« 2013/04/19 | トップページ | 2013/04/21 »

2013/04/20

2013/04/20

Live!!! JPT2戦 JBCF 南紀白浜T.T.T.

01_3
[タイムトライアルスペシャリストの郡司選手が積極的な走りでチームをリードする]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

JPT第2戦
JBCF南紀白浜チームタイムトライアル(和歌山県白浜町旧南紀白浜空港跡地)

P1 15km (2.5km x 6laps)
1位 Team UKYO (狩野/大久保/トリビオ/山下/阿部/土井) 19m55s 45.16km/h
2位 マトリックス (ヴィズィアック/窪木/池部/向川/藤岡/永良) +19s
3位 宇都宮ブリッツェン (飯野/中村/普久原/鈴木近成/堀/郡司) +25s
4位 イナーメ信濃山形 (小室/高岡/ソールズベリー/橋本/皿屋/吉岡) +48s
5位 cannondale championsystem (遠藤/森本/原川/澤田/大場) +58s
6位 JPスポーツテストチーム・マッサ・アンデックス (大塚/佐藤/伊藤/長野/丸本/日野林) +1m04s
出走16チーム

Jプロツアー個人ランキング
1位 JV Toribio (Team UKYO) 1,500P
2位 土井雪広 (Team UKYO) 1,150P
3位 狩野智也 (Team UKYO) 1,100P
4位 飯野智行 (宇都宮ブリッツェン) 1,025P
5位 阿部嵩之 (Team UKYO) 900P
6位 堀孝明 (宇都宮ブリッツェン) 875P

Jプロツアーチームランキング
1位 Team UKYO 5,250P
2位 宇都宮ブリッツェン 3,500P
3位 マトリックスパワータグ 2,900P
4位 cannondale championsystem 2,290P
5位 イナーメ信濃山形 2,280P
6位 INTERPRO CYCLISM 1,900P

ルビーレッドジャージ JV Toribio (TeamUKYO)
ピュアホワイトジャージ 堀孝明 (宇都宮ブリッツェン)

2013年Jプロツアー第2戦となる「JBCF南紀白浜チームタイムトライアル」が、和歌山県白浜町の旧南紀白浜空港跡地で開催され、下馬評通りの強さをみせたTeam UKYOが、2位のマトリックスパワータグに対して19秒の差をつけて見事2戦連続での優勝を飾りました。

宇都宮ブリッツェン勢は、若手中心のメンバーながらも終始安定した走りをみせ、ラスト1周に入るまで6人全員できっちりとローテーションを繰り返し、平地系の強豪選手を揃える上位2チームには敗れたものの、3位表彰台を確保する走りをみせました。

Jプロチーム第2戦は初戦のヒルクライムに続いて再び特殊なレース形態となるチームタイムトライアル。

1チーム最大6名が出走し3人目がゴールしたタイムで順位を競うことになります。

スタートは同時ではなくてそれぞれのチームが単体で走るタイムトライアル形式。

また、年間ランキングの個人ポイントはチームで得たポイントを出走人数で割ることになるので、少ない人数(最小3名)で上位に入ったほうが個人の獲得ポイントは増えることになりますが、空気抵抗を分散する意味では少人数だと不利になってしまいます。

直線部分が短い折り返しコースのため、通常のタイムレースに比べてコーナリングテクニックや加速力も要求されることになります。

昨シーズン宇都宮ブリッツェンは、このレースに必勝体制で挑んだものの、結果はまさかの3位。

一方、今期はメンバーが大きく若返り、平地系の強豪選手を揃えるTeam UKYOやマトリックスに比べて経験値が不足しているのは間違いなく、“上位を狙う”という控えめな表現でこのレースに挑むことになりました。

レースは、序盤のチームが出走した午後の時間帯はドライコンディション+強風状態、一方、ランキング上位のチームが走る夕方には雨が降り出し、ウェットコンディション+微風状態となります。

風が弱くなったことで後半出走チームのタイムは雨の影響をそれほど受けず、トップタイムが随時更新されながら、宇都宮ブリッツェンとTeamUKYOがスタートする最終組を迎えます。

