« Live!!! JPT第16戦 JBCF TTチャンピオンシップ | トップページ | Live!!! JPT第17戦 JBCF まえばしクリテ »

2016/09/11

Live!!! JPT第16戦 JBCF TTチャンピオンシップ

S1
photo(C):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

◆リザルト

[第6回JBCFタイムトライアルチャンピオンシップ - JPT第16戦 - 15.9km - ]

1位 ダミアン・モニエ (ブリヂストンアンカーサイクリングチーム) 19m43s 48.36km/h

2位 西薗良太 (ブリヂストンアンカーサイクリングチーム) +06s

3位 佐野淳哉 (マトリックスパワータグ) +12s

4位 増田成幸 (宇都宮ブリッツェン) +14s

5位 阿部嵩之 (宇都宮ブリッツェン) +35s

6位 鈴木譲 (宇都宮ブリッツェン) +37s

7位 ホセビセンテ・トリビオ (マトリックスパワータグ) +38s

8位 椿大志 (ブリヂストンアンカーサイクリングチーム) +51s

9位 トマ・ルバ (ブリヂストンアンカーサイクリングチーム) +1m01s

10位 中村龍太郎 (イナーメ信濃山形) +1m09s

23位 堀孝明 (宇都宮ブリッツェン) +1m50s

30位 鈴木真理 (宇都宮ブリッツェン) +2m02s

36位 飯野智行 (宇都宮ブリッツェン) +2m14s

出走=78名/完走=77名

◆2016Jプロツアー 個人ランキング

1位 増田成幸 (宇都宮ブリッツェン) 10,468P

2位 ホセビセンテ・トリビオ (マトリックスパワータグ) 10,356P

3位 ジョン・アベラストゥリ・イザガ (Team UKYO) 7,034P

4位 鈴木譲 (宇都宮ブリッツェン) 6,626P

5位 ベンジャミン・プラデス (Team UKYO) 6,106P

6位 大久保陣 (宇都宮ブリッツェン) 5,226P

◆2016Jプロツアー チームランキング

1位 宇都宮ブリッツェン 28,132P

2位 Team UKYO 25,994P

3位 マトリックスパワータグ 21,766P

4位 シマノレーシングチーム 12,824P

5位 愛三工業レーシングチーム 11,578P

6位  NEILPRYDE-NANSHIN SUBARU CYCLING TEAM 10,195P

ルビーレッドジャージ 増田成幸 (宇都宮ブリッツェン)

ピュアホワイトジャージ 小野寺玲 (宇都宮ブリッツェン)

2016年のJプロツアー第16戦となる「JBCFタイムトライアルチャンピオンシップ」が、栃木県栃木市の渡良瀬遊水地内谷中湖北ブロックに設定された1周5.3kmの特設コースで開催され、このコースのコースレーコードを一気に更新する19分43秒という驚異的なタイムを叩き出したブリヂストンアンカーサイクリングチームのダミアン・モニエが優勝を飾りました。また、2位にはチームメートの西薗良太が入り、ブリヂストンアンカーサイクリングチームがワンツーフィニッシュを達成しています。

宇都宮ブリッツェンは、山口でのJプロツアー2連戦~ツール・ド・北海道という長距離移動を伴う連戦での疲労が心配されましたが、増田・阿部・鈴木譲の3選手が自己ベストタイムを更新する走りを見せ、惜しくも表彰台には届きませんでしたが、4・5・6位に入る活躍を見せてレースを終えています。

また、本日のレースの結果、増田選手が個人ランキングでトップに立ち、ツアーリーダーの証であるルビーレッドジャージをマトリックスパワータグのホセビセンテ・トリビオから奪いました!

U23日本代表の欧州遠征で不在の小野寺選手がU23ツアーリーダーの証であるピュアホワイトジャージをキープしており、宇都宮ブリッツェンは名誉あるふたつのジャージに加え、チームランキングの首位もキープした状態でこの後の戦いに臨むことになります。

清水監督コメント

「今日のレースは山口でのJプロツアー2連戦からツール・ド・北海道という長距離遠征が続いていた中での開催で、皆んなが疲労を抱えている中、個人タイムトライアルを得意とする選手たちが自己ベストを更新する素晴らしい走りを見せてくれたと思います。地元開催のホームレースだったので、本当は優勝する姿を応援に来てくださったファン・サポーターの皆さんにお見せしたいところでしたが、私としてもさすがにそれは酷かなとも思っていました。そんな中で、我々と同じように山口~北海道というスケジュールだったトリビオ選手からルビーレッドジャージを奪うということと、それぞれの自己ベスト更新ということは私の中にはあったのですが、皆んな更新してくれたので良くやったと褒めてあげたいと思います。この後2週間レースが空きますので、その間に身体のエネルギーを蓄え直して、後半戦を戦っていきたいと思っています。皆さんの変わらぬ熱い応援があればルビーレッドジャージとシリーズチャンピオン、そして大一番のジャパンカップでも良い結果を出せると思っていますので、引き続き応援をよろしくお願いします!今日はたくさんの応援、ありがとうございました!」

Text:Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY

|

« Live!!! JPT第16戦 JBCF TTチャンピオンシップ | トップページ | Live!!! JPT第17戦 JBCF まえばしクリテ »