« 2013/08/17 | トップページ | 2013/08/24 »

2013/08/18

2013/08/18

Live!!! JPT10戦 JBCF みやだクリテ

01
[飯野選手は強力な引きで逃げ切りの原動力となったものの最後はスプリントで敗れて2位でゴール]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

JPT第10戦
JBCFみやだクリテリウム(長野県宮田村)

P1 決勝32km(3.2kmx10Laps)
1位 入部正太郎(シマノレーシング) 48m46s 39.36km/h
2位 飯野智行(宇都宮ブリッツェン) +1s
3位 阿部嵩之(Team UKYO) +3s
4位 鈴木真理(宇都宮ブリッツェン) +23s
5位 ホセビセンテ・トリビオ(Team UKYO) +23s
6位 中村誠(宇都宮ブリッツェン) +24s
7位 小室雅成(イナーメ信濃山形) +24s
8位 山下貴宏(Team UKYO) +24s
9位 吉田隼人(シマノレーシング) +24s
10位 小坂光(那須ブラーゼン) +24s
15位 郡司昌紀(宇都宮ブリッツェン) +25s
17位 普久原奨(宇都宮ブリッツェン) +28s 
31位 堀孝明(宇都宮ブリッツェン) +1m59s
40位 鈴木近成(宇都宮ブリッツェン) +3m49s
DNF 城田大和(宇都宮ブリッツェン)
出走51名(決勝)/完走40名

Jプロツアー個人ランキング
1位 ホセビセンテ・トリビオ(Team UKYO) 6,350P
2位 土井雪広(Team UKYO) 4,860P
3位 狩野智也(Team UKYO) 3,780P
4位 阿部嵩之(Team UKYO) 3,676P
5位 飯野智行(宇都宮ブリッツェン) 3,387P
6位 鈴木真理(宇都宮ブリッツェン) 2,870P

Jプロツアーチームランキング
1位 Team UKYO 20,850P
2位 宇都宮ブリッツェン 15,045P
3位 マトリックスパワータグ 10,572P
4位 cannondale championsystem 8,386P
5位 ブリヂストンアンカー 6,875P
6位 湘南ベルマーレ 6,850P

ルビーレッドジャージ ホセビセンテ・トリビオ(Team UKYO)
ピュアホワイトジャージ 堀孝明(宇都宮ブリッツェン)

2013年Jプロツアー第10戦となる「JBCFみやだロードレース」が、長野県宮田村の変化に富んだ公道サーキットコース(1周=3.2km)で開催され、決勝レースは中盤の逃げに乗った入部正太朗選手(シマノレーシング)が、ゴールスプリント勝負を制して嬉しいJプロツアー初優勝を飾りました。

宇都宮ブリッツェン勢では、序盤から積極的にアタックを仕掛けた飯野選手が、3名の先頭集団で最後まで逃げ切り、入部選手(シマノレーシング)とのゴールスプリント勝負には敗れたものの、2位という結果を残しました。

約1カ月の中断期間を経てのJプロツアー再開初戦となったみやだクリテリウム。

宇都宮ブリッツェンは、明確なチームオーダーは決めずに積極的な走りで勝利を狙っていく形で決勝レースに挑みました。

予選を勝ち抜いた50名の選手が出走する決勝レースは、3.2km×10周回、距離にして32kmと短いこともあり、リアルスタートが切られると有力チームを中心に激しいアタック合戦が繰り返されます。

すると早速、4名の逃げが形成されます。

飯野(宇都宮ブリッツェン)
阿部(Team UKYO)
安原(マトリックス)
鈴木譲(シマノレーシング)

この4名の逃げはメイン集団に5秒ほどのタイム差をつけて先行しますが、やがて、ペースを上げたメイン集団によって吸収されてしまいます。

その後は再びハイペースで各チームの主導権争いが進みますが、決定的な動きにはつながりません。

ここで一度、集団の勢いと雰囲気が緩んだタイミングを見計らって、嶌田選手(Team UKYO)が単独で抜け出します。

一方のメイン集団は、有力チームたちが前を牽いてペースアップ。少しずつ嶌田選手(Team UKYO)との差を縮めていきます。

程なくして嶌田選手(Team UKYO)がメイン集団に吸収されると、阿部嵩之選手(Team UKYO)がアタック。

それに反応した飯野選手(宇都宮ブリッツェン)、入部正太朗選手(シマノレーシング)が合流し、3名の逃げが形成されました。

この3名は協調体制をとりローテーションしながらメイン集団とのタイム差を15秒ほどに広げていきます。

一方のメイン集団は、逃げ集団に選手を送り込んでいないマトリックス勢が先頭に立って追撃を開始しますが、単発での動きに終始してしまい、今ひとつ集団のペースが上がっていきません。