17時10分に宇都宮ブリッツェンがスタート、そしてその1分後の17時11分に優勝候補のTeamUKYOもスタートします。

1周目から、TeamUKYOがそれまでのベストラップを更新するハイペースで飛ばしていく一方、中村キャプテンがまとめる宇都宮ブリッツェンは比較的落ち着いたペースでまとまリながらレース序盤を消化していきました。

TeamUKYOは、レース中盤には最低ゴール人数の3名にまでメンバーが絞り込まれてしまうものの、その3名(トリビオ/土井/阿部)が強力で、ラップタイムは殆ど落ちません。

宇都宮ブリッツェンも後半にかけてペースを上げていきますが、レースが3分の2を消化したところで既に30秒ほどのタイム差がついてしまい、逆転はかなり難しくなります。

結局、最後までハイペースを保ったTeamUKYOが、唯一20分を切る19分55秒のタイムを叩き出し、第1戦に続いて勝利を手中に収めました。

2位は、19秒差で、ヴィズィアックや窪木選手といったスピードマンを揃えたマトリックスパワータグ。

そして、宇都宮ブリッツェンはトップから25秒差の3位という結果で第2戦を終えました。

「本日のレースは3位に終わったものの、若い選手たちの経験値やこれまでの実績を考えると、ある程度評価できる結果だったとも感じています。もちろん、我々が目指すべきものは常に勝利であり、3位で満足することは決してないのですが、いまやれることをしっかりやれたということに対しては、一定の評価はしたいところです。伊吹山で悔しい想いをした郡司選手が機関車役となり、まとまりながらも後半に向けてペースを上げていった走りには大きな可能性を感じました。明日はスピードと経験が要求されるクリテリウム。このレースも決して我々が優勝候補ではありませんが、色々な可能性を求めてチャレンジを継続していきたいと思います。」

|

Live!!! JPT2戦 JBCF 南紀白浜T.T.T.

Live!!! JPT3戦 JBCF <br />
 南紀白浜クリテリウム
ミーティングが終わり、廣瀬GMと田村メカが洗車&整備に取りかかっています。

|

Live!!! JPT2戦 JBCF 南紀白浜T.T.T.

Live!!! JPT3戦 JBCF <br />
 南紀白浜クリテリウム
夕食を食べて明日のクリテリウムに向けたミーティングも終えました。

|

Live!!! JPT2戦 JBCF 南紀白浜T.T.T.

Live!!! JPT2戦 JBCF <br />
 南紀白浜T.T.T.
ルビーレッドジャージとピュアホワイトジャージは変わらず。

|

Live!!! JPT2戦 JBCF 南紀白浜T.T.T.

Live!!! JPT2戦 JBCF <br />
 南紀白浜T.T.T.
P1表彰式。

|

Live!!! JPT2戦 JBCF 南紀白浜T.T.T.

Live!!! JPT2戦 JBCF <br />
 南紀白浜T.T.T.
結果速報

1 チーム右京 19m55s
2 マトリックス 20m14s
3 宇都宮ブリッツェン 20m21s
4 イナーメ信濃山形 20m44s
5 cannondale 20m54s
6 JPスポーツテストチーム 20m59s
7 なるしまフレンド 21m19s
8 エスペランススタージュ 21m22s
9 湘南ベルマーレ 21m33s
10 インタープロシクリズム 21s34s
11 シエルヴォ奈良 21m41s
12 エルドラード 21m42s
13 那須ブラーゼン 21m56s
14 ラバネロ 22m00s
15 VAX RACING 22m01s
16 FIETS 22m56s

|

Live!!! JPT2戦 JBCF 南紀白浜T.T.T.

12.5/15
最終ラップに突入。
宇都宮ブリッツェンがペースを上げる。

|

Live!!! JPT2戦 JBCF 南紀白浜T.T.T.

