« Live!!! TOJ 1st | トップページ | Live!!! TOJ 2st »

2017/05/21

Live!!! TOJ 1st

Htc1
photo(C):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY

[NTN presents 20th Tour of Japan - UCI-2.1 - 1st Stage Sakai - 2.65km - ]

1位 ダニエル・サマーヒル (ユナイテッドヘルスケア・プロフェッショナル・サイクリング) 3m15s53 48.7km/h

2位 アンソニー・ジャコッポ (アイソウェイ・スポーツ・スイスウェルネス) +00s45

3位 イヴァン・ガルシア・コルティナ (バーレーン・メリダ) +00s83

4位 ジョン・アベラストゥリ・イザガ (チーム右京) +01s44

5位 マルコ・カノラ (NIPPO・ヴィーニファンティーニ) +02s81

6位 オスカル・プジョル・ムニョス (チーム右京) +03s54

7位 ネイサン・アール (チーム右京) +03s79

8位 岡篤志 (宇都宮ブリッツェン) +03s79

9位 ロビー・ハッカー (アイソウェイ・スポーツ・スイスウェルネス) +04s32

10位 ラックラン・ノリス (ユナイテッドヘルスケア・プロフェッショナル・サイクリング) +04s88

15位 阿部嵩之 (宇都宮ブリッツェン) +05s97

30位 鈴木譲 (宇都宮ブリッツェン) +08s92

41位 小野寺玲 (宇都宮ブリッツェン) +10s64

44位 雨澤毅明 (宇都宮ブリッツェン) +11s39

95位 飯野智行 (宇都宮ブリッツェン) +27s33

出走=95名/完走=95名

個人総合時間 第1ステージ終了時

1位 ダニエル・サマーヒル (ユナイテッドヘルスケア・プロフェッショナル・サイクリング) 3m15s 48.9km/h

2位 アンソニー・ジャコッポ (アイソウェイ・スポーツ・スイスウェルネス) st

3位 イヴァン・ガルシア・コルティナ (バーレーン・メリダ) +01s

4位 ジョン・アベラストゥリ・イザガ (チーム右京) +01s

5位 マルコ・カノラ (NIPPO・ヴィーニファンティーニ) +03s

6位 オスカル・プジョル・ムニョス (チーム右京) +04s

7位 ネイサン・アール (チーム右京) +04s

8位 岡篤志 (宇都宮ブリッツェン) +04s

9位 ロビー・ハッカー (アイソウェイ・スポーツ・スイスウェルネス) +04s

10位 ラックラン・ノリス (ユナイテッドヘルスケア・プロフェッショナル・サイクリング) +05s

15位 阿部嵩之 (宇都宮ブリッツェン) +06s

30位 鈴木譲 (宇都宮ブリッツェン) +09s

41位 小野寺玲 (宇都宮ブリッツェン) +11s

44位 雨澤毅明 (宇都宮ブリッツェン) +12s

95位 飯野智行 (宇都宮ブリッツェン) +27s

個人総合ポイント賞 第1ステージ終了時

1位 ダニエル・サマーヒル (ユナイテッドヘルスケア・プロフェッショナル・サイクリング) 10P

2位 アンソニー・ジャコッポ (アイソウェイ・スポーツ・スイスウェルネス) 9P

3位 イヴァン・ガルシア・コルティナ (バーレーン・メリダ) 8P

4位 ジョン・アベラストゥリ・イザガ (チーム右京) 7P

5位 マルコ・カノラ (NIPPO・ヴィーニファンティーニ) 6P

6位 オスカル・プジョル・ムニョス (チーム右京) 5P

チーム総合時間 第1ステージ終了時

1位 チーム右京 09m54s

2位 アイソウェイ・スポーツ・スイスウェルネス st

3位 バーレーン・メリダ +05s

4位 NIPPO・ヴィーニファンティーニ +08s

5位 ユナイテッドヘルスケア・プロフェッショナル・サイクリング +09s

6位 宇都宮ブリッツェン +10s

UCI-2.1のステージレース「NTN presents ツアー・オブ・ジャパン」の第1ステージが大阪府堺市の大仙公園を周る1周2.65kmの周回コースで開催され、ユナイテッドヘルスケア・プロフェッショナル・サイクリングのダニエル・サマーヒルが昨年の同ステージ優勝者であるアンソニー・ジャコッポを0.45秒差で振り切ってステージ優勝を飾り、今大会最初のリーダージャージ着用者となりました。

宇都宮ブリッツェン勢は、シーズン開幕から好調を維持し続けている岡選手がこの日もそれを証明する走りを見せ、日本人選手で最上位となる3分19秒32のタイムで8位でフィニッシュ。残る選手たちもそれぞれ無難なタイムでまとめ、これから本格的に始まるレースに備えることとなります。

清水監督コメント

「今日の午前中に行われたプレレースの堺国際クリテリウムに関しては、その後に始まるツアー・オブ・ジャパンのステージに向けてのウォーミングアップのつもりで走ってもらいました。第1ステージの方は岡選手が8位ということで、タイム的にもいい走りでした。日本人選手でという表現はあまりしたくはありませんが、日本人選手で最上位のリザルトを残してくれたので狙っていた新人賞もあるかと思ったのですが、強敵であるワールドツアーチームのバーレーン・メリダのガルシア選手には届きませんでした。チームとしては増田選手が居なくても、活きのいい若手選手がいますしベテラン勢もそろっていますので、毎日こういった形でアピールをしていこうと思っています。今日はそれができるということが証明できた1日だったと思います。皆んなコンディションも上々なので、明日も、まずはステージ優勝を狙ってやっていきたいと思います。

Text:Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY

|

« Live!!! TOJ 1st | トップページ | Live!!! TOJ 2st »