!!! 東北CX第2戦 寒河江

Image0_20191027095501

おはようございます。
山形県寒河江市は小雨がパラついています。
間もなく、会場に向けて出発します。

|

« 2019/10/26 | トップページ | 2019/10/28 »