10/15
チーム右京は3名となったものの、トリビオ、土井、阿部という強力なメンバーなのでペースは落ちない。
一方、宇都宮ブリッツェンは6名のまままとまって走行中。
チーム右京と宇都宮ブリッツェンのタイム差は約30秒に開く。

|

Live!!! JPT2戦 JBCF 南紀白浜T.T.T.

Live!!! JPT2戦 JBCF <br />
 南紀白浜T.T.T.
7.5/15
チーム右京は4名となったもののそのペースは速くダントツのペースで走行中。

|

Live!!! JPT2戦 JBCF 南紀白浜T.T.T.

Live!!! JPT2戦 JBCF <br />
 南紀白浜T.T.T.
現時点での暫定順位。

1 マトリックス 20m14s
2 イナーメ信濃山形 20m44s
3 cannondale 20m54s
4 JPスポーツテストチーム 20m59s
5 なるしまフレンド 21m19s
6 エスペランススタージュ 21m22s
7 湘南ベルマーレ 21m33s
8 インタープロシクリズム 21s34s
9 シエルヴォ奈良 21m41s
10 エルドラード 21m42s
11 那須ブラーゼン 21m56s
12 ラバネロ 22m00s
13 VAX RACING 22m01s
14 FIETS 22m56s

5/15
現在、チーム右京が宇都宮ブリッツェンよりも20秒ほど速いタイムで走行中。

|

Live!!! JPT2戦 JBCF 南紀白浜T.T.T.

Live!!! JPT2戦 JBCF <br />
 南紀白浜T.T.T.
優勝候補のチーム右京がスタートしました。
これで全てのチームがスタート。

|

Live!!! JPT2戦 JBCF 南紀白浜T.T.T.

Live!!! JPT2戦 JBCF <br />
 南紀白浜T.T.T.
宇都宮ブリッツェンがスタートしました。

|

Live!!! JPT2戦 JBCF 南紀白浜T.T.T.

Live!!! JPT2戦 JBCF <br />
 南紀白浜T.T.T.
宇都宮ブリッツェンの選手たちがスタート地点に集合しています。

|

Live!!! JPT2戦 JBCF 南紀白浜T.T.T.

Live!!! JPT2戦 JBCF <br />
 南紀白浜T.T.T.
現時点での暫定順位。

1 イナーメ信濃山形 20m44s
2 cannondale 20m54s
3 JPスポーツテストチーム 20m59s
4 なるしまフレンド 21m19s
5 エスペランススタージュ 21m22s
6 湘南ベルマーレ 21m33s
7 シエルヴォ奈良 21m41s
8 エルドラード 21m42s
9 那須ブラーゼン 21m56s
10 ラバネロ 22m00s
11 VAX RACING 22m01s
12 FIETS 22m56s

残るチームは、インタープロシクリズム、マトリックス、宇都宮ブリッツェン、チーム右京の4チーム。

|

Live!!! JPT2戦 JBCF 南紀白浜T.T.T.

Live!!! JPT2戦 JBCF <br />
 南紀白浜T.T.T.
ローラー台で入念にウォーミングアップを行う堀選手と鈴木近成選手。

|

Live!!! JPT2戦 JBCF 南紀白浜T.T.T.

Live!!! JPT2戦 JBCF <br />
 南紀白浜T.T.T.
廣瀬GMが飯野選手の脚にオイルを塗ります。

|

Live!!! JPT2戦 JBCF 南紀白浜T.T.T.

Live!!! JPT2戦 JBCF <br />
 南紀白浜T.T.T.
選手たちがコースに到着しました。

|

Live!!! JPT2戦 JBCF 南紀白浜T.T.T.

Live!!! JPT2戦 JBCF <br />
 南紀白浜T.T.T.
雨が降ってきました。
コーナーの多い折り返しコースなのでドライコンディションの中で既に出走したチームのタイムを上回るのはかなり厳しくなってきました…

|

Live!!! JPT2戦 JBCF 南紀白浜T.T.T.