逃げの3名は15秒ほどのリードを保ったまま、勝負は最終周回に。

前半からよく牽いていた阿部選手(Team UKYO)が徐々に遅れはじめたところで、上り区間に入ると、入部選手(シマノレーシング)とのスプリント勝負を避けたい飯野選手(宇都宮ブリッツェン)が仕掛けますが、入部選手(シマノレーシング)も食い下がり、勝負はゴールスプリントへと持ち込まれました。

最後は、スプリントで分がある入部選手(シマノレーシング)が余裕を持ってゴール。

飯野選手(宇都宮ブリッツェン)は上り区間で引き離せなかった悔しさを爆発させながら2位でのゴールとなりました。

また、20名ほどの大集団スプリントとなったメイン集団では、ルビーレッドジャージを着るトリビオ選手(Team UKYO)がスプリントを開始しますが、鈴木真理選手(宇都宮ブリッツェン)が落ち着いて差し切り、集団トップの4位でゴール。

中村誠選手(宇都宮ブリッツェン)も6位に入り、宇都宮ブリッツェンはJプロツアー再開レースで、2位・4位・6位とまずまずの結果を残しました。

栗村監督コメント
「シーズン後半戦がはじまりました。昨年の大怪我から多くの努力を経て復活してきた鈴木真理選手、シーズン前半戦を一身に背負いその後不調に陥っていた飯野選手、膝の痛みで数レースを休んでいた中村選手、冬の手術から徐々に回復してきた普久原選手、そして成長を続ける若手選手たち。夏のインターバルを挟み、各選手が状態を改善してようやく今年のチームが持つ本来の力を発揮しはじめました。(但し、城田選手は膝の状態が改善しないので今後一定期間休みを入れる可能性があります。)本日のレースは当然勝利を狙って走りましたが、ガチガチのチーム戦略は立てずに個人の積極性を活かす形での勝負を選択。その中で、飯野選手が彼本来のキレのある走りをみせて3名の逃げ切りを創りだし、最後は勝負に徹した入部選手に負けたものの十分な手応えを得たレースとなりました。また、鈴木真理選手が多くの強豪選手が残る後続集団のスプリントを制して4位に入り、膝の故障明けの中村選手も6位でのゴールを果たしています。今年のチームは各自が持っている力を発揮すればかなりのポテンシャルを持っています。まだ、課題や各種微調整などは多くの残されていますが、それらを一つ一つ解決しながら強いチームを創るための階段を一歩ずつ登っていきたいと思います。本日も遠方にも関わらずたくさんご声援ありがとうございました。」

|

Live!!! JPT10戦 JBCF みやだクリテ

Live!!! JPT10戦 JBCF <br />
 みやだクリテ
ピュアホワイトジャージは堀選手(宇都宮ブリッツェン)が維持しています。

|

Live!!! JPT10戦 JBCF みやだクリテ

Live!!! JPT10戦 JBCF <br />
 みやだクリテ
P1表彰式。

|

Live!!! JPT10戦 JBCF みやだクリテ

結果速報
1位 入部(シマノレーシング)
2位 飯野(宇都宮ブリッツェン)
3位 阿部(チーム右京)
4位 鈴木真理(宇都宮ブリッツェン)
5位 トリビオ(チーム右京)
6位 中村(宇都宮ブリッツェン)

先頭集団を強力に引っ張った飯野選手(宇都宮ブリッツェン)は惜しくも2位となった。
鈴木真理選手(宇都宮ブリッツェン)は後続のメイン集団の頭を獲って4位。

|

Live!!! JPT10戦 JBCF みやだクリテ

先頭3名から阿部選手(チーム右京)が一旦遅れる。

|

Live!!! JPT10戦 JBCF みやだクリテ

Live!!! JPT10戦 JBCF <br />
 みやだクリテ
ラストラップ
飯野選手(宇都宮ブリッツェン)が強力に先頭集団をリード。
メイン集団ではリーダージャージを着るトリビオ(チーム右京)がアタックをかけるも決まらずにその影響で逆にスローダウン。
タイム差は20秒に広がる。

