« Live!!! JPT2戦 伊吹山ヒルクライム | トップページ | Live!!! JPT3戦 JBCF南紀白浜T.T.T. »

2014/04/13

Live!!! JPT2戦 伊吹山ヒルクライム

03
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

2014/4/13(日)JPT第2戦
JBCF伊吹山ドライブウェイヒルクライム(岐阜県関ヶ原町伊吹山ドライブウェイ)
P1 15km(標高差1035m)
1位 ホセヴィセンテ・トリビオ(Team UKYO)40m40s 22.13km/h
2位 中根英登(AISAN Development Team)+1m01s
3位 堀孝明(宇都宮ブリッツェン)+1m10s
4位 リカルド・ガルシア(Team UKYO)+1m15s
5位 吉田隼人(シマノレーシング)+1m35s
6位 平塚吉光(AISAN Development Team)+1m36s
7位 岩井航太(那須ブラーゼン)+1m52s
8位 増田成幸(宇都宮ブリッツェン)+1m55s
9位 山下貴宏(シエルヴォ奈良ミヤタ-メリダ)+1m58s
10位 森本誠(イナーメ信濃山形)+1m58s
13位 鈴木譲(宇都宮ブリッツェン)+2m09s
33位 阿部嵩之(宇都宮ブリッツェン)+4m04s
53位 鈴木真理(宇都宮ブリッツェン)+5m24s
54位 城田大和(宇都宮ブリッツェン)+5m24s
72位 大久保陣(宇都宮ブリッツェン)+7m10s
FAD 青柳憲輝(宇都宮ブリッツェン)
出走115名/完走96名

2014年Jプロツアー個人ランキング
1位 ホセヴィセンテ・トリビオ(Team UKYO)1,090P
2位 セバスチャン・モラ(マトリックス・パワータグ)940P
3位 窪木一茂(Team UKYO)785P
4位 中根英登(AISAN Development Team)700P
5位 リカルド・ガルシア(Team UKYO)690P
6位 堀孝明(宇都宮ブリッツェン)651P

2014年Jプロツアーチームランキング
1位 Team UKYO 2,565P
2位 宇都宮ブリッツェン 2,430P
3位 マトリックス・パワータグ 1,800P
4位 イナーメ信濃山形 1,755P
5位 那須ブラーゼン 1,260P
6位 AISAN Development Team 1,240P

ルビーレッドジャージ ホセヴィセンテ・トリビオ(Team UKYO)
ピュアホワイトジャージ 堀孝明(宇都宮ブリッツェン)

JPT第2戦となる「JBCF伊吹山ドライブウェイヒルクライム」が、岐阜県関ヶ原町の伊吹山ドライブウェイで開催され、昨年の同レースで優勝を飾り、衝撃的な日本デビューを果たした昨季のツアーリーダー、Team UKYOのホセヴィセンテ・トリビオ選手が、今年も圧巻の走りで優勝。見事、連覇を達成しました。

宇都宮ブリッツェン勢では、序盤のトリビオ選手のアタックに反応したAISAN Development Teamの中根英登選手に続いて抜け出した堀孝明選手が、トリビオ選手に引き離された後も粘りの走りを見せ、中根選手に続き3位でゴール。昨年の5位から順位を上げるとともに、23歳以下に与えられるピュアホワイトジャージを獲得しました。

開幕戦となった「宇都宮クリテリウム」から3週間を経て迎えた第2戦。全長15km、標高差1,035mの伊吹山ドライブウェイは、他のコースと比較すると勾配は緩やかなものの、高い登坂力が要求されるコースです。

宇都宮ブリッツェンは、上りに強い増田成幸選手・鈴木譲選手・堀孝明選手の3人を終盤の勝負要員とし、その他の選手は、その3人の力勝負に持ち込めるように序盤からきっちりペースメイクすることを念頭にレースに臨みました。

レースがスタートすると、早速、栂尾大和選手(シエルヴォ奈良ミヤタ-メリダ)が単独で飛び出しますが、宇都宮ブリッツェンは当初の予定通り大久保選手と青柳選手が集団の先頭に立ち、きっちりとペースメイキングしていきます。

レースが動いたのは4kmを迎えた頃。集団のペースメイキングをしていた大久保・青柳両選手に疲労の色が見え始めると、集団の秩序が乱れ、散発的にアタックが繰り返されるようになり、ダンゴ状態の展開となります。

すると、トリビオ選手(Team UKYO)が集団の横からスルスルとポジションを上げ、タイミング良くアタックを決めます。

これに対して、宇都宮ブリッツェンは阿部選手が集団先頭を引き、ペースアップを図って逃げるトリビオ選手を追いかけますが、利害が一致しないTeam UKYO勢が集団のペースアップを容認しなかったこともあり、その差は少しずつ開いていきます。

そんな中、トリビオ選手にブリッジしようと中根選手(AISAN Development  Team)が飛び出して追走に入ると、続いて堀選手(宇都宮ブリッツェン)が単独で集団から飛び出し、トリビオ選手(Team UKYO)と中根選手(AISAN Development Team)に合流し、3人の先頭が形成されます。

しばらくこのままの状態でレースは進むかと思われましたが、トリビオ選手(Team UKYO)はさらにアタックを仕掛けて、2人を置き去りにしようと試みます。

このアタックに中根選手(AISAN Development Team)はたまらず遅れてしまいますが、堀選手(宇都宮ブリッツェン)はなんとか食らいつき、粘りの走りを見せてトリビオ選手(Team UKYO)と先頭を走る展開となります。

しかし、トリビオ選手(Team UKYO)の勢いはとどまることはなく、そこからさらにアタックを仕掛けて堀選手(宇都宮ブリッツェン)を引き離しにかかります。これには堀選手(宇都宮ブリッツェン)もついていくことができず、トリビオ選手(Team UKYO)が昨年同様に独走態勢に入ります。

結局、レースはそのままトリビオ選手が独走でゴールし、連覇を達成。中根選手(AISAN Development Team)と合流して走っていた堀選手(宇都宮ブリッツェン)は、ゴール手前200mほどで中根選手(AISAN Development Team)に先行を許してしまいますが、昨年の5位を上回る3位でゴールという結果を残しました。

清水監督コメント
「ヒルクライムというレースとコースの特性上、なかなかチームとして動くのが難しい状況の中で、序盤からペースメイクをするなど、チームとしてある程度動くことができたという点は評価できると感じています。トリビオ選手と堀選手の力勝負となりましたが、残念ながらトリビオ選手との実力差は大きく、求めていた結果を手にすることはできませんでした。ただ、勝負に絡んだ堀選手は昨年の5位から3位に順位を上げ、さらに昨年のタイムを大幅に上回る結果を残しており、賞賛に値する走りを見せてくれたとも感じています。今回も、目標としていた“勝利”という目標には届きませんでしたが、2レースを終えて、チームの連携も深まってきていますし、他チームの戦力や動きが見えてきた部分もあります。次のチームタイムトライアルでは、何としても勝利のご報告ができるように頑張りますので、引き続き応援していただけますよう、よろしくお願い致します。」

text:Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY

|

« Live!!! JPT2戦 伊吹山ヒルクライム | トップページ | Live!!! JPT3戦 JBCF南紀白浜T.T.T. »