Live!!! JPT2戦 JBCF <br />
 南紀白浜T.T.T.
空模様が怪しくなってきました。
本日は夕方から雨の予報になっています。
南紀白浜のコースは遅くなるほど風が強くなる傾向にあるので最終組スタートの宇都宮ブリッツェンは条件的には昨年同様不利になりそうです…

|

Live!!! JPT2戦 JBCF 南紀白浜T.T.T.

JPT2戦白浜TTT <br />
 予定2
宇都宮ブリッツェンのスタート時間は17時10分と遅いため選手たちは一旦宿に戻ってリラックスしています。

|

Live!!! JPT2戦 JBCF 南紀白浜T.T.T.

JPT2戦白浜TTT 
 予定2 若干20歳のメカ見習い田村君がよく働いてくれます。

|

Live!!! JPT2戦 JBCF 南紀白浜T.T.T.

JPT2戦白浜TTT <br />
 予定2
買い出し中に出会った地域密着型プロチームの原点。

|

Live!!! JPT2戦 JBCF 南紀白浜T.T.T.

Live!!! JPT2戦 JBCF <br />
 南紀白浜T.T.T.
現在、コース試走中です。

|

Live!!! JPT2戦 JBCF 南紀白浜T.T.T.

Live!!! JPT2戦 JBCF <br />
 南紀白浜T.T.T.
会場に到着しました。

|

Live!!! JPT2戦 JBCF 南紀白浜T.T.T.

Live!!! JPT2戦 JBCF <br />
 南紀白浜T.T.T.
これからコース試走に出掛けます。

|

Live!!! JPT2戦 JBCF 南紀白浜T.T.T.

Live!!! JPT2戦 JBCF <br />
 南紀白浜T.T.T.
本日のレースで使用するMET製のエアロヘルメット。

|

Live!!! JPT2戦 JBCF 南紀白浜T.T.T.

Live!!! JPT2戦 JBCF <br />
 南紀白浜T.T.T.
田村メカがTT用機材の準備を進めています。

|

Live!!! JPT2戦 JBCF 南紀白浜T.T.T.

Live!!! JPT2戦 JBCF <br />
 南紀白浜T.T.T.
おはようございます。
いまのところ良い天気です。

|

Live!!! JPT2戦 JBCF 南紀白浜T.T.T.

Jbcf Jpt
JBCF ROAD SERIES       2013 J PRO TOUR

◆2013Jプロツアー第2戦
第2回JBCF南紀白浜チームタイムトライアル

開催日
4月20日(土)

出場選手
普久原奨
中村誠
飯野智行
鈴木近成
郡司昌紀
堀孝明

監督コメント
「Jプロチーム第2戦は初戦のヒルクライムに続いて再び特殊なレース形態となるチームタイムトライアル。1チーム最大6名が出走し3人目がゴールしたタイムで順位を競います。スタートは同時ではなくてそれぞれのチームが単体で走りタイムを計測する形式。また、年間ランキングの個人ポイントはチームで得たポイントを出走人数で割ることになるので、少ない人数(最小3名)で上位に入ったほうが個人の獲得ポイントは増えることになりますが、空気抵抗を分散する意味では少人数だと不利になってしまいます。直線部分が短い折り返しコースのため、通常のタイムレースに比べてコーナリングテクニックや加速力も要求されることになるでしょう。」

スケジュール
4月20日(土)
10:30-11:30 選手受付(旧白浜空港跡地内管理棟建物前)
11:30-12:00 監督会議(旧白浜空港跡地内管理棟建物前)
11:00-11:50 試走
17:10 宇都宮ブリッツェンスタート(15km=2.5kmx6laps)

天気予報(15日現在)
曇時々晴/17-7度/雨30%

大会TOP
http://www.jbcf.jp/race/2013/shirahama_1/index.html

開催要項
http://www.jbcf.jp/race/2013/shirahama_1/2013_shirahama1_guide.pdf

スタートリスト
http://www.jbcf.jp/race/2013/shirahama_1/racerlist_2013.pdf

会場(旧白浜空港跡地)

大きな地図で見る

|

« 2013/04/19 | トップページ | 2013/04/21 »