|

Live!!! JPT10戦 JBCF みやだクリテ

Live!!! JPT10戦 JBCF <br />
 みやだクリテ
8/10
先頭3名とメイン集団との差は15秒。

|

Live!!! JPT10戦 JBCF みやだクリテ

Live!!! JPT10戦 JBCF <br />
 みやだクリテ
後続はマトリックスやイナーメなどが懸命に追走している。
タイム差は15秒ほど。

|

Live!!! JPT10戦 JBCF みやだクリテ

Live!!! JPT10戦 JBCF <br />
 みやだクリテ
7/10
先頭は変わらず3名。

|

Live!!! JPT10戦 JBCF みやだクリテ

Live!!! JPT10戦 JBCF <br />
 みやだクリテ
後続のメイン集団はマトリックス勢が追っている。
タイム差はまだ10秒ほど。

|

Live!!! JPT10戦 JBCF みやだクリテ

Live!!! JPT10戦 JBCF <br />
 みやだクリテ
6/10
先頭は3名。
飯野(宇都宮ブリッツェン)
阿部(チーム右京)
入部(シマノレーシング)

|

Live!!! JPT10戦 JBCF みやだクリテ

Live!!! JPT10戦 JBCF <br />
 みやだクリテ
5/10
嶌田選手(チーム右京)が引き続き逃げるがタイム差が10秒ほどに縮まる。

|

Live!!! JPT10戦 JBCF みやだクリテ

Live!!! JPT10戦 JBCF <br />
 みやだクリテ
4/10
嶌田選手(チーム右京)が単独で飛び出しメイン集団に約15秒ほどの差をつけている。

|

Live!!! JPT10戦 JBCF みやだクリテ

Live!!! JPT10戦 JBCF <br />
 みやだクリテ
3/10
逃げていた4名は吸収され代わって土井選手(チーム右京)らがカウンターで飛び出すがこれもすぐに吸収される。

|

Live!!! JPT10戦 JBCF みやだクリテ

Live!!! JPT10戦 JBCF <br />
 みやだクリテ
2/10
阿部選手(チーム右京)のアタックをきっかけに飯野選手(宇都宮ブリッツェン)を含む4名が若干抜け出す。

|

Live!!! JPT10戦 JBCF みやだクリテ

Live!!! JPT10戦 JBCF <br />
 みやだクリテ
1/10
1周目は大集団で通過。
縦長の展開で早くも遅れる選手が出はじめている。

|

Live!!! JPT10戦 JBCF みやだクリテ

Live!!! JPT10戦 JBCF <br />
 みやだクリテ
スタートしました。

|

Live!!! JPT10戦 JBCF みやだクリテ

Live!!! JPT10戦 JBCF <br />
 みやだクリテ
まもなくP1クラスタ決勝がスタートします。

|

Live!!! JPT10戦 JBCF みやだクリテ

Live!!! JPT10戦 JBCF <br />
 みやだクリテ
まもなくP1クラスタがコースインします。

|

Live!!! JPT10戦 JBCF みやだクリテ

Live!!! JPT10戦 JBCF <br />
 みやだクリテ
午後の決勝へ向けてウォーミングアップを開始しました。
本日はチーム右京やシマノレーシングなどの強豪チームがフルメンバーでの参戦となっており厳しい戦いが予想されます。

|

Live!!! JPT10戦 JBCF みやだクリテ

Live!!! JPT10戦 JBCF <br />
 みやだクリテ
決勝は15時05分スタートとなります。

|

Live!!! JPT10戦 JBCF みやだクリテ

Live!!! JPT10戦 JBCF <br />
 みやだクリテ
予選2組目が終了しました。
4名とも決勝進出を果たしました。

|

Live!!! JPT10戦 JBCF みやだクリテ

Live!!! JPT10戦 JBCF <br />
 みやだクリテ
3/4
ラストラップ
TT日本チャンピオンの大場選手(キャノンデール)が単独で飛び出す。
後続は約30名の集団。

