« Live!!! JPT4戦 JBCF 群馬CSC ロードレース | トップページ | Live!!! TOJ »

2013/04/27

Live!!! JPT4戦 JBCF 群馬CSC ロードレース

04
[チームを育てチームをコントロールしながら自らチーム最高位の5位でゴールした中村キャプテン]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

JPT第4戦
JBCF群馬CSCロードレース(群馬サイクルスポーツセンター)

P1 120km(6km x 20laps)
1位 窪木一茂 (マトリックスパワータグ) 3h07m25s 38.41km/h
2位 Jose Vicente TORIBIO (Team UKYO) st
3位 福田真平 (AISAN Development Team U-26) +30s
4位 Mariusz WIESIAK (マトリックスパワータグ) +30s
5位 中村誠 (宇都宮ブリッツェン) +30s
6位 狩野智也 (Team UKYO) +31s
7位 紺野元汰 (湘南ベルマーレ) +34s
8位 普久原奨 (宇都宮ブリッツェン) +45s
9位 菅野正明 (VAX RACING with SAITAMA) +1m39s
10位 鈴木近成 (宇都宮ブリッツェン) +2m08s
29位 飯野智行 (宇都宮ブリッツェン) +3m08s
30位 郡司昌紀 (宇都宮ブリッツェン) +3m10s
DNF 城田大和 (宇都宮ブリッツェン)
DNF 堀孝明 (宇都宮ブリッツェン)
出走124名/完走73名

Jプロツアー個人ランキング
1位 Jose Vicente TORIBIO (Team UKYO) 3,180P
2位 窪木一茂 (マトリックスパワータグ) 2,310P
3位 Mariusz WIESIAK (マトリックスパワータグ) 2,190P
4位 狩野智也 (Team UKYO) 1,940P
5位 土井雪広 (Team UKYO) 1,570P
6位 飯野智行 (宇都宮ブリッツェン) 1,355P

Jプロツアーチームランキング
1位 Team UKYO 8,685P
2位 マトリックスパワータグ 6,950P
3位 宇都宮ブリッツェン 5,885P
4位 イナーメ信濃山形 3,750P
5位 cannondale championsystem 3,550P
6位 湘南ベルマーレ 3,205P

ルビーレッドジャージ Jose Vicente TORIBIO (TeamUKYO)
ピュアホワイトジャージ 紺野元汰 (湘南ベルマーレ)

2013年Jプロツアー第4戦となる「JBCF群馬CSCロードレース」が、スピード系コースの群馬サイクルスポーツセンター6kmサーキットで開催され、レース中盤から3名で逃げていた窪木一茂選手(マトリックスパワータグ)が一旦は10名の追撃集団に吸収されるも、ラスト3周でJプロツアーリーダーのトリビオ(Team UKYO)とともに再び抜け出し、最後はマッチスプリントでトリビオ(Team UKYO)を下してJプロツアー初優勝を飾りました。

宇都宮ブリッツェン勢は、スタート直後から続いたアタック合戦に、鈴木近成、郡司、堀、城田の若手4選手が積極的に対応して主導権を奪いにいきますが、中盤で決まった3名の逃げには乗れずに一時その差は3分を越えるまで開きます。
それでも、後半にかけてTeam UKYO勢の追撃の動きに同調して、普久原、中村、鈴木近成の3選手が10名の追撃グループに入り勝利を狙いにいきましたが、終盤の攻防で窪木選手(マトリックスパワータグ)とトリビオ(Team UKYO)に行かれてしまい、最後は中村キャプテンの5位が最高位という結果となっています。

Jプロツアー第4戦の『JBCF群馬CSCロードレース』は今年最初のロードレースラウンド。

純粋な登坂力勝負で戦った伊吹山ヒルクライム、チームの半数の選手が初体験となった南紀白浜チームタイムトライアル、戸惑いとアクシデントのなかで終わった南紀白浜クリテリウム。

そして、新生宇都宮ブリッツェンの選手たちにとっては初めての経験となるサーキットレースでの戦いを迎えます。

出場チームは、多くの強豪選手を揃えたTeam UKYO、ヴィズィアックや窪木選手といった国内チームトップクラスのスピードマンを擁するマトリックスパワータグ、アジアナンバーワンを狙うAISAN Development Team U-26などのトップチームを中心に、効果的な戦力補強を行った多くの国内主要クラブチームが揃います。

宇都宮ブリッツェンは、飯野、中村、普久原の3選手をこのレースの主力組とし、他の若手4名がレース序盤のアタック合戦に参加しながらレースを組み立てていくという内容でレースに挑みました。

この日もスタート直後から多くのアタックが繰り返され、まだ戸惑いの残る宇都宮ブリッツェンの若手選手たちは後半のことは考えずに積極的にそれらに対応していきます。

しかし、各チームの戦力が拮抗していることもあり、レース開始から40km以上走っても30秒以上のタイム差を稼ぐ逃げは決まりません。

そして、ようやく3名のアタックが決まり、疲弊したメイン集団はこの逃げを容認します。

澤田(cannondale championsystem)
窪木(マトリックスパワータグ)
高岡(イナーメ信濃山形)

