« Live!!! JPT6戦 JBCF 栂池高原ヒルクライム | トップページ | Live!!! JPT7戦 JBCF 富士山ヒルクライム »

2013/06/09

Live!!! 全日本選手権個人TT

02_3
[自分の限界ペースを守り、堅実な走りを見せる郡司選手]
photo(c):Nobumichi.Komori/HATTRICK COMPANY

第17回全日本選手権個人タイム・トライアル・ロード・レース大会(秋田県南秋田郡大潟村)

ME 42km
1位 大場政登志(C PROJECT) 55m19s463 45.54km/h
2位 西薗良太(チャンピオンシステム) +1s26
3位 窪木一茂(和歌山県教育委員会) +24s84
4位 武井亨介(チーム・フォルツァ!) +44s04
5位 豊田勉(豊田業務店) +1m00s87
6位 安井雅彦(シマノレーシング) +1m07s96
7位 郡司昌紀(宇都宮ブリッツェン) +1m14s32
8位 嶌田義明(Team UKYO) +1m29s54
9位 倉林貴彦(なるしまフレンド) +1m55s74
10位 吉田隼人(シマノレーシング) +1m55s74

2013年のタイムトライアル日本チャンピオンを決める「第17回全日本選手権個人タイム・トライアル・ロード・レース大会」が秋田県大潟村の大潟村ソーラースポーツラインで開催され、アベレージ45.54kmで42kmを走り抜けた大場政登志選手(C PROJECT)が、昨年の覇者である現日本チャンピオン西薗良太選手(チャンピオンシステム)を僅か1秒差で振り切り、ナショナルチャンピオンジャージに袖を通しました。

宇都宮ブリッツェンは、TTスペシャリストである郡司昌紀選手が単独出場。ジュニア時代から慣れ親しんだコースを、エリートカテゴリーで初めて走ることとなりました。1周21kmのコースを27分で周回するペースを基準に、順調に距離を重ねていきますが、2周回目に若干タイムを落としてしまい、56分33秒785の7位。惜しくも表彰圏内にあと一歩の結果となりました。

基本フラットなソーラースポーツラインに設定された1周21kmを2周回で争われた男子エリート。自分自身の限界に挑みつつも決してオーバーペースになってはいけない冷静さも求められるタイムトライアルレースで、ジュニア・U-23と国内トップのリザルトを残してきた郡司選手。初めてとなるエリートカテゴリーのレースでも、国内トップクラスの選手たちと肩を並べ追い越すべく、チャレンジ精神を持ってレースに臨みました。

第2ウェーブに登場した郡司選手は、1周回終了時点では27分58秒とトップと約30秒差の5番手につけますが、2周回目は1周回目から約30秒ほどタイムを落としてしまいます。その結果、第1ウェーブの上位につけていた武井選手、豊田選手のタイムを上回ることができず、7位というリザルトになっています。

郡司選手コメント
「前日の試走の段階から気持ち良く脚が回り、自分自身でも好タイムを期待してレースに臨みました。これまでのU-23より距離も伸びたので、ペース配分に注意して走ったのですが、巡航時に出ていた速度に伴ったタイムが出せませんでした。それは、シケインや折り返し地点での立ち上がりの悪さでタイムを失っていたのだと感じています。今後、タイムを短縮できる課題が見つかったレースでもあったので、トレーニングで一秒一秒縮めていって、来年はひとつでも上の順位になれるようにしたいです」

|

« Live!!! JPT6戦 JBCF 栂池高原ヒルクライム | トップページ | Live!!! JPT7戦 JBCF 富士山ヒルクライム »