|

Live!!! JPT10戦 JBCF みやだクリテ

Live!!! JPT10戦 JBCF <br />
 みやだクリテ
2/4
先頭集団の数は31名に減る。

|

Live!!! JPT10戦 JBCF みやだクリテ

Live!!! JPT10戦 JBCF <br />
 みやだクリテ
1/4
チーム右京勢を先頭に約40名の集団がホームストレートを通過。

|

Live!!! JPT10戦 JBCF みやだクリテ

Live!!! JPT10戦 JBCF <br />
 みやだクリテ
スタートしました。

|

Live!!! JPT10戦 JBCF みやだクリテ

Live!!! JPT10戦 JBCF <br />
 みやだクリテ
予選2組目がスタートします。
鈴木真理、中村、堀、城田の4選手が出場。

|

Live!!! JPT10戦 JBCF みやだクリテ

Live!!! JPT10戦 JBCF <br />
 みやだクリテ
今回もブリッツェンサポーターが応援に駆けつけてくれています。

|

Live!!! JPT10戦 JBCF みやだクリテ

Live!!! JPT10戦 JBCF <br />
 みやだクリテ
予選1組目が終了しました。
4名とも25位以内でゴールし決勝進出を果たしています。

|

Live!!! JPT10戦 JBCF みやだクリテ

Live!!! JPT10戦 JBCF <br />
 みやだクリテ
3/4
ラストラップ。
まだ25名以上の選手が残っているので最後はスプリント争いになるか?

|

Live!!! JPT10戦 JBCF みやだクリテ

Live!!! JPT10戦 JBCF <br />
 みやだクリテ
2/4
数名が遅れる程度でまだ大きな集団のまま。

|

Live!!! JPT10戦 JBCF みやだクリテ

Live!!! JPT10戦 JBCF <br />
 みやだクリテ
1/4
大集団はまだ崩れずに通過。

|

Live!!! JPT10戦 JBCF みやだクリテ

Live!!! JPT10戦 JBCF <br />
 みやだクリテ
スタートしました。
出走は50名。
うち決勝進出は25名となります。

|

Live!!! JPT10戦 JBCF みやだクリテ

Live!!! JPT10戦 JBCF <br />
 みやだクリテ
まもなく予選1組目がスタートします。
普久原、飯野、鈴木近成、郡司の4選手が出走します。

|

Live!!! JPT10戦 JBCF みやだクリテ

Live!!! JPT10戦 JBCF <br />
 みやだクリテ
会場に到着しました。
ローラーでのアップを開始しました。

|

Live!!! JPT10戦 JBCF みやだクリテ

Live!!! JPT10戦 JBCF <br />
 みやだクリテ
本日はスタートが遅めなので選手たちの朝食もゆっくり目です。

|

Live!!! JPT10戦 JBCF みやだクリテ

Live!!! JPT10戦 JBCF <br />
 みやだクリテ
おはようございます。
宮田村は良い天気です。

|

Live!!! JPT10戦 JBCF みやだクリテ

Jbcf Jpt
JBCF ROAD SERIES       2013 J PROTOUR

◆2013Jプロツアー第10戦
第5回JBCFみやだクリテリウム

開催日
8月18日(日)

出場選手
鈴木真理
普久原奨
中村誠
飯野智行
鈴木近成
郡司昌紀
堀孝明
城田大和

監督コメント
「シーズン後半戦の最初のレースとなるJBCFみやだクリテリウムに出場します。若手が半数以上を占める新たな布陣で挑んている今シーズンですが、前半戦は、プロ2年目ながらエースを任された飯野選手に大きな負担が掛かり、中村キャプテンや普久原選手の指導の下成長を続ける他の若手選手たちも多くの戸惑いや失敗のなかで結果をだせずに苦しんできました。更に“王者”鈴木真理選手の復調に少し時間がかかったことも事実です。しかし、夏を迎えてようやくチームは本来のカタチを手にれつつあります。みやだクリテリウムのコースは、クリテリウムというよりかはサーキットレースに近い上り区間を含んだレイアウトとなっているので、我々にとっても十分にチャンスはあるといえます。勝利を目指して戦いに挑みたいと思います。」

スケジュール
8月17日(土)
15:00-16:00 選手受付(宮田村民会館)
16:00-16:30 監督会議(宮田村民会館)
8月18日(日)
11:30 P1予選1組(12.8km=3.2kmx4laps/25名決勝/飯野/普久原/鈴木近成/郡司)
11:55 P1予選2組(12.8km=3.2kmx4laps/25名決勝/中村/鈴木真理/堀/城田)
15:05 P1決勝(32km=3.2kmx10laps/レイティングA)

天気予報(13日現在)
晴時々曇/33-22度/雨20%

・レース情報
http://www.jbcf.jp/race/2013/miyada/index.html

レース会場(宮田村民会館)

大きな地図で見る

|

« 2013/08/17 | トップページ | 2013/08/24 »