先頭3名とメイン集団との差はすぐに1分近くまで広がり、メイン集団からは何人かの選手が単発で追撃を試みます。

その中で、伊藤選手(AISAN Development Team U-26)の追撃は素晴らしく、1分近くあった差を単独で徐々に詰めていき、一時は30秒を切るところまで近づきました。

一方、メイン集団は完全に動きを止め、タイム差はどんどん開いていき、60km地点では3分という大きな差となってしまいます。

しかし、レースも折り返しを過ぎたところでメイン集団は再び活性化。

前にメンバーを送り込んでいないTeam UKYOと宇都宮ブリッツェン勢を中心に、数度に渡る加速でタイム差を詰めにかかります。

勢いが弱まらないメイン集団は、失速して先頭とのタイム差が開き始めていた伊藤選手(AISAN Development Team U-26)を吸収すると、更にアタックを繰り返しながら先頭3名との差を縮めていきます。

残り40km弱、メイン集団から10名の選手が抜けだして追撃を組織。

中村、普久原、鈴木近成(宇都宮ブリッツェン)
ヴィズィアック(マトリックスパワータグ)
狩野、トリビオ(Team UKYO)
菅野(VAX RACING with SAITAMA)
紺野(湘南ベルマーレ)
平塚、福田(AISAN Development Team U-26)

そして、ゴールまで30kmを切ったところで追撃の10名が先頭の3名を吸収しました。

この13名を追ってメイン集団から土井選手(Team UKYO)が単独で追走を試みますが、あと少しというところまで迫りながらも追走を断念します。

これで勝負は先頭の13名に絞られました。

残り20km、平塚選手(AISAN Development Team U-26)が先頭集団から単独攻撃を仕掛けると、カウンターでルビーレッドジャージを着るトリビオ(Team UKYO)が飛び出します。

これに、レース中盤から逃げていた窪木選手(マトリックスパワータグ)がすかさず飛びつき、先頭は2名となります。

それを追うのは6名。

中村、普久原(宇都宮ブリッツェン)
福田(AISAN Development Team U-26)
紺野(湘南ベルマーレ)
ヴィズィアック(マトリックスパワータグ)
狩野(Team UKYO)

チームメイトが前に行っているヴィズィアック(マトリックスパワータグ)と狩野選手(Team UKYO)は当然前を引くことはなく、実質的な追走4名のペースは上がらずに先頭2名との差は徐々に開いていきました。

先頭の2名ではフレッシュなトリビオ(Team UKYO)がやはり強力。

長距離を逃げてきた窪木選手(マトリックスパワータグ)は、疲労+後方にスプリンターのヴィズィアック(マトリックスパワータグ)を残していることもありトリビオ(Team UKYO)との先頭交代を拒否します。

苛つくトリビオ(Team UKYO)は、先頭交代を要求したり、アタックを繰り返して窪木選手(マトリックスパワータグ)を排除しようと試みますがいずれも失敗。

追走4名との差を50秒以上に開いた先頭の2名は、牽制しながら最終ラップへと突入していきました。

結局、粘る窪木選手(マトリックスパワータグ)を最後まで引き離すことのできなかったトリビオ(Team UKYO)は最後のゴールスプリントに勝負をかけます。

しかし、高いスピードを誇る窪木選手(マトリックスパワータグ)がマッチスプリントで軽くトリビオ(Team UKYO)を抑えて先頭でフィニッシュ。

先週のJBCF南紀白浜クリテリウムに続いて2週連続の優勝をチームにもたらしました。

2位には悔しがるトリビオ(Team UKYO)。

30秒遅れの3位争いのゴールスプリントは福田選手(AISAN Development Team U-26)が制しました。

宇都宮ブリッツェン勢では福田選手(AISAN Development Team U-26)と同タイムの5位に中村選手が入っています。

栗村監督コメント
「不安と期待が入り混じるなかで迎えた今季初のロードレースラウンドとなる群馬CSCロードレース。本音で言えば、南紀白浜クリテリウムでの失敗や飯野選手の怪我のこともあり、不安の方が遥かに大きかったのが実際ではありました。レース序盤の動きをベテラン勢には任せずに若手選手たちに委ねたのは一種の賭けではありましたが、中村選手などが随時効果的なフォローをしてくれたこともあって若手選手たちはスタートから1時間以上も集団前方で動き続けました。このコースは、集団前方で動いているのと集団の中にいるのとでは疲労度が大きく異なってきます。結局、彼らが動いた逃げは一つも決まることはなく、疲労で徐々に動きが鈍ってきた45km過ぎのアタックが決まることになります。そして、後半の勝負の時間帯。先週の南紀白浜クリテリウムで苦い想いをした普久原選手と鈴木近成選手が借りを返す走りで13名の先頭集団にきっちり入りました。結局、好調の中村キャプテンが5位。ここに鈴木真理選手と本来の調子の飯野選手が絡んでくれば結果は大きく違ってくることは間違いないでしょう。ただし、今はこの逆風下での戦いを続けなくてはいけません。逆風下だからこそ得れるものというのは少なくないわけですから、この先も前を向いてしっかりと進み続けていこうと思います。本日もたくさんの熱いご声援ありがとうございました。」

|

« Live!!! JPT4戦 JBCF 群馬CSC ロードレース | トップページ | Live!!! TOJ »